名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

坂野尚子の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

坂野尚子のプロフィール

坂野尚子、ばんの・なおこ。日本の経営者、アナウンサー。「ノンストレス」社長。国際基督教大学心理学卒業後、フジテレビに入社。国内でアナウンサーとして活動したのち、特派員としてニューヨークに駐在。約7年間アナウンサーを務めたのちフジテレビを退社。コロンビア大学に留学しMBAを取得。外資系コンサルティング会社勤務を経て独立し、キャリアカウンセラーを務めた。その後、美容・健康分野に進出し、ザ・クイック(のちのノンストレス)を設立。ネイルクイック、ネイルパフェ、クイックシェイプなどの複数の事業を展開した。

坂野尚子の名言 一覧

経営者が倒れたら、会社は大変なことになりますから、ストレス・マネジメントは人一倍気を遣っています。


ストレスを上手くマネジメントするには、スキマ時間を有効に活用して、こまめにストレスを解消していくことが大切です。「まとめて時間をとって一気にストレス解消」なんてことは、なかなかできませんから。会社の周りを5~10分散歩してみる、でもいいんです。


リラックスしよう、仕事のことは考えないようにしようといくら思っても、つい考えてしまうことはよくありますよね。私自身は心自体をリラックスさせるというよりは、できるだけ五感に心地よい刺激を与えて、それによって心を癒すようにしています。


重要度の高い仕事から先にやるのは大変です。それに細かい仕事は、やらないとどんどん溜まっていき、重要な仕事に集中できなくなってしまいます。だから、ひと通り終わらせて、頭をスッキリさせてからとりかかった方がいいように思います。


毎朝出社したら、メールの返信といった「考えられる間もなく終わらせられる仕事」から片づけます。朝は早い方なので、部下が出社するころにはひととおり片付いています。こうすると、気分よく一日をスタートできますし、部下の仕事の効率も上がるので、一石二鳥です。


自分が元気になれる人に会うための時間は、どんなに忙しくても最優先で確保するようにしています。


昔は人脈を広げなきゃと思って、いろいろな交流会に参加して名刺をやたらと配っていました。でも、そうやって意味のない名刺交換をしても、あとにつながっていかない。それよりも仕事できちんと結果を出したほうが、結果的にはいい人脈ができるということに気づいてからは、無駄な交流会に時間を使わなくなりました。


たくさんのTODOを抱えてストレスを感じないように、いろいろと工夫しています。たとえば、手を抜いてもいいところは徹底的に手を抜く。家の掃除には自動掃除機『ルンバ』を使うことがよくありますし、人付き合いでもメリハリは大切にしています。


私は、どうも調子が出ないというとき、すぐにオフィスの周りを散歩します。そうして街の風景を眺めていると、「最近はこんな店が流行っているんだ」などと目からいろんな刺激が入ってきます。途中で思わず買い物をしてしまうこともありますけど(笑)。頭をいったんリセットすることができます。少なくとも、「あ~、何もいいアイデアが湧かない」なんて言いながら、パソコンの前にしがみついているよりはよっぽどいいですよ。


「やらなくても大きな問題にならない仕事」に関しては、リストの下の方にメモしておき、しばらく経ってもまだ残っている場合は、やらなくてもいいことなんだと割り切って削除し、在庫処分するようにしています。


「仕事のことを考えない時間」「頭の中を空っぽにする時間」を意識的に持つようにしています。経営者って、何もしないと、24時間ずっと仕事のことを考えてしまう人種なんです。でもそれではストレスが溜まる一方ですし、新しいアイデアも浮かびません。実際、私はお酒を飲んでいるときや寝ているときなど、仕事から完全に離れているときに仕事のいいアイデアが浮かぶことが多いんです。だから、枕元にもメモ用紙を置いています。


もっと積極的に人がやっていないことをやっていくという気持ちを持って欲しいですね。そうすれば事業も自然に大きくなっていくと思います。


女性の方の多くは、女性であることをハンディキャップに捉え、自分の言い訳の材料に使ってしまっているんですよね。ただ私の私の経験上、女性であることは何もハンディキャップになりませんでした。


女性の起業家は女性であることをうまく活用するべきだと思っています。女性のしなやかな部分やキメの細かさはもっと活用できるものだと思っています。


坂野尚子の経歴・略歴

坂野尚子、ばんの・なおこ。日本の経営者、アナウンサー。「ノンストレス」社長。国際基督教大学心理学卒業後、フジテレビに入社。国内でアナウンサーとして活動したのち、特派員としてニューヨークに駐在。約7年間アナウンサーを務めたのちフジテレビを退社。コロンビア大学に留学しMBAを取得。外資系コンサルティング会社勤務を経て独立し、キャリアカウンセラーを務めた。その後、美容・健康分野に進出し、ザ・クイック(のちのノンストレス)を設立。ネイルクイック、ネイルパフェ、クイックシェイプなどの複数の事業を展開した。

他の記事も読んでみる

アリストテレス

希望とは、めざめている夢なり。


麦野豪

いろんな人に聞いたところ、リヤドロのイメージとして一番多かったのが「人形屋さん」という意見。そこを変えようというところから始まったんです。もう一度かつてのポジションを取り戻すためには、ヨーロピアン・ラグジュアリー・ポーセリン・アートを作る会社にしないといけないと考えました。アートを作る会社であれば、人形以外でも何でも作ることができます。イメージを変えるために、私ぐらいの世代の男性に受け入れられるブランドにすることが大事だなと思いました。人形屋のイメージを払拭し、世代ごとに商品をカテゴライズして、流通も全部変えました。


小寺圭

即戦力になる人材を見分けるコツのひとつは、強い領域、得意な領域を持っているかどうかが重要です。いわゆるゼネラリストはあまり評価できません。人は大方、会社に入ったときはゼネラリストですよね。しかし、3年、4年……と企業に身を置くなかで、徐々にそれぞれ自分の得意な分野をもつようになります。そうしたなかで、どれだけスペシャリストになれるかがとても重要で、これは大きな分かれ道になる。とりわけ30代は、いかにスペシャリストとしての自分を確立するかが問われます。


安部修仁

むろん時価総額は高いことに越したことはありませんが、短期的に株価を上げようとは思っていません。我々は長期的に株価を上げるとこに判断の軸を置いた経営を標榜するということです。もし、株主が短期的に株価を上げることを望むのであれば、僕らに経営をさせない方がいい。


ガー・レイノルズ

プレゼンの中身についてのアイデアを書き出すとき、質より量を重視します。クレイジーなアイデアが、素晴らしいアイデアに結びつく可能性もあるのです。


中村俊郎

26歳のとき、自宅前の納屋を改装し起業しました。中村ブレイスという看板をただ一人で掲げての夢多きスタートでした。スタート月の顧客は1人だけ。それでも縁あって入社してくれた若者たちの協力や成長もあって「カタツムリ」のような歩みでしたが、私たちの仕事は国内にとどまらず、海外へと広がっていきました。


岡本太郎

商業と経済は違うんですよ。商業は金儲けでいい。いや金儲けということだ。しかし経済は金儲けではない。人々を幸せにすることだ。このことを多くの人は知らない。


伊藤雅俊(イトーヨーカドー)

商売や経営について学ぶのは、歴史に教訓を求める気持ちを持ちつつ、本当に、実際に自分でやってみて経験しながら会得するしかありません。


アルフレッド・アドラー

過去の原因は解説になっても解決にはならないだろう。


茂木友三郎

米国に工場を作ったとき、米国人マネジャーや弁護士たちと人事制度を話し合った。結論としては終身雇用は無理だが、できるだけ長く働いてもらう安定雇用を基本方針とすることに決めた。就業規則では、業績が悪化すれば、レイオフの前に社員の賃金を一律カットすることを明記した。その上で募集したら、この方針が支持され予想以上に多くの応募者が集まった。転職しやすい米国でも、解雇されるのは誰だって嫌なものだ。実際、工場建設から40年以上経つが、一度もレイオフはしていない。


小宮一慶

企業では、若いうちは能力が最も重視されます。また最初は、誰がついていくべき優れた上司なのか、見分けるのが難しいと思います。自分のことを思って厳しいことを言ってくれているのか、無能な上司から嫌みを言われているのか、正しく判断できないケースも多いでしょう。ですので、若いうちは自分の能力を磨くことに集中して、同時に人を見る目を養うことです。


田村潤

私が高知で身につけた現場主義は、その後、四国を統括する本部長や名古屋を擁する東海地区の本部長を任された時にも通用した。「ローカルで本質をつかんだらグローバルでも通用する」という言葉があるように、私の仕事の基本はすべて高知で身につけました。