坂詰真二の名言

坂詰真二のプロフィール

坂詰真二、さかづめ・しんじ。日本のスポーツトレーナー。新潟県出身。横浜市立大学文理学部卒業後、「ピープル(のちのコナミスポーツ&ライフ)」、「スポーツプログラムス」などを経て独立。著書に『やってはいけないストレッチ』『痩せる!筋トレ』ほか。

坂詰真二の名言 一覧

疲れは溜まれば溜まるほど、回復しにくくなる。


同じ姿勢を長時間続けることで起こる静的疲労は、20分のウォーキングとストレッチ、そして良質な睡眠によって十分に解消できます。


誰しも、仕事中は目先の効率だけを優先しがちです。しかし、それでは疲れはどんどん溜まり、かえって仕邪の効率が低下します。こまめな疲れのリセットをしましょう。


疲労物質は、溜めれば溜めるほど、取り除きにくくなります。「疲れた」と感じてからストレッチをするようでは遅いのです。むしろ、疲れが蓄積する前に、リセットしましょう。たとえば、一つの作業を50分行なったら、10分の休憩を取り、ストレッチを行なうなどです。


同じ姿勢を長時間続けることで起こる「静的疲労」。多くの現代人に当てはまるのは静的疲労です。静的疲労は、血流が滞ることで引き起こされます。姿勢を維持する際、筋肉が、弱い力ですが同じ長さで収縮し続けます。すると、筋肉の間を通る血管が圧迫されてしまうのです。筋肉の疲労を感じさせる原因の一つが、エネルギー源のブドウ糖を分解するときに生まれる老廃物・乳酸です。スポーツや歩行のように筋肉が伸び縮みする場合は筋肉のポンプが機能して血流が促され、乳酸を筋肉から排出してくれます。ですから、デスクワークで生じる静的疲労を取るには、筋肉を伸び縮みさせてあげるのが効果的です。


坂詰真二の経歴・略歴

坂詰真二、さかづめ・しんじ。日本のスポーツトレーナー。新潟県出身。横浜市立大学文理学部卒業後、「ピープル(のちのコナミスポーツ&ライフ)」、「スポーツプログラムス」などを経て独立。著書に『やってはいけないストレッチ』『痩せる!筋トレ』ほか。

他の記事も読んでみる

深谷純子

ビジネスコーチングの世界では、ルーティンな作業でモチベーションを保つという手法はよく使われます。「手をグーにして頭より上に上げてエイエイエイと3回言う」「チョコレートなど、とっておきの好物を用意しておき、行き詰まったときに1粒食べて考える」といったことも有効。


福本伸行

アシスタントは1年半でクビになったんです。僕はとにかく遅くて下手だった。そこで、かざま(鋭二)先生に呼びだされ「他の道がいいよ」と。けれど、それほど落ち込みはしなかった。「これで自分の作品を描く時間ができた!」、と思ったから。すぐ家賃9千円ほどの安アパートに引っ越し、生活費は新聞配達のバイトで稼ぐようになった。なぜ新聞配達を選んだかといえば「時間」ですよ。早朝、新聞を配ってしまえば、たっぷりマンガを描く時間に使える。


ムーギー・キム(金武貴)

社会の生産性向上のための規制緩和や既得権益にメスを入れるために必要なのは、既得権益と結びついたメディアの報道に安易に騙されず、その情報が誰によって流されていて、情報源の人の利益は何なのかを考える、メディアリテラシーの高い市民の存在だ。問題意識を持ち、既得権益層の息がかかったメディアの情報の裏を読み解くメディアリテラシーを高めよう。


平野耕太郎

お客様にとっては機械が納入され、稼働してからがビジネスのスタートなので、私たちもそこを起点としてお客様との接点を「点」から「面」に広げ、満足度を高めていくことが必要不可欠です。その体制づくりの一環として、主に鉱山設備・機械の部品・サービス事業を行う「Bradken社」とサービスソリューションを提供する「H-E Parts社」をグループ会社に加え、機械のライフサイクルをトータルにサポートできるようにしました。


新川義弘

自分のことを覚えてくれているのは、誰でも嬉しいものです。お客様との距離はぐっと縮まり、それがほかの会話にもつながっていきます。


藤井美保代

最近、ニーズの高い研修のテーマは「事務ミス」に関するものですね。いくら企業努力を重ねても、ミスをすれば会社の信用失墜など取り返しのつかない事態につながる場合もありますから。


大久保幸夫

日々変化する環境のなかで自分自身を成長させていくためには、机に向かって勉強するよりも、普段の仕事経験から学び、その学びを仕事に活かしていくことが求められます。


岡藤正広

社員の士気を上げるためには、トップが闘争心を燃やさないといけない。同じ話をしても、燃えているときとそうでないときは情熱の伝わり方が違う。


島田和幸(経営者)

大学卒業後にダイエーに入社し8年間、創業者の中内功さんの下で秘書を務めました。ワンマン経営者のイメージが強い中内さんですが、それとは違う一面もありました。人の話を聞く姿勢です。多忙を極める雲の上の怖い人でしたが、私が報告や相談をしに行った時に、忙しいという理由で突っぱねられたことは一度もありません。


荻原博子

インフレに対応するのに慌てる必要はありません。インフレが起きると金利や給料が上がり、物価も上昇します。金融商品を解約し、預け替えしなくてはならなくなるかもしれません。でも、それはインフレが起きてから対応しても十分間に合います。何百億円ものお金を動かしているプロなら、1日対応が遅れると数億円の損になるかもしれませんが、一般家庭では、損といってもそれほどの額にはならないでしょう。


似鳥昭雄

何が向いているのか、長所を探さないで終わってしまう人がほとんど。自分は駄目なんだと劣等感をもって一生が終わってしまう。これではいけない、挑戦が大事。


島井哲志

「タバコ部屋のコミュニケーションが仕事に役立つ」という方もいますが、それは「部署を超えた交流」がそこで可能だから。そもそも、そのような重要な役目を、一時的に機能しているからとタバコ部屋に任せていたのがおかしいので、企業としてはそのような人材交流の企画はもっと正規に実施すべきでしょう。


辻秀一

どんなにスキルを磨いても、プレッシャーに負けてその実力を発揮できなければ、意味はありません。つまり、ハイパフォーマンスを生み出すためには、「どんな心の状態」で行なうかがより重要。


松井忠三

私は西友時代、経理部の役員が「経理部では一人前になるまで10年かかる」と言うのを聞いて、危機感を覚えました。確かに昔は経理というと特殊任務で、育てるのには時間がかかるため、外部から採用していました。ところが、そうした人々が一斉に退職したことがあり、決算もできなくるくらい追いつめられたのです。さすがに懲りて、社内で一番優秀な社員を経理部に異動させ、一から業務を練り直しました。


江口寿史

僕はギャグを描きたくて漫画家になったので、絵は下手でもいいと思っていました。ただの記号だと捉えていたんです。日本の大衆漫画に連綿と続く漫画特有のお約束的表現、そういったものを迷いもなく真似していました。ところが、大友(克洋)さんの絵は、実際のモノを観察して、構造を理解して描いている。そんな描き方は初めて知りました。線の描き方や画面の切り取り方のセンスも素晴らしい。「僕も力のある絵を描かないとダメだ」と危機感を持ちました。


ページの先頭へ