名言DB

9419 人 / 110788 名言

堀主知ロバートの名言

twitter Facebook はてブ

堀主知ロバートのプロフィール

堀主知ロバート、ほり・かずとも・ろばーと。日本の経営者。「サイバードホールディングス」CEO・創業者。米国ワシントンD.C.生まれ、和歌山県育ち。関西大学法学部卒。

堀主知ロバートの名言 一覧

私は、ITの世界でも「日本が世界からリスペクトされるような足跡を残したい」と思い、事業をしてきた。


仕事ができる人できない人の違いっていうのは、どれだけたくさんのことに気付くことができるかどうかだと思うのです。相手は何を考えているんやろうってことに気付ける人。いろんなことに気が回る人、気付きが多い人ほどいい仕事をする人だと思います。


アスリート自らがファンに感謝の気持ちや思いを伝えコミュニケーションを取ることで絆は生まれていく。ファンとの深い絆を構築できたアスリートは、企業や社会もただの支援対象ではなく、尊敬し、応援すべき対象となり、日本全体が本当の意味でのスポーツ立国になると信じている。


私はスポーツが好きで、いろいろなスポーツに関わってきました。才能があってもスポーツだけでは自立できず、食べていくことにも困っているアスリートがいるという相談を受ける中、その問題を解決できるプロジェクトが見つかり、約1年半前から実験を繰り返してきました。その実験の結論も出たことから、今回、事業として手掛けていくため、二度目の起業を決意しました。目指しているのは「日本を世界一、アスリートとファンの絆が深い国にすること」です。


堀主知ロバートの経歴・略歴

堀主知ロバート、ほり・かずとも・ろばーと。日本の経営者。「サイバードホールディングス」CEO・創業者。米国ワシントンD.C.生まれ、和歌山県育ち。関西大学法学部卒。

他の記事も読んでみる

サイモン・クーパー(経営者)

全従業員に対して、1日2000ドルまでの決裁権を与えています。お客様のリクエストやトラブルに瞬時に判断を下す必要があるからです。ご宿泊のお客様がお誕生日であることを知った従業員がシャンパンにカードを添えてお持ちする。こうしたことを、上司の判断を仰ぐことなく、実行する権限が与えられています。


児玉和之

現在の通販業界には、保管在庫の無駄・不在再訪の無駄・過当競争の無駄など、「悪しき慣例」とも言える無駄が数多くあります。当社は既にIoTやAIも活用し、これらを是正する取り組みを始めています。この取り組みが業界内に広まれば、昨今社会問題となっている物流や流通の問題を解決に導くことができると考えています。


新井見枝香

別にね、本を書くからってそれが「誰かのため」である必要はないとも思っていて。ある作家さんが「小説は誰かの人生を変えられるほどすごいものでもない」みたいなことを言っていたけど、無価値ではないけどなんのプラスにもならない、そういうものでもいいんじゃないかなあと。


石原広一郎

昔から、人間は還暦を迎えると人生の振出しに戻るといわれてきた。私も60歳にしてその古人の言そのままの姿になった。老い先は短いから万事無駄にできないと考えた。


ピーター・ドラッカー

人間は「自分でなければできない」と錯覚していることが多すぎる。


新谷功

社長になって以来、自分の周りにいる人たちとは酒を飲みに行くのをやめました。酒を特定の人と多く飲みに行けば、人間ですから情は移ります。自分ではえこひいきしていないつもりでも、他人が見ればひいきしていると思われるかもしれません。そう思われただけで、事業部門の売却や取引先企業との取引解消というつらい選択を社員や取引先に強いる決断が鈍ります。


柴山政行

投資先を選ぶのに一般社員の定着率も重要です。離職率が高い会社は居心地が悪いということであり、社員にとって魅力のない会社は投資対象としても魅力に欠けます。トップの企業文化と、社員の企業文化が同じでなければ、一丸となって成長を目指すことは困難です。新人のときから育てていけるかどうかで、愛社精神も、会社の力になってくれるかどうかも異なります。6から7割の定着率が欲しいところです。


後藤忠治

自分自身との戦い、そして競争相手と競って勝利を獲得するわけですが、自らの限界を超えるほどの成果を挙げるためにはライバルの存在が欠かせない。


金指潔

自分たちの若いころを考えると、権威に反発し、拒否反応があるのが当たり前でした。話を全部受け止めてしまうのではなく、僕ならこう考えるという学生の方が、健全だと感じます。


大野直竹

尊敬する人は織田信長です。あの人だけが戦国の世にあって、日本を統一し平和にして、今までの悪い点を改革して新しい世をつくろうというビジョンを持っていた。本当に今までの世の中を変えたいと思ったリーダーであることは間違いない。