名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

垣根涼介の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

垣根涼介のプロフィール

垣根涼介、かきね・りょうすけ。日本の小説家。長崎県出身。筑波大学第二学群人間学類卒業後、リクルートを経て、近畿日本ツーリストに入社。会社勤務の傍ら小説を執筆。『午前三時のルースター』でサントリーミステリー大賞を受賞し専業作家に。大藪春彦賞、吉川英治文学新人賞、日本推理作家協会賞、山本周五郎賞を受賞。

垣根涼介の名言 一覧

戦のない世を夢見て登場人物が動いていく唯物史観で書かれた歴史小説が多いなか、僕は構造主義的な歴史小説を書きたいと思っているんです。本作(『信長の原理』)もそう、そこに正義はない。集団の人間の構造があるだけです。


囃し手がいくら囃しても、踊り手がその気にならなければ踊るはずもない。だから僕は本能寺の変がなぜ起こったのかというところで、多数語られてきた陰謀説にはしっくりこないんです。たとえ誰かが後ろで糸を引いていたとしても決断したのは明智光秀。ならば、なぜ起こったかを描くには彼を正面から書いた方がいい。


(二度も裏切った松永久秀を信長が)なぜ許したのか。そこが解けなければこの小説(『信長の原理』)は書けないと思った。ここ(朝倉氏攻めのときの敗走)が肝だな、と現地に行って思いました。(敗走中に信長が隠れていた)その岩窟に入ってみたら死にそうなほど心細かったんです。そのとき松永には信長を助けるメリットなんて何もなかった。むしろ殺した方が良かったはずだ。けれど彼は助けた。そのとき、信長の気持ちがわかったんです。


明智光秀が本能寺の変を起こすに至るまでの間、織田家という組織でいったい何があったのかということをちゃんと書きたいと思ったんです。突き詰めて言えば、そこにあった信長の人間関係というものを。そこでなぜ信長は、裏切られ続けて滅びなければならなかったのかと。本能寺の変は組織崩壊の話だと僕は思っているんです。


どんなに資料を当たっても、信長がよく言われる「天才」とか、頭がいいとか、そうしたことはあまり思わなかった。ただ、物事の突き詰め方に、普通ならそこまでしないだろうという異常な執拗性は感じました。たとえば、信長は15~16歳の頃から、自分の直属兵を育てているんですね。佐久間家や柴田家をはじめ、代々織田家に仕えている者たちの主従関係は緩く、主家に対し、拒否権を発動できる立場でした。それは戦の際、兵を出すか出さないかに関しても。そこで信長は土豪や地侍、家臣の次男、三男以下から直属兵を募り、戦い専門の兵を育てていったんです。


垣根涼介の経歴・略歴

垣根涼介、かきね・りょうすけ。日本の小説家。長崎県出身。筑波大学第二学群人間学類卒業後、リクルートを経て、近畿日本ツーリストに入社。会社勤務の傍ら小説を執筆。『午前三時のルースター』でサントリーミステリー大賞を受賞し専業作家に。大藪春彦賞、吉川英治文学新人賞、日本推理作家協会賞、山本周五郎賞を受賞。

他の記事も読んでみる

鎌田浩毅

真面目な読者は「読解力が足りないから、理解できない」と思い込んでしまいます。「わからない自分はバカだ」と劣等感を抱き続けると、読書自体が嫌いになりかねません。そうではなく、「わかりにくい本は著者が悪い。理解できなくても自分は正しい」と、まず肯定してみましょう。これで、難しい本を読む「心理的ハードル」が一気に下がるはずです。


小笹芳央

ビジネスの現場では、不満を抱いた顧客の多くが退出を選びます。ですから、「クレームが来ないこと=問題ない」ということではありません。クレームがないことに安心していたら、いつの間にか顧客から見放されていた、という事態もあり得るのです。


コロッケ(ものまね芸人)

周りが褒め、これでいいと思って努力を怠るとそこまでです。これはどんな仕事でも同じですよね。


魔裟斗

「勝ち続けるしかない」という状況は続きました。僕自身、K-1を背負っているつもりでしたから。ただ、辛かったですね。毎日のように「いつやめようか」って。それでも、「死合」で勝ったときの達成感というのは、何物にも替え難いというか……。また、何度でも味わいたくなるんですよ。強いて言うなら、登山家と同じ気持ちかな。エベレストに登っていると、途中で死を覚悟することもあるでしょう。その時は苦しくて、「もう二度と登らない」と思っても、チャンスがあるとまた登る。なぜか? 苦しみが大きければ大きいほど、達成感は格別だからです。


藤田晋

社内人脈をつくるときは「自分の名前を売る」ことよりも、「相手の名前を覚える」ことが先。人は自分に関心を持ってくれている人に、関心を持ちます。だからまず、とにかく社員の名前をたくさん覚えることから始めてください。


吉田晴乃

どんな小さな仕事でも会社にとって、どんな意味があるのかを基準に判断する癖をつけておくべきでしょう。自分だけで決められないときは、上司に相談すればいい。


渡邉美樹

「こういうことをやりたい」「やらなければいけない」と感じることは天命だと思ってとことんやった方がいい。


岡野雅行(岡野工業)

「ネットで調べれば、すぐに分かる」なんて考えを持っていたら、頭が錆びて退化しちゃうよ。仕事を続けていると、解決方法がネットに載っていない問題に必ずぶつかる時がある。その時、どうするんだ? ネットに頼り続けていたら、解決力や発想力はゼロになっているよ。考える癖をつけていたら、頭は錆びない。


桜井醜

せっかく個人が同意して、微に入り細に入りの顧客データを手にしたのだから、企業は顧客のライフステージにマッチした商品提案に活用しない手はありません。たとえば、開封率が高い請求書などの通知物に、販促的な要素を組み込むトランスプロモーションと呼ばれる手法にも活かすことができるのです。


舛成孝二

僕は演出が目立っちゃいけないと思ってるんです。観た人に「ああ、この演出、いいなあ」と言われると、負けたような気がするんですよ。むしろ「このキャラ、いいな」と言わせたいんです。それで、観終わったあとに「ああ、いい作品だったなあ。監督は誰だろう?」と言ってもらいたい。そのためにも、ドラマの中で演出的に嘘がないものを作っていきたいと思うんです。


冨安徳久

どんなに洗練された教育でも、現場に配属させた後、もうやらないのでは意味がありません。


森川亮

一般的に、若いうちは給与が低く、貯めてもたかが知れていますから、(自己)投資した方がいい。お金よりも時間の方がずっと大事です。極端なことを言えば、お金はどうでもいい。なぜなら、お金を投資して「時間の価値」を高めることで「自分の価値」が上がれば、お金は後から必ずついてくるからです。例えば、ダラダラ残業するのをやめて、未来への目標のために英会話やプログラミングの勉強にお金を投資すると、「時間の価値」が高まり、「自分の価値」が高まっていきます。そうすれば、プロジェクトを任されたり、志望する会社に転職して能力を発揮しやすくなったりして、結果的に年収が上がる。