名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

城山三郎の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

城山三郎のプロフィール

城山三郎、しろやま・さぶろう。日本の小説家。関係者への綿密な取材をもとにした経済小説、伝記小説を得意とし、過去の経営者やリーダーたちの生涯を書き綴った作家。『輸出』で文学界新人賞、『総会屋錦城』で直木賞を受賞。そのほか吉川英治文学賞、菊池寛賞、毎日出版文化賞、朝日賞などを受賞。主な著書に『落日燃ゆ』『毎日が日曜日』『もう、きみには頼らない』『秀吉と武吉』『雄気堂々』など

城山三郎の名言 一覧

人は、企業家でも誰でもそうだが、何をやってもいい。しかし卑しいことだけはやめよう。


人間にはいつも4人の人間が住んでいる。一人は探検家、一人は芸術家、もう一人は戦士、4番目は判事。この4人が正常に機能している人が、一番素晴らしいリーダーになれる。


我が道を行く気概。しかし気概だけではいけない。それを裏付ける見識も必要です。我が道を行く気概と見識を兼ね備えてこそ、真のリーダーと呼べるのではないでしょうか。


厳しいことを言えば、我が道がわからないなどというリーダーはもう辞めた方がいい。目先のことしか見えていない人、ましてや拝金主義やエゴにまみれた人は、人の上に立ってはいけない。


人間ですから誰だって私心はあります。しかしそれも程度の問題。やはり世のため人のために尽くすのが人の上に立つリーダーの生きがいであり、トップの私心とはそういうものであるべきだと思います。そういうことを絶えず考えながら生きている人、無私の人に私は惹かれます。


人生の持ち時間に大差はない。問題はいかにして深く生きるか、である。深く生きた記憶をどれほど持ったかで、その人の人生は豊かなものにも、貧しいものにもなるし、深く生きるためには、ただ受身なだけではなく、あえて挑むとか、打って出ることも肝要となろう。


東京へ出る予定なのだが、その前に仕事部屋へ寄り、机に向かった。書いた原稿はわずか一枚だが、それでも毎日仕事を続ける感じをと、わが身に言い聞かせて。サイトウサンペイ氏に、「三日続けて仕事をしないと、頭の配線図が消えてしまう」との迫力ある言葉があるが、この道四十年の私も、とにかく配線図が消えてはならぬと、いまなお、おびえている。


いつのころからか、私は「この日、この空、この私」と書くようになった。人生、考え出せば、悩みだせば、きりがない。「この日、この空、この私」といった気持ちで生きるしかないのではないか、と。


一日に一つでも、爽快だ、愉快だと思えることがあれば、自ら慰めることができるのではないか。これは私の造語なのだが、「一日一快」でよし、としなければ。


無所属の身である以上、ふだんは話し相手もなければ、叱られたり、励まされたりすることもないので、絶えず自分で自分を監視し、自分に檄を飛ばし、自分に声をかける他はない。


若い医師から癌と宣告された。幸い一週間にわたる検診の最終結果は、若い医師の宣告とちがったものになり、私は命拾いした。それ以降、何でもない一日もまた、というより、その一日こそかけがえのない人生の一日であり、その一日以外に人生はないと、強く思うようになった。明日のことは考えず、今日一日生きている私を大切にしようと。


記録でなく、気分で旅する。そして、取材の旅、つまり人間を追う旅。私の旅は、この二種ぐらい。その代わり、気軽に、足腰軽く出かける。そういうものだと思って出かける。


壁があると思えば、本当に壁が立ちふさがってしまう。


城山三郎の経歴・略歴

城山三郎、しろやま・さぶろう。日本の小説家。関係者への綿密な取材をもとにした経済小説、伝記小説を得意とし、過去の経営者やリーダーたちの生涯を書き綴った作家。『輸出』で文学界新人賞、『総会屋錦城』で直木賞を受賞。そのほか吉川英治文学賞、菊池寛賞、毎日出版文化賞、朝日賞などを受賞。主な著書に『落日燃ゆ』『毎日が日曜日』『もう、きみには頼らない』『秀吉と武吉』『雄気堂々』など

他の記事も読んでみる

船間隆行

最も厳しかったのは、バブル崩壊直後の1991年です。不動産への融資が規制され、ほとんど売れなくなりました。そのストレスから1年で髪がまっ白になったほどです。「何とかしなければ」との思いから、自ら先頭に立って営業に回りました。大口のお客様に相続対策を併せた不動産投資をご提案したところ、契約をいただくなどして、苦境を乗り越えることができました。


藤巻健史

外国企業からの直接投資を増やすことは、自国を繁栄させるうえで極めて重要である。グローバル化が進み、世界を股にかけて活動する企業が増えた今、自国に外国企業を取り込めるかどうかで、経済の行く末が決まると言っても過言ではない。グローバル化とは、外に出ていくことだけではない。多様な国の企業を取り込むこともグローバル化なのである。


荒蒔康一郎

小岩井乳業への出向で学んだのは、チームで目標を達成することです。キリンに比べれば小岩井乳業は小さな組織で、トップとの距離も近い。そのなかで、チームの役割を認識し、チーム内で目標を共有しながらプロジェクトを進めていく方法論を実地に学ぶことができました。


山本直美(チャイルド・ファミリーコンサルタント)

遊んだおもちゃを自分でキチンと片付けるというのもひとつの自律であり、子どもにそれを指導することがしつけです。そのとき、車のおもちゃはいちばん上の引き出し、クレヨンは真ん中の引き出し……というふうにルールを決めておけば、子どもはひとりでもスムーズに片付けられるようになります。つまり、ルールの存在によって、自律が促されるのです。なんのルールも与えずに「さっさと片付けなさい!」とガミガミ文句を言うだけでは、なかなかうまくいきません。こういうルールの力を借りながら、きちんと片付ける経験を積んでいると、そのうち、他人からルールを与えられなくても自分なりのルールを自ずと考えられるようになります。


リチャード・バック

私にとって年齢は関係ありません。それが16歳であろうと、460歳であろうと関係ないことなのです。
【覚書き|齢をとっても小さな航空会社経営者として、飛行機乗りとして各地で活発に活動しているリチャード・バックに、ある人が「いつまでもお若いですね」と言った時の返答】


鳥原隆志

上司には手間を持たせず、花を持たせる。行動を起こす前に「ちょこっと相談する」ことが大切。手間のかからない相談であれば、上司は嬉しいもの。このひと手間をかけられるかどうかが、上司に捨てられるか、かわいがられるかの分かれ道。


吉田晴乃

上司と正面切って対話することは、非常に大切です。そのときはもう胸元に突っ込んでいく。とはいえ、上司を傷つけないように気を付けるべきです。


吉野真由美

お客様に商品を買って欲しい、上司に企画のゴーサインを出してほしいなど、意見を通したいとき「どうしても○○してほしいんです!」と切羽詰まった口調になった瞬間、あなたは交渉権を失ったも同然です。余裕がない状況であることを見破られ、その結果、大きく譲歩せざるをえない状況に陥ります。


藤井孝一

セミナーの最初の講義で、この人は成功する、しないがわかります。成功する人は、「副業用の名刺を作って持ってきました」というようにアクションがある。その他の人は「教えて」という態度で来る。依存心が強い人は、途中で挫折しちゃいますね。


北島素幸

仕入れのとき、はじめはだまされたり、こちらも値切ろうとしたりしていたけれど、俺をだました店は他の人のこともだましていて、そのうち信用を失ってつぶれていったなぁ。商売って「仕事が好きで、人によろこんでもらいたい」という気持ちがなければ続けられないものでしょうね。築地でいい素材を提供してくれる人は、本当に魚が好きなのよ。仕事人の「気」みたいなものは、素材や料理に載せられていて、それは長い目で見ればかならずお客さんにも感知される、と俺は思っています。


鈴木喬(経営者)

トップが「売る」と決断し、その覚悟を示せば、社員も「しょうがないな」と思いながらも動いてくれる。トップが不退転の覚悟を示し、商品を店頭の目立つところに山積みにしてもらえば、たいていは売れるもの。


宮内義彦

オリックスはかねてからリスクを見極めて新しいことにチャレンジしていくことが伝統になっています。