名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

城谷直彦の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

城谷直彦のプロフィール

城谷直彦、しろたに・なおひこ。日本の経営者。「テクノスジャパン」社長。兵庫県出身。同志社大学経済学部卒業後、日本電子開発(のちのキーウェアソリューションズ)などを経てテクノスジャパンを設立。

城谷直彦の名言 一覧

人間関係こそがビジネスの基本。このことを、私は自分の探検人生から学んだ。


やりたい仕事は、ユーザーの近くにいて、ユーザーを喜ばせることができる仕事。


就職のときも、起業したときも、常に不景気のとき、最低の時期が始まり。知ってもらいたいのは、一番どん底のときに挑戦すれば、あとは登るしかない、ということ。


会社を立ち上げるなら不景気の方がいい。だって、後は伸びていくだけですから。


私の昔からの個人的な夢は、ジープでシルクロードを横断することです。リタイアしたら是非これを実現したいと思っています。


何事にもぶつかっていって、反省し、学習し、またその壁を乗り越えていく。そういう意欲的な人たちと会社を伸ばしていきたい。そうした人にはどんどんチャンスを与えます。


私が新入社員に言うのは、まずは「人に好かれなさい」ということ。若いうちは人に好かれていて、一生懸命にやっていれば、少々の失敗は許してくれます。でも、どんなに良いシステムを構築しても人から好かれなければ、ビジネスにはつながりません。


私がテクノスジャパンを設立した時に考えたのは、少人数でも顧客に寄り添い、長くユーザーの企業変革に貢献していける会社でありたいということ。産業界のコーディネーターという特徴を強く打ち出し、ソリューション全体を手掛けるITコンサルティング集団になりたい。


これからの当社の資本政策としては、様々な分野の外部の企業と業務提携をしていくうえで、資本提携を加速させたいと思っています。自動運転分野のほか、セキュリティ関連のベンチャーにも出資しています。新しいビジネスチャンスに繋がる若い企業の研究開発を支援してます。


我が社のモットーはチャレンジ性、そして未来を切り拓くこと。社員は自由に、のびのびと仕事をしてもらい。ただし、やった仕事に対しては責任を持ってもらう。ということをモットーに経営しています。


社員数は増やそうと思えばいくらでも増やすことはできました。でもそれでは社員の質が落ちると思い、そうしませんでした。「少人数精鋭」です。少数精鋭ではありません。少数精鋭は大人数の中に少数の精鋭がいる意味ですが、我が社は全員が精鋭なのです。


日本電子開発に入社してから、5年後に、7年間、米国ロサンゼルス駐在員を務めました。ここでの人脈は、当社の創業時に非常に役に立ちました。


周りの環境を気にし過ぎて、いつも平均点のサラリーマンは伸びない。むしろ自分が一番だと思って自信を持って仕事に取り組む。そこで一度ガツンと鼻をへし折られて、そこで反省し、気付いた人は伸びる。


伸びる人は鼻が高くなる「ピノキオ」のような人。本当はそこまで実力が無くても、若い頃に少し仕事ができたら天狗になるというか、ピノキオになるじゃないですか。でも、そう言う人は必ず、すぐに鼻がへし折られるんですよ。そこで天狗になったらいけないと気付けばいいんですよ。でも、一度もピノキオにならない人は駄目です。


売上高営業利益率10%超というのは一つの目安。当社は収益性を重視している。コンサルティングサービスを中心に付加価値の高いサービスを提供してきた結果、利益率もそれなりについてきた。


日本がバブルを迎える少し前に、私が最初の会社でロサンゼルスに駐在されている人たちと夜のお付き合いやゴルフを一緒にさせていただき、米国ロサンゼルスの有名なリビエラカントリークラブを借り切って大学対抗ゴルフコンペをしたりして、非常に楽しい人間関係を作れました。ビジネスには人間関係が一番大事なのだということを、この米国駐在中に学びました。


サラリーマンを辞めようと考え始めた頃、SAPというドイツの会社が日本に進出してきたんです。彼らが持っているソフトウェアの設計書を見ると、これが実に素晴らしい。ここまで完成度の高いパッケージはないだろうと考えて、これを扱いたいということで会社に企画書を書いて提出したんです。しかし、ドイツの訳の分からない会社の商品を扱うわけにはいかないといって、私の企画書は却下されました。それならもう自分でやろう。自分たちで独立した方が手っ取り早いということで独立したんです。


これまでは勘に頼っていた部分が多かったんですよ。つまり、消費者がどういうものを求めていて、メーカーはそれに対してリードタイムをどのくらいに設定し、いつ消費者に届けなければならないとか、もっと効率的、効果的にしなければならない。今後サプライチェーンをより効果的に回転させていくには、ビッグデータによって消費者が飛ばしたソーシャルデータの内容をより正確に把握していく必要がある。


城谷直彦の経歴・略歴

城谷直彦、しろたに・なおひこ。日本の経営者。「テクノスジャパン」社長。兵庫県出身。同志社大学経済学部卒業後、日本電子開発(のちのキーウェアソリューションズ)などを経てテクノスジャパンを設立。

他の記事も読んでみる

玄侑宗久

思えば日本では、戦後教育のなかで「個性」が強調されすぎてきた。それがより執拗な苦をつくりだしているのだと思う。


宗雪雅幸

当時の(富士フィルムの子会社の)販売会社の人間の中には、元気のない人もいました。しかし、人間というのは本来働きたいものなのです。腐りたくて腐っている者などいないのです。だから、やるべきことが納得できるとみんな大いに燃えてくれました。
【覚書き:富士フィルムの販売子会社に出向したばかりのころについて語った言葉】


設楽洋

コミュニケーションが取りやすいように、社長室のドアは常に開けっ放しです。だから雑談だけしに来るヤツもいれば、いきなりスーツケースに商品を入れて持ってきて、新店舗のプレゼンをする社員もいます。


森田直行(経営者)

JAL再建というと、アメーバ経営やフィロソフィばかりが取りざたされる印象があるが、それらを導入する前に大掃除を実行し、まずは利益を生み出す体質をつくったということを覚えておいていただきたい。


山内溥

任天堂はポケモンと心中するつもりはない。巨額の制作費をかけた映画なんか作らない。せいぜいアニメ映画である。ポケモンセンター構想は、いろいろな21世紀戦略のひとつに過ぎない。(覚書き|上記発言は任天堂の戦略だけでなく、現スクエアエニックスがファイナルファンタジーの映画化で大損害を受けたことも皮肉っている)


兒玉義則

お客様のニーズの変化に対して、シンプルにお応えし続けることが、売上げにつながる。


佐々木常夫

今は大変でも、きっと未来はなんとかなる。そう思っていると、その場を切り抜けるアイデアが湧いてくる。


曽山哲人

どこの会社もエース級の人材、イノベーション人材が欲しい。他社からそういう人材をスカウトしようとする動きも盛んです。若者の側も積極的にチャレンジしようと転職のチャンスをうかがう人が多い。企業にとっては、採用した後の人材をいかにフォローできるかという「リテンション」の争いも激しくなっています。


酒井貞彦

株式公開前には、往々にして株主の整理が必要になると聞きます。ところが、当社の場合、もとより株主は3人しかいません。余計な心配は不要でした。一般に、二人で支え合う二人三脚は、一人が倒れたら崩壊する。三人で支えるトロイカ(ロシアの三頭立ての馬車)なら、一人が崩れそうになっても、他の二人が手助けできる。我々の場合、トロイカ体制が非常にうまく機能したようです。


森内俊之

子供の頃から将棋で一番強くなりたい、競争相手に勝ちたいと思い続けてきました。


小林弘人

現在の企業メディアは、担当者の頑張りに負っている部分が大きい。しかし、必要なのは、いくつものメディアを駆使してユーザーコミュニケーションをどう構築するかです。トップマターとして戦略をもつべきでしょう。その上で、権限を委譲された個々の部署が発信すればいい。それによってユーザーがどういう行動を起こしたか、どういう経路でサイトに来たか、どんな商品やサービスを購入したかは、全体で把握すべきことです。これはWebマスターのみではできない。企業のメディア化を担当する新しい職種が必要です。


和田秀樹

物事はうまくいくか、失敗するかわからないからチャレンジなんです。絶対にうまくいくとしか考えないのは、自己満足でしかありません。