名言DB

9412 人 / 110637 名言

堀井基章の名言

twitter Facebook はてブ

堀井基章のプロフィール

堀井基章、ほりい・もとあき。日本の学校経営者。「堀井学園」理事長。慶應義塾大学法学部卒業。教師、堀井学園京浜女子大学横浜校校長などを経て堀井学園理事長に就任。そのほか、神奈川県私立中学校高等学校協会会長、日本私立中学高等学校連合会副会長などを務めた。

堀井基章の名言 一覧

私が若い時に校長となって幸いだったのは、神奈川県の先輩の校長先生方に相談できたことです。父が中学・高校の協会の仕事をしていたので、私が運転し、送り迎えをしていましたので、先生方と知り合うことができました。こうしたネットワークは私の大きな財産です。


神奈川は私学発祥の地で、明治の初めに創立されたフェリスが最初です。ですから、神奈川の私学は、何につけ、全国に先駆けてやっていかなくてはいけない、という自負があります。


考えることは、知識がなければできません。知識は学校や本やいろいろなところから得られます。それだけではだめで、それを知恵にしなくてはいけません。知恵にすれば、それを活用しなくてはいけない。


当学の考え方は、いつの時代にあってもどんな人材を社会が必要としているのかを基本に考えてきた、ということ。その学校が世の中に必要だという観点で設置し、運営していくべき。


堀井基章の経歴・略歴

堀井基章、ほりい・もとあき。日本の学校経営者。「堀井学園」理事長。慶應義塾大学法学部卒業。教師、堀井学園京浜女子大学横浜校校長などを経て堀井学園理事長に就任。そのほか、神奈川県私立中学校高等学校協会会長、日本私立中学高等学校連合会副会長などを務めた。

他の記事も読んでみる

村上吉弘(経営者)

当社には、現場を重視し、尊重することを示した「UD現場スピリット」という言葉があります。これは、創業以来受け継がれてきたプロ意識と情熱であり、お客様が抱える課題をパートナーとして一緒に解決していくという決意を表わしています。


肥後克広

一番印象に残っているのは、番組でジンベエザメに食われたことですかね。あれは命を賭けた戦いでした。本当に動物ものが一番怖いですよ。彼らはお約束をわかってくれないので。


榊淳

ある不調な事業の原因をデータから探しだそうとすると、情報の海に溺れがちです。まずは「考える時間」をとり、不調に陥っている要因を熟考してからデータを分析する「作業する時間」に移るようにしています。


古賀稔彦

百人いたら百の性格があって目標があって、目標に向かうスピードも百通りあるもの。だから、自分1人のやり方を百人に当てはめるのではなくて、まず百人を知ろうと思った。


澤田秀雄

たいていの事業は3年やれば結果が出るもの。3年やってダメなものは何年やっても同じ。


ジェームス・スキナー

人生を最大限に生きよう。熱心に働けば働くほど生きることになるからである。行動をすればするほど、あなたの存在は大きくなり、あなたの松明(たいまつ)はそれだけ明るく燃えることになるのだ。


渡辺修(通産官僚)

私が通産省に入った時、官房総務課というところに配属されました。ここは省内で今日一日いろいろあったことを全部報告して、その日の夜、翌日からどう動くのかを打ち合わせするんです。夜も更けるとビールを飲みながら話をすることになるんですけど、私の一番重要な仕事は毎朝、ビールを3ダース冷やすことだったんです(笑)。当時の冷蔵庫は小さいモノばかり。1つの冷蔵庫では入らないから、官房長室とか次官室に行って、年上の秘書の女性に頼み込んで入れてもらうんです。3ダースのビールを毎日気持ちよく冷やして貰うためには、お願いする人とのコミュニケーションを図り、相手の悩みを聞き、自分にできることがあればお手伝いをして信頼を得ることの積み重ねでした。私はここで、自分が一人で仕事をするよりも、人に仕事を頼む方がはるかに難しいということを学びました。これは私の今日までのモノの考え方の原点になっています。


植木理恵

統計や学問がどうであれ、自分の経験値を信じ、自信と信念をもって取り組む人は強いということを示しています。貧乏な経済学者やファイナンシャルプランナーは大勢いますから、学者の言うことなんてあてにはなりません。


山口瞳

時には破目を外すことがあってもいいから、ともかく行儀よくやれよ。
【覚え書き|新入社員への激励の言葉】


小野大輔

僕が声優になったのは、アニメが好きだったのはもちろんですが、自分自身が嫌いだったんです。それが、役を演じていると生きている実感を味わえた。そこが大きかったんですよね。きっとアニメ制作に携わっているアニメーターの皆さんも、自分にできないことをキャラクターに託しているんじゃないかと思いますし、本当に何でも形で表現できる分、そこで得られる感動は実写よりも大きいのではないかと感じてます。つまり、そうした体験ができるからこそ、僕らはアニメを観るのも、作るのもやめられないんですよね。


榊原定征

文部科学省の調査で「理科の授業が苦手」としている先生が小中学校で6割以上もいます。理科が苦手な先生から教えてもらったのでは、絶対に面白くならないし、興味もわかなくなります。私が理科や数学を好きになったのは、中学のときに素晴らしい理科の先生がいたからです。教え方の上手な数学の先生もいました。先生の影響というのは、すごく大きなものです。


田中仁(経営者)

「我々はどういう企業であるべきか」を軸に製品開発を行っています。発想ありきではありません。


楠木建

センスが育つのは、ほぼ自身の経験でしかありません。センスに依存する経営という仕事は、どうしても景気などの外的要因に左右されやすい。経営陣やCEO(最高経営責任者)の近くにいた経験がないと、難しいかもしれません。


南場智子

トイレが汚いのが絶対許せないとか、サービスを見てもこんなに分かりにくいのは絶対にダメとか、経営として重要と思うところに関しては、細かく入っていくところはあります。でも思い付きで現場を翻弄することはないようにしています。


山崎浩一(コラムニスト)

情報に振り回されないようにした方がいい。そのためには自分との対話が必要。でもそれはみんな、ボーッとしている時間や、退屈している時間にやっているんですよ。「自分は何にワクワクするのか」って。そこで自分のニーズが分かると思います。