名言DB

9429 人 / 110879 名言

坪田聡の名言

twitter Facebook はてブ

坪田聡のプロフィール

坪田聡、つぼた・さとる。日本の医学博士、睡眠専門医。「雨晴クリニック」副院長。著書に『快眠★目覚めスッキリの習慣』『病気にならない睡眠コーチング』。

坪田聡の名言 一覧

土日に昼過ぎまで寝ると、月曜の朝がつらくなる。それがいわゆるブルーマンデー。気分が落ち込んだまま出社するから、仕事も前向きに取り組めない。うつにまっしぐらです。


人にはそれぞれベストな睡眠時間があります。だから人と違っていても心配する必要はありません。むしろ怖いのは、自分に適したパターンと違う睡眠をとっているとき。合わない睡眠を続けると、糖尿病や脂質異常症などにかかりやすくなるので注意してください。


睡眠障害を甘く見て悲惨な結果を招いた例は少なくありません。休み中は、寝る時刻が遅くなり、起床時間が昼近くに。それが持続して固定されてしまうと、「睡眠相後退症候群」の恐れあり。この病気になると、朝起きることが困難です。無理に起きると、抑うつ状態になることもあります。


人間の体内周期は1日25時間であることがわかっています。そのままでは地球の自転の周期とズレていきますが、私たちは規則的な睡眠をとることで体内時計を地球のリズムに合わせています。ですから、毎日同じ時間に規則的に寝起きすることが大切なのです。


お酒を飲むとよく眠れる気がしますが、それは脳が気絶しているから。麻酔をかけてムリやり眠らせているようなものなので、自然な眠りと違って睡眠の質が低いのです。具体的には、睡眠の後半になるほど二日酔いのもとになるアセトアルデヒドが出てきて、睡眠が浅くなります。最初はよく眠れても、途中で目覚めやすく、トータルでは逆効果です。


坪田聡の経歴・略歴

坪田聡、つぼた・さとる。日本の医学博士、睡眠専門医。「雨晴クリニック」副院長。著書に『快眠★目覚めスッキリの習慣』『病気にならない睡眠コーチング』。

他の記事も読んでみる

竹中平蔵

既存のものに新しいものを持ち込もうとしたとき、必ず反対意見が出ますが、ある時は説得して、ある時は権力をもって反対派を抑える。そして組織を進化させていく。それがまさにイノベーションのプロセス。


有本隆浩

失敗してもいい。失敗は経験になる。行動しなければ失敗という経験を得ることすらできない。もちろん失敗を前提にする必要はない。


ヴォーヴナルグ

うそつきは、あざむく術を知らない人である。へつらう人間は、愚かな人々のみをあざむく人である。


大野直竹

今のビジネスモデルを踏襲するだけでは成長は難しい。どう事業領域を広げるかが大事。新領域はひょっとしたら隣の事業部に関わっているかもしれない。


久夛良木健

仕事中に気配がしたので振り向くと井深(大)さんが立っていて、「何してるの?」と声をかけてくるんです。勝手に作っていた液晶のレベルメーターを見せたら、「音響のエンジニアたちには見せたの?」と。まだですと答えると、井深さんは「じゃあ、自分から言っとくね」とおっしゃいました。すると翌日、芝浦の音響の人たちが大挙して、私のところに来たんです。私が作った試作のレベルメーターを評価してくれて、最終的に商品化されることになりました。


野中正人

当社では部下が全員年上なんてこともザラにありますし、「ちょっと部長から降りてもらいますよ」などという降格人事を発令することもよくあります。降格されて会社を辞めてしまう人もいませんし、次に与えられたポジションで成果を出して部長に返り咲くといったことも日常茶飯事です。


夏野剛

ヒット商品には必ず個が見えている。個人と組織の関係がうまくいった時にイノベーションやヒット商品が生まれる。逆に、個が見えないものは、あまり大きくならない。


吉田典史

上司の仕事の「型」を自分のものにすると、やがて双方で価値観や志を共有できる。信用が一層厚くなり、評価も高くなる。そうなれば、何かあった時でも、少々の無理が言えるようになる。このような関係がさらに深まると「絆」になる。ここまでたどり着ければ、怖いものなしだ。上司をまるで自分の意のままに、コントロールできるかもしれない。それが、部署にとって良い結果につながったりする。


秋沢旻

活力の源である若い社員の声を吸い上げる組織作りが重要。


二子石謙輔

変化し続けようとすることが大事。我々のビジネスモデルには最終形がない。セブン銀行の目指すものは、そういう絶え間ない変化の先にある。