名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

堀久作の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

堀久作のプロフィール

堀久作、ほり・きゅうさく。日本の経営者。映画会社日活の社長。大倉高等商業学校(のちの東京経済大学)卒業後、炭鉱会社の経理係、石炭ストーブ販売会社日本完全燃焼の営業マン、石炭小売販売店店主、東京瓦斯常務松形乙彦氏の秘書、山王ホテル社長を経て日活に入社。常務取締役になってからのち、同社の経営再建に尽力。同社社長に就任。同社を大きく成長させたが、その後、ワンマン経営が裏目に出てしまい社長退任に追い込まれる。戦後日本映画の黄金時代を築いた経営者。そのほかにも日活国際会館、日活国際ホテル、江ノ島水族館などの設立を行った。

堀久作の名言 一覧

無理をして出発しただけに、私も我武者羅に働いたものである。たとえば当時(日活の経営再建をスタートさせた頃)から20数年、日曜、祭日、元旦と私は一日も会社を休んだことがない。これは私が健康だからできるのでもあるが、事業に対する情熱が、自然に私の体を鍛えたともいえる。


私は8歳のときに父を亡くしたが、私の今日あるのは父が死ぬときに残した言葉が大きくあずかっている。「お前が世の中に出て、もし食うのに事欠くことがあっても、決してものを質に入れてはならない。質に入れるほど困ることが起きたら着物でも売ってしまえ。売ってしまって悔しかったら、それ以上のものをつくるように努力しろ。着物でも同じ着るならいいものを着ろ。悪いものは決して着るな」と遺言したのである。


私の事業哲学は借入金によってものをつくるときは、必ず良いものをつくろうということだ。金を借りて悪いものをつくったら回収がつかない。2つとない良いもの、あとで真似のできないものをつくること、これが事業の要諦である。中途半端のことをやっては駄目である。


金というものは信用で借りるのだ。信用がなかったらいかに担保を持っていても駄目だ。私はあとから剥げるような嘘は決してつかない。悪いことは全部さらけ出す。私の知っている以外第三者が知るわけがない。第三者の中傷の方がよほど実情より「まし」だというありさまだった。
【覚書き|日活の経営再建に着手した当時を振り返っての発言。千葉銀行に経営状況をすべて話し、多額の再建費用を借りることに成功した】


世の中というものは1万円いるというときに、あと千円足りないで失敗をする。私の場合は1万円欲しいときに9千円足りないのだ。最初から足りないんだから、必ずつくってみせるという勇気が湧き、これに全精力を注ぎ込む。


ここを自動車の置き場にしておいた方が日本経済の復興に役立つか、あるいはここに国際的なものをつくって米国商社のオフィスあるいはホテルにした方が日本の経済復興に役立つか、ご考慮願いたい。
【覚書き|日活国際会館を建てるために、予定地を接収していた米軍のエベリー少将に接収解除をかけあったときの言葉】


映画は休むことなく流れ、人が休息をとるときに、活動しなければならない仕事である。経営者として、休日だからといって安閑と鼻歌を歌っていられないのである。自分の打込んだ事業には、このくらいの熱を持たなければ嘘だと思っている。事業は、この熱と、信用である。


なぜそんな大金を借りられたか、またなぜ貸したかというに、貸借のことで、私が微塵も嘘をつかなかったということが、大きな効果となって現れたのである。私は千葉銀行から金を借りるについては自分の台所をひっくり返して、はきだめから天井裏まで説明している。だから他からどんな中傷が入ろうと、私が白状していることより、はるかに中傷の方が生やさしいのだ。
【覚書き|経営が傾いた状況から千葉銀行から大金を借り入れできたことに対するコメント】


サイレント(無声映画)からトーキー(有声映画)への転換を図るが、借金は200万に膨れ上がった。なぜそんな大金を借りられたか。またなぜ貸したかというと、賃借のことで私が微塵も嘘をつかなかったということだろう。
【覚書き:日活を買収し企業再建を始めた際、千葉銀行から多額の資金を融資を得られたことについての回顧】


堀久作の経歴・略歴

堀久作、ほり・きゅうさく。日本の経営者。映画会社日活の社長。大倉高等商業学校(のちの東京経済大学)卒業後、炭鉱会社の経理係、石炭ストーブ販売会社日本完全燃焼の営業マン、石炭小売販売店店主、東京瓦斯常務松形乙彦氏の秘書、山王ホテル社長を経て日活に入社。常務取締役になってからのち、同社の経営再建に尽力。同社社長に就任。同社を大きく成長させたが、その後、ワンマン経営が裏目に出てしまい社長退任に追い込まれる。戦後日本映画の黄金時代を築いた経営者。そのほかにも日活国際会館、日活国際ホテル、江ノ島水族館などの設立を行った。

他の記事も読んでみる

新浪剛史

重要なのは、新しいカテゴリーで最初の商品を出すということ。同じカテゴリーの1番、2番まではいいけれど、3番目以降はダメ、利益が出ない。


堀江薫夫

この正金(正金銀行)には、一種の正金スピリットという伝統的な気風がある。それは行員が上下一体となって協力し、銀行を通じて日本国の国際発展に寄与しようという気概である。


セバスチアン・スラン(セバスチャン・スラン)

人間の創造性が全く不要になるわけではない。だが悲しいことに、ハードルは着実に上がる。人間が生産性を保つのに必要な学習の量は増え続ける。


西田弘次

人間は誰もが、自分が大事にしているものが一番だと思っています。上司は仕事で成果を出すことが何より大事だと考えていても、部下は休日に旅行するのが楽しみで働いているのかもしれない。上司にとって成果が第一なのと同様、その部下は旅行が人生の最優先事項なのです。だから、それを認めて、「そうなのか。だったら、次の休みは旅行を存分に楽しめるように頑張ろう」と言ってあげてください。そこで「バカなことを言うな!」と否定すれば、部下のモチベーションは一気に失われてしまいます。


角和夫

失敗した局面で重要になるのが誠実です。何らかの失敗を犯して自分が不利な立場に立たされても、そこで嘘をつかない。自分の失敗を誤魔化すことなく認めることが重要です。


田川博己

私が30代のころ、東京丸の内本社の営業で「サマーセールスキャンペーン」というのをやったんです。テーマは「夏は自然に帰ろう」でした。これを全国標語でつくった。そうしたら、北海道支店の連中が「いい加減にしてくれ、北海道の人はしょっちゅう自然に浸っているんだから、夏は都会で遊ぼうというキャンペーンをやってくれないか」と言ってきたんです。当たり前といえば当たり前ですが、そのときの経緯を覚えていて、50代で本社の役員になって、新しい企業体質をつくる際、地域は地域にそれぞれ合った形の旅行スタイルを貫くべきだとして、地元に権限やヒト、モノ、カネを与えたんです。


岩井俊憲

着眼大局、着手小局。


安倍昭恵

人間はみんな一人一人個性があるわけですから、それを生かしてお互いに協力しあえる形をつくっていくのが理想。


安居祥策

意思決定は30%ぐらい情報が集まったところで行わないといけないとかねて思っています。50%の情報が集まったときでは遅いのです。やるなら、トップバッターで行くべきで、二番、三番というのはダメです。


松藤民輔

十数年前、証券会社の法人担当として私は時代の流れに乗っていました。年間10兆円もの取引を行い、多額の年収を得ていたのです。しかし、それがバブルだと悟った私は、歴史を紐解き日夜研究をしました。その結果、ペーパーマネー、ドルの時代は終わり、ゴールドの時代が来ると考えるに至ったのです。そして、日本では誰も手を付けていない金鉱山の分野で唯一無二の会社をつくろうと考えました。それがジパングです。


渡辺捷昭

技術開発は日進月歩で進んでいるのだから、まず何よりもスピード化が大事です。リードタイム(作業着手から完了までの所要時間)を少しでも短くすることが不可欠となる。そのためには各部署がバラバラに動くのではやっていけません。開発、設計、生産技術、製造、サービスという各部署が結集してチームとしていかに機能させるかがマネジメント上最も重要になるでしょう。


陰山英男

人から見れば多くのことに手を出していると思うかもしれませんが、私としては「周囲が求めることに応え、穴を埋める存在になる」という、非常に合理的な生き方を追求してきただけなのです。その結果、教師としてユニークなポジションを得ることができたのは、自分でも面白いなと感じています。「家を売る教師」なんて、日本中を探しても私くらいでしょう(笑)。「自分には突出した強みがない」と考え、ゼネラリストを目指していた人間が、最終的には唯一無二の個性を手に入れたのだから不思議なものです。