名言DB

9419 人 / 110788 名言

坂野由典の名言

twitter Facebook はてブ

坂野由典のプロフィール

坂野由典、さかの・よしのり。日本の建築家。「一級建築士事務所フラットハウス」代表。愛知県出身。コロンビア大学大学院修了。隈研吾建築都市設計事務所を経てフラットハウスを設立。

坂野由典の名言 一覧

初期段階で丁寧に仕事をすると、後の工程が楽になる。


僕たち建築家の仕事を大まかに説明すると、紙と筆記具を使ってアイデアを膨らませて、パソコンで図面を完成させるという流れです。特に最近は、デジタルでの作業に時間と労力を割く人が多い。でも僕は、アナログの工程に手間をかけた方が、最終的にいいものが作れると思います。


坂野由典の経歴・略歴

坂野由典、さかの・よしのり。日本の建築家。「一級建築士事務所フラットハウス」代表。愛知県出身。コロンビア大学大学院修了。隈研吾建築都市設計事務所を経てフラットハウスを設立。

他の記事も読んでみる

加藤充(経営者)

自分で全てのノウハウを作り上げるのは膨大な時間とコストがかかります。フランチャイズチェーンに加盟すれば、その時間とコストを節約できます。行ってしまえば、時間を買うことができるのです。


守安功

大学院時代は航空宇宙工学を専攻して、スクラムジェットエンジンの研究をしていました。航空機に使われるエンジンで、マッハ10のスピードが出ます。研究の道を諦めた理由は2つあります。当時、そのエンジンは実用化に30年かかるといわれていました。30年かけてひとつのことに取り組んで、仮に途中でダメになったとしたら、ちょっと怖いですよね。それよりも、もっと早く結果が出ることをやったほうがいいと考えて研究職をやめました。もうひとつは、実力で勝負できるところがいいなと。


古川健介

「スケジュール管理というタスク」になると負荷になってしまうので、会議など出なきゃいけないもの以外は予定は組まないんです。それ以外はパソコンの前になんとなく座っているんです。


大久保幸夫

若いころは会社に委ねてきたキャリアプランも、45歳を過ぎれば他人任せにせず、自己責任でしっかり判断し、組み立てていく必要があります。


村口和孝

技術が商品にまでならない、という大きなリスクが存在することを忘れてはならない。技術が商品化されるためには、安いコストで商品を生産できる時代の状況が整う必要がある。


中村信仁

商談でまず伝えるべきなのは、「訪問の目的」と「商談にかかる時間」です。顧客が初対面の営業マンと会うときにもっとも気にするのは、「何のために営業にきたか」ということです。それが不明確だと、「無理に何かを買わされるのではないか」といった不安や警戒心につながります。ですから商談の席に着いたら、「今日は、先日発売になった新商品の紹介でうかがいました」などと、訪問の目的を明確に伝えましょう。そして、「30分だけお話ししてもよろしいですか」と、面談の終了時間についてもはっきりさせておきます。どんな活動でもそうですが、終わりの時間がわかるとそれだけで相手は安心するものです。その安心感があれば、「30分」といって始めた商談が、1時間以上になることも珍しくはありません。


青野慶久

私は原理原則が知りたいのだと思います。どんな場合でも適用できる原理原則がわかっていれば、判断に迷うことも誤ることもないでしょうから。もちろんそれは一朝一夕に理解できるものではありません。ただ、1日30分だけでも原理原則を考え、それを使える形で残していく。その積み重ねは、将来大きな財産になるだろうと確信しています。


高城幸司

相手の立場を考えれば、コストを削減しようとする行動は健全なものです。相手の立場を察し、削減すべきコストがわかれば、それに合わせて商品のプランを変更すればいいわけです。


中本晃

私の高校時代は柔道漬けでした。教科書は柔道場に置きっぱなし。合宿のときは、柔道部の稽古が終わると、今度は近くの警察署の柔道場に行って稽古をつけてもらうなどして、何の疑念も持たずひたすら練習しました。練習量がすべてを決定するということは、私が携わってきた分析機器の研究開発の世界にも通じるものがあるように思います。


窪山哲雄

いまのような乾いたIT社会では、人はむしろ潤いを求めています。世の中のIT化が進めば進むほど、情緒的でアナログな人間関係が求められるようになっていくはずです。