名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

坂田栄男の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

坂田栄男のプロフィール

坂田栄男、さかた・えいお。日本の囲碁棋士。東京出身。大正時代、東京出身。幼少期から父の影響で囲碁に親しむ。数々のタイトルを獲得し活躍した。切れ味の鋭いシノギから「カミソリ坂田」と呼ばれた。日本棋院理事長を務めた。

坂田栄男の名言 一覧

勝負は時の運などというように、力だけでは勝てない時もある。しかし、普段から努力してコツコツと実力をつけていくことがまず最初に必要なことだ。実力が本当に十分発揮できるとき、それを波とかツキとか呼ぶのだと私は考える。


坂田栄男の経歴・略歴

坂田栄男、さかた・えいお。日本の囲碁棋士。東京出身。大正時代、東京出身。幼少期から父の影響で囲碁に親しむ。数々のタイトルを獲得し活躍した。切れ味の鋭いシノギから「カミソリ坂田」と呼ばれた。日本棋院理事長を務めた。

他の記事も読んでみる

赤羽雄二

書類・資料作成のスピードアップの基本は、締め切り直前にやることです。誰でも経験があると思いますが、明日が締め切りの仕事と時間的に十分な余裕がある仕事では、はかどり方がまるで違います。人は締め切り前には、普段の数倍の効率で仕事が処理できるので、それを意識して利用します。ただし、ただ締め切り直前に取り組むのでは、単なるやっつけ仕事になってしまいます。質の高いアウトプットを上げるには、準備が大切です。事前に書類・資料作成に必要な下準備は済ませて、締め切り直前には一気呵成に仕上げるというやり方が効果的です。


北池智一郎

旗を持つ人が地域社会の核となって、周りに渦をつくり、地域の関係性を再構築していく。目指しているのは、そんな自律型コミュニティーシステムの実現です。


林修

「昔だったらこうだったのに」という口癖も、現在の環境に不満を述べているだけで、改善の努力を感じられません。優秀な人間ほど環境に不満を言わないものです。口癖ならぬ「愚痴グセ」が身についてしまうと負け続けます。


井村裕夫

企業は利益を上げなければなりませんが、医学や医療の関連で忘れてならないのは、その人が健康になることで得られる社会的利益です。健康や医療に関連する産業の目標は、企業的利益と社会的利益を両立させることです。


ゲーテ

蚕は紡ぎながらだんだん死に近づくとしても、糸を紡がずにはいられましょうか。


土橋正

私はアイデアを練ったり原稿の構成を考えたりする場合はノートを使っています。そうすることで、自分の頭の中にある「不確か」なものに「形」を与えることができるんです。デジタル上で同じ作業をすることは難しい。デジタルには、決められた文字や記号を打ち込むことはできますが、まだ不確かで曖昧なイメージを満足に表現することはできません。


粟津恭一郎

私は経営者や役員にコーチングを行っていますが、そのときには対象企業のニュースや経営状態、理念、ほかの役員からのフィードバックなど、さまざまな情報に目を通します。コンサルタントではありませんから、アドバイスをするわけではありません。ただし、いい質問を考えるには、相手のことを知っておく必要があるのです。


金川千尋

営業には車の両輪があります。ひとつは、良い需要家と信頼関係を結べるかどうか。もうひとつは、同じ関係を自分の会社との間につくれるかどうかです。いざというとき全面的にバックアップしてもらえるよう、それだけ会社に信用してもらえる力量を持てるかどうかです。口先ばかりの人は会社からも信用されません。体を張って実績をひとつひとつ積み上げられる人は会社にも信用されます。営業マンは目先の数字に目を奪われますが、数字は両輪が回った結果としてついてくるものです。


フィリップ・コトラー

優れたマーケティングは新しくて秀逸なアイデアを生み出す力と、ビッグデータの分析から最新のトレンドやセグメントを探知する力を土台としている。


柳井正

会社組織の進歩はコンピュータの進歩と同じだと考えています。かつては中央の汎用コンピュータにいくつもの端末がぶら下がっていましたが、今日ではパーソナルコンピュータがインターネットにつながり、世界中のコンピュータが同時に動く。インターネットは時間や距離を圧倒的に短縮しましたが、組織も同様に進化しなければいけない。


近田哲昌

サイバーエージェントには、「トピックスメール」という仕組みがあります。これは、「大きな受注を獲得した」「プロジェクトが成功した」といったトピックをマネジャーが社内にメール配信するというもので、メールを見た社員は、受注を獲得した社員やプロジェクトメンバーに「おめでとう」を伝えるお祝いメールを送ります。


鑄方貞了(鋳方貞了)

経営理念がしっかりしていれば、明確な判断基準となり、個々の社員の行動もブレなくなる。「あなたの会社の経営理念は何ですか?」と聞かれたら、全社員がそれに答え、そして皆が同じ方向に向かって行動することができる。それが強い会社になるための条件。