名言DB

9429 人 / 110879 名言

坂田栄男の名言

twitter Facebook はてブ

坂田栄男のプロフィール

坂田栄男、さかた・えいお。日本の囲碁棋士。東京出身。大正時代、東京出身。幼少期から父の影響で囲碁に親しむ。数々のタイトルを獲得し活躍した。切れ味の鋭いシノギから「カミソリ坂田」と呼ばれた。日本棋院理事長を務めた。

坂田栄男の名言 一覧

勝負は時の運などというように、力だけでは勝てない時もある。しかし、普段から努力してコツコツと実力をつけていくことがまず最初に必要なことだ。実力が本当に十分発揮できるとき、それを波とかツキとか呼ぶのだと私は考える。


坂田栄男の経歴・略歴

坂田栄男、さかた・えいお。日本の囲碁棋士。東京出身。大正時代、東京出身。幼少期から父の影響で囲碁に親しむ。数々のタイトルを獲得し活躍した。切れ味の鋭いシノギから「カミソリ坂田」と呼ばれた。日本棋院理事長を務めた。

他の記事も読んでみる

藤岡頼光

最初は必要な知識を手に入れようと、経営学の本や有名な経営者が書いた本をたくさん読みました。ただ、本を読み漁ったあと、「読書だけでは良い経営者になれない、限界がある」という結論にいたりました。


山内溥

いまソニーが成功したと言われています。でもそれは、たまたまいま成功しているだけで、ついこの間までは失敗していました。この業界でいま、最も強いと言われているソニーでさえ、成功と失敗を繰り返しています。明日は失敗するかもしれません。


夏野剛

やりたい奴に機会を与えるほうが大事。そこから成功例が3つぐらい出てくれば自分もできるんじゃないかと思う人間がたくさん出てくる。


篠原欣子

会社には10年ごとに垢を落とす変わり目がある。苦しくとも、それは絶対にやらなければならない。


金丸恭文

従来の延長線上に日本の未来はありません。世界の潮流から日本が取り残されないように、そして、日本が活性化するために、私にできることがあれば今後も行動していきたい。


松本晃(経営者)

株式会社だから株主の利益が究極の目標という考え方もあります。でも顧客を第一に考える経営は、結果的に株主の利益につながります。


木暮太一

新しいスポーツを始めようと思ったら、まず何をするだろうか。ほとんどの人が、ルールの勉強からスタートするだろう。どうすれば得点が入り、どうすれば勝ったことになるのか、まずはそのスポーツの「成り立ち」を理解するのが当たり前だ。「給与アップ」という名のスポーツを始めるとしたらどうだろう。やはり最初にやるべきことは、給与がどんなルールで決められているのか、すなわち給与の「成り立ち」を勉強することだろう。それを知らなければ勝ちようがない。


藤巻幸夫(藤巻幸大)

実務面だけをとらえれば、なにごとも効率だけを重視してチームを組めばよさそうなものだが、そんなチームがベストだと感じる人が、果たしてどれだけいるだろう?たとえば、能力はそこそこだがその人がいるだけで場がなごんでしまうタイプの人。能天気と言われながらも実は気配りの達人で、周りを仕切るのがうまい人。世の中にはそんな人が大勢いて、そうした個性的なメンバーが化学反応を起こすと、何とも魅力的なチームを作り出す。
(藤巻幸夫、ふじまきゆきお、複数の企業のアパレルのバイヤーを歴任しブランドを立ち上げる)


柳井正

(反日感情の強い中国で業績が好調なのは)やっぱり中国に貢献しているからだと思います。中国の繊維産業に貢献してきましたし、中国人の経営者を登用し、任せて経営してきました。商売も地元に密着してやっている。そういうことが評価されたんじゃないかと思っています。


匠英一

テレビの通販番組では「この商品がいいことはわかったけど、ほかの商品も見てからにしよう」とか、「あとでじっくり検討しよう」と考えさせてはアウト。番組が終わる前に「いますぐ注文しなきゃ!」と思わせることが大事。そうした衝動買いに踏み切らせる鍵は、「切迫感や恐怖感」。「いま買わないとやばい!」「これを持っていないと損をする!」という要素を上手に盛り込むことで、考えるスキを与えず、衝動買いに走らせることができるんです。