名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

坪内寿夫の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

坪内寿夫のプロフィール

坪内寿夫、つぼうち・ひさお。日本の経営者、企業再建の専門家。愛媛県出身。弓削商船学校(のちの弓削商船高等専門学校)卒業後、南満州鉄道に就職。第二次世界大戦に従軍。終戦時にシベリアに拘留される。拘留解除後、愛媛県松山市で映画館経営で利益を上げる。来島船渠(のちの新来島どっく)、佐世保重工業などを始め、数多くの倒産寸前企業を再建した。「再建王」「船舶王」「四国の大将」などの異名をとった。

坪内寿夫の名言 一覧

何かの決断を迫られた場合、前もって情報を収集し、分析することは大切だが、考えすぎてはいけない。最後の最後は、自分の経験と運を信用して、ズバッと下すべきだ。私の経験では、頭でなく、肌で決断した場合の方が結果としてよかった。


金は女と一緒で、追いかけると逃げる。欲しい欲しいでガツガツするほど、小さく儲けて大きな損をするのがオチだ。経営者は金銭に恬淡(てんたん)な方が成功する。目先の利益を追わないので、使った金が生きてきて、思わぬ利益を生むことが多いからだ。


坪内寿夫の経歴・略歴

坪内寿夫、つぼうち・ひさお。日本の経営者、企業再建の専門家。愛媛県出身。弓削商船学校(のちの弓削商船高等専門学校)卒業後、南満州鉄道に就職。第二次世界大戦に従軍。終戦時にシベリアに拘留される。拘留解除後、愛媛県松山市で映画館経営で利益を上げる。来島船渠(のちの新来島どっく)、佐世保重工業などを始め、数多くの倒産寸前企業を再建した。「再建王」「船舶王」「四国の大将」などの異名をとった。

他の記事も読んでみる

デービッド・アトキンソン

外国人からすれば、この「おもてなし」は上から目線で自己満足のサービスを押し付けているようにしか映っていません。というのも、「客」である外国人が本来望んでいるようなサービスがなされていない一方で、「おもてなし」の名のもとに必要とされていない過剰なサービスが行われていることが多々あるからです。


中鉢良治

52歳で執行役員になりました。そのとき、「もし役員でなくなったら、俺に何ができるか」と不安でした。「俺にしかできないという仕事の選択肢が2つ、3つは欲しい」。そう考えて、環境問題、品質問題ならだれにも負けないということを見つけたときには、憑き物が落ちたような解放感がありました。


石破茂

高齢化率が極めて高いところ、人口減少率が著しく高いところほど、変化しつつあります。つまり危機感の違いでしょう。


宮口公寿

読書の目的をはっきりさせることも重要です。目的のために必要でない専門用語や細かな情報を頭に入れる必要はありません。最低限の情報さえ拾い上げておけばいいのです。


岩瀬大輔

成約までのステップを分解することで、未契約のお客様が、どのステップがボトルネックになっているのかも明らかになりました。ネット上での申し込みは完了していたものの、身分証明書のコピーなどが期限内に送られてこなくて不成立になっている契約が少なからずあることがわかりました。そこで、このような人たちに対し、私たちは電話をかけえてみることにしました。申し込み手続きをほぼ終えているお客様に連絡するのであれば有効と考えたのです。電話をかけてみると、お客様からの反応は好意的で、一日で数十件の契約を獲得するという成果が上がりました。


温水洋一

不安っていうのはなくならないものでしょう。この仕事は体が資本。もし事故に遭ったら、とかね。あの(明石家)さんまさんですら「声が出なくなったら俺は……」って冗談交じりに漏らしていたこともありますし。不安とは、ずっとつき合っていくしかないんでしょうね。


シェイクスピア

バラと呼んでいるものは、名前が他のものであろうと、香りの素晴らしさに違いはないはず。


オグ・マンディーノ

世界は常に、あなたが示す行動によってあなたの価値を決定するのだ。思考や感情を内面に秘めたまま表現しなければ、誰があなたの才能を測ることができようか。


遠藤友則

「俺はコレができる!」と主張できる武器というかわがままさがないと海外では勝ち残れない。そういう意味で日本人ももっとわがままに主張していいと思います。


浜矩子

人の話を聴くのは簡単なようでいて案外難しい。たとえばインタビューでも、相手の答えに対してズレた質問をする人がいますよね。これは相手の答えの要点をよく理解していないから。相手の言っていることを聴かずに、「きっとこういうことが言いたいのだろう」と勝手に解釈するから会話がかみ合わなくなるのです。


永井孝尚

仕事のスタイルを変えたところ、生産性は6倍に上がりました。朝シフトに変えたんです。それまで残業自慢でしたが(笑)。まず満員電車に乗らないぶん、疲れない。また朝は社内が静かなので、午後や夜とは集中力が違います。


朝田隆

脳室(脳内の空間)にたまった脳脊髄液が脳を圧迫することで認知障害が現れる正常圧水頭症は、脳脊髄液を抜けば症状が治まります。硬膜と脳の間に血がたまる慢性硬膜下血腫や、全身の機能が低下する甲状腺機能障害も、病気を治せは症状がなくなる。原因を調べずに諦めてはいけません。