名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

坪田聡の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

坪田聡のプロフィール

坪田聡、つぼた・さとる。日本の医学博士、睡眠専門医。「雨晴クリニック」副院長。著書に『快眠★目覚めスッキリの習慣』『病気にならない睡眠コーチング』。

坪田聡の名言 一覧

土日に昼過ぎまで寝ると、月曜の朝がつらくなる。それがいわゆるブルーマンデー。気分が落ち込んだまま出社するから、仕事も前向きに取り組めない。うつにまっしぐらです。


人間は五感のうち視覚情報が8割を占めます。目を閉じてその情報を遮断するだけでも脳は休まる。これは1分間ほどのごく短時間でもよいと考えられています。「断眠」にチャレンジして11日間も寝なかった人は、数秒間のマイクロスリープを繰り返し取っていたという話もあります。


体内時計の関係で午後2時頃が最も眠気を感じますが、オフィスでその時間帯に仮眠を取るのは難しいでしょう。現実的なのは昼休みの昼食を摂った後です。仮眠の前にホットコーヒーか煎茶でカフェインを摂取すると、20分ほどで効いてくるのでスッキリ目覚めることができます。


たとえ短時間でも、睡眠は夜に取るのが基本です。そのうえで午後3時頃までに20分程度の仮眠を平日は毎日取っています。仮眠し出してから14~19分後に起きるのが上質で目覚めもいい「仮眠のゴールデンタイム」です。


人にはそれぞれベストな睡眠時間があります。だから人と違っていても心配する必要はありません。むしろ怖いのは、自分に適したパターンと違う睡眠をとっているとき。合わない睡眠を続けると、糖尿病や脂質異常症などにかかりやすくなるので注意してください。


睡眠障害を甘く見て悲惨な結果を招いた例は少なくありません。休み中は、寝る時刻が遅くなり、起床時間が昼近くに。それが持続して固定されてしまうと、「睡眠相後退症候群」の恐れあり。この病気になると、朝起きることが困難です。無理に起きると、抑うつ状態になることもあります。


人間の体内周期は1日25時間であることがわかっています。そのままでは地球の自転の周期とズレていきますが、私たちは規則的な睡眠をとることで体内時計を地球のリズムに合わせています。ですから、毎日同じ時間に規則的に寝起きすることが大切なのです。


お酒を飲むとよく眠れる気がしますが、それは脳が気絶しているから。麻酔をかけてムリやり眠らせているようなものなので、自然な眠りと違って睡眠の質が低いのです。具体的には、睡眠の後半になるほど二日酔いのもとになるアセトアルデヒドが出てきて、睡眠が浅くなります。最初はよく眠れても、途中で目覚めやすく、トータルでは逆効果です。


ショートスリーパー(短眠者)になりたいなら時間を短くする一方で、睡眠の質を高めていくことも重要です。食事は就寝する3時間前までにすませる。空腹で寝つきが悪ければ、寝る前に少し食べる分食にするといいでしょう。寝室の照明は暖色系の光を選び、寝る2時間ほど前に軽く運動する。また、入浴で体温を少し上げておくと、体温が下がるときに眠気が強くなるので、寝つきがよくなります。


坪田聡の経歴・略歴

坪田聡、つぼた・さとる。日本の医学博士、睡眠専門医。「雨晴クリニック」副院長。著書に『快眠★目覚めスッキリの習慣』『病気にならない睡眠コーチング』。

他の記事も読んでみる

荘司雅彦

初対面の相手の場合は、相手と自分の共通点を探すことで親近感が増し、話がスムーズにいく可能性が高まる。


武田信繁

敵に立ち向かう場合、千人で正面からあたるよりも、百人で横合から攻めた方が、よほど効果が上がるものだ。古語にも、「千人で門をおすよりも、一人で閂(かんぬき)を守るにこしたことはない」というのがある。


永井浩二(経営者)

すぐに大きな収益が上がるとは思っていませんが、将来に向けての布石を打っていくことが必要。


貞末良雄

リーマンショックで国内市場が落ち込んだときには、「3000万円の赤字計画をつくれ」という指令を出しました。こういうときこそ、大胆な策に打って出るべきだと考えたのです。「儲かる計画をつくれ」というと、あまり出てこないものですが、「損する計画をつくれ」というと、みんな意欲的にアイデアを出してくる(笑)。


中山泰男

セコムには創業者の飯田(亮)の素晴らしい理念があり、「事業と運営の憲法」をつくっています。ここに「セコムの行う社会サービスシステムは、高度な技術に立脚した革新的最良のものでなければならない」と書いています。つまり、必要なのはイノベーションです。


村田恒夫

最新技術の動向を誰よりも早くつかみ、他社に先駆けて最先端部品を開発できたことが競合他社との差異化につながりました。顧客である端末メーカーの目まぐるしい変化にも、うまく対応できたことで、好循環を作り出すことができたと自負しています。


西任暁子(西任白鵠)

怒りや苛立ちは、自分のニーズが満たされないときに起きるもの。「ミスをしたくない」という思いが強ければ、部下のミスへの怒りは強くなり、「時間は守るべき」と強く思っていれば遅刻に厳しくなる。つまり、自分の中のこだわりが、怒りを起こさせているのです。


古森重隆

会社の期待に応えたい、取引先の要望に応えたい。そう心底思えるかどうかが重要だ。その気持ちさえあれば、つらい状況にも、厳しい時間的な制約にも耐えることができる。


草野顕之

大谷大学が個性を際立たせていくことで、学生の街である京都にも刺激を与えることができるのではないでしょうか。


吉田沙保里

私は勝ち続けることで成長したんじゃなく、負けて強くなってきたんです。


大橋未歩

人間関係は合わせ鏡のようなものなので、自分が固く凝り固まっていると、相手も優等生のようなコメントしか返してくれません。自分がまず心をオープンにすることを意識して、相手が本音を漏らしやすいような雰囲気づくりを心がけています。


窪山哲雄

我々は従業員にマニュアルを渡して、これを読んでこの通りにするように、といった指導はしていません。たとえば、年配の男性がホテルにいらして、「トイレはどこですか」と聞いたとしましょう。このシチュエーションで新入社員を指導するとき、私はマニュアルを示しません。でも、ひとつだけヒントを与えます。「どうしたら、その方を喜ばせてあげられると思うか」と。そして、思ったことをやらせます。すると、ある社員は「あちらです」と手で指し示すし、別の社員は一緒に歩いて案内したりする。前者よりは後者の方が望ましいのですが、それでも不十分です。より望ましいのは、お客様がトイレから出てくるまで、トイレの前で待っていることです。もちろんこれは、たとえば年配の方でお顔の色がすぐれないなど、お体の調子がよくないと観察した場合の話です。若いお客様にそうした対応をしたら、うっとうしいと思われてしまいかねません。その意味でも、一人一人のお客様に合わせたサービスが必要になってきます。こうしたケースをいくつか実践で行わせ、マニュアルを示すのはそのあとです。