坂東玉三郎(5代目)の名言

坂東玉三郎(5代目)のプロフィール

坂東玉三郎(5代目)、ばんどう・たまさぶろう。歌舞伎役者、俳優、映画監督、演出家。東京都出身。6歳のときに小児麻痺後遺症のリハビリのため舞踏を開始。7歳で初舞台を踏む。14歳で五代目坂東玉三郎を襲名。数々の賞を受賞し、日本を代表する歌舞伎役者となった。

坂東玉三郎(5代目)の名言 一覧

進歩するには背伸びも必要でしょうね。ちょっとずつ背伸びして、その時の自分よりも装って発言したり行動する。そして次にその背延びが嘘でないように努力するわけです。たとえば階段を上がる時にかかとが上がるでしょ?あのくらいずつ背伸びして階段を上がっていく。あのくらいなもんですよ。あれを三段四段跳びあがると背伸びではなくなってしまう。ちょっとずつでいいと思うんです。かかとが上がるように背伸びしていかないと進歩しないんです。


坂東玉三郎(5代目)の経歴・略歴

坂東玉三郎(5代目)、ばんどう・たまさぶろう。歌舞伎役者、俳優、映画監督、演出家。東京都出身。6歳のときに小児麻痺後遺症のリハビリのため舞踏を開始。7歳で初舞台を踏む。14歳で五代目坂東玉三郎を襲名。数々の賞を受賞し、日本を代表する歌舞伎役者となった。

他の記事も読んでみる

渡辺謙

仕事を選ぶときに、ややこしく考えてしまうと、理屈が先行しちゃう。だから、できるだけシンプルに考えて選択していますね。自分が本当にそれを望んでいるのかどうか。その気持ちに添っていくべきだと思っています。


野部剛

クロージングというと、普通は「商談成立の成否を問うこと」だと思われるかもしれません。しかし実はそれだけではないのです。「事前準備」「アプローチ」「ヒアリング」「プレゼン」「クロージング」までの各ステップの中にも、小さな5段階が含まれ、最後にクロージングが必要となるのです。


程近智

平均点まで引き上げることは誰でもできます。日本企業がさらに上の次元を目指すなら、地域性や国民性といった「DNA」を見つめ直す必要がある。企業はもっとローカルの特徴に着目すべき。


サミュエル・スマイルズ

たいして力のない人でも、1つのことに全力でねばり強く取り組めば大きな成果が得られる。成功の秘訣は、心に決めた目標を変えないことにある。


鴻上尚史

劇団員とは20年以上も一緒にやってきたので、「一を言えば十をわかってくれる関係」なわけですよ。だからすごく楽なんだけど、このままそれに甘んじていたら、「演出家としての言葉」が痩せ細ってしまうと感じたんです。
【覚書き|劇団「第三舞台」を10年活動休止した理由について語った言葉】


柳弘之

人事とはやはり経営そのものだと思います。従って人材像を描くときは、企業の経営観を頭に入れて考えるべきだと思います。この経営観とそれに適した人物像をどの程度クリアに共通認識できるかが非常に大事なことではないかと思います。


澤田秀雄

時代を先取りするシステムを作り上げていくことと、そのための人材を確保することは最も重要になっていきますね。店舗を持ち、何千人ものスタッフが商品を販売する時代は半分以上終わっています。今や、スマートフォンからお得な価格、ツアー情報など最新の情報を誰でも簡単に入手できます。そして、そこから予約が入ってきます。ですから、このようなシステムを持っていない会社は勝てないと思います。


上田準二

多少高くてもここでしか買えない、そして思わず買いたくなってしまう商品が、店内の活気を生み、新しいお客様の流れをつくりだしていくのです。


徳重徹

既存バイクメーカーのOBの方の話を聞くと電動に移るのは難しいみたいですね。たとえばヤマハには開発設計者が1000人くらいいて、そのうち半分がエンジン関係。もしEVバイクに移行すると、社内でこの人たちの行き場がなくなってしまう。そういうジレンマがあって、簡単に電動にいけないと言っていました。


貞末良雄

企業が生き延びるには、従来どおりのやり方をしていてはダメ。


阿部修平

私たちの仕事は、株主として、会社が永続し、価値を生み続けるようにすること。


竹下雄真

運動への苦手意識が先に立つときは、体を車にたとえて考えてみてください。年式が古くなると傷んできますから、絶対にメンテナンスは必要です。そのほうが故障が減りますから。走らずにずっと置いておいてもダメですし、ある程度走らせておかないとエンジンにもガタが来る。だからいい感じに走って、いい感じにメンテナンスして、大事に乗ることが大切。


松下幸之助

賽(さい)の河原の小石は崩れても、仕事の小石は崩れない。些細なこと、平凡なこと、それを積み重ね積み重ねてきて、その上に自分の知恵と体験とを加えてゆく。それではじめて、危なげのない信頼感が得られるというものであろう。


齋藤正勝

ゼロどころかマイナスからのスタートでした。自分もSEになりたいといい続けながら、毎日会社で合間に資格のための勉強をしました。戦国時代の百姓が侍になりたいと刀を振り回してアピールしたようなものです。
【覚書き|大学卒業後、野村証券系のシステム会社にSEとして採用されたが、無資格だったため夜勤のオペレーターに回された当時を振り返っての発言】


齊藤孝浩

私は、いわゆる売り込みをしたことがありません。代わりに、人の役に立つブログ記事を書いて自らの専門性をアピールしたり、やりたい仕事や志をSNSで発信したりしています。すると、人脈を伝って誰かの目にとまり、顧客増加につながるのです。


ページの先頭へ