坪内知佳の名言

坪内知佳のプロフィール

坪内知佳、つぼうち・ちか。日本の起業家、コンサルタント。「萩大島船団丸」「GHIBLI」社長。福井県出身。名古屋外国語大学中退。翻訳事務所立ち上げなどを経て萩大島船団丸代表に就任。ウーマン・オブ・ザ・イヤーキャリアクリエイト部門を受賞。著書に『荒くれ漁師をたばねる力 ド素人だった24歳の専業主婦が業界に革命』。

坪内知佳の名言 一覧

結果として、今では会社も大きく成長することができました。でも、私は決して漁師たちを「たばねる力」なんてないんです。ただ、一人ひとりの個性を認め、自由に伸びていくことを目指しています。そう、円が少しずつ広がっていくイメージですね。先日、学習障害のある子が入ってきましたが、そういう子だって指示の出し方一つで大きく変わる。特性を見抜いた上で、その円を広げていくことが大切なんだと思っています。


必死にここまで走ってこられたのは、19歳の頃に「余命半年」と宣告されたからです。当時は大学の成績も優秀で、CAの内定も決まりかけ、順風満帆な人生でした。その矢先に、「死」を意識させられたんです。診断を重ねた結果、命を落とすほどの病気ではないことが判明したのですが、人生を見つめ直すきっかけになりました。その時、絶対に「後悔のない生き方をしよう」と決意したんです。


私たち萩大島船団丸が行っているのは、漁業の6次産業化。通常、漁師が獲った魚は、加工業者や仲買・卸を間にはさみ、消費者へと届けられます。私たちはそのすべてを自分たちで行い、中間業者をパスすることで、自由な値付けや高付加価値化の実現を目指しています。とはいえ、その道程は苦労の連続でした。漁師や中間業者からの反発や抵抗は日常茶飯事でしたから。


萩大島船団丸の社長就任依頼は不安もありましたけど、断るなんて選択肢はなく、運命だと感じたんです。試行錯誤しながら、成果を出すための提案をすると、誰もが「普通じゃない」と言うんです。大学中退、離婚、シングルマザー……私は普通の人生に挫折した人間。普通を目指しても幸せにはなれない。普通、くそくらえなんです(笑)。息子の故郷でもある山口県萩市という街を衰退させないためにも、「普通」を超える挑戦をスタートさせたんです。


坪内知佳の経歴・略歴

坪内知佳、つぼうち・ちか。日本の起業家、コンサルタント。「萩大島船団丸」「GHIBLI」社長。福井県出身。名古屋外国語大学中退。翻訳事務所立ち上げなどを経て萩大島船団丸代表に就任。ウーマン・オブ・ザ・イヤーキャリアクリエイト部門を受賞。著書に『荒くれ漁師をたばねる力 ド素人だった24歳の専業主婦が業界に革命』。

他の記事も読んでみる

藤田晋

どんなビジネスパーソンも、「ブランクの怖さ」を、もっと感じた方がいい。私の場合、リタイアして1年でもネット業界から離れたら自信がなくなります。今の業界にどっぷり漬かって、現場にもいるから、正しいことが正しいと分かるし、疑わしいことも疑わしいと分かる。


進藤貞和

私はゴルフコンペに自社製品を商品として提供するとき、必ず包装紙を破ってその商品の効用や使い方を説明してから渡すようにしています。これはPRであると同時に、自社製品に対する私の愛着の表れであり、現場で開発製造にあたっている社員たちへの感謝の気持ちでもあるのです。初めての人は、私が包みを破るのでびっくりされるようですが、慣れたお客様はまたかという顔でニコニコ聞いてくれます。


関戸正実

当社では今年から、毎週の経営幹部の定例会議で6枚つづりのPL(損益計算書)を見るようになりました。会社全体と、各事業のものがひとまとめになったものです。その上から3枚目が家電量販事業のPLでした。幹部は毎週この紙を確認するわけですが、誰の目から見ても、その3枚目がなければ会社全体が黒字になるのが明らかなわけです。当社の幹部は全員、できれば家電量販事業を継続したいという思いがあったと思います。それでも最終的に、撤退することに反対する人は誰もいませんでした。数字を見れば、悩むこともないほど当然の判断でした。


石田淳(コンサルタント)

ダメなマネジャーは、感情をぶつけるだけで、改善点をあげません。以前は子供のころから「人を見て自分で身につける」よう教育されてきたので、それでもよかったのかもしれませんが。いまは一から教えてもらって身につけてきた世代です。マニュアルやタスクを与えて、それを達成するために、褒める、叱るを繰り返して達成感を得てもらいつつ、目標に到達するように育てていくことが効果的だと思います。


出口治明

僕はこれまで、いろいろな本を読んできましたが「長時間労働をして生産性が上がった」というレポートは一度も読んだことがありません。長時間労働をすると疲労が蓄積して生産性が下がるのが常識です。だから、ダラダラ働くより集中力を高めて効率的に働くことがいい仕事につながります。


松山大耕

お金の使い方には文化が必要です。自分を飾るためだけではなく、周りの人のために正しく使えるか、そこが問われる。本当のお金持ちを見ていると、むちゃなお金の使い方をせず、倹約しています。これはケチとは違いますよ。ケチは自分で使うお金を増やすためにケチをする。倹約は人のため社会のため。そこには利他の心があります。


タナカノリユキ

僕は裏があるような企業さんとは仕事をしません。以前、10年間ほどユニクロのブランディングをしましたが、そのときも、「現地の労働条件を確かめるために、中国の工場を見せてほしい」と社長の柳井正さんに言って、何カ所も現地の工場を見てきました。


小池龍之介(小池龍照)

自分から進んで差し出す行為は、自分の心を元気にしますが、嫌だなと思いながら出す行為は、心を疲れさせてしまいます。


魚谷雅彦

大事なのはコスト削減ではなく、効率的な運営を体質化すること。そのためにもプロセスを変えていく。人員削減ではなく、今いる人が活性化していくことが大切。


楠木新

新聞の連載で、会社を辞めて転身を成功させた人を150人ほど取材したのですが、大半の人は、若いころはほぼ「会社人間」だったんです。そのときに培った組織での基礎力が転身を可能にしているのです。


石井淳蔵

新商品・新技術であれ、改良商品であれ、既存商品であれ、顧客との関係を創造することが成功のカギを握る。ドラッカーが50年も前に言ったことだが、それはマーケティングの仕事なのである。皆さんの事業で、人気が出ずに困っている商品があるかもしれません。一度顧客関係の再構築を考えてみるというのは、いかがでしょうか。


横田雅俊

案件ベースの単発的アプローチでキャッチできるのは、これに困っているという目に見えて分かりやすいニーズだ。そうしたニーズに対しては競合も同じような提案をしているため、結局は価格競争に巻き込まれてしまう。案件にこだわらずに顧客との関係を築いていけば、まだ明らかになっていない潜在的なニーズをいち早くつかみ、そのニーズを満たす的確な提案をすることが可能になる。それが競合との差別化になり、値引き不要で適正な対価を獲得できる。


諏訪暁彦

研究所の所長や研究開発現場のリーダーたちが高い開発目標を掲げ、それに見合った計画を立てているかどうかを厳しく審査し、その結果を予算配分に反映させることが重要です。十分な予算を獲得できなければ、満足に研究開発を進めることはできません。そのため、メンバーも高い目標を設定するようになります。


海老原嗣生

世の中の変化はそれほど速くはありません。変化は日々、少しずつ起こるので、現場に根差した仕事をしていれば、40歳だろうが60歳だろうがついていける。


石原明

国際人というのは自国の歴史を語れなければなりません。国際社会で活躍するには常にアイデンティティーが問われます。愛国心をもって自分の国を語れることが、アイデンティティーにつながるのではないでしょうか。


ページの先頭へ