名言DB

9412 人 / 110637 名言

坂詰真二の名言

twitter Facebook はてブ

坂詰真二のプロフィール

坂詰真二、さかづめ・しんじ。日本のスポーツトレーナー。新潟県出身。横浜市立大学文理学部卒業後、「ピープル(のちのコナミスポーツ&ライフ)」、「スポーツプログラムス」などを経て独立。著書に『やってはいけないストレッチ』『痩せる!筋トレ』ほか。

坂詰真二の名言 一覧

疲れは溜まれば溜まるほど、回復しにくくなる。


同じ姿勢を長時間続けることで起こる静的疲労は、20分のウォーキングとストレッチ、そして良質な睡眠によって十分に解消できます。


誰しも、仕事中は目先の効率だけを優先しがちです。しかし、それでは疲れはどんどん溜まり、かえって仕邪の効率が低下します。こまめな疲れのリセットをしましょう。


疲労物質は、溜めれば溜めるほど、取り除きにくくなります。「疲れた」と感じてからストレッチをするようでは遅いのです。むしろ、疲れが蓄積する前に、リセットしましょう。たとえば、一つの作業を50分行なったら、10分の休憩を取り、ストレッチを行なうなどです。


同じ姿勢を長時間続けることで起こる「静的疲労」。多くの現代人に当てはまるのは静的疲労です。静的疲労は、血流が滞ることで引き起こされます。姿勢を維持する際、筋肉が、弱い力ですが同じ長さで収縮し続けます。すると、筋肉の間を通る血管が圧迫されてしまうのです。筋肉の疲労を感じさせる原因の一つが、エネルギー源のブドウ糖を分解するときに生まれる老廃物・乳酸です。スポーツや歩行のように筋肉が伸び縮みする場合は筋肉のポンプが機能して血流が促され、乳酸を筋肉から排出してくれます。ですから、デスクワークで生じる静的疲労を取るには、筋肉を伸び縮みさせてあげるのが効果的です。


坂詰真二の経歴・略歴

坂詰真二、さかづめ・しんじ。日本のスポーツトレーナー。新潟県出身。横浜市立大学文理学部卒業後、「ピープル(のちのコナミスポーツ&ライフ)」、「スポーツプログラムス」などを経て独立。著書に『やってはいけないストレッチ』『痩せる!筋トレ』ほか。

他の記事も読んでみる

平塚常次郎

世の中は刻々と変化し、個人の力でどうすることもできない場合もある。だが、どんなに変化する世の中でも、自分から落後してはだめだ。


潮田健次郎

会社の業績が上がれば営業トップもそこで働く人間も自然に風格がてくる。不思議なことだがこれは事実だ。仕事が人を作るんです。


畑村洋太郎

自分の持っている知識やノウハウを文章化して後進に伝えたのに、結果的に何も伝わっていないことがあります。どうしてこのようなことが起きるのか。それを説明するには、まずものごとが「わかる」仕組みを紐解く必要があります。相手が「わかる」状態になるには、まず要素を過不足なく伝える必要があります。たとえば知識を構成する要素が5つあるなら、きちんと5つ伝える。そして構造を伝えます。部品だけでなく、設計図を一緒に伝えるのです。


荻原浩

39歳の時に小説を書きはじめたんですが、一度、断念してるんです。コピーライターという短距離専門のランナーが、いきなりマラソンを走ったようなもんですから。長いものを書くのがこんなに大変だとは思っていませんでした。翌年、なんとか原稿用紙で100枚書いたところで、「公募ガイド」という雑誌を見て。ノンジャンルの長編で一番締め切りの近かった「小説すばる新人賞」に応募することに決め、事務所に泊まり込んで書き上げたんです。だから受賞が決まり、『オロロ畑でつかまえて』が本になったときは嬉しかったですよ。事務所の応接間に飾って、客に自慢しようって(笑)。


伊坂幸太郎

たしかに僕は「いやー、これはわかんないですね」というのをよく書きますね(笑)。「わからない」という言葉ばかり出てくる。僕の場合、長編小説は自分のためのカウンセリングみたいなところがあるから「自分は今こういうことに関心があるんだ、わからないんだ」というのが出てくるんだと思います。


村田昭治

一丸となって組織の機動力を発揮するには、トップが深い勉強をしていなければ社員はついてこない。上の人間は下から実によく見られているものだ。


宇佐美進典

次世代ベンチャーに伍していくには、スピード感が非常に大切になります。しかし当社の場合、事業規模が大きくなるにつれ、社内で調整という言葉がはびこり、スピードが削れつつありました。そういった背景から、この会社を徐々に事業開発会社という形に変えていきました。「事業をどんどん作っていくことが事業内容」だという考え方です。


エリック・シュミット

グーグルは常に変革を求めている。


村上憲郎

チームプレーを重視しているグーグルでは、採用の最終段階でスタッフ全員の同意が必要となります。そのときに行なうのが「エアポート・テスト」と呼ばれるものです。突然予定していた飛行機が飛ばなくなり、空港で翌朝いちばんの飛行機を待たなければならなくなったとき、一緒にひと晩過ごせるかという基準で相手をみます。ひと言でいえば、「人柄のいい人」になるのかもしれません。「目の輝きがある人」とたとえる会社もあるでしょう。この人となら一緒にいられると思わせてくれる人は、たいてい入社してからも期待どおりにやってくれます。それはそうですよ、朝まで一緒にいてもこちらを不快にさせないというのは、その人が、未来に対して前向きで、サービス精神に溢れているということですから。


嶋浩一郎

私はプレゼンで、相手の顔色をみて、反応によってシナリオを変えながらしゃべります。その場の雰囲気で、「この人には、こっちのアプローチのほうがいいのかもしれない」と判断して、想定しておいたいくつかのパターンのなかから、ふさわしいものを選ぶのです。


下村朱美

仕事の楽しさに気付いていない人がいたら、それを気付かせてあげることも大切。


正垣泰彦

産地契約の農家の方々とは、ほかよりいい条件でやっているはずです。高く買わないと、農家の方も真剣にいいものをつくってくれないんですよ。逆にきちんとした値段で買うと、農家の人達はもっと安くできる方法はないかと考えてくれるんです。これが本当のカイゼンなのです。サイゼリヤも農家の方々も、皆が良くならないと意味がない。


大見知靖

今や中堅・中小企業もメディアを持てる時代になりました。自らメディアを持ち情報を発信できることは、企業にとって大きなメリットです。しかし、経営者のほとんどがマーケティングやテクノロジーをあまり理解せずに、SNSを使っているという理由だけで若手社員にウェブでの情報発信を任せています。その結果、若手社員も仕事となると何を発信していいのか分からず、せっかくのメディアを生かせていないのが現状です。当社は、ソーシャルメディア、オウンドメディア、マスメディアの3つのメディアをビジネスのためのマーケティングツールとして利用できるように「企業のメディア化」として体系化。クライアント自らが自社メディアを活用し、集客と売り上げを上げるスキルを身に付ける研修を行い、ブランディングとマーケティングの仕組みづくりをお手伝いしています。


永江朗

相手の本音を読むには、まず相手の目をよく見ること、全身が発しているメッセージを受け止めること。それには「私が相手だったら、どう考えるだろう」と想像しながら話すこと。そして何より、あなた自身が正直で誠実であること。


上阪徹

取材ノートは平積みで置き、3~4か月過ぎれば捨てます。ライターはアウトプットの原稿がすべて。どんなに使い込んでもノートに思い入れを持ちません。