名言DB

9413 人 / 110706 名言

坂田直樹の名言

twitter Facebook はてブ

坂田直樹のプロフィール

坂田直樹、さかた・なおき。日本のマーケッター。「Blabo(ブラボ)」CEO(最高経営責任者)。ユニリーバ・ジャパン マーケティング部門を経て独立。共創プラットフォーム「Blabo!」を運営。

坂田直樹の名言 一覧

体験の引き出しは、多ければ多いほどいい。「あの時に近いかな」と引き寄せて考えることができる。


会社の業務に関することなら、そもそも創業者が目指していたのは何かといった視点から考えてみるといい。


坂田直樹の経歴・略歴

坂田直樹、さかた・なおき。日本のマーケッター。「Blabo(ブラボ)」CEO(最高経営責任者)。ユニリーバ・ジャパン マーケティング部門を経て独立。共創プラットフォーム「Blabo!」を運営。

他の記事も読んでみる

宮台真司

かっての教育は暗記全盛だった。追いつき追い越せの後発近代化国だったからだ。帝国大学出身の父も論語やルター訳聖書を諳(そら)んじていた。私もそうした教育を受けた。麻布中学に入るや「数学は暗記物、お前らが考えるなんて10年早い」と教員に怒鳴られた。暗記で引き出しを増やさなければ思考しても意味がないという考え方を叩き込まれた。学問の基本は武道や演奏と同じだ。基本動作を反復訓練して「自動機械」のように動けるようにすること。


是枝裕和

三作目の『DISTANCE』でも、テレビのやり方に近づけるために現場で働く人数をギリギリまで減らして、テレビ的な横の連携で映画をつくってみたんです。たとえば録音の人も音だけを聞きながら「このセリフのニュアンスは違うんじゃないか」などと演出と脚本にも意見を言ってくれる。担当のセクションを越えて意見が言い合える環境が理想的だと思っています。


菅井敏之

毎月新しい金の卵を産むニワトリを持っている人は、預金などで純資産を持っている人より幸せです。銀行員時代、お金があるのに旅行もせず、ボロボロの家に住み、質素な暮らしをするシニアの顧客を大勢見てきました。たとえ1億円預金があっても、それを切り崩しながら老後を乗り切らなくてはいけないと思うと、人は不安でお金を使うことができないのです。逆に、預金は1000万円程度しかなくても、毎月新しいお金が入ってくる仕組みがあると、安心して使うことができます。


下村敦史

これまで数多く読んできた脚本の書き方や作り方というジャンルの書物に影響を受けているかもしれない。小説だと、真ん中辺りで何も起こらなくても、作品によっては許されるけど、映像作品は、観客の心を少しでも離すことは許されない。そういう意味で、脚本の持つシビアさみたいなものは、とても参考になりました。そして登場人物が何も変化せずに終わるのはストーリーとして意一味がない、ということも。


畑中好彦

CEO(最高経営責任者)の仕事は次の世代に何を残すかを毎日考えること。後継者の育成も大事でしょうが、事業やパイプライン(開発候補品)など新しく何かを始めるなら代わりに何をやめるべきかというトレードオフを日々考えていますね。経営会議で新しい提案が上がるたびに必ず「それでは代わりに何をやめる?」と尋ねます。


春日俊彰

どんな仕事でも、自分が自信を持てるものを一つ用意しておく。髪を七・三に分けて、胸を張って歩くのも、最初はウケなかったですよ。でも、自分で面白いと自信があったから、やっていてキツくはなかったです。


貴志祐介

(毎回トリックを考えるのは)もちろん苦労はありますよ。何と言っても焼き畑農業のようなものですから(笑)。とはいえ、書いていて楽しいのも事実です。多少は犯行の動機や犯人の人物像を掘り下げる部分もあるのですが、メインはやっぱりトリックです。トリックは出尽くしたと言われている昨今において、いかに新しいことをやっていくか。そこにチャレンジしています。


寺嶋隆介

多様な人たちと交わることで心とことばが育っていく。


豊島逸夫

日経新聞の記事は300万部以上の読者に読まれる。つまり市場に影響を与える材料としては新鮮味がない。日経が書いてから売買に動いても遅い。


宮内義彦

物言う株主にはネガティブな見方も少なくありません。ただ、株主が経営改善や内部留保の還元を指摘するのは当然のこと。そのプレッシャーから逃げてはいけないのでしょう。日本は会社にプレッシャーをかける仕組みが少なすぎると思います。


宮沢俊哉

働く動機は、最初から大層なものである必要はありません。食べていくためでもいい、彼女といい店でデートするためでもいい。「青年よ、大志を抱け」とは私は言いません。現在のような、夢を持ちづらい時代にはなおさらです。身近で、ときに俗っぽい願いのほうがよほどやる気につながるでしょう。


岸見一郎

ぜひ「嫌われる勇気」を持ってほしい。なにも「嫌われなさい」といいたいわけではなく、「嫌われることを恐れるな」とお伝えしたい。


奥山清行

モノをデザインするときに大切なのは、生活に必要だから買う「ニーズ」ではなく、人々が心から欲する「ウォンツ」を生み出すことです。


鳥原隆志

タスクの優先順位をしっかり判断し、その他の8割を捨てることができれば、時間的な余裕が生まれ、重要なタスクだけでなく、想定外のトラブルにも落ち着いて対処できるようになる。


冨田哲郎

海外展開の目的のひとつは、企業体質の転換です。鉄道会社は、とかく自前主義の傾向が強い。悪くいえば内向き。これでは自ら成長の限界をつくってしまう恐れもあります。オープンマインドな企業風土は、鉄道の未来の可能性を広げるために非常に大切です。そこで、その風土をつくるきっかけを事業のグローバル化に求めたい。成長市場の獲得とあわせ、一石二鳥を考えているわけです。