名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

城谷直彦の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

城谷直彦のプロフィール

城谷直彦、しろたに・なおひこ。日本の経営者。「テクノスジャパン」社長。兵庫県出身。同志社大学経済学部卒業後、日本電子開発(のちのキーウェアソリューションズ)などを経てテクノスジャパンを設立。

城谷直彦の名言 一覧

人間関係こそがビジネスの基本。このことを、私は自分の探検人生から学んだ。


やりたい仕事は、ユーザーの近くにいて、ユーザーを喜ばせることができる仕事。


就職のときも、起業したときも、常に不景気のとき、最低の時期が始まり。知ってもらいたいのは、一番どん底のときに挑戦すれば、あとは登るしかない、ということ。


会社を立ち上げるなら不景気の方がいい。だって、後は伸びていくだけですから。


私の昔からの個人的な夢は、ジープでシルクロードを横断することです。リタイアしたら是非これを実現したいと思っています。


何事にもぶつかっていって、反省し、学習し、またその壁を乗り越えていく。そういう意欲的な人たちと会社を伸ばしていきたい。そうした人にはどんどんチャンスを与えます。


私が新入社員に言うのは、まずは「人に好かれなさい」ということ。若いうちは人に好かれていて、一生懸命にやっていれば、少々の失敗は許してくれます。でも、どんなに良いシステムを構築しても人から好かれなければ、ビジネスにはつながりません。


私がテクノスジャパンを設立した時に考えたのは、少人数でも顧客に寄り添い、長くユーザーの企業変革に貢献していける会社でありたいということ。産業界のコーディネーターという特徴を強く打ち出し、ソリューション全体を手掛けるITコンサルティング集団になりたい。


これからの当社の資本政策としては、様々な分野の外部の企業と業務提携をしていくうえで、資本提携を加速させたいと思っています。自動運転分野のほか、セキュリティ関連のベンチャーにも出資しています。新しいビジネスチャンスに繋がる若い企業の研究開発を支援してます。


我が社のモットーはチャレンジ性、そして未来を切り拓くこと。社員は自由に、のびのびと仕事をしてもらい。ただし、やった仕事に対しては責任を持ってもらう。ということをモットーに経営しています。


社員数は増やそうと思えばいくらでも増やすことはできました。でもそれでは社員の質が落ちると思い、そうしませんでした。「少人数精鋭」です。少数精鋭ではありません。少数精鋭は大人数の中に少数の精鋭がいる意味ですが、我が社は全員が精鋭なのです。


日本電子開発に入社してから、5年後に、7年間、米国ロサンゼルス駐在員を務めました。ここでの人脈は、当社の創業時に非常に役に立ちました。


周りの環境を気にし過ぎて、いつも平均点のサラリーマンは伸びない。むしろ自分が一番だと思って自信を持って仕事に取り組む。そこで一度ガツンと鼻をへし折られて、そこで反省し、気付いた人は伸びる。


伸びる人は鼻が高くなる「ピノキオ」のような人。本当はそこまで実力が無くても、若い頃に少し仕事ができたら天狗になるというか、ピノキオになるじゃないですか。でも、そう言う人は必ず、すぐに鼻がへし折られるんですよ。そこで天狗になったらいけないと気付けばいいんですよ。でも、一度もピノキオにならない人は駄目です。


売上高営業利益率10%超というのは一つの目安。当社は収益性を重視している。コンサルティングサービスを中心に付加価値の高いサービスを提供してきた結果、利益率もそれなりについてきた。


日本がバブルを迎える少し前に、私が最初の会社でロサンゼルスに駐在されている人たちと夜のお付き合いやゴルフを一緒にさせていただき、米国ロサンゼルスの有名なリビエラカントリークラブを借り切って大学対抗ゴルフコンペをしたりして、非常に楽しい人間関係を作れました。ビジネスには人間関係が一番大事なのだということを、この米国駐在中に学びました。


サラリーマンを辞めようと考え始めた頃、SAPというドイツの会社が日本に進出してきたんです。彼らが持っているソフトウェアの設計書を見ると、これが実に素晴らしい。ここまで完成度の高いパッケージはないだろうと考えて、これを扱いたいということで会社に企画書を書いて提出したんです。しかし、ドイツの訳の分からない会社の商品を扱うわけにはいかないといって、私の企画書は却下されました。それならもう自分でやろう。自分たちで独立した方が手っ取り早いということで独立したんです。


これまでは勘に頼っていた部分が多かったんですよ。つまり、消費者がどういうものを求めていて、メーカーはそれに対してリードタイムをどのくらいに設定し、いつ消費者に届けなければならないとか、もっと効率的、効果的にしなければならない。今後サプライチェーンをより効果的に回転させていくには、ビッグデータによって消費者が飛ばしたソーシャルデータの内容をより正確に把握していく必要がある。


城谷直彦の経歴・略歴

城谷直彦、しろたに・なおひこ。日本の経営者。「テクノスジャパン」社長。兵庫県出身。同志社大学経済学部卒業後、日本電子開発(のちのキーウェアソリューションズ)などを経てテクノスジャパンを設立。

他の記事も読んでみる

小早川智明

厳しい批判に萎縮して、会いにいかなくなれば、相互不信を強めるだけ。どんなに厳しいことを言われても、提案しない限り、営業である自分に価値はないと考え、とにかく何回も足を運びました。


夏野剛

社長や上司を反面教師にすることが大切です。これまでは「仕事のスキルは上司から盗め」といわれてきたけれども、いまは逆。上の人間の真似をしていると、鉄砲の時代に槍で戦わなくてはいけなくなります。社長や上司がいうことは礼儀のうえでは聞いてもいいでしょうが、心のなかでは「自分は絶対にあんなふうにはならない」と自分自身に言い聞かせることが大事ですね。


山田敏夫

土日の時間を「一人反省会」に充てるようになりました。コーヒー1杯が1000円するカフェなど、人の少ない静かな場所にこもり、1週間をじっくり振り返りました。「サイトでのお客様の滞在時間」など、あらかじめ立てておいた数値目標に対する達成度合いを確認し、達成できなかったとしたら、「なぜ達成できなかったのか」「忙しくて手が打てなかったというなら、どうすればいいか」「そもそも、この目標数字は達成できないと考えた方がいいのか」といった具合に、徹底的に掘り下げるようになりました。そして、次の1週間に自分たちは何をすべきか、じっくり戦略を練るようにもなりました。


眞鍋寿男

我々は豊田織機の古い織機をいまだに使用しています。織りのスピードは最新鋭機器の5分の1しかありません。遅いし騒音もすごい。一見するだけでは何らメリットがないようにも感じるでしょう。しかし、我々の求める生地はこの織機からしかできません。


嶋浩一郎

「役立つ知識を得よう」と思って雑記帳に書いたことはありません。役立てようと思うと、義務感が伴い始めて苦しくなります。ですから私は、書くときにその情報に価値があるかどうかを一切意識しません。ただ「面白い」と思ったことを、リスのように集めるだけです(笑)。


布施孝之

「47都道府県一番搾り」ではコンセプトづくりから各支社に任せたため、社内も活性化しています。社員にとっても「自分たちのビール」であり、地域に寄り添う気持ちが高まり、仕事へのやる気が生まれています。


松坂大輔

球種の追求とかトレーニングの方法、マウンドでの駆け引き、あるいは捕手や野手陣の動かし方など、仮説を立て、実験して、結果を求めて、それを分析して、実際にやれるかどうか見極めるという一連の作業が好きなんだよね。


小林喜光

イスラエルでは失敗の経験は重宝され、「君は何回失敗したのか」と聞かれます。日本の場合は、失敗をすごくネガティブに捉えますよね。その文化からはなかなかベンチャーや新しい事業は生まれないでしょう。


包行均

今後、企業の明暗を分ける要素を挙げれば「顧客のボヤキを聴き取る力」だろうと思う。業界問わず、ヒット商品を開発する最も簡単な方法は、顧客にどんなものが欲しいか聞くこと。ところがいまは顧客自身も何を欲しいか思いつかなくなってる。そんな状況で、潜在ニーズを発掘するには、営業や販売の現場で顧客がふと漏らす小さなボヤキを辛抱強く集めるしかない。うちなんか営業担当者にビデオカメラを持たせ、顧客訪問の一部始終をなるべく記録し、ボヤキを拾い損ねないようにしてる。


南壮一郎

本質的に正しいことをやることで社会を変える、それが私にとっての仕事のスタート。


村上憲郎

新しく、よりよいサービスをユーザーに提供していこうという意識のもとに行うことであれば、どんなことでも積極的に取り組んでほしい。20%ルールというのも、そのためにあるのです。実際、「Gmail」や「Googleニュース」なども、この20%ルールの時間から、社員が生み出したものです。
【覚書き|就業時間の20%を好きなテーマの研究に費やしていいというGoogleの20%ルールについて語った言葉】


常盤文克

アタックについては、改良をルール化しているわけではありません。それでも、社員が消費者モニターなどと接する中で、いろいろなことを感じ取ります。そういう仕事の仕方をするというのはビジネスモデルと言っていいでしょう。