名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

坂田生子の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

坂田生子のプロフィール

坂田生子、さかた・いくこ。日本の経営者。「松下運輸」「トランスフォーマー」社長。東京都出身。獨協大学卒業後、松下運輸に入社。常務などを経て社長に就任。

坂田生子の名言 一覧

「今日も1日笑顔と感謝で!」と毎朝発信しております。


企業の大小はありますが、経営者の基本は一緒で、怒りのエネルギーを原動力にして、超ポジティブに止まらずに生きていると感じます。


運送業や物流業界だけでは、どうしても見方が偏ってしまいます。異業種交流会に参加することで、様々なことを勉強させていただきました。


私の父がよく言っていた「和合して栄え、相克して滅ぶ」という言葉を、これからも大切にしていきたい。


男性と女性の違いで気を付けていることは、女性がいる時は、全員一緒にお話をして情報を共有することです。そうしないと「私は間いていなかったわ」とか「私は嫌われているのかしら」など、余計なことを考えてしまい、後でトラブルの原因になるからです。ですから、女性の場合は、できる限り集めて、一度に情報共有するのが良いのかなと思っています。


坂田生子の経歴・略歴

坂田生子、さかた・いくこ。日本の経営者。「松下運輸」「トランスフォーマー」社長。東京都出身。獨協大学卒業後、松下運輸に入社。常務などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

長谷川健太

サッカー選手が一番悩むのは、ケガをしたときと引退を考えるときです。ですから故障を抱えている選手の悩みを聞いてアドバイスをしたり、引退を考えている選手の相談に乗ったりするようにしています。


水野学

若いころは流行を追いかけることによってセンスが更新されていきますが、年を重ねると、それまでに培ってきたセンスをもとにものごとを判断するようになっていきます。その曲がり角はだいたい20代半ばなのではないでしょうか。ですから僕自身は、自分の着たいものではなく、いま流行っているものを意識して着るようにしています。食にしても、インテリアにしても同じです。自分が食べたいものよりも、話題になっているお店にいくことを優先するようにしています。


孫正義

負債の絶対額は基本的に問題ではなくて、償却前の営業利益に対して何倍まで借り入れるかが一番大事と思っています。


三枝匡

経営人材とは、熱き心と戦略性、そして「自分で取りに行く」積極性を持っている者をいいます。熱き心とは、事業に対する想いや社員を率いる情熱です。いわゆるリーダーシップですね。もう一つは、戦略性・論理性を持っていることです。ビジネスプランを構築する考え方やフレームワークを使いこなし、顧客のニーズや同業他社との差別化を意識し、自社の事業のストーリーをつくる能力です。ただこの二つだけでは足りません。「自分で取りに行く」積極性が必要です。これは「野心」、「高い志」と言い換えても良いでしょう。


武田双雲

本当は我慢していいことって一個もないと思うんです。「ノー」だったら、早く「ノー」と言ってくれよ、と。偽りのイエス、消極的なイエスが積み重なると、お互いに不幸せ。一番つらいのは、「ノー」と言い合えず、我慢して、一方が急に爆発してしまう状態ですよね。


遠藤功

ロジックを組み立てることは、必ずしも悪いことではありません。ただ、「ロジックが大切」「論理的に話すことが大事」ということばかりを意識して、相手のことをまるっきり考えず、自分のロジックを押しつけようとする人が多いように思います。たとえば、商品を欲していないお客様に対して、「他社製品と比べて、品質が格段によくて、価格もリーズナブル。だから、あなたはこれを買わなければ損」というロジックで、買わせようとする。自分にとっては正しいロジックかもしれませんが、相手からみたら自分勝手な屁理屈に過ぎません。にもかかわらず、理詰めでいいくるめようとする……。これでは相手の心を閉ざすだけ。聞き入れてもらえるはずがありません。


杉野正博

企業が発展し続けるには、多様な人材が活躍できる体制を確立することが必要不可欠です。


町田勝彦

98年、私は社長に就任しました。当時はパソコンの市況に左右されて、なかなか利益が安定しない液晶事業を何とかしなければいけない状況にあり、そのためには液晶テレビに使って、社内需要のウェイトを高くする必要がありました。韓国、台湾、中国の各社も勢いを増していましたし、半導体や液晶は本格的なグローバル競争に突入し、強い危機感を持ったのです。そんな中、例の宣言をしたのです。それは「2005年までに国内で売るすべてのテレビを液晶に置き換える」というものです。


望月広愛

従業員が楽しい気持ちで働いていると、お客様が何度も足を運んでくれるようになり、無料で私たちの宣伝マンになってどんどんお客様を連れてきてくれます。元気な従業員が接することで、お客様から「ありがとう」の言葉をもらいます。すると従業員はなお元気になって、たとえば5人分の仕事を4人でこなせるくらいにモチベーションが上がるわけです。売上が上がり、効率化するのですから、儲かります。それだけの話です。


妹尾堅一郎

ビジネスはアイデアを並べ立てるだけでは始まらない。次にそれらを商品開発や事業開発の企画まで持ち込む必要がある。そこへの第一歩として、アイデアをいかにビジネス企画会議のための資料として整理できるか、それが次の課題となる。


辻慎吾

未来の都市を支えていくのは人。「都市を育む」ということは、「都市を舞台に活躍する人々を育む」ということでもあります。ですからこの国の未来を担っていく子供たちを支援する活動には非常に力を入れています。


石原広一郎

農家の仕事は単調で、しかも重労働である。収穫期には早朝から深夜まで働き通しだった。土を相手の仕事には人間関係の煩わしさはないし、手掛けた作物の成長を日々見るのは楽しいものである。肉体的な苦労はあったが、自然の中で豊かな気分を養うことができた。
【覚書き|10代を通して家業の農業を手伝った経験について語った言葉】