名言DB

9413 人 / 110706 名言

坂東玉三郎(5代目)の名言

twitter Facebook はてブ

坂東玉三郎(5代目)のプロフィール

坂東玉三郎(5代目)、ばんどう・たまさぶろう。歌舞伎役者、俳優、映画監督、演出家。東京都出身。6歳のときに小児麻痺後遺症のリハビリのため舞踏を開始。7歳で初舞台を踏む。14歳で五代目坂東玉三郎を襲名。数々の賞を受賞し、日本を代表する歌舞伎役者となった。

坂東玉三郎(5代目)の名言 一覧

進歩するには背伸びも必要でしょうね。ちょっとずつ背伸びして、その時の自分よりも装って発言したり行動する。そして次にその背延びが嘘でないように努力するわけです。たとえば階段を上がる時にかかとが上がるでしょ?あのくらいずつ背伸びして階段を上がっていく。あのくらいなもんですよ。あれを三段四段跳びあがると背伸びではなくなってしまう。ちょっとずつでいいと思うんです。かかとが上がるように背伸びしていかないと進歩しないんです。


坂東玉三郎(5代目)の経歴・略歴

坂東玉三郎(5代目)、ばんどう・たまさぶろう。歌舞伎役者、俳優、映画監督、演出家。東京都出身。6歳のときに小児麻痺後遺症のリハビリのため舞踏を開始。7歳で初舞台を踏む。14歳で五代目坂東玉三郎を襲名。数々の賞を受賞し、日本を代表する歌舞伎役者となった。

他の記事も読んでみる

山名昌衛

どこの国籍の人であっても、お互いの価値観の違いを認めて話をし、人間関係を構築していけば、そんなにコミュニケーションというのは難易度の高いことではない。


義家弘介(ヤンキー先生)

親や教師が、子供と一緒に行く、一緒に頑張る、そのことによって一緒に育つ。これが教育です。その子がいじめで悩んでいるとしましょう。解決のために正解なんてありません。場合によっては、自分が出ていっていじめの加害者と対決しなければならないかもしれない。要は大人が必死になっている姿を見せることで、子供自身に問題解決能力を身につけさせるということです。そういうことをせずに「辛いことは向き合わなくていいよ」と、逃げ場所ばかりを与えているようでは、親も教師も教育者失格だと思います。


横田尚哉

短期プロジェクトの場合、段取りを煮詰めないまま作業を始めると、手戻りが起きてかえって時間を要します。期日が近いプロジェクトこそ、段取りをしっかり組むべきです。


主藤孝司

ヒット商品は「足し算の法則」で作っていく。足し算型商品は、「冷麺+ちゃんぽん=冷やしちゃんぽん」「金融+IT=フィンテック」など。一方、「引き算の法則」は大化けするヒットの原動力である。引き算型商品は、「床屋-洗髪=QBハウス」「おにぎり-握る=おにぎらず」など。「足し算」と「引き算」のハイブリッドでヒットを作るのである。


長谷川穂積

普段の生活でも勝負事でも相手への敬意や礼儀は絶対に必要。それが亡くなった母の教えでもある。


大塚玲奈

アメリカ同時多発テロが起きた当時、カリフォルニアの国際学生寮にいました。いろんな国の人がいて、お互いに責めあうような雰囲気になりました。そのとき、寮長さんが学生を集めてこんなスピーチをしました。「憎しみは連鎖していくものです。でも、あなたたちはそれを止める人になりなさい」と。


ドナルド・トランプ

一夜にして実現することなどめったにない。一夜にして成功を手に入れたといわれる話もたいてい、内実は違うものだ。最近あなたが耳にした一夜のサクセス・ストーリーも、その陰には20年、30年以上の努力があったのかもしれない。


鳥越俊太郎

レールから外れることの多い半生でね。その紆余曲折が後で生きた。事件のみならず農業から経済、アメリカやイスラム文化まで、いろんな現場を見てきたから、後に週刊誌記者になった時、どんなネタでも対応できた。


小倉広

「借りを作りたくない」といって、人の手を借りずに、自分で何とかしようとする。そんな人は、非常に多いですね。しかし、一人でできることなんてたかがしれています。納期が遅れたり仕事の完成度が低かったりすれば、取引先や上司、同僚に迷惑をかけるだけです。この悪循環から抜け出したいなら、借りを作ることから逃れてはいけません。


弘兼憲史

部下との関係が密に保たれていると、何を悩んでいるのかどこに問題を抱えているのかなどが見えてくるはずだ。そうなれば、さりげなくアドバイスもできるだろう。ぼくが知っている魅力的な上司というのはみんな人間通だ。しかし、退職して一気に生彩を欠いてしまった人もいる。そんな人たちを見てつくづく思うことがある。それは継続は力なりということだ。失敗を繰り返し億劫がらずに人間関係の中にまみれている間だけ魅力的な人間通の上司でいられるのだろう。


堀江貴文

僕が一番大切にしているのは、毎日を退屈せずに楽しく過ごすことです。つらかったのは捕まったときぐらいで、起業してからの人生はずっと楽しかった。僕は、生まれ変わっても絶対に起業すると思います。いや、もっと早く、小学生ぐらいで起業できれば最高だったとさえ思っています。


セバスチアン・スラン(セバスチャン・スラン)

労働者にとって、コンピューターのプログラムを書く能力は母国語を学ぶのと同じくらい重要になった。


堀紘一(コンサルタント)

部下の成長は、チームを活性化させ、結果につなげる大きな材料である。したがって、部下が自発的に動くためにも、部下に気づきを促すいい質問を繰り返すことは、上司の大切な役割である。


廣瀬恭久

大事なのは人間関係。一度信用されれば横に広がっていく。


守安功

我々としてはDeNAを「インターネット、特にモバイルインターネットのサービスを提供する会社」と考えている。同時に、ネットをいかに活用して、ビジネスにつなげていくか。変化を続ける社会に対応して新たなビジネスの芽にどんどん挑戦していく、「永久ベンチャー企業」だと考えている。