名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

城島健司の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

城島健司のプロフィール

城島健司、じょうじま・けんじ。日本のプロ野球選手。長崎県出身。小学4年で野球を開始。高校時代、通算70本塁打を記録。高校卒業後、ドラフト1位で福岡ダイエーホークス(のちのソフトバンクホークス)に入団。ホークスで活躍した後、メジャーリーグに挑戦。シアトル・マリナーズでプレーした。その後、阪神タイガースに入団。数々のタイトルを獲得した。

城島健司の名言 一覧

個人タイトルのことをよく聞かれますけど、まったく意識していません。個人よりチームの成績が優先でしょ? チームの成績のことを第一に考えて僕はプレーしていますよ。


「城島さんのサイン通りに投げます」では意味がない。彼らの色を消したくないし、サインに首を振ることで、投げるピッチャーにも責任が出てきますからね。


短期戦で勝つためには、相手に関するデータをいかに省いていけるか、いかに簡単にしていくかですね。


それぞれのピッチャーの個性に合わせる必要があるんです。自分の型にはめてしまえば1番簡単でラクだと思いますが、それではピッチャーの色は出てきませんからね。


オレのような30代の選手の役割は、ベテランと若手のパイプ役。雰囲気づくりをするのもキャッチャーの大事な役割ですよ。


もちろん落ち込むこともありますよ。僕は強い人間ではありません。基本は弱い人間です。うまくいかなかった日は、日付が変わるまでウジウジしてます(笑)。そうやって1日中、思い切り落ち込むほうが、次の日、気持ちを切り替えられます。


マリナーズから日本に帰ってきて、初めての阪神のキャンプでやったことは全投手の球を受けることでした。若手からベテランの投手まで、実際に自分で投球を体感する必要があったんです。キャッチャーの仕事は、信頼してピッチャーに投げてもらうことですから。まず球を受けないと対話は始まりません。


野球はもちろん好きですけど、朝起きて球場に行くまではいまでも「中止にならないかな」と思う弱い自分がいます。仕事場には大変なことが待ってる。だからこそ、つらい練習や準備をしっかりする必要があります。プロになってから楽しいと思って野球をやったことはないです。いい結果が出たときの気持ちは、楽しいではなくて「嬉しい」ですね。サラリーマンの人がいい仕事をしたときも同じじゃないでしょうか。


年上の投手のほうがラクですね。プライドをくすぐればいいですから(笑)。年下の投手をリードするほうが大変ですよ。気を遣います。このとき大事なのが上からモノを言わないということ。僕の意見が通ってしまいますからね。なるべくコーチを含めて3人で話すように心がけてます。


若い頃は、自分がピッチャーをリードしているような気持ちでいましたけど、いまになるとホークス時代の武田(一浩)さん、工藤(公康)さんが僕に合わせてくれていただけなんです。そうやって少しずつ僕を大きくしてくれたんですね。だから今度は恩返しのつもりで若いピッチャーたちの色を活かしていけるようなプレーをしたいと思っています。


勝負球を打たれたときには試合後に反省会をします。このとき重要なのは試合中の「その瞬間」は大丈夫だと思って投げたかどうか。それと、次に同じ状況になったとき、どうするかを話し合うことです。その繰り返しで成長するわけで、「最初からあの球は違ったなあ」では、もう次のステップまで進めないですからね。


配球に正解がないからこそ、キャッチャーとピッチャーの信頼関係が重要です。ずっと組んでるキャッチャーのサインなら投手も「よし、それでいこう」となりますが、初めて受けるキャッチャーが同じサインを出しても違和感を感じるのは当然のことなんです。だから、キャッチャーはピッチャーの型を知り、それに合わせていく。リラックスして投げたいピッチャーには気持ちを楽にしてあげて、プレッシャーが欲しいときには緊張感を与えるような言葉で話す……。言葉だけではなく、そのピッチャーの結果が出るリズムや、ボールを返すタイミングを作ることがキャッチャーの務めですからね。


城島健司の経歴・略歴

城島健司、じょうじま・けんじ。日本のプロ野球選手。長崎県出身。小学4年で野球を開始。高校時代、通算70本塁打を記録。高校卒業後、ドラフト1位で福岡ダイエーホークス(のちのソフトバンクホークス)に入団。ホークスで活躍した後、メジャーリーグに挑戦。シアトル・マリナーズでプレーした。その後、阪神タイガースに入団。数々のタイトルを獲得した。

他の記事も読んでみる

三木谷浩史

チャレンジして失敗することを恐れてはいけない。失敗もひとつのデータになる。何もチャレンジしないことの方が、大失敗するよりもはるかに始末が悪い。僕は、失敗には消極的失敗と積極的失敗のふたつがあると思っている。消極的な失敗とは不作為による失敗、つまり何かをすべきなのに何もしないことがもたらす失敗だ。反対に何かにチャレンジしてその結果が失敗に終わることを、僕は積極的な失敗と呼びたい。積極的失敗と消極的失敗には天と地ほどの差がある。


夏川賀央

仕事の時間と遊びの時間を分けて考えるから、時間の確保が難しいのです。日常生活での体験すべてが、いずれ仕事に活きると考える。つまり、公私混同です。仕事と遊びを一体化させて、仕事の延長線上の意識でプライベートの時間を過ごすようにすれば、普段の生活にも様々な発見や気づきがあるでしょう。


堀紘一(コンサルタント)

未来を正確に見通すことは不可能に近いが、自分なりの感覚は持っていて欲しい。少なくとも、「世の中は移り変わるもの」という前提で周囲を眺めることだ。将来についての自分なりの見通しを持ち、その中で自分の得意なところをどう磨いていくかを考える。そして、十分に考えた末、いよいよ実行に移していく。


石田孝

西日本高速道路会長就任要請のお話を引き受けてから就任するまで、会社の目標をどこに置くべきか、ずっと考えました。そして、半年間の準備を経て、「地域に愛され、お客様ん位喜んでいただける会社」「社員が働く喜びを感じ、誇りを持てる会社」を目標に示しました。


金川千尋

好況の時に需給がひっ迫しても、顧客に商品が提供できずに迷惑をかけるようなことが絶対にないように努める。その結果、ロイヤリティの高い需要家を多く確保することができました。好況期に積み上げてきた努力が不況期に生きるのだ。


古橋広之進(古橋廣之進)

人間というのは、どこも具合の悪いところがないと、あまり頑張らずに、これだけやっているからいいんじゃないかと考えてしまう。ところが我々ハンディを抱える者は、どうしたら皆よりできるのかを、自分なりに工夫するわけです。そういうことをやることによって、精神的にも絶対に負けない、へこたれないぞという気持ちになる。それが結局いろいろと精進するきっかけとなった。


水野学

大学生時代、アルバイトでお金を貯めて京都の料亭に通っていたことがあります。いまとても人気になっているある料亭に行ったとき、帰りに僕が見えなくなるまで見送ってくれました。結局、いいものを創る人はいい人なんだ。自分もそうではくては……。そんなことを教えられた経験でした。


挽野元

かかわる人の情熱、愛情があればマーケティングに説得力が増しますし、強みになる。


板東英二

プロスポーツの世界にいた僕からみれば、トップアスリートの身体能力というのは、もって生まれた要素が大きいと思います。オリンピックの金メダリストと普通の人とでは、努力では埋められない圧倒的な差があるでしょう。でも、頭のなかの知恵については、それほど人によって違わないと僕は思うんです。知識不足は勉強によって補えますから。


本庄八郎

真面目にコツコツやる。派手さは要らない、愚直にやれ。


竹中宣雄

常に改良し続けることは、お客様のためには違いないのですが、実は作り手である自分たちのためでもあるのです。住宅販売もそうですが売り手が飽きると、商品の魅力を十分に伝えられなくなる。お客様に感動を与え続けるためには、自らを刺激する戦略も必要なのだと思います。


イーロン・マスク

EV(電気自動車)のアイデア自体はかなり古くからあったのに、なぜ誰もつくらなかったのか。それはアイデアを実行することが、思いつくより難しいからだ。