名言DB

9412 人 / 110637 名言

堀公俊の名言

twitter Facebook はてブ

堀公俊のプロフィール

堀公俊、ほり・きみとし。日本の組織コンサルタント、日本ファシリテーション協会初代会長。兵庫出身。大阪大学大学院工学研究科修了後、大手精密機器メーカーに入社。商品開発、経営企画などに従事した。その後、有志とともに日本ファシリテーション協会を設立し初代会長に就任。関西学院大学商学部、法政大学キャリアデザイン学部などで非常勤講師を務めた。主な著書に『ファシリテーション入門』『ワークショップ入門』『MBQ マネジメント・バイ・クエスチョン』『問題解決ファシリテーター』『組織変革ファシリテーター』など。日本におけるファシリテーションの普及・啓発に尽力した人物。

堀公俊の名言 一覧

「実現可能かどうか」は後で考えればいい。まずは多くのアイデアを出す作業が先決。


会議をリードするのはファシリテーター(進行役)の役目だと思っている人が多いと恐いますが、それは勘違い。会議は参加者全員で組み立てていくもの。新入社員であっても会議をリードすることはできます。


会議の主催者は、会議をしっかりデザイン(設計)してください。参加者が事前に配られた会議の検討課題を見て、会議に向けて十分に準備できるようにしましょう。


理想の会議を実現する7つの原則

  1. 会議の「内容(話し合いの内容や結論を決める人)」と「進行(司会進行役)」を分ける。
  2. みんなが安心して発言できる場をつくる。
  3. 議論はできるだけ話を広げてから絞り込む。
  4. 一度にひとつのことだけを議論する。
  5. 「空中戦(口頭でのやり取り)」を「地上戦(紙に落とした文字)」に落とし込む。
  6. 自分の都合と他人への配慮を両立させる。
  7. 決まったことは24時間以内に参加者全員に確認をとる。

理想の会議への3つの質問

  1. 限られた時間の中で、成果と参加者の満足感の両方を満たせたか。
  2. 問題を表面的にとらえず、本質についての深い議論ができたか。
  3. たんなる理想論に終わらず、実行につながる結論を出せたか。

会議で大切なのが「論点は必ず述語入りの疑問文で表す」ということです。たとえば、論点が「残業について」だと、残業についての発言なら何でも許されることになって、話が脱線しがちですが、「残業を減らすためには何ができるか?」というように疑問文で表すと、何を話し合うのかが明瞭になるので、具体的で意味のある議論になります。


ブレインストーミングを行うとき「どんどんアイデアを出してくださいよ」と、ただ繰り返すだけではすぐに議論が停滞してしまいます。参加者にやる気を出してもらうためには、ちょっとした工夫が必要です。たとえば、「15分間に20個、アイデアを出しましょう」と具体的目標を設定するのもいいでしょう。似たような意見が続いたら、「○○といった意見がまだ出ていませんね」と、わざと突拍子もないアイデアを出し、思考の壁を打ち破る誘い水をするのも手です。


会社によっては、前に出てペンを握るだけで「出しゃばり」と非難されてしまうこともあるでしょう。そんな場合は、「私が議事録を取りましょうか」と申し出ます。議事録は一般的に若手がとるものとされているので、重宝はされても反感を買うことはありません。そして、「議事録をとるためにひとつ確認させていただきたいのですが……」と、質問を差し挟んでいけば、進行をひそかに仕切ることができます。


会議で周囲の反感を買わずに主導権を奪うには、会議がある程度進んだ段階で、「自分は頭が悪いので、そこまでの議論を一度整理してもいいですか」といいながら、ホワイトボードの前まで歩いていくのです。こう言われて真っ向から反対する人はいません。しかし、会議はペンを持った者の勝ちです。板書すればメンバーの視線は上司ではなく、ホワイトボードに集中します。さらに、出された意見をどうまとめていくかによって、進行を舵取りできます。


働き方改革で、まず実施したいのは、会議のダイエットです。メールのやり取りで済む「やる意味のない会議」はスッパリやめる。開催回数の頻度を減らしたり、時間を短くしたりできる会議も多い。徹底的に会議をダイエットをするだけで、かなりのムダが省けるでしょう。


「革新的」という意味合いで「イノベーション」という言葉がビジネスで多用され始めてきていることからも分かるように、世の中は以前より一段と斬新なアイデアを求めるようになってきています。手堅いアイデアよりも、豊かな想像力から生み出されるユニークなアイデアを考え出す必要があるわけです。


堀公俊の経歴・略歴

堀公俊、ほり・きみとし。日本の組織コンサルタント、日本ファシリテーション協会初代会長。兵庫出身。大阪大学大学院工学研究科修了後、大手精密機器メーカーに入社。商品開発、経営企画などに従事した。その後、有志とともに日本ファシリテーション協会を設立し初代会長に就任。関西学院大学商学部、法政大学キャリアデザイン学部などで非常勤講師を務めた。主な著書に『ファシリテーション入門』『ワークショップ入門』『MBQ マネジメント・バイ・クエスチョン』『問題解決ファシリテーター』『組織変革ファシリテーター』など。日本におけるファシリテーションの普及・啓発に尽力した人物。

他の記事も読んでみる

大葉ナナコ

精子と卵子が無事に出会い、私たちが生まれてくる確率は700兆分の1と言われています。これって、奇跡だと思いませんか?なのに、テレビドラマの出産シーンでは、血だらけの赤ちゃんやお母さんの叫び声ばかり。赤ちゃん、つまり遠き日の自分が頑張って生まれてきたということに気づく機会はあまりないのです。


奥田陽一

変化はどの業界でも必ず起こります。そのとき新しいことに挑戦できると思える人材をいかに育てるか。それは人材育成の普遍的なテーマかもしれません。


鈴木幸生(経営者)

50歳まで勤めた雑貨の会社を辞めて起業したのは、魔が差したっていうのかな(笑)。会社の看板なしの丸裸になったら何ができるか試してみたくなったんです。


茂木健一郎

企画会議などで、あらかじめひとつのゴールを想定して進行していくことは大切です。しかし、一方では自由奔放に拡散していくベクトルも必要です。理想的なのは、誰が提案したのかもわからないような議題の立て方をして、皆でどんどん意見を出し合う方法です。イメージとしては飲み会での連想ゲームです。最初はまともな議題だったのに、皆でワイワイ話しているうちに、出発点がどこだったかわからなくなるくらい連想が飛躍するような形です。


柳井正

最初は商品の仕入れから販売、経理、広告宣伝まで全部、自分でやらなければならなかった。でも、おかげで「商売というのはこういうことなのか」と体感でわかるようになってきた。とにかく会社を潰さないように、と必死でした。


遠藤功

この時代環境の中で国の成長に依存し、それに乗っかっているだけの会社はダメになっていきますが、自分で成長や需要を作れる会社はどんな環境にあっても生き延びられる。成長創造型の会社しか勝ち残れない環境にいるわけです。


小嶋光信

お客様を呼び込むために最も重要なことは地元に支持されることです。ほかの産業でも、固定客をどう増やすかを考える上で、顧客からの支持をどう取り付けるかは、大切な視点でしょう。


菅谷俊二

発想の原点は、いかにユーザーに有利なものを作ることができるか。


村木厚子

仕事や育児で切羽詰まって、「もうダメだ!」とパニックになりかけたことが、それまでの人生で何度もありました。その問題を解決するために、何から手を着けていいか、分からない。そんな時、「今、何ができるのか」をリストアップしていくと、物事が整理されて、不思議と心が落ち着きます。


池谷裕二

私たちの個性は単純ではなく、千差万別です。共通の成功ルールはありません。ある人にとっては良い方法も、別の人がやれば逆効果かもしれない。自分に本当は何が向いているのかをきちんと考えることが重要です。


堀江貴文

お金というものはお金が好きな人のところに集まってくるとよく言われます。これは当然のことです。お金なんていらないと思っている人が金持ちになれるはずがありません。しかしもっと問題なのはある程度リッチになってしまった人の場合です。リッチになると人間は小さくまとまってしまう傾向があるのです。月収のレベルで100万円や200万円を越えると自分のやりたいことは大抵実現できるようになってきます。しかし、ここで満足してはゼッタイにいけないのです。


小林昇太郎(コンサルタント)

大量生産大量消費の時代は終わり、物が余る時代になり、これまでの大企業のやり方が通用しなくなってしまった。これは逆に小さい会社にとってはチャンス。


藤川太(ファイナンシャルプランナー)

投資で成功している人は、皆が悲鳴を上げているときに仕込める人。バブル崩壊のときに投げ売りの不動産をしこたま買った人が、いま儲かっている。また、リーマンショックで多くの人がもう嫌だと投資から去って行くときに、安値で仕込んだ人がいま利益を上げています。つまり世の中の動きと逆を行く人が儲かるのが投資の世界なのです。


高橋がなり

自分の会社の業績が急成長すると他人からは羨ましがられるけど、本人は大変なんだよ。中身も成長させないと業績が急降下しちゃうから。なのに人数ばかり増えて内容が伴ってないんだよね僕の会社は。幹部が育たないもんだから烏合の衆状態なんだよ。


天外伺朗(土井利忠)

以前は管理型の監督だった岡田(岡田武史)さんは、選手の自主性を重視し、自分で考えさせるマネジメント法に変わりました。叱責や命令ではなく、選手が自分のプレーをビデオで確認しているときに、「いいドリブルだ」などとそばでつぶやいて、選手の深層心理にポジティブなメッセージをすりこんで、選手のモチベーションを高めるような工夫をしていました。