名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

垣内俊哉の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

垣内俊哉のプロフィール

垣内俊哉、かきうち・としや。日本の経営者。「ミライロ」社長。生後まもなく骨形成不全症が判明。立命館大学経営学部在学中、ミライロを設立。そのほか、日本ユニバーサルマナー協会代表理事、バリアバリュー財団利事業、日本財団パラリンピックサポートセンター顧問などを務めた。

垣内俊哉の名言 一覧

歩けなかった病室での悔しい思いがギュッと凝縮されて、いま前に進むパワーになっているのかなと思います。


残念ながら私は歩けません。ただ、歩けなくても話すことはできるし、聞くことも見ることもできる。自分に残された能力の中でできることがあれば、全力でそれをやりたい。


当社は新卒もいれば、転職組もいます。転職組は証券からITまで、さまざまな業界から来ています。ほとんどのスタッフが自身に障害があったり、家族や友達に障害のある人や高齢者がいて、バリアフリーに対して人ごとではないという思いを持っています。


全体の3割が障害のあるスタッフで、7割が健常者です。全盲のスタッフもいれば、まったく耳が聞こえないスタッフもいます。たとえば全盲のスタッフは、見えている私には気づかないことに気づくかもしれないし、耳の聞こえないスタッフも私にはわからないことを指摘してくれるかもしれない。そうやって様々なバックボーンを持ったスタッフが経験や感性を活かすことで、よりよいご提案ができると考えています。


足の治療のために高校を中退して大阪へ。残念ながら症状は好転せず、自分の足で歩くことはかないませんでした。そのことがわかったとき、私は3度にわたって自分の命を絶とうとしました。いま振り返ると、本当に浅はかでしたね。死ねなければ、生きるしかない。どうやって生きようかと考えた結果、浮かんだのが大学に行くことでした。自分が生きていくためには、歩けなくてもできることを探さなくてはいけません。そのためには知識や技術、経験が必要で、それらを身につけるためにまず大学に行こうと考えた。


垣内俊哉の経歴・略歴

垣内俊哉、かきうち・としや。日本の経営者。「ミライロ」社長。生後まもなく骨形成不全症が判明。立命館大学経営学部在学中、ミライロを設立。そのほか、日本ユニバーサルマナー協会代表理事、バリアバリュー財団利事業、日本財団パラリンピックサポートセンター顧問などを務めた。

他の記事も読んでみる

ジム・ウォルトン

遺物はそのままでは資源ではない。古くから存在したがらくたと同じものであり、イラク人の誰もそれを所有することができないでいる。イラク人が豊かになれば、彼らはそれを(買い取った米国人から)買い戻すことができる。


奥田務

周囲の誰もが「なるほど、あの人なら」という人材を、積極的に登用しました。私は会社の人事はできる限り公平にすべきだと考えています。人間はどうしても、「好き嫌いで人事をやっている」と思ってしまいがちです。ですから極力それを排除し、きちんとやった人が遇される環境を作りました。その人がどれだけ企業に貢献したかに尽きる。


江上治

質問は大事だ。私は今までの経験で、経営者でも営業マンでも行き詰まる人というのは、人に質問しない人であることを知っている。


鈴木敏文

常に自分で少し先を見て、それからもう一度、自分の手元、足元を見直していく。そして仮説を立て検証していく。その繰り返し。


羽鳥兼市

目を凝らして周りを見てみれば、一見暗い状況の中でも明るい材料はたくさん転がっています。「不況だ不況だ」という世間の声に惑わされていては、それが見えてきません。大勢に逆らって、非常識な発想をすることが大事なんです。そうすれば、逆境に打ち勝つことも難しくはないでしょう。


小林亮介(経営者)

情報は、人の可能性を広げるものであり、ビジネスチャンスを掴むためには欠かせない。


守谷雄司

部下は上司が伝える言葉が具体的なものであるかどうか、絶えず確認しておく必要があります。たとえば、「売上率10%アップを達成しよう」と指示するだけの上司は、言葉が抽象的すぎて問題があります。上司が細かく分析して具体的な指示を出すことで、部下の行動が期待できます。


津坂純

いまは世界的に転換期にあると思います。確かに日本は「失われた20年」を過ごしました。でも、見方を変えると、これから新しい「100年勝負」が始まるところともいえます。


おちまさと

毎日、目上の人たちと飯を食う。それを10年続けたら、どんな予算だろうといい接待ができるようになります。気楽だからといって、同僚や部下とばかり食事してちゃいけません。


所ジョージ

楽しむ秘訣は「昔だったら持ち上げられた」とか「こんなに疲れなかった」みたいに、若い頃と比較しないこと! いまの私は60を過ぎてるんだから、30代40代の自分と同じようにはできなくて当たり前ですよ。そこを振り返っても、衰えているのは事実。それなら、いまの年相応のやり方を面白がろうよ。誰だって年を取るんだから。自分だけが年を食うわけじゃないしね。同世代と比べて元気なら、十分に喜ばしい。


似鳥昭雄

本質的ではないことに振り回されているのが、日本の小売業です。小売業=接客という図式が当たり前のように信じられていますが、私たちはそれを、科学と論理によって実現しようとしているのです。


高田明(ジャパネットたかた)

テレビショッピングの場合は言葉だけが表現方法ではありません。声、表情、手、指など全てが表現方法です。携帯電話を紹介する時も、手に持って「いかに軽いか」を、指で「いかに小さくて持ちやすいか」を表現します。