名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

城阪俊吉の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

城阪俊吉のプロフィール

城阪俊吉、しろさか・しゅんきち。日本の経営者。松下電器副社長。京都府出身。東北大学工学部卒業。松下電器産業(のちのパナソニック)に入社。常務取締役、松下電器産業中央研究所長、技術本部長、専務、副社長、顧問などを務めた。そのほか新技術予測研究会会長などを務めた。

城阪俊吉の名言 一覧

日本は独創的な研究と言って信号では青を出しているが、交通巡査がストップをかけている。


城阪俊吉の経歴・略歴

城阪俊吉、しろさか・しゅんきち。日本の経営者。松下電器副社長。京都府出身。東北大学工学部卒業。松下電器産業(のちのパナソニック)に入社。常務取締役、松下電器産業中央研究所長、技術本部長、専務、副社長、顧問などを務めた。そのほか新技術予測研究会会長などを務めた。

他の記事も読んでみる

小山田浩定

社員に何かを伝えるとき、表現に困ったら古典に立ち返ります。


室伏広治

ロンドン五輪の時の目標は金メダルの獲得、そのモチベーションとなる目的は、東日本大震災の被災地で知り合った子供たちに少しでも勇気を与えたいということでした。そのためには年齢的な肉体の衰えをいかに補って勝つかが鍵になる。合理的かつ効果的なムダのないトレーニングを実践し、試合では失敗を恐れずに全力を出し切ることが重要になります。


伊藤秀二

今は言い訳ができないところまで分権化しています。例えば、自分のところの部長は自分では決められない、お金を使う権限がないなどと言い訳をすることがあります。でも部長は選んでいいし、お金も使っていいよ、自分が責任を持てる範囲でということにした。そうすると、そこまでしなくてもいいですよと言う人も出てくる(笑)。多少強引であってもスピード感で進めて行くことが必要な場合と、こつこつとやった方がいい場合もありますから、組織として上手に人を配置することで回っていくのです。


藤田紘一郎

今の若い人は「こうありたい」と思う自分の理想像とのギャップにストレスを感じているように思います。でも、「私」で生きていると思ったら大間違い。私たちは腸内細菌に生かされているのです。だから、腸内細菌が求めるとおり、ストレスなく生きる。それが一番大事だと思います。


大山健太郎

経営者にとって一番難しいのは、取捨選択でしょう。変化の波を読み、限られた資源をどこに投入するか。何が必要で、どこが無駄かという判断は、その後の会社の生死を分けると言っても過言ではありません。


佐々木かをり

ハプニングがあっても対応できる能力も大切です。突発的な出来事への対応も、仕事のひとつです。クッションの時間を入れて、行動計画を立てることが必要です。


進藤孝生

旧新日本製鉄と旧住友金属工業が経営統合し、1年6カ月経ったところで経営のバトンを受け取りました。人事総務畑が長く、(旧新日鉄の)歴代社長の多くが歩んだ営業の経験はありません。丁々発止とは縁遠かった。今は、納得感を醸成するタイプの経営者が必要な時期なのだと受け止めています。


中野信子

組織の中で何か新しいことを言うときには、大きな反発にあっても大丈夫なだけの力、たとえば後ろ盾などが必要です。抵抗にあっても問題ないように戦略を練り、準備しておく必要があるのです。もちろん力のある人に話をつけておくのもいいでしょうし、「自分を外すとあの得意先との取引が回らなくなるよ」といったことをさり気なくアピールしていくのもいいでしょう。ビジネスマンのスキルとして重視されるコミュニケーション能力の根幹は、実はここにあると私は考えます。つまり、周囲からの攻撃を回避するためのスキルです。


大宮久

「偉大な先人がやっていたから間違いない」と同じ戦略だけを継承し、繰り返すことは安直。その時々で、経営環境や時代背景は違いますから、当時の戦略がどのような理由で用いられたのか、バックボーンまで見極めた上で今、採用すべきなのかそうでないのかを判断し、決断しなければなりません。


安田隆夫

私は経営書というのは基本的に読まない主義なんです。経営というのは自分で考え、自分でつくるもの。あまり誰かの影響を受けるものではないし、「こうしたらいい」というハウツー的なものは一切読まなかった。


国部毅(國部毅)

IT企業、ベンチャー企業との競合もありますが、ライバル視して対抗するのではなく一緒にイノベーションを起こしたいと思っています。日本が強い自動車業界でも、電動化や自動運転時代を見据えて各社はベンチャーやIT企業と組んでいます。我々は金融という立場で全ての業界のお客様と取引がありますから、イノベーションや新しいサービスを起こせるように提案をしていきます。


石川康晴

起業した頃、アパレル起業の新参者として、同業の先輩経営者に話を聞きに行くことがよくありました。その際に言われたのは「人は調整弁と思え。正社員なんて入れたら、切れないぞ」と。理論的には正しいのかもしれないですけど、「それ、社員の前で言えますか?」と思いました。それ以来、僕は「社員の前で言えないことはやらない」と決めました。創業してから20年間は100%正社員で賄ってきました。