坂田直樹の名言

坂田直樹のプロフィール

坂田直樹、さかた・なおき。日本のマーケッター。「Blabo(ブラボ)」CEO(最高経営責任者)。ユニリーバ・ジャパン マーケティング部門を経て独立。共創プラットフォーム「Blabo!」を運営。

坂田直樹の名言 一覧

体験の引き出しは、多ければ多いほどいい。「あの時に近いかな」と引き寄せて考えることができる。


会社の業務に関することなら、そもそも創業者が目指していたのは何かといった視点から考えてみるといい。


坂田直樹の経歴・略歴

坂田直樹、さかた・なおき。日本のマーケッター。「Blabo(ブラボ)」CEO(最高経営責任者)。ユニリーバ・ジャパン マーケティング部門を経て独立。共創プラットフォーム「Blabo!」を運営。

他の記事も読んでみる

山崎将志

一番いい目標設定は、日々の仕事に関するゴールを設定することだと思います。身近でかつ具体的なゴールを設定することで、初めて何をすればいいかが明確になります。努力がいまの仕事の成果に直接つながるので、モチベーションも保ちやすいというわけです。


佐藤可士和

僕は仕事を進めるうえで、奇策のようなことは必要ないと思っています。思考の過程も同じ。誰でもやっていることを、当たり前のようにやる。ただし、どんなに小さな作業も面倒くさがって飛ばしたり、手を抜いたりしない。とにかく徹底的に、緻密にやる。


久田康弘

売り上げよりも、日常生活で当たり前に見る光景を作り出すことが大切。案件が社会的なインパクトを持っていれば自然と認知度が上がっていく。対外的な戦略を積極的に打つより、着実にプロジェクトを進めたい。


成毛眞

ビジネスにとって最も大事な「変化すること」を忘れてしまうということは問題です。とくに、成長している業界においては、仕事を進めるうえで一番大事なのが、世の中や市場の変化に応じて、自分自身の考えを素早く変えていくということです。


中山善郎

会社が大きくなるほど、誰かが手抜きをしても分からなくなる。しかし、手抜きはいずれ必ず悪影響が出る。【覚書き:上記発言はコスモ石油発足5年目に語った言葉。コスモ石油は大協石油と丸善石油の合併で誕生した】


小室淑恵

ロスを防ぐためには、仕事に手を付ける前の朝一番に、その日の仕事の進め方を上司と部下が話し合って、すり合わせておく必要があります。それにより優先順位もはっきりするのです。


榎本博明

若い世代は「親しみやすい人」には心を開きやすいので、日頃から気遣ってくれたり、自分の話をきちんと聞いてくれる上司なら尊敬し、指示にも素直に従うようになります。


和地孝

「人に優しく、仕事に厳しく」が私の方針です。


大東隆行

店長が汗をかいていないのに、「お前ら何とかしろ!」と頭ごなしに怒鳴っても、下の人間は絶対に動きません。まず店長自らが率先して汗をかくこと。上の人間の熱い気持ちが、下の人間の心に火をつけるんです。実際「この店長のために頑張ろう」となると、その店は強いですね。


永山治

国内同士の提携が普通の日本のやり方だと思うし、そういう打診を受けたことも実はあります。ただ、当時の中外のバイオだけでは世界の競争には勝ち続けられない。組むならバイオも化学合成も強い会社ですが、なかなか日本にはなかったんですね。


奥山清行

言葉が正確でなければ仕事ができないなんてことはないんです。ヨーロッパは多言語社会ですから、ミーティングでも3つや4つのギン語が出てくるのは当たり前。でもおそらくみんな、ちゃんと理解してはいないと思います。言葉なんてその程度のものだと考えています。100%は通じないというのが前提なんです。日本人同士の会話だって、相手の言うことを本当にきちんと理解できているかといえば、はなはだ怪しいものではないですか。


今井繁之

部下の答えが80点であっても、やらせてみる思い切りが必要です。自分たちで出したアイデアの方が、チームは盛り上がり、良い結果を出せることが多いからです。


川田修(ライフプランナー)

ちょっとした工夫に感心してくれる人は100人中2人程度です。でも、続けていくうちに輪が広がって、お客様数が爆発的に増えました。これを僕は信頼の複利と呼んでいます。


西川美和

不登校の子だけが孤独というわけではないと思うんですよね。集団生活になじみ、楽しく生きている中にも、みんなそれぞれに複雑なものを抱えている。別に家で折檻されているとかではなくても、貧困や暴力にさらされていなくても、いろんなふうに感じるのが人なので。そこに寄り添うことが、映画であったり文学であったり、ということだと思うんです。


佐々木かをり

「何で私に返ってこないの」と考えると、イライラが募ります。見返りはなくとも、全力でやっていれば、その姿は誰かが見ていてくれるものです。


ページの先頭へ