名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

坂詰真二の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

坂詰真二のプロフィール

坂詰真二、さかづめ・しんじ。日本のスポーツトレーナー。新潟県出身。横浜市立大学文理学部卒業後、「ピープル(のちのコナミスポーツ&ライフ)」、「スポーツプログラムス」などを経て独立。著書に『やってはいけないストレッチ』『痩せる!筋トレ』ほか。

坂詰真二の名言 一覧

疲れは溜まれば溜まるほど、回復しにくくなる。


同じ姿勢を長時間続けることで起こる静的疲労は、20分のウォーキングとストレッチ、そして良質な睡眠によって十分に解消できます。


誰しも、仕事中は目先の効率だけを優先しがちです。しかし、それでは疲れはどんどん溜まり、かえって仕邪の効率が低下します。こまめな疲れのリセットをしましょう。


疲労物質は、溜めれば溜めるほど、取り除きにくくなります。「疲れた」と感じてからストレッチをするようでは遅いのです。むしろ、疲れが蓄積する前に、リセットしましょう。たとえば、一つの作業を50分行なったら、10分の休憩を取り、ストレッチを行なうなどです。


同じ姿勢を長時間続けることで起こる「静的疲労」。多くの現代人に当てはまるのは静的疲労です。静的疲労は、血流が滞ることで引き起こされます。姿勢を維持する際、筋肉が、弱い力ですが同じ長さで収縮し続けます。すると、筋肉の間を通る血管が圧迫されてしまうのです。筋肉の疲労を感じさせる原因の一つが、エネルギー源のブドウ糖を分解するときに生まれる老廃物・乳酸です。スポーツや歩行のように筋肉が伸び縮みする場合は筋肉のポンプが機能して血流が促され、乳酸を筋肉から排出してくれます。ですから、デスクワークで生じる静的疲労を取るには、筋肉を伸び縮みさせてあげるのが効果的です。


坂詰真二の経歴・略歴

坂詰真二、さかづめ・しんじ。日本のスポーツトレーナー。新潟県出身。横浜市立大学文理学部卒業後、「ピープル(のちのコナミスポーツ&ライフ)」、「スポーツプログラムス」などを経て独立。著書に『やってはいけないストレッチ』『痩せる!筋トレ』ほか。

他の記事も読んでみる

高田明(ジャパネットたかた)

商品は生き物だと思うようにしています。デジタルカメラは画素数だけを言っても仕方がありません。「お母さん、撮影したお子さんの写真を1年に1回大きく引き伸ばして渡してあげてください」と話すのです。その商品が持つ目的を、お客様に明確に伝えなければなりません。


坂根正弘

真因を考える際に役立つのは「ベンチマーク」の存在です。私たちには幸い、ベンチマークとなる企業がありました。それは世界最大の建機メーカー・米国キャタピラー社です。彼らの営業利益率は常に約6%と高い状況でした。この差はどこから生まれるのか、という問いを出発点に、分析をスタートさせました。


横山信弘

ブレストはアイデアを発散するために必要だが、半年に1回で十分。頻繁にブレストをやりたがるのは、1回ごとのアイデア出しが中途半端な証拠です。どうせブレストをするのならば、1泊2日の合宿を開くぐらいの気持ちで、じっくりと徹底的に時間を取りましょう。場所は日常を離れてリラックスした環境の中でアイデアが出やすいように、ホテルや旅館などを設定すると良いと思います。また、ファシリテーターは外部のプロにお願いすべき。ファシリテーターが上司だと、誰も意見を言えず、結局上司の独演会になりかねません。


田口弘

大企業で今の体制を否定するようなことを始めるのは簡単ではありません。大企業は社内で新しいことを始めるのではなく、積極的にベンチャーを支援して事業が軌道に乗ったところで買収するなりしてさらに発展させれば良いのではないかと思います。


小山昇

最近は決算書を読むのがブームになっていますが、若手社員が無理をして財務諸表を理解する必要はありません。もちろん、読めるに越したことはありませんが、その勉強に時間を割く余裕があるのなら、自分の仕事の数字を徹底的に読み込んだ方がいい。私は経理経験があったので、若いときから財務諸表の知識がありましたが、本当の意味でバランスシートを意識して読むようになったのは、部長になってからです。


大橋光夫

子どもに長所や短所があるのは当たり前です。短所を責めるのではなく、できること、良いところを伸ばしていく。そうすれば、一人ひとりの能力を発揮し、社会で活躍できる場面がたくさん出てくる。


松田雅也

鮮魚流通という歴史のある業界に新規参入した我々が急成長できたのは、それだけこの業界に問題が多かったからでもあります。


吉田たかよし

段取り力を伸ばす訓練は仕事のフローチャートを作ること。段取りが苦手な人は、順番と内容をごちゃ混ぜにしている。まずは順番を考え、一個一個の中身は後で考えるクセをつけましょう。


富野由悠季

好きだというだけの理由で仕事を選ぶのは、かなり危険だと思います。好きなだけで就いた仕事は、その仕事を獲得した時点で満足を得てしまいますから、そこで働くことになってもそれ以上の努力はしません。その結果、人生的にはマイナスに作用してしまった人というのを僕は何十人も知っています。好きな職業に就いても幸せになるとは限らない。どんな仕事や境遇にも負けない素養をいまのうちに身につけよう。


越智通勝

慎重をモットーにするような人は、見込みがある。頻繁な転職を喜ぶのは斡旋会社だけだ。その点を包み隠さず、正直に伝えたからこそ、多くの支持を頂けたのだと思う。


和田秀樹

最近はナンバーワンより、オンリーワンがもてはやされる傾向がありますね。でも、私には努力をしない言い訳に聞こえることがあります。要するに、上位を目指すことで、競争して自分を高めるのではなく、現状の自分を無条件で認めてほしい。そんな甘えた気持ちも感じるのです。


丹羽宇一郎

自分に負けないよう、欲望に負けないよう、心の鍛錬をすることが重要。