名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

坂野尚子の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

坂野尚子のプロフィール

坂野尚子、ばんの・なおこ。日本の経営者、アナウンサー。「ノンストレス」社長。国際基督教大学心理学卒業後、フジテレビに入社。国内でアナウンサーとして活動したのち、特派員としてニューヨークに駐在。約7年間アナウンサーを務めたのちフジテレビを退社。コロンビア大学に留学しMBAを取得。外資系コンサルティング会社勤務を経て独立し、キャリアカウンセラーを務めた。その後、美容・健康分野に進出し、ザ・クイック(のちのノンストレス)を設立。ネイルクイック、ネイルパフェ、クイックシェイプなどの複数の事業を展開した。

坂野尚子の名言 一覧

経営者が倒れたら、会社は大変なことになりますから、ストレス・マネジメントは人一倍気を遣っています。


ストレスを上手くマネジメントするには、スキマ時間を有効に活用して、こまめにストレスを解消していくことが大切です。「まとめて時間をとって一気にストレス解消」なんてことは、なかなかできませんから。会社の周りを5~10分散歩してみる、でもいいんです。


リラックスしよう、仕事のことは考えないようにしようといくら思っても、つい考えてしまうことはよくありますよね。私自身は心自体をリラックスさせるというよりは、できるだけ五感に心地よい刺激を与えて、それによって心を癒すようにしています。


重要度の高い仕事から先にやるのは大変です。それに細かい仕事は、やらないとどんどん溜まっていき、重要な仕事に集中できなくなってしまいます。だから、ひと通り終わらせて、頭をスッキリさせてからとりかかった方がいいように思います。


毎朝出社したら、メールの返信といった「考えられる間もなく終わらせられる仕事」から片づけます。朝は早い方なので、部下が出社するころにはひととおり片付いています。こうすると、気分よく一日をスタートできますし、部下の仕事の効率も上がるので、一石二鳥です。


自分が元気になれる人に会うための時間は、どんなに忙しくても最優先で確保するようにしています。


昔は人脈を広げなきゃと思って、いろいろな交流会に参加して名刺をやたらと配っていました。でも、そうやって意味のない名刺交換をしても、あとにつながっていかない。それよりも仕事できちんと結果を出したほうが、結果的にはいい人脈ができるということに気づいてからは、無駄な交流会に時間を使わなくなりました。


たくさんのTODOを抱えてストレスを感じないように、いろいろと工夫しています。たとえば、手を抜いてもいいところは徹底的に手を抜く。家の掃除には自動掃除機『ルンバ』を使うことがよくありますし、人付き合いでもメリハリは大切にしています。


私は、どうも調子が出ないというとき、すぐにオフィスの周りを散歩します。そうして街の風景を眺めていると、「最近はこんな店が流行っているんだ」などと目からいろんな刺激が入ってきます。途中で思わず買い物をしてしまうこともありますけど(笑)。頭をいったんリセットすることができます。少なくとも、「あ~、何もいいアイデアが湧かない」なんて言いながら、パソコンの前にしがみついているよりはよっぽどいいですよ。


「やらなくても大きな問題にならない仕事」に関しては、リストの下の方にメモしておき、しばらく経ってもまだ残っている場合は、やらなくてもいいことなんだと割り切って削除し、在庫処分するようにしています。


「仕事のことを考えない時間」「頭の中を空っぽにする時間」を意識的に持つようにしています。経営者って、何もしないと、24時間ずっと仕事のことを考えてしまう人種なんです。でもそれではストレスが溜まる一方ですし、新しいアイデアも浮かびません。実際、私はお酒を飲んでいるときや寝ているときなど、仕事から完全に離れているときに仕事のいいアイデアが浮かぶことが多いんです。だから、枕元にもメモ用紙を置いています。


もっと積極的に人がやっていないことをやっていくという気持ちを持って欲しいですね。そうすれば事業も自然に大きくなっていくと思います。


女性の方の多くは、女性であることをハンディキャップに捉え、自分の言い訳の材料に使ってしまっているんですよね。ただ私の私の経験上、女性であることは何もハンディキャップになりませんでした。


女性の起業家は女性であることをうまく活用するべきだと思っています。女性のしなやかな部分やキメの細かさはもっと活用できるものだと思っています。


坂野尚子の経歴・略歴

坂野尚子、ばんの・なおこ。日本の経営者、アナウンサー。「ノンストレス」社長。国際基督教大学心理学卒業後、フジテレビに入社。国内でアナウンサーとして活動したのち、特派員としてニューヨークに駐在。約7年間アナウンサーを務めたのちフジテレビを退社。コロンビア大学に留学しMBAを取得。外資系コンサルティング会社勤務を経て独立し、キャリアカウンセラーを務めた。その後、美容・健康分野に進出し、ザ・クイック(のちのノンストレス)を設立。ネイルクイック、ネイルパフェ、クイックシェイプなどの複数の事業を展開した。

他の記事も読んでみる

仲暁子

数値目標を設定する際には少々注意が必要です。「資料請求の申し込み数で月500人を達成する」など、ゴールとする数字を決めると、進むべき方向性がチーム内で共有されて、仕事はやりやすくなります。ただし、ここで陥りがちなのが「その数字だけを追うようになる」というトラップ。数値目標の先に企業理念や、自分たちが成し遂げたいことがあるはずなのに、いつの間にか数字を追うこと自体が目的になる。数は達成したけどその質が悪い、長期的に負債になるものを飲み込んで数値目標を達成してしまっている――といった状況、ありがちではないでしょうか。


坂本孝

失敗を恐れずに挑戦できる人は、失敗のなかに成功の要因があることを知っている人です。こういう人は、転んでもただでは起きません。起き上がるまでに周りの石を少なくとも3つくらいはつかみ、そのなかから本物の宝を見つけることができる。つまり、失敗から学ぶことができるということです。


山下徹

満足されたお客様から信頼を得ることで、リピートだけでなくクチコミで新しいお客様も増えます。しかし、いったんお客様の信頼を失うと、回復するのは非常に難しいのです。


金子和斗志

厨房にかぎらず、営業、衣裳、また間接部門も、当社の幹部は同様の経営マインドを持ち、それが組織に浸透してきました。したがって今、部門間で利害が対立するというような状況は、ほぼ起こりえなくなっています。このことが社内の風通しをよくし、アイデアや意見を出しやすい雰囲気を醸成していると思います。


仮屋薗聡一

融資にはふつう担保を取りますが、ベンチャー投資に担保はありません。投資先が事業に成功することが唯一の資金回収条件です。担保というモノではなく、人への信頼が大きなウエイトを占めるのがベンチャー企業への投資です。ですから投資にあたっては、ビジネスモデルの優位性、市場、経営陣の能力といったポイントを厳しくチェックします。年間数社の投資先を選ぶために、事業プランの検討だけでも数百社を見ているのです。


高田明(ジャパネットたかた)

ひとつの商品を一日限りで徹底的に売る「チャレンジデー」という企画は、私は反対でしたが、ぜひやりたいという担当者の熱意でOKを出しました。結果は大成功。逆に私自身が、過去の経験に囚われていたのだと反省するとともに、嬉しくもありましたね。


村瀬治男

カナダ子会社時代、現地マネジャーからファイルを持たない仕事の仕方を学びました。顧客から問い合わせのファックスが入ったとき、仕事が滞ると書類がたまり、仕分けのファイルが必要になります。仕分け時間もロスになります。問い合わせをすべてその日のうちに処理すれば、ファイルは不要です。「ファイルは持っていても記念にもならない。時間がたまるだけ」とよく言われました。


高畑充希

私自身は、運命の出会いみたいなものを信じたい気持ちはありますけど、ビビッときた直感が違ったのかも、ということも経験としてありますし、お別れするときもう二度とこんな素敵な人に出会えないかもと泣いても、案外そうでもなかったりすることってあるじゃないですか(笑)。だから、運命は誰かと出会うことではなくて、出会った人と自分をフィットさせていくことでつくりあげていくことなんじゃとないかな思ったりします。


角和夫

いい沿線づくりは商業施設だけをつくったり、分譲マンションだけを大量につくっても実現できません。学校に来ていただき、芸術・文化施設に来ていただく。そのために、我々も土地を提供していく。そうした発想が必要になります。我々はここ100年の歴史の中で、こうした沿線づくりを積み重ねてきました。


安本隆晴

意思のある者には人が集まります。まずは「この指とまれ!」と自らの手を大きく掲げる必要があります。


松方弘樹

重要なのは、好きなこと、ときめくことを探っていくこと。それは趣味だけじゃなく、仕事もね。人間、自分の職業にときめかなかったら、長続きしませんから。


南原竜樹

お金を掛けるべきところに掛けてしっかりと積み上げた結果、豪華な雰囲気をつくり上げているので、人気が出て当たり前なんです。かたや、ウチのオフィスは事務所の机は貰いものだし、自分の洋服代も年間2万円くらい。商売にならないことには、びた一文使いません。