名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

城岡陽志の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

城岡陽志のプロフィール

城岡陽志、しろおか・きよし。日本の経営者。機械部品メーカー「太陽パーツ」創業者。愛媛県出身。高校卒業後、大阪の商社勤務を経て太陽パーツを創業。ユニークな経営手法で同社を大きく成長させた。

城岡陽志の名言 一覧

企業は環境に適応していかなくてはならない存在。環境はどんどん変わっていくのだから、組織も絶えず変わっていかないといけない。新しいことにチャレンジしなければ変われない。


チャレンジしない会社は生き残れません。失敗しても減点はしない。むしろ加点して金一封出すことで、絶えずチャレンジする社風を育てています。


三流の会社は、三流のところと取引するしかない。だからこんな目に遭う。一流にならなあかん。
【覚え書き|たちの悪い会社に商品をだまし取られそうになったことを振り返っての発言】


私は、チャレンジして失敗することをリスクだとは考えていません。何もしないことこそが、最大のリスク。じつは私も一度設備投資を失敗して「大失敗賞」をもらっているんですよ(笑)。


社長も大失敗すると思えば社員も安心する。失敗なくして社長になっている人なんか、いないんじゃないの?


大失敗賞の受賞者の選定には注意が必要。この賞は下手をすると大変嫌みな賞になる。自分の失敗を明るく乗り越えられる人にしか渡せない。深刻に受け止めるような人には絶対に渡してはいけない。


失敗が多い人ほどノウハウをたくさん持っている。大失敗賞(失敗をした社員を称える賞)を作ってから、うちはいろいろな業界と取引できるようになった。部品メーカーにとって完成品を丸ごと作るのは夢。それが実現できたのも大失敗賞のおかげ。


バブル景気に沸いたころ、どの会社も仕事がいっぱいで、取引先の注文を「もうできません」と断っていました。でも、私は営業社員に、「その仕事を全部取ってこい」とハッパをかけました。当社の下請けの中には、注文でいっぱいになっているところもありましたが、なんとかして取引先のニーズに応えたんです。その効果が表れたのはバブルが弾けたあと。好景気のとき仕事を受けてくれたと取引先から感謝され、不況になってからも仕事を回してくれました。


私自身もチャレンジ好きで、挑戦しては失敗していました。新しいことをするから、失敗が多い。よく上司に怒られました。でも、同僚の一人は、何もチャレンジしないから失敗もしない。そのために、挑戦している私より社内の評価が高いんですよ。これはおかしいと思いました。そんな会社にしてしまったら、社員はだれ一人挑戦しなくなります。


失敗を力に変え、もう一度奮起させればいい。そのために、会社の度量の大きいところを見せよう。そう、考えたんです。そこで思いついたのが「失敗賞」。ただの失敗では面白くないから、「大」を付けて「大失敗賞」にしました。社員に伝えたかったのは、一回の失敗で諦めたら、もう二度と前に進めなくなる。失敗したくらいで会社は怒らない。だから、どんどんチャレンジしてほしいという思いでした。
【覚え書き|社員の調査不足で大損失を出してしまったときを振り返っての発言。この社員は奮起して、のちに海外に大きな生産拠点を築いた】


実家はみかん農家だったんですが、両親が入退院をくり返すなかでしだいに食えなくなり、「なんとかせなあかん」という状況になりました。ですが、こちらもサラリーマンの身。親に十分な援助ができません。そこで決意したのが、いつかは独立して親を楽にしようという考え。そのために、三十歳で課長になるという目標を定めました。もし課長になれたら、自分には非凡なものがあるはず。逆になれなければ平凡だという証しだから、諦めて一生サラリーマンをしようと思っていました。


城岡陽志の経歴・略歴

城岡陽志、しろおか・きよし。日本の経営者。機械部品メーカー「太陽パーツ」創業者。愛媛県出身。高校卒業後、大阪の商社勤務を経て太陽パーツを創業。ユニークな経営手法で同社を大きく成長させた。

他の記事も読んでみる

ウォルター・スコット

時と潮流は人を待たない。


岡正人

一般の不動産賃貸業者は全国規模で事業展開しているといっても、その多くはフランチャイズ制をとっています。当社は全国のネットワークのすべてを直営で自社開拓し、現在までに70店舗を数えるに至りました。フランチャイズでは、自店の物件を貸与しなければ売上に結びつきません。すべてを直営で展開することで、遠く離れたエリアでも関係なく企業としての運営が可能です。


和田秀樹

日頃から、あらゆるリスクを予測する訓練を積めば、トラブルの見積もり感覚は磨けます。小さなことから始めればいい。


津坂純

ハーバードの教育のすべてがいいというつもりはないのですが、ほとんどの授業が議論の中で進められます。「正解は何か」を求めるのではなく、「より良い結論に至るプロセス」が学びの中心に据えられているからです。


井上裕之

何事に対しても「どうせ自分にはできない」と思い込んでいる人が少なくありません。潜在意識の思い込みは現実化すると言われているため、できないと考えるとできない。自ら道を閉ざしてしまっているわけです。でも逆に「自分にだってできる」と意識を変えれば、道は開けます。


出口治明

幅広い視野を持つと、大きな流れを感知できる。


藤沢晃治

たとえどんなに論理的で中身の濃いものだったとしても、内容の把握に時間を要するようでは、決してよい報告書とはいえません。ビジネスにおいて、相手の時間を奪う行為は、あまり好ましいものではありません。とくに読み手である上司は、あなたからの報告書だけでなく、毎日たくさんの書類に目を通さなくてはいけないのです。


大東隆行

食べるときは雰囲気が必要です。包丁の音がして、鍋を振っている料理人が目の前にいて、美味しそうなにおいが漂ってくるから食欲がわきます。だから、うちではオープンキッチンにしています。


牛島信

国民と企業との接点は何よりも雇用だと考えています。人は一体何で生きているのかというと、幸せになるため。そして、幸せを感じるのは、自分に対してプライドを感じるとき。自分に対してプライドを感じるのは、自分がお金を稼いで、家族を養って、社会から自立して立っているという実感があるときではないかと思うんです。自覚はなくても、会社で働いているすべての人間がそうではないでしょうか。そういう職場をどんどん増やす。企業トップの責任はそこにあり、トップがそれをできるようにするのがコーポレートガバナンスではないか、というふうに考えているんです。


吉山勇樹

私は一年間のうちに230日ほど研修や講演で全国を飛び回っています。そんな移動の最中にタクシーや飛行機の中で少しでも時間に余裕ができると、行動管理手帳を何度も繰り返し見ています。私が手書きの手帳にこだわる理由もここにあります。一時期、パソコンを使ったこともあったのですが、飛行機の中では使用禁止です。いつでも開くことができる手書きの手帳がやはりベストです。


川北博

企業も含め、どんな組織でも同じだと思いますが、集団では誰かが率先して嫌なことや難しいことをやらなければならないのです。誰も水の中に飛び込もうとしない集団は弱い集団です。


河合敦

黒船来航による騒動を肌で体感した衝撃が彼らを「志士」に変え、明治維新を達成させたともいえる。