名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

坂田道信の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

坂田道信のプロフィール

坂田道信、さかた・みちのぶ。「ハガキ道」実践者。広島県出身。高校卒業後、農夫、大工見習いなどを経験したのち「複写ハガキ」に出会う。貧しい生活を送りながらも感謝のハガキを書き続け、「複写ハガキを書くことは道である」と悟り「ハガキ道」を創始。複写ハガキの普及に尽力した。

坂田道信の名言 一覧

そもそも「儲けよう」という考えが自己中心的であり、私は間違っていると思います。商売とは「相手を喜ばせること」であり、多くの人々を豊かに幸せにしていくことで、その「お布施」として結果的に儲かるようになるのです。


名刺を交換した人には、基本的にハガキを出すようにしています。ビジネスマンの方々はよくお分かりでしょうが、名刺を交換しただけで人脈はつくれません。名刺をいただいたら、できるだけ早くハガキを送り、心が通った交流関係をつくっていくのです。


ハガキを書くうえで最も大事なのは、「上手に書こうとしない」ことです。頭がいい人は上手に書こうとしますが、これは自己顕示欲の表れでもあり、自己中心的な考え方だといえます。ただ相手のことを思い、下手でもいいから心を込めて書くのです。私は学問も教養もないので、そもそも上手に書けないのですが、それがかえって幸いしていると思います。


安売りの商売は感心しません。どこかで苦しんでいる人がいるからです。生産者も、売る人も、買う人も、すべてが潤う世界をつくらなければ、いずれ行き詰まるときが訪れるでしょう。どちらか一方が儲けようとする関係ではなく、人と人とが支援し合う世界をつくっていきたいものです。


私はただひたすらハガキを書き続けました。やがて「ハガキを書くことは道である」と自覚するようになります。なんの取り柄もない私のような者でも、ハガキを書くことによって心が成長し、友人が増え、人を喜ばせることができると気づいたのです。


坂田道信の経歴・略歴

坂田道信、さかた・みちのぶ。「ハガキ道」実践者。広島県出身。高校卒業後、農夫、大工見習いなどを経験したのち「複写ハガキ」に出会う。貧しい生活を送りながらも感謝のハガキを書き続け、「複写ハガキを書くことは道である」と悟り「ハガキ道」を創始。複写ハガキの普及に尽力した。

他の記事も読んでみる

天坊昭彦

大家族主義を貫くためには、採用のときに人材を厳選することがなにより大切です。少数精鋭主義を標傍する出光は、将来余剰になるような人材は最初から採りません。家族はお互いのあいだに信頼関係が崩れたらおしまいです。ですから、信じられる人しか採用しないのです。そして採用したからには、子供として愛情を注ぐだけでなく、徹底的に鍛えて自立させるのです。


糸井重里

お客さんにたくさんの仕事をさせた商品ほどよく売れる。例えば、大雨の中、僕はある演劇を観に行きました。傘を差してもズボンの裾が濡れてしまって不快に思いながら、何百人ものお客さんが傘を手に会場へ向かう光景を見た時、ここまでお客さんに仕事をさせるこの演劇の力は素直にすごいなと感心したんです。お金を支払う側に仕事をさせてしまう商品力、それは一体何なのかと。


原田泳幸

「マクドナルドらしさ」から逸れない範囲であれば、どんどん新しいことにチャレンジしろと社員たちに伝えています。イノベーションは自己否定から始まると思っていますので。


佐藤琢磨

環境を変えて成功するか否かは、結局は自分次第。F1での実績があるとはいえ、インディカーに移ってすぐ成功するようなそんな甘い世界ではないと自覚していたからこそ、中途半端なモチベーションなら挑戦しない方がいいと思いました。しっかりと準備して、態勢を組んで挑戦することが結果につながる。自分がワクワクしないと、車も人の心も思い通りに動かせませんから。


伊集院静

人間は、生きれば生きるほど失うものが多い。もしかすると、生まれた時点から失うべく生きていくのかもしれない。私たちは、人生が悲しみで満たされているということを学ぶべきなのだろう。しかし、人はその悲しさを和らげるために、家族や仲間をつくる。


大澤孝征

犯罪者に対し「たとえ同じ人間でも到底理解できない」というのは、一般の認識としてはそれが普通です。でも検事の使命は、犯行の事実と背景を明らかにすること。そのために重要なのは、相手の話を聞くときに自分の価値判断を差し挟まないことです。こちらが感情的になって「こいつは絶対に許せない」などとその場で相手を裁いたら、相手にそれが伝わって、本当のことは言わなくなります。でも、こちらが「自分の中にも相手と似た部分があるはずだ」という前提に立てば、相手は「この人は自分を受け入れてくれた」と感じて、真実を話そうとします。


今村久美

設立当初は、何をやるにも手探りの状態でした。スタッフの数も少なく、全員で話し合いを繰り返しながら、カタリバというNPOが何をすべきかを考え、共有していくことができました。


岩本哲夫

自分で独立すれば、良くも悪くも全てが自分の責任。


鎌田富久

社内ベンチャーの力を引き出すために必要なことは主に3つあります。まず、経営陣のコミットメント。そもそも上層部がそうした活動を認めている必要があります。2つ目は、既存の組織とは異なる特別なルール。権限委譲し、責任を持たせる仕組みです。既存のルールに縛られていては、スピードが無くなってしまいますからね。そして3つ目は、社員の本気度。本当に起業家として事業を立ち上げようと思っているのか、その心意気が大切です。この3つが揃えば、社内で起業したい人が思いきり挑戦できると思います。


山崎将志

「じゃあ、みんなで話すか」が口ぐせの人は、問題解決力がないと考えたほうがいい。本当は自分が決めなければいけないことを決められないから、みんなで決めて、何かあったときの保険をかけているだけである。このタイプの人がよく口にする「みんなで考えたほうが、アイデアが出るから」という言葉は裏を返せば、「自分にアイデアがないからメンバーに出してもらいたい」という意味である。


澤田貴司

パートナーたち(自社やコンサルティング先の社員たち)に一番求めていることが、現場の問題に向き合うことだ。どんな会社でも、人間関係、売掛金の回収、在庫の処分などの問題を抱えているもの。しかし、人間は弱いもので、そうした問題に蓋をし、ときには問題の原因を他人のせいにして保身を図ろうと自己中心の考え方に走ることもある。問題から逃げていたのでは、組織の体質は悪化し、結果としてビジネスはシュリンク(委縮)していくばかりだ。


北条重時

すべてにわたって良い点ばかりの者はいない。たとえひとつでも良いところがあれば、それでよしとし、人を選ぶに際し、あまり不平をいってはならぬ。自分の気だてについて考えてみても、自分で良いと思うときもあれば、悪いと思うときもある。人の心がどうしてそのまま自分の心にぴったりと当てはまることがあるだろうか。