名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

坂東玉三郎(5代目)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

坂東玉三郎(5代目)のプロフィール

坂東玉三郎(5代目)、ばんどう・たまさぶろう。歌舞伎役者、俳優、映画監督、演出家。東京都出身。6歳のときに小児麻痺後遺症のリハビリのため舞踏を開始。7歳で初舞台を踏む。14歳で五代目坂東玉三郎を襲名。数々の賞を受賞し、日本を代表する歌舞伎役者となった。

坂東玉三郎(5代目)の名言 一覧

進歩するには背伸びも必要でしょうね。ちょっとずつ背伸びして、その時の自分よりも装って発言したり行動する。そして次にその背延びが嘘でないように努力するわけです。たとえば階段を上がる時にかかとが上がるでしょ?あのくらいずつ背伸びして階段を上がっていく。あのくらいなもんですよ。あれを三段四段跳びあがると背伸びではなくなってしまう。ちょっとずつでいいと思うんです。かかとが上がるように背伸びしていかないと進歩しないんです。


坂東玉三郎(5代目)の経歴・略歴

坂東玉三郎(5代目)、ばんどう・たまさぶろう。歌舞伎役者、俳優、映画監督、演出家。東京都出身。6歳のときに小児麻痺後遺症のリハビリのため舞踏を開始。7歳で初舞台を踏む。14歳で五代目坂東玉三郎を襲名。数々の賞を受賞し、日本を代表する歌舞伎役者となった。

他の記事も読んでみる

堀江薫夫

この正金(正金銀行)には、一種の正金スピリットという伝統的な気風がある。それは行員が上下一体となって協力し、銀行を通じて日本国の国際発展に寄与しようという気概である。


松本紹圭

出家とは、ただ既存の社会の外に出ることではないのです。既存の社会と緊密な関係を保ちながら外に居り、なおかつ既存の社会にもインパクトを与えることが大事です。会社を辞めればいいというものでもない。会社という名の既存のムラ社会から価値観のレベルで外に飛び出しながらも、そのど真ん中で生き生きと仕事をしつつ、常に組織に新たな風を送り続けている人。そんな「社内出家者」が、これからの企業でイノベーションを生み、社会変革をリードしていくんじゃないかと思います。


平川昌紀

単なる連絡なら、電子メールや印刷物の配付でも可能かもしれません。しかし本当の意味でコミュニケーションを交わすためには、お互いの顔を見ながら、五感を駆使してやりとりしなければなりません。そうすることでこちらの「熱」が相手に伝わり、心と心が通じ合うようになるのです。


西村貴好

褒める場合は形に残るものの方が効果が大きい。たとえば社員同士が相手のいいところを紙に書いて職場内に貼り出す。自分の目で読むことで、褒められた内容がより深く心に残ります。


ソクラテス

知らないことを知っていると思い込んでいる人々よりは、知らないことを知らないと自覚している自分の方が賢く、知恵の上で少しばかり優っている。


桂三枝(6代目桂文枝)

落語家の人生としては、「まだまだこれからやな」という気持ちがあるんです。

【覚え書き|60代のときの発言】


山田昭男

うちは「ノルマなし」で「どんどん休め」だ。「こんなに厚遇してもらっているなら、会社に貢献しなくては!」と社員が自然と奮い立ち、彼らがどんどんアイデアを出してくれるんだ。この社員のヤル気こそ大手にはないうちのウリだよ。


椋木修三

どんなに記憶に自信がない人でも、さすがに隣の席で働いている同僚の顔と名前は覚えているはず。それは毎日会うことで記憶が「反復」されるからです。他の人に対してもその反復の機会を、意識的になるべく多くつくり出しましょう。たとえば、会話中にあえて相手の名前を繰り返すようにするなどです。


細田守

スタッフを怒鳴りつけるような監督は、ある年代より上にしかいませんね。昔のやり方だと思います。僕は、実績がある、信頼できる人に仕事をお願いしていますから、怒鳴ったりする必要もないんです。


鳥谷綾斗

私は、あるダンスボーカルユニットをずっと追っかけていて、あるイベントでサイン入りポスターが当たったことがあるんです。そのときに名前を呼ばれ、宛名も入れてもらいました。それが本当に嬉しくて、いまでもポスターに書かれた自分の名前を見るたびに元気になれます。その出来事が「名前が持つ力」を教えてくれました。それまで当たり前だと思っていた「名前を呼ぶこと」が、とても幸せでありがたいことなんだと痛感しました。「姓名」が「生命」、「氏名」が「使命」と同じ音なのは偶然じゃないのかもしれないと思い始めています。


関文彦

家具は衰退産業になったと言われて久しいです。構造不況業種とも言われますが、私からすれば失礼なことをおっしゃると思います。変化対応力さえ身につけられれば、何とかなります。みんなで知恵を出し合い、良い商品を作る努力をすれば、製品の付加価値は高まり、地方にいても豊かな暮らしが実現できます。


菊入みゆき

自分にとって「評価されている」とは具体的にどういうことなのか。上司に褒められたいのか。部署で注目を集めたいのか。どこをどんなふうに評価されたいのか。一度、書き出してみましょう。すると、意外と自分が評価に値する成果を出せていないことに気がつくかもしれません。