名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

堀内伸浩の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

堀内伸浩のプロフィール

堀内伸浩、ほりうち・のぶひろ。マーケティング・ライター。奈良県出身。同志社大学商学部卒業後、ブルボンに入社。同社で営業職を務めたのち退社。編集者養成の学校へ通ったのち、編集プロダクションのアーク・コミュニケーションズへ入社。単行本、雑誌、企業の会社案内、就職情報雑誌、政治家の後援会誌、選挙ポスター、雑誌新聞広告など様々なジャンルの企画編集に関わる。その後フリーのマーケティングライターとして独立。主な著書に『ビジネス文章5ステップ上達法』『最初の3秒で心をつかむビジネス文章術』『ビジネスが加速するすごい名刺』など。

堀内伸浩の名言 一覧

ビジネス文章は「論理」だけでなく、「感情」も必要。なぜなら人は感情で動く動物だからです。


事業で成功している人は、最悪の事態を常に想定し、そこにどれだけのリスクがあるのかを考えているものです。


独立前に身内から反対されたとき迷う人は、独立後も周囲の意見に振り回され、何をするにも迷ってしまう可能性があります。人の意見に耳を傾ける柔軟さも必要ですが、自分の軸を見失わずに決断する覚悟が大事です。


眠る前に明日やるべきことをイメージする習慣をつけましょう。事前に最悪の事態をシミュレーションし、その精度を上げていけば、落ち込みやパニックなど、自分の感情に振り回されることもなくなり、迅速にトラブル対処できる力が身につきます。


独立前に「うまくいかなかったらどうしよう」と不安を抱える人もいます。が、「どうしよう」ではなく、「こうしよう」という具体的な対処法を考えれば、不安も解消できます。


例えば、飲食店をオープンする場合、「1カ月あたりの客数100人で採算が取れる」と想定するだけでなく、仮に50人だったらどんな対策を打つか、ゼロなら何カ月先まで続けられる資金があるのかなど、いくつものリスクのパターンを予測しておきたいもの。そのうえで全体の予算を組み、対策を立てておけば、あわてず迅速に手を打てます。


世の中にはいろいろな営業ツールがありますが、必ず受け取ってもらえて、しかも捨てられないものは、他にないでしょう。つまり、会社支給とは別に持つオリジナルのセカンド名刺は魔法の営業ツールといっても過言ではありません。


初めて営業マンと会ったとき、お客さんが一番気になるのは、「この営業マンは自分に何を提供してくれるのか」ということです。しかし営業マンが「自分は○○が得意で……」と自己アピールすると、どうしても胡散臭くなりがちです。一方、名刺に自分の得意分野や所有している資格、仕事の実績などを書いておけば、さりげなく自分をアピールできます。


個性的な名刺を渡せば、初対面の相手とも名刺の話題で話が弾むと思いませんか。ですから口下手な営業マンには、会社支給の名刺とは別にもう一枚、自分オリジナルの名刺を持つことをお勧めします。


名刺を工夫している営業マンは、最近増えてきたとはいえ、全体からすればまだまだごく少数派です。だからこそ、いまなら少し工夫するだけですごく目立つのです。


顧客自身の中でニーズが顕在化していないことの方が多い。事前の打ち合わせなどから課題を汲み取り、その課題の解消につながることが分かる自社商品・サービスの特長をアピールすれば、顧客の心に響きやすくなります。


ビジネス文章で大事なのは、相手の感情(エモーション)を常に意識すること。ニーズを汲み取り、「それは当社に役立つ機能だ!」と共感ポイントを探して盛り込むことが相手の感情を動かし、納得させる文章になります。


この提案を受け入れれば、自分たちにどんな未来が待っているかを、数字などを使って具体的にイメージさせる。さらに、実際にそのメリットを享受している企業事例を列挙するなど、事実や実績を書く。それがメリットや数字を裏づける証拠になり、説得力が増します。


堀内伸浩の経歴・略歴

堀内伸浩、ほりうち・のぶひろ。マーケティング・ライター。奈良県出身。同志社大学商学部卒業後、ブルボンに入社。同社で営業職を務めたのち退社。編集者養成の学校へ通ったのち、編集プロダクションのアーク・コミュニケーションズへ入社。単行本、雑誌、企業の会社案内、就職情報雑誌、政治家の後援会誌、選挙ポスター、雑誌新聞広告など様々なジャンルの企画編集に関わる。その後フリーのマーケティングライターとして独立。主な著書に『ビジネス文章5ステップ上達法』『最初の3秒で心をつかむビジネス文章術』『ビジネスが加速するすごい名刺』など。

他の記事も読んでみる

マルクス・アウレリウス・アントニヌス

今日、私は自分の問題から抜け出した。いやむしろ、問題を自分の元から放り出したのだ。問題は私の外にあったのではない。私の中に、言ってみれば私の主観を原因とするものだったからだ。(マルクス・アウレリウス、パクスロマーナ期のローマ皇帝、ストア派の代表的哲学者、哲人皇帝、ローマ5賢帝のひとり)


小阪裕司

感性も磨かないと見えてこないことが沢山あって。磨くのを怠ると、退化しますからね。これは感性教育っていうジャンルの先生方にお聞きした話なんですが、絶対的に綺麗なものって存在しなくて、何かを綺麗だなって感じるには、そういう認識の元で見ておかないといけない。綺麗だってわかるようにならないんですって。


田中健介(経営者)

私は若い頃、相場で失敗したことを、肥やしにしています。当時は友人が大儲けしたので、私も闘争心に煽られて、友人と一緒に買ったら、大損しました。それ以降、投機は二度としないと固く誓ったのです。それ以降、転売目当ての投機は絶対に行いませんでした。


古岸和樹

立場上、毎日が考えることだらけになってしまう日々を送っていることもあり、時々、何も考えないようにする時間をつくりたくなります。そんなとき、ふと思い立つ行き先が山梨県にある「ほったらかし温泉」。10年くらい前、甲府市に住む友人から聞いて初めて行ったのですが、それからは私の「逃避する場所」(笑)になりました。


岡田祥吾

マッキンゼーには簡潔に言うと、ビジネスマンにとって凄く大事な要素である生産性を高められる環境が整っています。生産性には自分が出せるバリューをいかに高めるかと、それをいかに少ない時間でやるかという面があって、マッキンゼーでは特に前者のいかにバリューを出すかというところがめちゃくちゃ鍛えられました。


カーマイン・ガロ

実は、TEDに登場する誰もが大切にしているのが「練習」です。練習をすればするほど自信が生まれ、英語の会話も自然になることも覚えておきましょう。


イーロン・マスク

ここはまさにシリコンバレーと既存自動車会社のハイブリッド。それぞれのベストの要素を組み合わせることで人を引きつける車をつくる努力をしている。車体の組み立てや塗装などは自動車会社の作業だが、リチウムイオン電池や電気モーター、ソフトウェアにはシリコンバレーの技術が詰まっている。
【覚書き|トヨタとGMの合弁工場を買収し、リニューアルしたシリコンバレーにあるテスラモーターズの工場について語った言葉】


藤田田

ベストウェイ(最適な選択肢)というのは、双方の意見とは別のところにあるのではないだろうか。ディスカッションはそのベストウェイを見いだすために行われるべきだと信じている。


安田顕

いままで僕は、作品の舵取りは監督の役目だと思っていて、できるだけ監督の思うままに近づけたいと取り組んでたんですね。でも最近、その中で、さらに監督の「思いを汲み取って」演じることが大事だと思うようになりました。


野呂敏彦

売り上げを下げても利益率をアップすれば資金、利益、運転資金が同時に改善する。


矢野博丈

日本で、100円均一価格で商品を安く売りすぎた反省もあり、コストもかかる海外では日本より2倍程度高い価格で販売しています。商品にはそれなりの品質で、それなりの価格というものがあるのです。


出雲充

「ミドリムシは儲かりますよ」と呼び掛けたことは一度もありません。そもそも、私自身が「ミドリムシで大儲けしたい」とは思っていませんから、「儲かりますよ」とお誘いしても、全く説得力はないでしょう。私のまわりに人が来てくださったのは、儲かるからでも、私に人を引きつける魅力があったからでもなく、ミドリムシで事業化という途方もない挑戦に本気で一歩踏み出したからだと思っています。途上国の子供たちが健康に成長してほしい」とか、「バイオ燃料で日本のエネルギー問題を解決したい」と思う人は大勢いるのです。それに向けて私が一歩踏み出したから、「面白い!」と言って多くの人が集まってくださった。私に引き寄せる力があったからではなく、皆さんが同じ思いを持っていた。私が会社という目に見える形にしたから、思いを持つ人が集まれるようになったのだと思います。