名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

垣添直也の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

垣添直也のプロフィール

垣添直也、かきぞえ・なおや。日本の経営者。「日本水産(ニッスイ)」社長。大阪出身。東京水産大学(のちの東京海洋大学)製造学科卒業後、日本水産に入社。捕鯨船勤務、取締役、常務、専務、副社長などを経て社長に就任。

垣添直也の名言 一覧

時代が変わるタイミングだったからこそ、しがらみがない私が出番をもらった。


百周年を迎えた日水の歴史をひもとくと、創業の功労者らの起業家精神が現場に受け継がれ、会社のバックボーンとなったことがわかります。日水のDNAは自分も含め発現しているのだと思います。


過去数年のデータを集め、生活シーンと調理方法の2つの軸で冷食の変遷を調べて今後の見通しを立てた。すると冷食のスナック化、レンジ調理や自然解凍への方向性が見えました。


垣添直也の経歴・略歴

垣添直也、かきぞえ・なおや。日本の経営者。「日本水産(ニッスイ)」社長。大阪出身。東京水産大学(のちの東京海洋大学)製造学科卒業後、日本水産に入社。捕鯨船勤務、取締役、常務、専務、副社長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

藤本篤志

飲み会は単なる遊びではなく、社内の人と長時間コミュニケーションできるミーティングと考えたほうがいいですね。お酒が入ると、みんな開放的になる。だからこそ、普段は話せないような人と接点を持つ絶好の機会。とくに目上と親しくなるチャンス。じつは、上の人間が「あいつは駄目だなあ」と思うのは、飲み会の場でのふるまい。人見知りだからと黙っていたり、同じメンバーとしか話をしない部下は、失格。デキる部下は積極的に自分をアピールしてますよ。


千本倖生

リスクもとらず挑戦もしないという人生に、どれほどの意味がありますか。


貞末良雄

人は第一印象がとても重要だ。しかし自分の情報は、最初は身のこなししか伝わらない。従ってこの第一関門である服装を、どれほど良いものにできるかによって、これからの関わりも変わってくる。


ジェフリー・イメルト(ジェフ・イメルト)

投資家に利益をもたらし、同時に社会問題を解決できる企業こそが成功します。


井上英明

僕には社長として考えるべき施策が五つほどあって、大きく分けると「スピリット」「パートナー・ショップ」「カスタマー」「ファイナンス」です。


奥田務

私が大丸社長に就いた1990年代後半、日本の百貨店は業界内の戦いに明け暮れていました。しかし2000年代に入ると、ユニクロなどの新しい小売り業態が出現し、一方ではネット通販が台頭した。小売業全体の業際がなくなり、我々はあらゆる業種と戦わなくてはならなくなった。そんな状況で、百貨店の殻に閉じこもっていては成長できません。果敢に百貨店以外の事業を取り込み、ひとつの成長エンジンにすべきだと判断しました。


久代敏男

人員削減の場面で、相手に納得感を持ってもらうにはどうすればよいか。心に決めていたのは、一緒に働いてきた仲間を路頭に迷わせないことでした。人を減らしたければ、指名解雇や希望退職の募集も可能です。しかし、「退職金を割り増しで払うから、あとはご自由に」という手法は冷たすぎます。関係会社や取引先への転籍や出向という形にこだわり、関係各所の協力を取り付けるために方々を走り回ったのも、そうした乱暴なやり方を避けるためでした。


樋口武男

人材の異動や不要部門の撤廃を断行しなくては、人も組織も生まれ変わることはできない。中途半端な改革しか行なわず、大企業病を放置してしまったら、当社は早晩衰退への道を辿っていた。


高岡浩三

より大きな仕組みやルールを変えたいときは、焦らずに力を蓄えて、「ここぞ」というタイミングで動くという戦略も必要になる。


室伏広治

タイミング、動きの柔軟性、全身のバランス感覚を要するものや、力の出し方で言えば、徐々に力を出したり、一瞬にして力を出し切ったり、逆に身体をできる限り動かさずに物体を動かす方法であったり、できるだけ多くの感覚を磨くことを意識しています。


山内雅喜

あくまでも我々の目的は、生活者の利便性を向上することによって「世のため人のためになる」ことにあります。このスタンスが一貫しているため、既存のルールとぶつかってしまうことがあるのです。


松井忠三

異論が出にくい組織は疲弊して、結果的に滅びる。