名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

垣添直也の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

垣添直也のプロフィール

垣添直也、かきぞえ・なおや。日本の経営者。「日本水産(ニッスイ)」社長。大阪出身。東京水産大学(のちの東京海洋大学)製造学科卒業後、日本水産に入社。捕鯨船勤務、取締役、常務、専務、副社長などを経て社長に就任。

垣添直也の名言 一覧

時代が変わるタイミングだったからこそ、しがらみがない私が出番をもらった。


百周年を迎えた日水の歴史をひもとくと、創業の功労者らの起業家精神が現場に受け継がれ、会社のバックボーンとなったことがわかります。日水のDNAは自分も含め発現しているのだと思います。


過去数年のデータを集め、生活シーンと調理方法の2つの軸で冷食の変遷を調べて今後の見通しを立てた。すると冷食のスナック化、レンジ調理や自然解凍への方向性が見えました。


垣添直也の経歴・略歴

垣添直也、かきぞえ・なおや。日本の経営者。「日本水産(ニッスイ)」社長。大阪出身。東京水産大学(のちの東京海洋大学)製造学科卒業後、日本水産に入社。捕鯨船勤務、取締役、常務、専務、副社長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

川村元気

これから日本も日本映画も大きく変わらないと思います。もう日本だけで、あらゆることが済んでしまうからです。それを後ろ向きに考えるのは一方的すぎる気がします。日本だけで済むということは、究極の楽園だともいえます。「ガラパゴスはダメ」というのは、単純に欧米の価値観からの意見です。それよりも「ガラパゴスは楽園だ。でもこのままでいいのだろうか?」という順番で考えた方が発見があるはずです。


大原孝治

店舗視察、いわゆる「臨店」の際、私はひとつの店に約3時間をかけます。そのうち自店を見るのは最後の5分だけ。その前の2時間55分は自店の周囲を見るようにしています。競合店の品揃え、駅前や繁華街の雰囲気、住宅やマンションの様子、パチンコ店の客層……。そうした情報を叩き込んでから自店を訪ね、違和感がないかを探ります。もし違和感があれば、店舗責任者と話し合い、ズレの修正を図ります。


野本弘文

現場で一緒になって考え、最良のものを見出して意思決定していくことが大事。


御手洗冨士夫

うちは役員食堂もないですから。私もみんなと同じ食堂を使っていますが、私が並んでいても、誰も順番を譲ってくれない(笑)。


菱田雅生

数字を覚えるのが苦手なのは、数字が無機質な情報ゆえに「感情」があまり動かないから。数字をラクに覚えるためには、いかに自分の脳に「インパクト」を与えられるかが勝負。


ロバート・アレン

私が考える『クレイジーの定義』とは『わずかなお金を得るために嫌いな仕事を50年も続けた揚句、貧乏なまま死ぬこと』。


アンリ・ドゥ・キャストゥル

日本での成功の秘訣は、まず忍耐力、そして学ぶということです。日本に進出して約20年になりますが、14年前に日本団体生命保険を買収し、喜びや、苦労を重ねてきました。


雲川俊夫

経営の権限も責任も現地に持たせ、現地雇用のマネジャーをどんどん増やしています。そうしないと物流の仕事は動きません。私は「グローバライズ」とは「ローカライズ」だと言っているんです。一見、矛盾するように聞こえますが、ローカライズの完成した姿が実はグローバライズなんだと思います。


永守重信

創業者が引退したら成長のスピードは必ず遅くなる。だから行けるところまで行く。


小池百合子

基本的に、他人は自分を助けてくれません。もちろん、助け合いの心はあります。でもいざとなったときは助けてくれないものと思って、自分の力を確立する方が重要です。


曽山哲人

サイバーエージェントは例年、新卒を300人前後採用していますが、私たちの採用基準は一つだけ。「素直でいいやつ」を選んでいます。私たちが最も大事だと考えているのは、物事を素直にあるがままに見ることができること。つまり、自分のいい点も悪い点も素直に受け止め、向き合えることです。これは一緒にチームで仕事をし、ともに成長をしていくために、絶対に必要な資質だと考えています。ただ、面接だけではわからない部分もあるので、インターンシップやグループワークをやってもらい、それらを見た上で判断します。


小川浩(経営者)

ITについて学ぶには、専門的な知識はまったくいりません。ITについての勉強とは、ITの世界に浸り、その可能性を体感してもらうことにほかなりません。そのためには、ITを活用したブログなどのサービスを積極的に利用してみることです。かつて、一部のマニアだけのものだったITですが、その技術が劇的に向上した現在、誰でも利用できる身近なものになりました。ITについて学ぶかどうかは、もはや使うか使わないかの差でしかないのです。