名言DB

9412 人 / 110637 名言

坂田道信の名言

twitter Facebook はてブ

坂田道信のプロフィール

坂田道信、さかた・みちのぶ。「ハガキ道」実践者。広島県出身。高校卒業後、農夫、大工見習いなどを経験したのち「複写ハガキ」に出会う。貧しい生活を送りながらも感謝のハガキを書き続け、「複写ハガキを書くことは道である」と悟り「ハガキ道」を創始。複写ハガキの普及に尽力した。

坂田道信の名言 一覧

そもそも「儲けよう」という考えが自己中心的であり、私は間違っていると思います。商売とは「相手を喜ばせること」であり、多くの人々を豊かに幸せにしていくことで、その「お布施」として結果的に儲かるようになるのです。


名刺を交換した人には、基本的にハガキを出すようにしています。ビジネスマンの方々はよくお分かりでしょうが、名刺を交換しただけで人脈はつくれません。名刺をいただいたら、できるだけ早くハガキを送り、心が通った交流関係をつくっていくのです。


ハガキを書くうえで最も大事なのは、「上手に書こうとしない」ことです。頭がいい人は上手に書こうとしますが、これは自己顕示欲の表れでもあり、自己中心的な考え方だといえます。ただ相手のことを思い、下手でもいいから心を込めて書くのです。私は学問も教養もないので、そもそも上手に書けないのですが、それがかえって幸いしていると思います。


安売りの商売は感心しません。どこかで苦しんでいる人がいるからです。生産者も、売る人も、買う人も、すべてが潤う世界をつくらなければ、いずれ行き詰まるときが訪れるでしょう。どちらか一方が儲けようとする関係ではなく、人と人とが支援し合う世界をつくっていきたいものです。


私はただひたすらハガキを書き続けました。やがて「ハガキを書くことは道である」と自覚するようになります。なんの取り柄もない私のような者でも、ハガキを書くことによって心が成長し、友人が増え、人を喜ばせることができると気づいたのです。


坂田道信の経歴・略歴

坂田道信、さかた・みちのぶ。「ハガキ道」実践者。広島県出身。高校卒業後、農夫、大工見習いなどを経験したのち「複写ハガキ」に出会う。貧しい生活を送りながらも感謝のハガキを書き続け、「複写ハガキを書くことは道である」と悟り「ハガキ道」を創始。複写ハガキの普及に尽力した。

他の記事も読んでみる

冨安徳久

人を喜ばせようとすることは、自分の喜びに繋がる。


柳川範之

会社に居場所がなくなってから慌ててその後のキャリアについて考えるのでは遅い。忙しく仕事をしているうちにこそ、その後のキャリアについて準備をしておかなければなりません。


陰山英男

英語を聴く力はすぐに伸びます。もちろん、意味がわかるためには語彙が必要になるのは前提条件ですが、技術論としては、一見難しそうで簡単だったのは聴き取ることでした。一番難しいのは話すことですね。これはなぜかというと、日本語と英語では語順が違うから。単語を知っていても英語を話せないのは、語順の問題なんですよね。ただ、英語の語順というのは大事な順に並べればいいだけなので、とても合理的なんです。慣れてくるとすらすら出てくるようになります。


加藤昌治

斬新なアイデアを次々と出す人などほぼいない。一発ですごいアイデアを出すのは、一握りの天才だけ。普通の人は、アイデアを20~30個出したうち、面白いアイデアが1つか2つあれば、上出来でしょう。ですから、「斬新なアイデアがすぐ出てこない」と思い悩む必要はまったくありません。平凡でも、つまらなくても良いので、とにかくたくさんのアイデアを出すことです。


中村雅行(経営者)

数年前からアメリカなどの企業では、「well-being」が重視されるようになりました。日本語に訳すと「人々が精神的にも身体的にも心地よい状態」といったニュアンスでしょうか。そんなオフィス環境が実現すれば、生産性も高まる。


小山薫堂

「人を喜ばせる」といっても、何をすれば人が喜ぶのかは人によって異なります。自分が「これがいいんじゃないか」と思っていることと、相手が求めているものがピタリと一致すれば素晴らしいですが、ずれるということも往々にして起こります。ですから、なるべくその人の好みや価値観を把握して、それに合わせる努力は必要です。ただし、人によっては、この「ずれ」そのものを面白がってくれる場合もあります。そういう人にはあえて好みに合わせるのではなく、その人が予期しないような、こちらが面白いと思うものに徹してやってみるということも考えられます。企画もサービスも、一人ひとりの相手次第というところがあるわけです。


原田泳幸

新たに獲得した顧客をどう維持し、その顧客満足度からどう利益を生んでいくかを考える。メニューや価格などの商品政策はポートフォリオ(全体の構成・組み合わせ)で考える必要があるということになります。驚かすことで新たな顧客を誘引する商品もあれば、マーケティングコストゼロで利益を生む商品もある。この組み合わせの結果、メニュー全体でマージン(利益)を生み出す構造を目指します。


田村潤

ミスが出ないようにすることこそプロの責務。ミスの根底には大抵、お客のことを考えていないというプロとしてあるまじき姿勢がある。


森川亮

人の行動を見る方がいい。行動は嘘をつきませんから。例えば仕事を頼んだ後、その人が席に戻って、何をするのかじっと観察します。すぐに動かなかったら、仕事に興味がないとわかる。


ショーペンハウエル

障害と闘って勝つことが人間を幸福にする。


徳重徹

エリートほど、新しいことをするときに失敗を恐れる人が多いのですが、失敗しても良いのです。失敗しても学ぶことは多く、経験値となることがほとんどです。また、挫折感や屈辱感が、飛躍するためのエネルギーにもなります。


大澤成行

いまは社員が育ち、その結果、会社が大きくなっていくことが、本当に楽しみに思えます。ゆくゆくは成長した部下たちに関連会社の社長になってもらい、グループ全体を成長させてもらいたい。それが私の夢です。


久米豊(経営者)

私にボートが与えた影響は非常に大きい。ボート競技にはスターがおらず、また、いてはいけない。一人だけ、オールを強く引いてはボートがまっすぐ進みませんし、タイミングと力がぴたりと合わないとダメ。


滝久雄

モラルのある価値観と能力なくして、ITを利用したビジネスをする資格はないと覚悟すべきだ。


滝沢修

欠点や短所はそのうまくできない理由や根源が、実はみな自分の人間そのものの中にひそんでいる。