城谷直彦の名言

城谷直彦のプロフィール

城谷直彦、しろたに・なおひこ。日本の経営者。「テクノスジャパン」社長。兵庫県出身。同志社大学経済学部卒業後、日本電子開発(のちのキーウェアソリューションズ)などを経てテクノスジャパンを設立。

城谷直彦の名言 一覧

人間関係こそがビジネスの基本。このことを、私は自分の探検人生から学んだ。


やりたい仕事は、ユーザーの近くにいて、ユーザーを喜ばせることができる仕事。


就職のときも、起業したときも、常に不景気のとき、最低の時期が始まり。知ってもらいたいのは、一番どん底のときに挑戦すれば、あとは登るしかない、ということ。


会社を立ち上げるなら不景気の方がいい。だって、後は伸びていくだけですから。


私の昔からの個人的な夢は、ジープでシルクロードを横断することです。リタイアしたら是非これを実現したいと思っています。


何事にもぶつかっていって、反省し、学習し、またその壁を乗り越えていく。そういう意欲的な人たちと会社を伸ばしていきたい。そうした人にはどんどんチャンスを与えます。


私が新入社員に言うのは、まずは「人に好かれなさい」ということ。若いうちは人に好かれていて、一生懸命にやっていれば、少々の失敗は許してくれます。でも、どんなに良いシステムを構築しても人から好かれなければ、ビジネスにはつながりません。


私がテクノスジャパンを設立した時に考えたのは、少人数でも顧客に寄り添い、長くユーザーの企業変革に貢献していける会社でありたいということ。産業界のコーディネーターという特徴を強く打ち出し、ソリューション全体を手掛けるITコンサルティング集団になりたい。


これからの当社の資本政策としては、様々な分野の外部の企業と業務提携をしていくうえで、資本提携を加速させたいと思っています。自動運転分野のほか、セキュリティ関連のベンチャーにも出資しています。新しいビジネスチャンスに繋がる若い企業の研究開発を支援してます。


我が社のモットーはチャレンジ性、そして未来を切り拓くこと。社員は自由に、のびのびと仕事をしてもらい。ただし、やった仕事に対しては責任を持ってもらう。ということをモットーに経営しています。


社員数は増やそうと思えばいくらでも増やすことはできました。でもそれでは社員の質が落ちると思い、そうしませんでした。「少人数精鋭」です。少数精鋭ではありません。少数精鋭は大人数の中に少数の精鋭がいる意味ですが、我が社は全員が精鋭なのです。


日本電子開発に入社してから、5年後に、7年間、米国ロサンゼルス駐在員を務めました。ここでの人脈は、当社の創業時に非常に役に立ちました。


周りの環境を気にし過ぎて、いつも平均点のサラリーマンは伸びない。むしろ自分が一番だと思って自信を持って仕事に取り組む。そこで一度ガツンと鼻をへし折られて、そこで反省し、気付いた人は伸びる。


伸びる人は鼻が高くなる「ピノキオ」のような人。本当はそこまで実力が無くても、若い頃に少し仕事ができたら天狗になるというか、ピノキオになるじゃないですか。でも、そう言う人は必ず、すぐに鼻がへし折られるんですよ。そこで天狗になったらいけないと気付けばいいんですよ。でも、一度もピノキオにならない人は駄目です。


売上高営業利益率10%超というのは一つの目安。当社は収益性を重視している。コンサルティングサービスを中心に付加価値の高いサービスを提供してきた結果、利益率もそれなりについてきた。


日本がバブルを迎える少し前に、私が最初の会社でロサンゼルスに駐在されている人たちと夜のお付き合いやゴルフを一緒にさせていただき、米国ロサンゼルスの有名なリビエラカントリークラブを借り切って大学対抗ゴルフコンペをしたりして、非常に楽しい人間関係を作れました。ビジネスには人間関係が一番大事なのだということを、この米国駐在中に学びました。


サラリーマンを辞めようと考え始めた頃、SAPというドイツの会社が日本に進出してきたんです。彼らが持っているソフトウェアの設計書を見ると、これが実に素晴らしい。ここまで完成度の高いパッケージはないだろうと考えて、これを扱いたいということで会社に企画書を書いて提出したんです。しかし、ドイツの訳の分からない会社の商品を扱うわけにはいかないといって、私の企画書は却下されました。それならもう自分でやろう。自分たちで独立した方が手っ取り早いということで独立したんです。


これまでは勘に頼っていた部分が多かったんですよ。つまり、消費者がどういうものを求めていて、メーカーはそれに対してリードタイムをどのくらいに設定し、いつ消費者に届けなければならないとか、もっと効率的、効果的にしなければならない。今後サプライチェーンをより効果的に回転させていくには、ビッグデータによって消費者が飛ばしたソーシャルデータの内容をより正確に把握していく必要がある。


城谷直彦の経歴・略歴

城谷直彦、しろたに・なおひこ。日本の経営者。「テクノスジャパン」社長。兵庫県出身。同志社大学経済学部卒業後、日本電子開発(のちのキーウェアソリューションズ)などを経てテクノスジャパンを設立。

他の記事も読んでみる

アルボムッレ・スマナサーラ

いまこの1秒に悩みがなければ、一生悩みがないということ。いまだけを見れば何も悩みがないはずです。


小泉文明

「より良いものに変える勇気を持つ大胆さ」を。状況は目まぐるしく変わり、1日として同じ日はありません。成功しているやり方でも、「よりベターなやり方」になるよう常に考えるべきでしょう。


榎本博明

大人でも電車のなかでゲームに夢中になっている姿をよくみかけますが、あれだけやる気になれるのは、「できなかったことができるようになる」という熟達感があるからです。前回よりも高い点数が出せた、あるいは新しいソフトをクリアできた、といった達成感が喜びとなり、また次のゲームにチャレンジしようと考えるわけです。仕事を滞りなく進められる人は、このゲーム感覚を仕事にも取り入れています。普通の人がつまらないと感じるような単純な作業でも、自分なりの目標を設定して、「前はこの入力作業に5分かかっていたが、今日は3分でやろう」と考え、それを達成することで喜びを感じます。


玉生弘昌

消えていった会社は、サービスの価値がどこにあるか分からなかったのでしょう。プラネットのシステムは主に2つのメリットを提供します。メーカーと卸会社の受発注から納品・精算に至る伝票処理を、すべてデータで済ませる業務効率化が一つ目。もう一つは、卸会社が「どの店舗に、いつ、何をいくつ納めたか」という販売データの存在です。メーカーはマーケティングのために、この販売データが欲しかったのです。多くのVANサービス会社は業務効率化だけで事業を組み立てようとしましたが、それでは利益が出ません。事業計画書を作るとき、私が一番時間を割いたのは販売データの値付けでした。


小笹芳央

中間管理職にありがちな例として、会社を仮想敵にして一致団結を図ろうとすることがあります。それは短期的に見れば人がついてくることもあるのかもしれませんが、実際は長続きしません。リーダーが語るミッションや戦略の上には、会社の方針があります。その二つのベクトルが一致していなければなりませんから。


松本幸夫

通勤時間は仕事が始まる直前の時間でもあります。ですから、戦闘態勢=仕事モードに入るために使うことも重要です。


ヨシタケシンスケ

世の中の争いごとの9割は、「そんないいかたしなくても」に起因しているんじゃないですか。とくに子供は大人の高圧さに敏感だし、僕も幼い頃に読んでいてつまらなかった本はやっぱり説教くさかった。だけど言葉尻を変えるだけですんなり心に入ってくるし、言い方のバリエーションを増やしておけば何事も円滑に回る。


近藤淳也

便利で快適なほうを選択する、シンプルにそれだけのことだと思うんです。ネットは匿名であるべきだ、とか、実名じゃないと卑怯だ、という一種の思想よりも、個別の便利さのほうが上回るんです。


ジョン・ラスキン

人々が彼らの仕事で幸せになるためには、次の3つの事柄が必要である。彼らがその仕事に適してなければならないこと、仕事をそんなに多くしないこと、そして成功するという感覚を持たねばならないこと。


片岡鶴太郎

若いときはもちろん、40代、50代、60代と新しいチャレンジを重ねてきたけど、そのおかげで、本当に毎日が楽しいよ!


梅原勝彦

ものづくりの世界では、一人前にするのに10年はかかります。手塩にかけて育てた社員を、不況だからといって絶対に手放すべきではない。むしろ不況時は将来の人材を育てる時間と考えるべきです。


黒沢清

あらゆる小説を「これが映画にできそうかどうか」という視点で読んでいます。僕が一番大切にしているのは「現在がどう描かれているか」。小説って、だいたい過去が書かれているものなんですよ。でも、僕が映画になるかどうかを判断するときは、現在に何が起こっているかしか見ない。過去について書かれたパートはすべて伏せて読む。映画で重要なのはあくまでも現在なんですよ。もちろん、ときには過去を説明することもありますが、「現在は大したことなくて、過去こそが重要」という小説は、映画化しても面白くならないはずです。


渡邉美樹

「これはダメだ」と否定するばかりではなく、「こうしてみたらいいのではないでしょうか」と前向きに提言してみてはどうでしょう。そうすれば、きっと上司もあなたの意見に耳を傾けてくれて、建設的な議論ができるはず。


松井忠三

会長に就任してからも、人材育成委員会の委員として、課長・部長・役員クラスの意識改革に努めました。部下を育てるために何をすべきかを彼らに指示する。ただ、口で言うだけでは、彼らは忙しさを理由に後回しにします。そこで、部下の育成計画を提出してもらうだけでなく、2か月に1回などの間隔で進捗状況を報告する仕組みにしました。デッドラインを設けたのです。


上野和典

企画の第一段階では、大多数を対象に考えるのではなく、まず自分の子供など身近な人物をイメージして考えた方が、アイデアがより具体的になります。次に、そこから一歩引いて、これがマジョリティ(多数派、多数者)にも通用するかどうかを検討します。そして仲間とのブレスト(ブレイン・ストーミング、自由に意見・アイデアを出し合うこと)を繰り返します。もとのアイデアが良いものほどブレストも活発になり、どんどん意見が出てきます。


ページの先頭へ