名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

城阪俊吉の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

城阪俊吉のプロフィール

城阪俊吉、しろさか・しゅんきち。日本の経営者。松下電器副社長。京都府出身。東北大学工学部卒業。松下電器産業(のちのパナソニック)に入社。常務取締役、松下電器産業中央研究所長、技術本部長、専務、副社長、顧問などを務めた。そのほか新技術予測研究会会長などを務めた。

城阪俊吉の名言 一覧

日本は独創的な研究と言って信号では青を出しているが、交通巡査がストップをかけている。


城阪俊吉の経歴・略歴

城阪俊吉、しろさか・しゅんきち。日本の経営者。松下電器副社長。京都府出身。東北大学工学部卒業。松下電器産業(のちのパナソニック)に入社。常務取締役、松下電器産業中央研究所長、技術本部長、専務、副社長、顧問などを務めた。そのほか新技術予測研究会会長などを務めた。

他の記事も読んでみる

平尾誠二

日本のチームワーク論は管理に走りすぎの傾向が強い。本来、管理なんてリーダーの仕事ではありません。禁止ばかりを強制した、一糸乱れぬ統制の取れた組織が強いとは思えません。むしろ、この変化の激しい世の中では、それは弱みですよ。


菊間ひろみ

英文メールを書くときに注意したいのが、「日本語で書いてから訳す」という手順にしないこと。たとえば、日本ではメールの最初に「お世話になっております」といった挨拶文を入れますが、これは英語圏にはない習慣。極めて日本語的な表現で、そのまま英訳するのは困難です。日本語を完璧に翻訳するという考えではなく、まずはメールの型を覚え、それからメールでよく使われる言い回しや英語表現を習得し、あとは単語を置き換えていくことで、言いたいことを伝える文章が書けるようになるでしょう。


坂本孝

新たな土俵の芽は、変化する世の中の先頭に立ち、誰も気づいていない可能性のスキマを敏感に察知することで見えてきます。


片山善博(政治家)

明治維新、終戦直後……。日本はダメになって初めて気づくんです。歴史からは学ぶことが多いですよ。


ボビー・バレンタイン

会社を弱くするのは、何も個人主義のせいではありません。彼らが個々人であるということを忘れ理解しない上司の指導力こそが、その原因なのです。個人のパーソナリティを会社に合わせるのは、社員の責任ではありません。個々人のパーソナリティを理解し、チームとして、家族としてまとめ上げることが上司の責任なのです。


高山樗牛

己の立てるところを深く掘れ、そこには必ず泉あらん。


税所篤快

口で言っているだけでは意味がなくて、実績を出して初めて周囲の共感を得られる。


樋口武男

本当は、立派な功績をあげた人物の本を読むよりも、直に経験談を聞けるなら一番いい。まずは講演会などで話を聞きに行ってはどうでしょうか。


山本直美(チャイルド・ファミリーコンサルタント)

子どもは、目に見えない間接的しつけが8割影響するといわれていますから、子どものけんかの模範が夫婦喧嘩になっていると、大人のようなけんかを子どもがするようになります。夫婦でお互い伝えたいことを伝え合い、率先して謝る姿勢を見せること、そして、万が一、けんかをした場合にも、仲直りするところまで見せることが重要。


稲盛和夫

努力には限度がない。限度のない努力は本人が驚くような偉大なことを達成させるものである。自分の中にある既成概念を壊さなければならない。壁を破り、一線を越えることによって、成功に至る。この壁を突破したという自信が、さらに大きな成功へと導いてくれる。


ロバート・キヨサキ

ブランドになれる起業家はごくわずかだ。ブランドになれない起業家がこれほど多いのは、その製品やサービスが、彼らの真の姿を反映したものではないからにすぎない。誰にでも気に入られたい、無礼だと言われたくない、不快感を与えたくないと思う起業家が多すぎる。それは、「ブランド」になろうという姿勢ではない。「日用品」になり下がっている……しかも、まったく冴えない代物に!


出口治明

リーダーには適性が必要ですが、それだけで成功するわけではありません。努力が不可欠です。そこに世の中の大きな流れが重なったとき、偉大なリーダーが開花するのです。適性だけでも、努力だけでも、運だけでもダメだというのが人生の面白いところであり、歴史を学ぶ面白さでもあります。