名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

堀内伸浩の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

堀内伸浩のプロフィール

堀内伸浩、ほりうち・のぶひろ。マーケティング・ライター。奈良県出身。同志社大学商学部卒業後、ブルボンに入社。同社で営業職を務めたのち退社。編集者養成の学校へ通ったのち、編集プロダクションのアーク・コミュニケーションズへ入社。単行本、雑誌、企業の会社案内、就職情報雑誌、政治家の後援会誌、選挙ポスター、雑誌新聞広告など様々なジャンルの企画編集に関わる。その後フリーのマーケティングライターとして独立。主な著書に『ビジネス文章5ステップ上達法』『最初の3秒で心をつかむビジネス文章術』『ビジネスが加速するすごい名刺』など。

堀内伸浩の名言 一覧

ビジネス文章は「論理」だけでなく、「感情」も必要。なぜなら人は感情で動く動物だからです。


事業で成功している人は、最悪の事態を常に想定し、そこにどれだけのリスクがあるのかを考えているものです。


独立前に身内から反対されたとき迷う人は、独立後も周囲の意見に振り回され、何をするにも迷ってしまう可能性があります。人の意見に耳を傾ける柔軟さも必要ですが、自分の軸を見失わずに決断する覚悟が大事です。


眠る前に明日やるべきことをイメージする習慣をつけましょう。事前に最悪の事態をシミュレーションし、その精度を上げていけば、落ち込みやパニックなど、自分の感情に振り回されることもなくなり、迅速にトラブル対処できる力が身につきます。


独立前に「うまくいかなかったらどうしよう」と不安を抱える人もいます。が、「どうしよう」ではなく、「こうしよう」という具体的な対処法を考えれば、不安も解消できます。


例えば、飲食店をオープンする場合、「1カ月あたりの客数100人で採算が取れる」と想定するだけでなく、仮に50人だったらどんな対策を打つか、ゼロなら何カ月先まで続けられる資金があるのかなど、いくつものリスクのパターンを予測しておきたいもの。そのうえで全体の予算を組み、対策を立てておけば、あわてず迅速に手を打てます。


世の中にはいろいろな営業ツールがありますが、必ず受け取ってもらえて、しかも捨てられないものは、他にないでしょう。つまり、会社支給とは別に持つオリジナルのセカンド名刺は魔法の営業ツールといっても過言ではありません。


初めて営業マンと会ったとき、お客さんが一番気になるのは、「この営業マンは自分に何を提供してくれるのか」ということです。しかし営業マンが「自分は○○が得意で……」と自己アピールすると、どうしても胡散臭くなりがちです。一方、名刺に自分の得意分野や所有している資格、仕事の実績などを書いておけば、さりげなく自分をアピールできます。


個性的な名刺を渡せば、初対面の相手とも名刺の話題で話が弾むと思いませんか。ですから口下手な営業マンには、会社支給の名刺とは別にもう一枚、自分オリジナルの名刺を持つことをお勧めします。


名刺を工夫している営業マンは、最近増えてきたとはいえ、全体からすればまだまだごく少数派です。だからこそ、いまなら少し工夫するだけですごく目立つのです。


顧客自身の中でニーズが顕在化していないことの方が多い。事前の打ち合わせなどから課題を汲み取り、その課題の解消につながることが分かる自社商品・サービスの特長をアピールすれば、顧客の心に響きやすくなります。


ビジネス文章で大事なのは、相手の感情(エモーション)を常に意識すること。ニーズを汲み取り、「それは当社に役立つ機能だ!」と共感ポイントを探して盛り込むことが相手の感情を動かし、納得させる文章になります。


この提案を受け入れれば、自分たちにどんな未来が待っているかを、数字などを使って具体的にイメージさせる。さらに、実際にそのメリットを享受している企業事例を列挙するなど、事実や実績を書く。それがメリットや数字を裏づける証拠になり、説得力が増します。


堀内伸浩の経歴・略歴

堀内伸浩、ほりうち・のぶひろ。マーケティング・ライター。奈良県出身。同志社大学商学部卒業後、ブルボンに入社。同社で営業職を務めたのち退社。編集者養成の学校へ通ったのち、編集プロダクションのアーク・コミュニケーションズへ入社。単行本、雑誌、企業の会社案内、就職情報雑誌、政治家の後援会誌、選挙ポスター、雑誌新聞広告など様々なジャンルの企画編集に関わる。その後フリーのマーケティングライターとして独立。主な著書に『ビジネス文章5ステップ上達法』『最初の3秒で心をつかむビジネス文章術』『ビジネスが加速するすごい名刺』など。

他の記事も読んでみる

石坂典子

原動力はこの仕事に対するプライドですかね。この業界はどんどん変わっていきますが、一方で規制産業、設備投資するのも住民の同意をもらってきてくれといわれてしまう。で、住民さんはわからないから反対しがち。すると新しい設備投資ができない。いま、新しい破砕機を一台入れたいと。農業機械のクボタさんがつくった機械なんですが、入れたいといっても前例がないからと許可がもらえず、いま5年目に入ります。時代の変化と廃棄物処理の技術変化が伴っていないのが現状です。それでも前を向いていきたい。いま、四大卒で他の会社の内定をもらっているのに入社してくれた社員がいます。見学会など経営の公開で会社の評価が変わってきている手応えがあります。


小路明善

PB(プライベートブランド)はやっていませんし、当面そのつもりもありません。我々NB(ナショナルブランド)メーカーの使命は、常にブランド価値を高め続けることにあり、消費者の潜在ニーズを、商品の付加価値として具現化し、消費者がいつでもどこでも購入できる環境を構築することです。これを考えることが重要で、そうでなければ、受託製造のメーカーになればいいだけです。メーカーが持つ小売店への役割は消費者が、感動するレベルの商品を作ることです。


酒井将

最初はイチからのスタートでしたが、ここにきて急速に育ってきました。弁護士の教育にはいろいろなやり方がありますが、一番はなんといっても事件を通した経験です。それによってノウハウを取得できます。


猪瀬直樹

ときには、あえて時間をムダにしてもいい。たとえそのときには意義を感じられなくても、マンネリから脱して自分の経験の幅を広げることができれば、それは必ず将来の糧になるはず。


立花陽三

プロ野球で強いチームをつくるには、支配下選手と呼ばれる70人のポートフォリオをいかに最適化できるかにかかっています。今のポートフォリオのどこに課題があるのかを見つけ、それを解決することからまず始めました。


フランチェスコ・トラーパニ

重要な市場であれば、成長市場でなくても投資は続けるべきです。


小山信康

ストレスを抱えこむことなく、カンタンに節約が達成できてしまう。一度(加入)手続きしただけで、節約効果が毎月、自動的に持続していく。これは節約成功の大鉄則。


矢野博丈

性格を磨くには、ひとことで言うのは難しいが、「嫌なものは嫌」「自分さえよければそれでいい」という考え方に支配されないように、普段から心がけるしかないと思う。自分のためじゃなく、周りのために何ができるかを考えていれば、気が付いたときには周りから認められる人になっている。性格を磨くというのは、きっとそういうもんじゃないだろうか。


松井忠三

ビジネスでは、たとえ言いにくいことでも、まずこちらの考えていることを単刀直入に話すべきです。最初にお互いの考えがわかれば、すぐに交渉に入れます。それが相手のためでもあります。


鈴木喬(経営者)

ニッチのマーケットをつくって、絶えず成長させないといけない。大手と同じことをやっては勝負にならない。


チェーホフ

優しい言葉で相手を征服することができないような人は、いかつい言葉でも征服はできない。


石塚しのぶ

企業組織の主要素は「人」なのですが、これまでの経営においては、組織の「人間性」は見落とされ、まるで機械を操作するような管理の仕方がされてきました。代わりに今、求められているのは、組織の構成員一人ひとりに内在する人間ならではの能力を最大活用する組織、そして、その結果、顧客に「人間味」や「愛着」を感じてもらえる組織なのです。