名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

堀内伸浩の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

堀内伸浩のプロフィール

堀内伸浩、ほりうち・のぶひろ。マーケティング・ライター。奈良県出身。同志社大学商学部卒業後、ブルボンに入社。同社で営業職を務めたのち退社。編集者養成の学校へ通ったのち、編集プロダクションのアーク・コミュニケーションズへ入社。単行本、雑誌、企業の会社案内、就職情報雑誌、政治家の後援会誌、選挙ポスター、雑誌新聞広告など様々なジャンルの企画編集に関わる。その後フリーのマーケティングライターとして独立。主な著書に『ビジネス文章5ステップ上達法』『最初の3秒で心をつかむビジネス文章術』『ビジネスが加速するすごい名刺』など。

堀内伸浩の名言 一覧

ビジネス文章は「論理」だけでなく、「感情」も必要。なぜなら人は感情で動く動物だからです。


事業で成功している人は、最悪の事態を常に想定し、そこにどれだけのリスクがあるのかを考えているものです。


独立前に身内から反対されたとき迷う人は、独立後も周囲の意見に振り回され、何をするにも迷ってしまう可能性があります。人の意見に耳を傾ける柔軟さも必要ですが、自分の軸を見失わずに決断する覚悟が大事です。


眠る前に明日やるべきことをイメージする習慣をつけましょう。事前に最悪の事態をシミュレーションし、その精度を上げていけば、落ち込みやパニックなど、自分の感情に振り回されることもなくなり、迅速にトラブル対処できる力が身につきます。


独立前に「うまくいかなかったらどうしよう」と不安を抱える人もいます。が、「どうしよう」ではなく、「こうしよう」という具体的な対処法を考えれば、不安も解消できます。


例えば、飲食店をオープンする場合、「1カ月あたりの客数100人で採算が取れる」と想定するだけでなく、仮に50人だったらどんな対策を打つか、ゼロなら何カ月先まで続けられる資金があるのかなど、いくつものリスクのパターンを予測しておきたいもの。そのうえで全体の予算を組み、対策を立てておけば、あわてず迅速に手を打てます。


世の中にはいろいろな営業ツールがありますが、必ず受け取ってもらえて、しかも捨てられないものは、他にないでしょう。つまり、会社支給とは別に持つオリジナルのセカンド名刺は魔法の営業ツールといっても過言ではありません。


初めて営業マンと会ったとき、お客さんが一番気になるのは、「この営業マンは自分に何を提供してくれるのか」ということです。しかし営業マンが「自分は○○が得意で……」と自己アピールすると、どうしても胡散臭くなりがちです。一方、名刺に自分の得意分野や所有している資格、仕事の実績などを書いておけば、さりげなく自分をアピールできます。


個性的な名刺を渡せば、初対面の相手とも名刺の話題で話が弾むと思いませんか。ですから口下手な営業マンには、会社支給の名刺とは別にもう一枚、自分オリジナルの名刺を持つことをお勧めします。


名刺を工夫している営業マンは、最近増えてきたとはいえ、全体からすればまだまだごく少数派です。だからこそ、いまなら少し工夫するだけですごく目立つのです。


顧客自身の中でニーズが顕在化していないことの方が多い。事前の打ち合わせなどから課題を汲み取り、その課題の解消につながることが分かる自社商品・サービスの特長をアピールすれば、顧客の心に響きやすくなります。


ビジネス文章で大事なのは、相手の感情(エモーション)を常に意識すること。ニーズを汲み取り、「それは当社に役立つ機能だ!」と共感ポイントを探して盛り込むことが相手の感情を動かし、納得させる文章になります。


この提案を受け入れれば、自分たちにどんな未来が待っているかを、数字などを使って具体的にイメージさせる。さらに、実際にそのメリットを享受している企業事例を列挙するなど、事実や実績を書く。それがメリットや数字を裏づける証拠になり、説得力が増します。


堀内伸浩の経歴・略歴

堀内伸浩、ほりうち・のぶひろ。マーケティング・ライター。奈良県出身。同志社大学商学部卒業後、ブルボンに入社。同社で営業職を務めたのち退社。編集者養成の学校へ通ったのち、編集プロダクションのアーク・コミュニケーションズへ入社。単行本、雑誌、企業の会社案内、就職情報雑誌、政治家の後援会誌、選挙ポスター、雑誌新聞広告など様々なジャンルの企画編集に関わる。その後フリーのマーケティングライターとして独立。主な著書に『ビジネス文章5ステップ上達法』『最初の3秒で心をつかむビジネス文章術』『ビジネスが加速するすごい名刺』など。

他の記事も読んでみる

藤田晋

他者の批評をよくする人ほど、打たれ弱かったりします。厳しいツッコミをする一方で、「じゃあ、君はどうなの?」と問い返されると、「うっ……」と言葉に詰まります。やはり、現実から目を逸らしているのでしょう。思い通りにならない、弱い自分を認めたくないという気持ちがあるのかもしれません。


生田正治

課長時代に当時の永井社長の政策秘書を2年間勤めた経験があります。そのときに自分の次元を超えた大きな政策判断を目の当たりにし、政財界の付き合いに同行したことで思考回路の幅を広げてもらったと思っています。


ジェフリー・フェファー

当社の競争戦略はこれでいいのか、成功の尺度はこれでいいのか。当社の本当のライバルはどこなのか――。それまで常識とされてきたことを疑ってかかり、大前提の再検討を促す人物は注意を引き、それが妥当であれば一目置かれるようになる。


谷口義晴

適正価格を確保しなければ、お客様に納得していただけるような商品は作れません。最高の製品を適正な価格で提供することが、私たちの使命です。


小澤三敏

経営者として、とくに株主の視点に立って執行役員を監督する取締役の会長という立場になると、良否だけでは判断できません。むしろ(業績の)良し悪しの判断が重要なのです。つまり、悪しにも3分の理があると、悪しの存在も認めざるを得ません。


松下幸之助

自分の体験を語りますと、考えてみれば、私は50人ぐらいのときはもう常に皆と相談しておったですな。「きみ、どう思うか」というような調子ですな。「私はこう思いまっせ」「ああ、そうか」というようなものです。そう言うて、自分は最後の決定をするわけです。それでいいわけですね。だから、「おやっさん何をやっておるんかいな」と言うて、知らんようなことはないですな。常にものを言うて仕事してますから、私のやっていることはみな知っておるんです。ですから自然に、一致団結というとえらい硬い言葉ですけども、そういう姿で仕事をしていたですな。


佐藤綾子(心理学者)

何をやってもマイペースな自己満足型の人に注意するときは、本人のペースを認めたうえで、短くポイントだけ伝えましょう。自己満足しているだけに、あまり鋭く細かく修正点を指摘したりすると、急に反発しかねません。自分のやり方がよいと思っているので、あまり注意されると、陰で悪口を言ったりもします。


安田隆夫

日本製品が高いのは、多くの人が輸送コストのせいだと思っているが実はこれは間違い。東京から沖縄に運ぶ輸送コストに比べて、実は東京からシンガポールに運ぶ方が安い。ということは、中間流通がいかに牛耳っているか。我々は当社の仕入れ力を活用し、商品を直接沖縄から輸出したりして、価格破壊を実現している。


津谷正明

社員が働く会社を変えるのは悪いことではないと思っています。一度ブリヂストンを辞めても、再び受け入れる制度も作りました。違う風景を見て帰ってきてくれれば多様性が生まれるので、会社にとってもいいことです。


佐藤和則(経営者)

大学卒業後、好きな英語を活かせると思ったので、外資系企業に就職し、その後も外資を渡り歩きました。会社はプロジェクトを変わるくらいの意識しかありませんでした(笑)。


宇佐美進典

役員とは当初、2020年東京オリンピックの年に向けての目標を話し合っていましたが、近い目標であると具体的になりすぎてしまうということになり、何か違うと思いました。そこで、時間軸をぐっと長くして、2100年に向けて私たちはどういう会社でありたいのか、議論しました。そこから紐解いて、第一ステージとしての2020年という位置付けにした方がブレない会社のあり方になると考えました。


坂本龍馬

養子となる者へも伝えてほしいのですが、土佐で流行している長い剣は、すでに伝えているように一対一の喧嘩や、昔話の宮本武蔵の試合などには非常に向いているのですが、現代の戦場では無用です。銃を主要兵器とする場合、刀がなくともよいと考えるべきです。