名言DB

9412 人 / 110637 名言

城山三郎の名言

twitter Facebook はてブ

城山三郎のプロフィール

城山三郎、しろやま・さぶろう。日本の小説家。関係者への綿密な取材をもとにした経済小説、伝記小説を得意とし、過去の経営者やリーダーたちの生涯を書き綴った作家。『輸出』で文学界新人賞、『総会屋錦城』で直木賞を受賞。そのほか吉川英治文学賞、菊池寛賞、毎日出版文化賞、朝日賞などを受賞。主な著書に『落日燃ゆ』『毎日が日曜日』『もう、きみには頼らない』『秀吉と武吉』『雄気堂々』など

城山三郎の名言 一覧

人は、企業家でも誰でもそうだが、何をやってもいい。しかし卑しいことだけはやめよう。


人間にはいつも4人の人間が住んでいる。一人は探検家、一人は芸術家、もう一人は戦士、4番目は判事。この4人が正常に機能している人が、一番素晴らしいリーダーになれる。


我が道を行く気概。しかし気概だけではいけない。それを裏付ける見識も必要です。我が道を行く気概と見識を兼ね備えてこそ、真のリーダーと呼べるのではないでしょうか。


厳しいことを言えば、我が道がわからないなどというリーダーはもう辞めた方がいい。目先のことしか見えていない人、ましてや拝金主義やエゴにまみれた人は、人の上に立ってはいけない。


人間ですから誰だって私心はあります。しかしそれも程度の問題。やはり世のため人のために尽くすのが人の上に立つリーダーの生きがいであり、トップの私心とはそういうものであるべきだと思います。そういうことを絶えず考えながら生きている人、無私の人に私は惹かれます。


人生の持ち時間に大差はない。問題はいかにして深く生きるか、である。深く生きた記憶をどれほど持ったかで、その人の人生は豊かなものにも、貧しいものにもなるし、深く生きるためには、ただ受身なだけではなく、あえて挑むとか、打って出ることも肝要となろう。


東京へ出る予定なのだが、その前に仕事部屋へ寄り、机に向かった。書いた原稿はわずか一枚だが、それでも毎日仕事を続ける感じをと、わが身に言い聞かせて。サイトウサンペイ氏に、「三日続けて仕事をしないと、頭の配線図が消えてしまう」との迫力ある言葉があるが、この道四十年の私も、とにかく配線図が消えてはならぬと、いまなお、おびえている。


いつのころからか、私は「この日、この空、この私」と書くようになった。人生、考え出せば、悩みだせば、きりがない。「この日、この空、この私」といった気持ちで生きるしかないのではないか、と。


一日に一つでも、爽快だ、愉快だと思えることがあれば、自ら慰めることができるのではないか。これは私の造語なのだが、「一日一快」でよし、としなければ。


無所属の身である以上、ふだんは話し相手もなければ、叱られたり、励まされたりすることもないので、絶えず自分で自分を監視し、自分に檄を飛ばし、自分に声をかける他はない。


若い医師から癌と宣告された。幸い一週間にわたる検診の最終結果は、若い医師の宣告とちがったものになり、私は命拾いした。それ以降、何でもない一日もまた、というより、その一日こそかけがえのない人生の一日であり、その一日以外に人生はないと、強く思うようになった。明日のことは考えず、今日一日生きている私を大切にしようと。


記録でなく、気分で旅する。そして、取材の旅、つまり人間を追う旅。私の旅は、この二種ぐらい。その代わり、気軽に、足腰軽く出かける。そういうものだと思って出かける。


壁があると思えば、本当に壁が立ちふさがってしまう。


城山三郎の経歴・略歴

城山三郎、しろやま・さぶろう。日本の小説家。関係者への綿密な取材をもとにした経済小説、伝記小説を得意とし、過去の経営者やリーダーたちの生涯を書き綴った作家。『輸出』で文学界新人賞、『総会屋錦城』で直木賞を受賞。そのほか吉川英治文学賞、菊池寛賞、毎日出版文化賞、朝日賞などを受賞。主な著書に『落日燃ゆ』『毎日が日曜日』『もう、きみには頼らない』『秀吉と武吉』『雄気堂々』など

他の記事も読んでみる

久水宏之

自分の人生を振り返っても、格差や不平等への反発が、むしろ人一倍の努力につながり、更には、その試練があったからこそ、多くの痛みを抱えた人の側に立ち、何とかしたいという志や生き方を身につけた体験がある。もちろん、現実には人間的な努力をしても越えられないハードルも決して少なくない。だからそのために、十分なセーフティネットを張るのが政治に期待される働きだろう。


ニーチェ

すでにホメロスにおいても、叙事詩的物語の規則が認められ、ホメロスはその範囲内で踊らねばならなかった。


渋沢栄一

身体はたとい衰弱するとしても、常に学問を進めて時代に遅れぬ人であったならば、いつまでも精神に老衰ということはなかろうと思う。


安倍昭恵

主人とは考え方が違う部分もありますが、全部が一致しているのが必ずしもいいわけではなくて、違うところも含めて、お互いが好きだったり、尊敬し合ったりできることが大事なんじゃないかなって思います。


迫俊亮

可能性はいつでも誰にでもあるんだ、不可能なことなんてないんだ、と心から思っていますし、そう思いながらこれからのビジネスに結びつけていきたい。


田中仁(経営者)

ビジネスは厳しい。いつでも転落する可能性を秘めている。信金時代、資金繰りに窮して夜逃げしたり自殺したりする経営者も見ました。


岸見一郎

『嫌われる勇気』は、自信がありました。完結編の『幸せになる勇気』も合わせて200万部を超えてまいました。でも、僕たちは「10年でも20年でも売れ続ける本をつくろう」と、ロングセラーになることを狙っていました。当然、海外でも翻訳されるだろうと考え、地名などの固有名詞は一切使わないようにしました。挿入した書斎のイラストにも、パソコンは描いてありません。10年後にはコンピューターだって、どんな形になっているのかわからないですから。


松本晃(経営者)

問題がビジネスをつくる。
問題のないところにビジネスは存在しない。


島井哲志

「タバコ部屋のコミュニケーションが仕事に役立つ」という方もいますが、それは「部署を超えた交流」がそこで可能だから。そもそも、そのような重要な役目を、一時的に機能しているからとタバコ部屋に任せていたのがおかしいので、企業としてはそのような人材交流の企画はもっと正規に実施すべきでしょう。


小山昇

他の多くの社長と接していると、業績の良い企業、悪い企業の明確な違いがわかってきます。社員を強制的に勉強させているところは業績が良い。逆に、社員の自発性に任せすぎているところは業績が悪い。それはもう面白いほどです。


鍵山秀三郎

良心が咎められるような仕事をさせられていては、元気になるわけがありません。私はいまの企業の多くが、目の前の売上のために自分の良心を売るような仕事を社員にさせている、企業がいわば犯罪人製造株式会社になっているのではないかという危惧を抱いています。


高橋恭介(経営者)

成果を上げた社員を評価すれば、それはやる気の醸成につながり、結果として生産性か高まる。ひいては、会社全体の業績が上がり、社員に払える給料の総額が上がる。


恵俊彰

40代を振り返っても、手柄感みたいなものは一切ないですね。ひたすら耕すというか、自分のなかでずっと基礎訓練をやってきたような感じですよ。ただ、それまでは場当たり的に、いい加減に生きてきた自分の人生のなかでは、一段一段、きっちり意識を持って毎日を過ごせた時期という思いはあります。


中西哲生

知らない場所に行ったり、初対面の人に会ったり、読んだことのない本を手にしたり。未知のものと出会うことで人間は成長すると思っているので、いつも新しい出会いを求めています。


田辺茂一

何でも時代のせいにしてれば、そりゃ楽だ。
【覚書き|ラジオのインタビューで「炭屋の片隅ではじめた本屋が日本一になるような時代はもう来ないでしょうね」と問われた時のコメント。経営者は経営不振を時代のせいにするなという趣旨の発言】