名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

坪内知佳の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

坪内知佳のプロフィール

坪内知佳、つぼうち・ちか。日本の起業家、コンサルタント。「萩大島船団丸」「GHIBLI」社長。福井県出身。名古屋外国語大学中退。翻訳事務所立ち上げなどを経て萩大島船団丸代表に就任。ウーマン・オブ・ザ・イヤーキャリアクリエイト部門を受賞。著書に『荒くれ漁師をたばねる力 ド素人だった24歳の専業主婦が業界に革命』。

坪内知佳の名言 一覧

結果として、今では会社も大きく成長することができました。でも、私は決して漁師たちを「たばねる力」なんてないんです。ただ、一人ひとりの個性を認め、自由に伸びていくことを目指しています。そう、円が少しずつ広がっていくイメージですね。先日、学習障害のある子が入ってきましたが、そういう子だって指示の出し方一つで大きく変わる。特性を見抜いた上で、その円を広げていくことが大切なんだと思っています。


必死にここまで走ってこられたのは、19歳の頃に「余命半年」と宣告されたからです。当時は大学の成績も優秀で、CAの内定も決まりかけ、順風満帆な人生でした。その矢先に、「死」を意識させられたんです。診断を重ねた結果、命を落とすほどの病気ではないことが判明したのですが、人生を見つめ直すきっかけになりました。その時、絶対に「後悔のない生き方をしよう」と決意したんです。


私たち萩大島船団丸が行っているのは、漁業の6次産業化。通常、漁師が獲った魚は、加工業者や仲買・卸を間にはさみ、消費者へと届けられます。私たちはそのすべてを自分たちで行い、中間業者をパスすることで、自由な値付けや高付加価値化の実現を目指しています。とはいえ、その道程は苦労の連続でした。漁師や中間業者からの反発や抵抗は日常茶飯事でしたから。


萩大島船団丸の社長就任依頼は不安もありましたけど、断るなんて選択肢はなく、運命だと感じたんです。試行錯誤しながら、成果を出すための提案をすると、誰もが「普通じゃない」と言うんです。大学中退、離婚、シングルマザー……私は普通の人生に挫折した人間。普通を目指しても幸せにはなれない。普通、くそくらえなんです(笑)。息子の故郷でもある山口県萩市という街を衰退させないためにも、「普通」を超える挑戦をスタートさせたんです。


坪内知佳の経歴・略歴

坪内知佳、つぼうち・ちか。日本の起業家、コンサルタント。「萩大島船団丸」「GHIBLI」社長。福井県出身。名古屋外国語大学中退。翻訳事務所立ち上げなどを経て萩大島船団丸代表に就任。ウーマン・オブ・ザ・イヤーキャリアクリエイト部門を受賞。著書に『荒くれ漁師をたばねる力 ド素人だった24歳の専業主婦が業界に革命』。

他の記事も読んでみる

松井忠三

社風とは現場から作るものです。どんなに立派な社訓や行動規範を作り、幹部や店長会議で話しても、思う通りに人は動きません。


小田真弓(加賀屋女将)

加賀谷はホテルではありません。日本旅館という「家」です。親戚や友人を自宅に招き、家族がもてなす。大切な人に快適に過ごしていただきたいという気持ちで、損得勘定なく尽くす。これと同じ姿勢で気を働かせることが、旅館業におけるサービスだと思っています。


出口治明

リーダーシップの本質は、立場や地位ではなく「機能」です。一人のトップが完璧なリーダーシップを備えているのが理想かもしれませんが、そんな立派な人はまずいませんから、仲間や部下たちがトップに足りていない機能を補って、組織としてリーダーシップを発揮できれば良い。


水田正道

働き方の問題にしっかり対応していくことが、世の中に必要とされる企業になる大前提。


永瀬昭幸

企業は人材育成にもっと本気になった方がいいと思います。英語にしても、意義や目的を実感させる環境をつくらなきゃいけないでしょう。上海にでも連れて行って、「すでに我が社はここまで展開している。中国語も必須だが、とりあえずは英語が必要だ。来年お前に赴任命令を出したらどうするんだ」と伝える。そうやって具体的に想像させることで、だんだんと尻に火がついてきます。


二宮敦人

認知症を扱うことは、最初から決めていました。文献を調べるうち、認知症の方々が何を考えているのかに興味が湧き、認知症患者による一人称視点のシーンを入れようと思ったのです。僕は本を書く際、なにかひとつ難しいテーマに挑戦したいと思っているのですが、今回はそれがチャレンジでした。


岡田斗司夫

人間は幸せになるために生きています。ノートに、自分の心配や課題を書いておけば、忘れても大丈夫です。心置きなく彼女と会ったり、美味しいご飯を食べたりできます。そして、あとで気が付いたときに読み返せるようにしておけばいいのです。


今村暁

学習塾の運営や経営者のコンサルタントをしていく中で私が感じたのは、皆、自信を失いつつあることでした。そこで、目標を持つ大切さに気づくために、日記をツールとして使うようにしたのです。結果、メンタルが不調だった人たちにも日記は効果を発揮し始め、多くの人が自信を取り戻し、ビジネスの成果を出しました。書くことは2つです。1つは未来。これからの目標ややりたいことです。もうひとつが現在で、その日の達成感や出来事に対して感情を含め記録していくことです。


兼本尚昌

若手の場合は、「あなたは将来どうなりたいの?」と質問して具体的な答えを聞く。一般企業であれば、2年後に「後輩の見本となってほしい」とか、4年後に「チームリーダーになってほしい」といった地位や周囲の信頼といったニンジンをぶら下げます。なぜこの年数かは、本人に目標達成のためのスイッチが入り、かつ緊張感が続くのは4年が限度という経験則があるからです。


金丸恭文

裏を取るという作業は今まで通りやっていけばいい。基本的にはファクト(事実)ベースです。ニュースの根拠が問われるわけで、当たり前のことをきちんとやると。これは変わっていないし、我々もそういうスタンスで臨んでいきます。データを見て、ファクトを確認し、自分がつぎ込んだ手を今度は検証し、現場からのフィードバックを受ける。そうやって数字を見て変えていく。


佐々木かをり

人間は自分が好きなことしかやっていない。自分が思ったことしか言っていない。言ったことで自分が洗脳されている。この循環をどういうふうに自分で発見して、断って、違うところへ行くかということを意識しなくてはいけない。


三田紀房

昔取り組んだテーマをリメイクすることを「後退」と感じる人もいるかもしれませんが、僕はまったくそう思いません。得意分野をローテーションして、より速くより深い完成度をめざすというやり方は、一般のビジネスの世界でも応用可能だと思いますよ。