名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

城島健司の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

城島健司のプロフィール

城島健司、じょうじま・けんじ。日本のプロ野球選手。長崎県出身。小学4年で野球を開始。高校時代、通算70本塁打を記録。高校卒業後、ドラフト1位で福岡ダイエーホークス(のちのソフトバンクホークス)に入団。ホークスで活躍した後、メジャーリーグに挑戦。シアトル・マリナーズでプレーした。その後、阪神タイガースに入団。数々のタイトルを獲得した。

城島健司の名言 一覧

個人タイトルのことをよく聞かれますけど、まったく意識していません。個人よりチームの成績が優先でしょ? チームの成績のことを第一に考えて僕はプレーしていますよ。


「城島さんのサイン通りに投げます」では意味がない。彼らの色を消したくないし、サインに首を振ることで、投げるピッチャーにも責任が出てきますからね。


短期戦で勝つためには、相手に関するデータをいかに省いていけるか、いかに簡単にしていくかですね。


それぞれのピッチャーの個性に合わせる必要があるんです。自分の型にはめてしまえば1番簡単でラクだと思いますが、それではピッチャーの色は出てきませんからね。


オレのような30代の選手の役割は、ベテランと若手のパイプ役。雰囲気づくりをするのもキャッチャーの大事な役割ですよ。


もちろん落ち込むこともありますよ。僕は強い人間ではありません。基本は弱い人間です。うまくいかなかった日は、日付が変わるまでウジウジしてます(笑)。そうやって1日中、思い切り落ち込むほうが、次の日、気持ちを切り替えられます。


マリナーズから日本に帰ってきて、初めての阪神のキャンプでやったことは全投手の球を受けることでした。若手からベテランの投手まで、実際に自分で投球を体感する必要があったんです。キャッチャーの仕事は、信頼してピッチャーに投げてもらうことですから。まず球を受けないと対話は始まりません。


野球はもちろん好きですけど、朝起きて球場に行くまではいまでも「中止にならないかな」と思う弱い自分がいます。仕事場には大変なことが待ってる。だからこそ、つらい練習や準備をしっかりする必要があります。プロになってから楽しいと思って野球をやったことはないです。いい結果が出たときの気持ちは、楽しいではなくて「嬉しい」ですね。サラリーマンの人がいい仕事をしたときも同じじゃないでしょうか。


年上の投手のほうがラクですね。プライドをくすぐればいいですから(笑)。年下の投手をリードするほうが大変ですよ。気を遣います。このとき大事なのが上からモノを言わないということ。僕の意見が通ってしまいますからね。なるべくコーチを含めて3人で話すように心がけてます。


若い頃は、自分がピッチャーをリードしているような気持ちでいましたけど、いまになるとホークス時代の武田(一浩)さん、工藤(公康)さんが僕に合わせてくれていただけなんです。そうやって少しずつ僕を大きくしてくれたんですね。だから今度は恩返しのつもりで若いピッチャーたちの色を活かしていけるようなプレーをしたいと思っています。


勝負球を打たれたときには試合後に反省会をします。このとき重要なのは試合中の「その瞬間」は大丈夫だと思って投げたかどうか。それと、次に同じ状況になったとき、どうするかを話し合うことです。その繰り返しで成長するわけで、「最初からあの球は違ったなあ」では、もう次のステップまで進めないですからね。


配球に正解がないからこそ、キャッチャーとピッチャーの信頼関係が重要です。ずっと組んでるキャッチャーのサインなら投手も「よし、それでいこう」となりますが、初めて受けるキャッチャーが同じサインを出しても違和感を感じるのは当然のことなんです。だから、キャッチャーはピッチャーの型を知り、それに合わせていく。リラックスして投げたいピッチャーには気持ちを楽にしてあげて、プレッシャーが欲しいときには緊張感を与えるような言葉で話す……。言葉だけではなく、そのピッチャーの結果が出るリズムや、ボールを返すタイミングを作ることがキャッチャーの務めですからね。


城島健司の経歴・略歴

城島健司、じょうじま・けんじ。日本のプロ野球選手。長崎県出身。小学4年で野球を開始。高校時代、通算70本塁打を記録。高校卒業後、ドラフト1位で福岡ダイエーホークス(のちのソフトバンクホークス)に入団。ホークスで活躍した後、メジャーリーグに挑戦。シアトル・マリナーズでプレーした。その後、阪神タイガースに入団。数々のタイトルを獲得した。

他の記事も読んでみる

小山勝弘(経営者)

漁師だった父親は、「いつ死ぬか分からない。自分がやりたいことにその都度一生懸命に打ち込め」と言っていた。そういう「打ち込む人生観」みたいなものが自分の中にあって、経理部でも、フィリピンでも、シンガポールでも、東北でも、アメリカでも、常にそういう軸で生きてきた。


佐藤章(経営者)

異なる個性の人たちとチームを組むからこそ、最適解は見付かる。


ウィリアム・ウェルドン

顧客である患者の近くにいて、その声に耳を傾けなければ、彼らが必要としている製品をつくりだすことはできません。


小倉広

人の役に立ち、人に感謝されるほどお金がついてきます。人にフォーカスするほど稼げるというのは、ひとつのセオリーだと思います。


相原孝夫

評価を気にする人が多いですが、それと同じぐらい大切なものがあります。それは評判です。いくら優秀な成績で、能力があっても、評判が悪いと昇給や昇格は難しくなります。しかし、評判に対して自覚の足りない人は意外に多いようなのです。


守屋淳

『礼記(らいき)』には「人臣たるの礼は、顕わには諫めず。三諫(さんかん)して聴かざれば、則ちこれを逃(さ)る」とあります。この「三諫」は、君主の過ちを三回諫めてもダメなら、その国を去るのが礼だという教えです。状況を変えることができないなら、さっさと職を変え、派閥を移ったほうがいい。現代に置き換えれば、そう理解できます。歴史を考えれば、能力を発揮するために主君を変えることは、信用を損ねる行為とはいい切れません。


依田宣夫

健全な家計を維持するには、会社と同じように家庭を経営するという発想が必要になる。


リンカーン

我々はここで確信する。戦死した人々は無駄ではないことを。この国民は神の加護を受けて新生の自由を享受するだろうことを。そして人民の人民による人民のための政治が地上から抹殺されることはないだろうことを。


金田一秀穂

目についたことを面白がるのがムダ話上手になる第一歩。「スピード」や「合理化」なんて言葉は忘れよう。なんでも面白がる好奇心はネタ集めにも繋がります。


前田利常

そなたたちが、私の鼻毛が伸びたのを心苦しく思い、また世間でも鼻毛の伸びたうつけ者と嘲笑っているのは重々承知しておる。しかし、利口さを下手に鼻の先にあらわしてしまえば、他人は警戒して、思わぬ疑いや難儀を受けるともかぎらない。こうやって馬鹿のフリをしているからこそ、加賀、能登、越中の三カ国を保ち、領民ともども楽しく過ごせるのではないか。
【覚書き|前田利常は鼻毛を異様に伸ばすことで知られていた。上記は「だらしないので鼻毛をお切りください」と家臣たちがたしなめたときの返答】


前川賢治

中国・大連の開発拠点とメールを頻繁にやり取りしてたのですが、「これでいいですか?」という経過報告のほとんどが、私にすれば「全然違うよ!」という内容なんです。後から考えれば、基本方針がしっかり伝わっていなかった。なのに私は、細部の修正をいくつか指示して、「残りも同じように直してほしい」といった返事を送る。すると向こうは、指摘された箇所だけを直してきて、私はまた腹を立てる。そんなやり取りを振り返り、「メールだけで済ますのがムリだった」と痛感。「私の思いや考え方から理解してもらおう」と、大連に直接行って話すことにした。メールでイライラさせられた現地の技術者に実際に会うと、いい奴ばかり。じっくり話して、お酒も飲んだら、その後、メールの報告に細かな指示を出す必要はなくなりました。いつもなら「手間がかかる」と苦情が出るようなオーダーにも、休日返上で頑張ってくれるようにもなった。


いぬかいはづき

何かを勉強するときは、過去問1冊、教科書1冊が基本です。あれもこれもと買い込まない方がいいですね。また、勉強を始めるときは頑張って分厚いものを選びがちですが、なるべく薄いものを選ぶといいでしょう。これも原則です。そのほうが「やりきった感」が得られて、ポジティブになれます。1冊を何度も繰り返してやることが重要です。