名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

坂田直樹の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

坂田直樹のプロフィール

坂田直樹、さかた・なおき。日本のマーケッター。「Blabo(ブラボ)」CEO(最高経営責任者)。ユニリーバ・ジャパン マーケティング部門を経て独立。共創プラットフォーム「Blabo!」を運営。

坂田直樹の名言 一覧

体験の引き出しは、多ければ多いほどいい。「あの時に近いかな」と引き寄せて考えることができる。


会社の業務に関することなら、そもそも創業者が目指していたのは何かといった視点から考えてみるといい。


坂田直樹の経歴・略歴

坂田直樹、さかた・なおき。日本のマーケッター。「Blabo(ブラボ)」CEO(最高経営責任者)。ユニリーバ・ジャパン マーケティング部門を経て独立。共創プラットフォーム「Blabo!」を運営。

他の記事も読んでみる

藤井孝一

仕事で結果を出し、評価されている人ほど、何のために働いているのかをきちんと自覚しています。人生の目的や目標がはっきりしないという人は、何にもましてそれを考える時間をねん出することです。人生設計図はそれをブレイクダウンして、具体的なスケジュールに落とし込まなければ効果は出ません。


江川達也

本来、学問の本質とは何か、あるいはなぜ日本は先の戦争を戦い、敗れたのかといった根源的なことを無視して、ひたすら無意味な暗記競争を強いているのがいまの教育です。つまり、順応力があって学生時代成績の良かった人ほど、考える力は限りなくゼロに近いんじゃないでしょうか。しかし何も考えなくても、なに不自由なく暮らしていける。それが、戦後の日本社会の特徴だと思います。


阿部寛

いま振り返ると、ただ単に仕事に恵まれていた最初のころは何も楽しくなかったんですよ。この世界にポンと飛び込んできて、あまり苦労せずに一瞬にして多くのものを手に入れてしまって。幸せなことですが、楽しさがわからなかった。でも、逆境に追い込まれたからこそ、仕事の大切さがわかり、自分の位置を客観的に見ることができるようになった。周囲からの評価や自分の実力も含めて、ありのままの自分を認めることができたあのときが、僕の本当のスタートだったような気がします。
【覚書き|20代後半で仕事がなくなって深く考えた時期を振り返っての発言】


鈴木喬(経営者)

会議で話し合っていては、他社の売れ筋商品をマネたような、無難な名前にしかなりません。いくら画期的な商品を開発しても、ネーミングがありきたりであれば、斬新さは伝わりません。ネーミングは鋭い感性を持つ人に独断で決めさせるべきです。


黒田如水(黒田官兵衛)

上司の弱点を指摘してはならない。


安藤徳隆

ブランドのライフサイクルの観点から見れば、かなり危ない時期に来ている。
【覚え書き|自社の商品に対する発言】


小宮一慶

上手くいっていない会社のトップは数字に弱いのはもちろん、数字を大雑把に、適当にしか把握していないから、桁が違っていても気づきません。把握しているといっても、自分の都合のいいように解釈しているだけという場合が多いのです。数字の桁を間違えるのは仕事の出来ないビジネスマンにも共通しています。これは学歴とは関係ありません。


渡辺久信

とにかく、何をやるにしても、これまでの固定観念に縛られることなく、いいと思ったことは「なんでもやってみよう」というのが、昨年の西武の姿勢だったんです。「失うものはなにもないんだから」って。


林修

運にすがる受験生は多いのですが、運が良くて受かるヤツはいるけど、運が悪くて落ちるヤツはいない。運を引き寄せたかったら、まずは実力をつけろ。


オグ・マンディーノ

誰であれ人に会ったら「夜中12時にはこの世を去る」そんなつもりになって、いままでとは違った態度で接する。それは極めて簡単である上に、それと引き換えに人生が永久に変わるのです。ぜひ試してください。


土井定包

幹部にとって必要なのは、単に能力だけでなく、部下から信頼されること。部下に信頼のない幹部は幹部として失格。ではどうすれば信頼が得られるのか。常に部下が働きやすいよう心がけることです。


ケリー・グリーソン

リストに優先順位を決めてしまうと、リストに上げた一つ一つに手が回らなくなることが多すぎる。「あまり重要でないこと」は、「もっと急ぎのこと」の登場で棚上げされてしまう。しまいに「あまり重要でないこと」は、棚の上で腐りはじめる。腐臭が漂うころには、それは最も優先すべき事柄になっている。