名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

坂田道信の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

坂田道信のプロフィール

坂田道信、さかた・みちのぶ。「ハガキ道」実践者。広島県出身。高校卒業後、農夫、大工見習いなどを経験したのち「複写ハガキ」に出会う。貧しい生活を送りながらも感謝のハガキを書き続け、「複写ハガキを書くことは道である」と悟り「ハガキ道」を創始。複写ハガキの普及に尽力した。

坂田道信の名言 一覧

そもそも「儲けよう」という考えが自己中心的であり、私は間違っていると思います。商売とは「相手を喜ばせること」であり、多くの人々を豊かに幸せにしていくことで、その「お布施」として結果的に儲かるようになるのです。


名刺を交換した人には、基本的にハガキを出すようにしています。ビジネスマンの方々はよくお分かりでしょうが、名刺を交換しただけで人脈はつくれません。名刺をいただいたら、できるだけ早くハガキを送り、心が通った交流関係をつくっていくのです。


ハガキを書くうえで最も大事なのは、「上手に書こうとしない」ことです。頭がいい人は上手に書こうとしますが、これは自己顕示欲の表れでもあり、自己中心的な考え方だといえます。ただ相手のことを思い、下手でもいいから心を込めて書くのです。私は学問も教養もないので、そもそも上手に書けないのですが、それがかえって幸いしていると思います。


安売りの商売は感心しません。どこかで苦しんでいる人がいるからです。生産者も、売る人も、買う人も、すべてが潤う世界をつくらなければ、いずれ行き詰まるときが訪れるでしょう。どちらか一方が儲けようとする関係ではなく、人と人とが支援し合う世界をつくっていきたいものです。


私はただひたすらハガキを書き続けました。やがて「ハガキを書くことは道である」と自覚するようになります。なんの取り柄もない私のような者でも、ハガキを書くことによって心が成長し、友人が増え、人を喜ばせることができると気づいたのです。


坂田道信の経歴・略歴

坂田道信、さかた・みちのぶ。「ハガキ道」実践者。広島県出身。高校卒業後、農夫、大工見習いなどを経験したのち「複写ハガキ」に出会う。貧しい生活を送りながらも感謝のハガキを書き続け、「複写ハガキを書くことは道である」と悟り「ハガキ道」を創始。複写ハガキの普及に尽力した。

他の記事も読んでみる

戸塚隆将

若手の頃から中長期的な目標を持っていたこともプラスに働いていると思います。「留学したい」「起業したい」という数年単位での目標が常にあったので、目の前の仕事がその方向性と一致していれば、どんなに困難なことでも迷いなく挑戦することができました。


宮内義彦

「総論賛成」の声をもっと大きくしていくこと。規制改革の全体像を話すと、みなさん基本的に賛成です。経済界でも、経団連や経済同友会は全面的にサポートしてくれました。ただ各論になると反対が出てくる。ですから、「個別に反対している人はおかしいのではないか」という雰囲気が出てくるくらいに、総論を盛り上げていくことが大事。


藤井孝一

一日を細かく見ていくと、午前中以外にも集中できる時間帯は見つかるはずです。自分は午前より深夜の方が能率が上がるという人は頭脳労働を夜に持ってくる方が、むしろ理にかなっているといえます。要するに、生産性を上げようと思うなら、自分が集中できる時間帯を知って、重要な仕事はそこでやるようにすることです。


白石達

リーダーはPDCA(計画、実行、評価、改善)サイクルを回していくことができるかどうかです。動きながら考え、必要に応じて修正していくということ。


小笹芳央

不満ばかり言っていても事態は何も変わらない。逆に自分の関与の仕方次第で、状況は変わってくる。


小路明善

相談にはフェイス・トゥー・フェイスでじっくり時間をかけますが、報告と連絡に関しては、やりとりの回数を増やしたほうが中身の質は確実に高まるので、やはりスピード重視を心がけています。たとえば経営会議にかける前の資料のチェックなどは、社内イントラネットの共有フォルダにデータをアップし、メールで簡単に「ご確認お願いします」とだけ知らせてもらうようにしています。あとは私が勝手に資料を確認し、修正ポイントを指示していきます。いちいちメールに資料を添付し、そのつどメールの文面を練ってやり取りするよりも格段にスピードが上がりました。


的場浩司

とことん追究するという姿勢は、スイーツでも同じ。その結果、ありがたいことにこんな本(著書『的場スイーツ』シリーズ)まで出せて、さらにセブンイレブンさんから「一緒にスイーツをつくりましょう」と声もかけてもらえた。


馬場芳彦

当社は60年以上の歴史があります。露出計の分野では世界で8割ものシェアを持つなど優れた製品もあります。ところが、これが悪いほうに働いていた。歴史があるのは良いのですが、全社の意識は低く、市場やお客さまの変化に対応しようという意欲に欠けていました。高いシェアに安住し、実際には利益がほとんどないにもかかわらず、その対策を打っていませんでした。


涌井良幸

我々は大きな数値に直面すると、その数のスケールがすぐには実感できないことがある。こういうときは、身近でわかりやすいものと比較したり換算するとよい。


島村琢哉

強引な手法には社内外から反発がありましたが、失敗したら会社を辞める覚悟で臨んだことで、改革をやり遂げられたのだと思います。


中原淳

もともと仕事は面白いものでも、つまらないものでもないのかもしれません。ですが、一度きりの人生を充実したものにするためにも、楽しむことを諦めず、時折、自分の仕事の意味を見つめ直してみてはいかがでしょうか。


阿部俊則

リーマンショック後の2010年1月期は赤字決算になるなど、相当、つらい思いをしました。しかし、それをきっかけに構造改革を行い、相当筋肉質な経営体質に変えることができたのは収穫でした。