坂田生子の名言

坂田生子のプロフィール

坂田生子、さかた・いくこ。日本の経営者。「松下運輸」「トランスフォーマー」社長。東京都出身。獨協大学卒業後、松下運輸に入社。常務などを経て社長に就任。

坂田生子の名言 一覧

「今日も1日笑顔と感謝で!」と毎朝発信しております。


企業の大小はありますが、経営者の基本は一緒で、怒りのエネルギーを原動力にして、超ポジティブに止まらずに生きていると感じます。


運送業や物流業界だけでは、どうしても見方が偏ってしまいます。異業種交流会に参加することで、様々なことを勉強させていただきました。


私の父がよく言っていた「和合して栄え、相克して滅ぶ」という言葉を、これからも大切にしていきたい。


男性と女性の違いで気を付けていることは、女性がいる時は、全員一緒にお話をして情報を共有することです。そうしないと「私は間いていなかったわ」とか「私は嫌われているのかしら」など、余計なことを考えてしまい、後でトラブルの原因になるからです。ですから、女性の場合は、できる限り集めて、一度に情報共有するのが良いのかなと思っています。


坂田生子の経歴・略歴

坂田生子、さかた・いくこ。日本の経営者。「松下運輸」「トランスフォーマー」社長。東京都出身。獨協大学卒業後、松下運輸に入社。常務などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

伊藤真(弁護士)

思考することとは、他者を理解し、他者を尊重することでもある。


柳井正

海外でのパートナーを選ぶときのポイントは、やはり人格的に正しい人ですね、当然ですけど。ずっと付き合える人。そこから買うという考えではなく、一緒につくる、ということです。結婚と同じなんです。離婚しないような人を選ぶ。そういうことが大事ではないかと思います。


岡本太郎

自分を認めさせようとか、この社会の中で自分がどういう役割を果たせるんだろうとか、いろいろ状況を考えたり、成果を計算したり、そういうことで自分を貫こうとしても、無意味な袋小路に入ってしまう。


小飼弾

私は本の選び方にしても特別なノウハウを持っているわけではありません。良い本との出会いは人間同士の相性と同じで、自然と出会えるものです。


榎本博明

自分の内側からわいてくるものをじっくり醸成し、発酵させることができる内向型は、現状の問題を提起し、本当の議論ができて、反対意見を述べられる。そういう人が、これからの時代には必要になってくる。


オマル・エル=アッカド

自分にとって仕事のモチベーションとなるのは、第一に、ほかにやっている人がいないテーマに取り組むこと。第二に、自分では声を上げられない人々の声を世の中に伝えたいという気持ち。


成田靖也

多くの採用支援会社では「必要な人数を入社させること」がゴールですが、当社はその先の定着や活躍を見据えています。


勝俣恒久

幸いなことに東京電力には良き伝統はいまでも受け継がれています。何かの危機のとき、直接関わりのない人までが駆けつけてきます。みんなで乗り切り、頑張ろうという姿勢と、力を発揮する風土は健在です。この風土を残していくことは、社長としての大きな役割だと思います。


菅野誠二

プレゼンの相手が法人である場合、「お客様のお客様」を意識した提案がカギを握ります。


平岡昭良

当社がユーザーの利便性向上や社会の課題解決に貢献していくための触媒になることができれば、おのずと当社のビジネスチャンスも膨らむ。


鷲北修一郎

会社から与えられたノルマは重圧にしかなりません。ノルマを自分自身の目標として捉えられるようになれば、苦痛には感じないでしょう。自分の潜在能力を発揮させる手段としても、まずは明確な目標を立てることがその近道となります。


冨安徳久

人を喜ばせようとすることは、自分の喜びに繋がる。


池上浩一

プレゼンには大きなエネルギーが必要ですが、それは話し手が出すものではなく、聞き手からいただくものです。頷いたり、驚いたり、自分の話への手応えを感じると、大きなエネルギーになります。反対にあくびをする人が一人でもいるとエネルギーを奪われてしまう。その意味でも、最初のつかみが大事です。


田村潤

東京からでは見えないものが地方にはある。本社の会議室では見えないものが現場にはあるんです。そして、その逆の場合もある。


小笹芳央

小さなことでいい。私なんて最初は「絶対に遅刻をしません」でしたから。ただし一切妥協せず、何があっても約束を守り抜く。すると、やり抜いた時に周囲の評価が変わる。


ページの先頭へ