名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

坂田生子の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

坂田生子のプロフィール

坂田生子、さかた・いくこ。日本の経営者。「松下運輸」「トランスフォーマー」社長。東京都出身。獨協大学卒業後、松下運輸に入社。常務などを経て社長に就任。

坂田生子の名言 一覧

「今日も1日笑顔と感謝で!」と毎朝発信しております。


企業の大小はありますが、経営者の基本は一緒で、怒りのエネルギーを原動力にして、超ポジティブに止まらずに生きていると感じます。


運送業や物流業界だけでは、どうしても見方が偏ってしまいます。異業種交流会に参加することで、様々なことを勉強させていただきました。


私の父がよく言っていた「和合して栄え、相克して滅ぶ」という言葉を、これからも大切にしていきたい。


男性と女性の違いで気を付けていることは、女性がいる時は、全員一緒にお話をして情報を共有することです。そうしないと「私は間いていなかったわ」とか「私は嫌われているのかしら」など、余計なことを考えてしまい、後でトラブルの原因になるからです。ですから、女性の場合は、できる限り集めて、一度に情報共有するのが良いのかなと思っています。


坂田生子の経歴・略歴

坂田生子、さかた・いくこ。日本の経営者。「松下運輸」「トランスフォーマー」社長。東京都出身。獨協大学卒業後、松下運輸に入社。常務などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

内田和成

ロスチャイルド家が英国金融界でのしあがったのは、ワーテルローの戦いでナポレオンが英蘭連合軍に敗れたニュースをいち早く知り、そのまま受け止めるのではなく、一段掘り下げもう一歩先の展開を考えたからです。連合軍の勝利を知った普通のイギリス人は、単に喜ぶだけでしょう。少し頭を働かせて英国債に飛びつくかもしれません。一方、ロスチャイルドはさらに考えを深め、イギリスが負けたという偽の知らせを流して英国債を暴落させてから買い占めました。善悪は別にして、考えを他の人より一歩進めたことで、巨万の富を築いたのです。


宮永俊一

私は迷信深くないが、神に祈るような気持ちだ。自分で判断したことが、少しでも正しい道であってほしい。今、自分がやっていることは100点満点ではないし、そんなにいい点数ではないのではないか。常にそう思いながら、経営をしている。


仲暁子

当初は、どんな分野の質問でもできるサービスを想定していましたが、「何を聞けばいいか分からない」という声が上がり、本や飲食店など、分野を狭めていく形で、最終的に「人に関する質問」に特化することに。それがさらに進化して、人を探している組織と仕事を探している個人をマッチングするウォンテッドリーを正式にリリースしました。


葛西紀明

何をやっても結果が出ないのは、自身の思考にとどまっているせいだ。であれば、柔軟な思考で、ゼロベースから新しいことにチャレンジするしかない。


小川善美

創業期には事業アイデアや営業力など、プレイングマネジャーみたいなところが必要なので、そういう資質のある人は、そのステージの会社に望ましいと言えるでしょう。また、ある程度会社も事業も形ができてきて、社員数も増えてくると、今度はその人間たちを組織としてマネージメントして動かしていくという、また別の資質も必要になってくると思います。


宮坂学

現在の収益は広告とコマースでほとんど説明できます。このいずれもが2ケタ成長する巨大な市場なので、新しいことをまったくやらなくても、この2つの事業が2ケタ成長を続けていけば、7年で2倍になるわけです。ただギリギリで達成するような目標だと余裕がない。だから成功の確度はわからなくても、金融事業とか、ゲームを作るとか、全然違う事業もやります。


遠藤周作

一人の人間にはその運命と人生とを決するようなときが生涯、一度は必ずあるものであり、それを乗り切った瞬間、彼の未来は全面的に変わるものだ。


渡邉美樹

将来どうありたいのかというビジョンをはっきりさせ、絵を描き、経営資源はどれだけあるかを明確に把握する。トップは、現場のマネジャーに対して「目指す方向性はこうです」「予算はこれだけです」「あなたにはこれだけの裁量を与えます」と宣言する。するとマネジャーは、それを踏まえて、最大のパフォーマンスを得るために、戦略を作りあげ、戦術に落とし込み、人をマネジメントして、実行していく。これはまさに経営であり、政治のあるべき姿です。


梅原一嘉

自分が楽しいと感じていないものは長続きはしないし、誰も共感も応援もしてもらえない。まずは自分が楽しむ。それから一緒に取り組む仲間も楽しく取り組めるように心がける。それが一番の近道。


藤巻幸夫(藤巻幸大)

落ち込むと、ヤケ酒を飲んでストレスを発散するという人もいるだろうけど、そんな酒が美味いはずがない。酒が飲みたければ、フジマキは仲間を誘って楽しく盛り上がる。こういったことを普段からやっているから、フジマキには落ち込むヒマなんかないんだ。


泉谷直木

これまでビールの営業は出荷数量、売上高にこだわり過ぎていたと思います。私もこの間、営業マンに同行して得意先の話を伺ってきましたが、すばらしいプレゼンをしてもらっているというお褒めの言葉をいただく一方で、課題も見えてきました。プレゼンの中身が全部「売上」をベースにしていたのです。そこで、ある得意先に「社長、本音では売上よりも粗利ベースの提案をして欲しいんじゃないですか?」と水を向けたら「いや、それはそうですよ」とおっしゃるわけです。もちろん売上も多い方がいいけれど、お得意様(小売店)のニーズはむしろ粗利のほうを向いている。営業には、そこを考えないといけないぞと説教しました。


木村隆行(アントレンド)

創業以来エンドユーザーから直接受注し自社内で開発するスタイルにこだわってきました。設立当初は苦労したものの、試行錯誤を繰り返しながら着実に小さな開発実績を重ねることで、徐々に規模の大きいフルスクラッチ案件の受注も増えてきました。