名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

坂野尚子の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

坂野尚子のプロフィール

坂野尚子、ばんの・なおこ。日本の経営者、アナウンサー。「ノンストレス」社長。国際基督教大学心理学卒業後、フジテレビに入社。国内でアナウンサーとして活動したのち、特派員としてニューヨークに駐在。約7年間アナウンサーを務めたのちフジテレビを退社。コロンビア大学に留学しMBAを取得。外資系コンサルティング会社勤務を経て独立し、キャリアカウンセラーを務めた。その後、美容・健康分野に進出し、ザ・クイック(のちのノンストレス)を設立。ネイルクイック、ネイルパフェ、クイックシェイプなどの複数の事業を展開した。

坂野尚子の名言 一覧

経営者が倒れたら、会社は大変なことになりますから、ストレス・マネジメントは人一倍気を遣っています。


ストレスを上手くマネジメントするには、スキマ時間を有効に活用して、こまめにストレスを解消していくことが大切です。「まとめて時間をとって一気にストレス解消」なんてことは、なかなかできませんから。会社の周りを5~10分散歩してみる、でもいいんです。


リラックスしよう、仕事のことは考えないようにしようといくら思っても、つい考えてしまうことはよくありますよね。私自身は心自体をリラックスさせるというよりは、できるだけ五感に心地よい刺激を与えて、それによって心を癒すようにしています。


重要度の高い仕事から先にやるのは大変です。それに細かい仕事は、やらないとどんどん溜まっていき、重要な仕事に集中できなくなってしまいます。だから、ひと通り終わらせて、頭をスッキリさせてからとりかかった方がいいように思います。


毎朝出社したら、メールの返信といった「考えられる間もなく終わらせられる仕事」から片づけます。朝は早い方なので、部下が出社するころにはひととおり片付いています。こうすると、気分よく一日をスタートできますし、部下の仕事の効率も上がるので、一石二鳥です。


自分が元気になれる人に会うための時間は、どんなに忙しくても最優先で確保するようにしています。


昔は人脈を広げなきゃと思って、いろいろな交流会に参加して名刺をやたらと配っていました。でも、そうやって意味のない名刺交換をしても、あとにつながっていかない。それよりも仕事できちんと結果を出したほうが、結果的にはいい人脈ができるということに気づいてからは、無駄な交流会に時間を使わなくなりました。


たくさんのTODOを抱えてストレスを感じないように、いろいろと工夫しています。たとえば、手を抜いてもいいところは徹底的に手を抜く。家の掃除には自動掃除機『ルンバ』を使うことがよくありますし、人付き合いでもメリハリは大切にしています。


私は、どうも調子が出ないというとき、すぐにオフィスの周りを散歩します。そうして街の風景を眺めていると、「最近はこんな店が流行っているんだ」などと目からいろんな刺激が入ってきます。途中で思わず買い物をしてしまうこともありますけど(笑)。頭をいったんリセットすることができます。少なくとも、「あ~、何もいいアイデアが湧かない」なんて言いながら、パソコンの前にしがみついているよりはよっぽどいいですよ。


「やらなくても大きな問題にならない仕事」に関しては、リストの下の方にメモしておき、しばらく経ってもまだ残っている場合は、やらなくてもいいことなんだと割り切って削除し、在庫処分するようにしています。


「仕事のことを考えない時間」「頭の中を空っぽにする時間」を意識的に持つようにしています。経営者って、何もしないと、24時間ずっと仕事のことを考えてしまう人種なんです。でもそれではストレスが溜まる一方ですし、新しいアイデアも浮かびません。実際、私はお酒を飲んでいるときや寝ているときなど、仕事から完全に離れているときに仕事のいいアイデアが浮かぶことが多いんです。だから、枕元にもメモ用紙を置いています。


もっと積極的に人がやっていないことをやっていくという気持ちを持って欲しいですね。そうすれば事業も自然に大きくなっていくと思います。


女性の方の多くは、女性であることをハンディキャップに捉え、自分の言い訳の材料に使ってしまっているんですよね。ただ私の私の経験上、女性であることは何もハンディキャップになりませんでした。


女性の起業家は女性であることをうまく活用するべきだと思っています。女性のしなやかな部分やキメの細かさはもっと活用できるものだと思っています。


坂野尚子の経歴・略歴

坂野尚子、ばんの・なおこ。日本の経営者、アナウンサー。「ノンストレス」社長。国際基督教大学心理学卒業後、フジテレビに入社。国内でアナウンサーとして活動したのち、特派員としてニューヨークに駐在。約7年間アナウンサーを務めたのちフジテレビを退社。コロンビア大学に留学しMBAを取得。外資系コンサルティング会社勤務を経て独立し、キャリアカウンセラーを務めた。その後、美容・健康分野に進出し、ザ・クイック(のちのノンストレス)を設立。ネイルクイック、ネイルパフェ、クイックシェイプなどの複数の事業を展開した。

他の記事も読んでみる

山口真由

記憶を定着させる基本は繰り返しです。どんな情報でも7回以上読むことで、記憶が脳に自然に定着していきます。


戸塚隆将

ゴールドマン時代に驚いたことは、世界中の敏腕バンカーたちのメールレスポンスの速さ。時差があるにもかかわらず、私が夜中に質問メールを発信してから6時間以内、私が朝一番にメールを確認できるようなタイミングで返信されていました。


中村健一郎(経営者)

私は起業を決意するまで、夢を持つことができませんでした。夢や目標を持っている方のエネルギーはときに他を圧倒します。私自身、自分の夢を持った時から、自信のようなものを持てるようになりました。


出原洋三

抜本的に構造を変えることが必要なケースもあります。強烈な過当競争をやっている事業は、いつまでも改善を続けているだけでは難しいのです。


古森重隆

自分たちに向けられた期待に応えたいという思いは仕事を行う上で重要な原動力になる。


ジャック・ナトン

振り返ると、厳しい経営環境の国を任されることが多かったですね。ブルガリアで初めて現地法人の社長になった2か月後に、リーマンショックが起きました。トルコへの赴任も、製薬会社が薬価引き下げを迫られている厳しい時期でした。ロシア法人の社長に着任した時は、ルーブルが数週間のうちに対ドルで50%も急落したタイミングでした。だから現在、日本で高額の薬価に吹く逆風にも動じていません。


エマヌエル・スウェーデンボルグ

この世では、意思とは何か、愛とは何かということについてほとんどわかっていません。なぜかというと、人は理解することや自らの力によるかのように考えていくことはできても、愛することやその愛から出発して自ら欲することはできなくなっています。


武田國男

私のスタイルはどちらかと言ったら、恐怖政治なんです。「やらない者はさっさと去れ」と言う方ですから。このことは自分自身でよくわかっているから、クッションになってくれる相棒を探していたわけです。私のやりたいことを上手く翻訳して下へ伝えてくれる人を。
【覚書き|大改革を共に成し遂げた当時の副社長の長澤秀行氏について語った言葉】


堀場雅夫

日本企業を元気づけるには、60歳以上の人をみんな会社から外してしまえばいいんです。そうすれば1年以内に平均株価は倍になりますよ。あらゆる執行部門のトップは体力、知力、経験の面で40代が一番いいですね。社長は還暦が限界ですよ。私自身は53歳で社長を譲りました。


盛田昭夫

製造業やハイテク企業を、ビジネスだけでなくテクノロジーも熟知した人材が率いていかなくてはならない。


小笹芳央

量を誇る速読・多読の人は、ほとんどの場合、お金と時間をドブに捨てている。なぜなら、彼らはアウトプットを意識していないから。私もインプット偏重の多読派だったのですが、30歳を目前にして気がついたのです。「あれだけ本を読んでいるのに、自分の頭の中に何も残っていないじゃないか」と。


宮川一朗太

短い人生だから、とにかく笑っていよう。人生の窮地でも、笑顔を忘れなければなんとかなるもの。