坂東元の名言

坂東元のプロフィール

坂東元、ばんどう・げん。日本の獣医師、動物園経営者。「旭山動物園」園長。北海道出身。酪農学園大学獣医学部獣医学科卒業後、旭山動物園に入園。獣医師、飼育展示係長、園長などを務めた。

坂東元の名言 一覧

動物は生態系の中で、食べる者と食べられる者が同じ空間を共有しています。それでも、お互いを排除しないんです。だから、動物園でもできるだけその姿をいろんな人に見せてあげたい。1種類だけ隔離して飼育すると、都合よく生きるんですよ(笑)。でも、他の種がいれば、動物の本能がよみがえって、生き生きした姿になっていく。人間にも当てはまることで、現代社会が「個の時代」となる中で、本能が弱り、人間はどんどん認め合えなくなっている。


「生みの親よりも育ての親」ということは、霊長類学の世界では当然とされている。それを普遍化して考えれば、同性婚でも、血縁的なつながりがない親子でも、家族は形成できる。本当に必要なのは、子供たちが信頼できる大人とつながることなんです。ところが、社会が人と人の関係によって作られるということが軽視されてしまった。


坂東元の経歴・略歴

坂東元、ばんどう・げん。日本の獣医師、動物園経営者。「旭山動物園」園長。北海道出身。酪農学園大学獣医学部獣医学科卒業後、旭山動物園に入園。獣医師、飼育展示係長、園長などを務めた。

他の記事も読んでみる

米濱和英(米浜和英)

危機的な状況から回復を遂げましたが、ここで立ち止まってはいけません。さらなる成長のために新たな施策が必要です。


成毛眞

ビジネス英語は学問ではなくあくまで道具ですから、できるだけ効率よくマスターすべきです。そのためには、いかに手を抜くかが大事です。


フランシスコ(ローマ法王)

私たちは歩みたいように歩み、多くのものを構築できます。しかし、イエス・キリストを告白しないならば、物事はうまくいきません。


五島慶太

一週間に一回、嘉納治五郎先生から倫理の講義を聞いたが、先生は柔道の格好で太い腕節を出して「なあに」という精神が一番必要だ、どんなことにぶつかっても「なあに、このくらいのこと」というように終始考えろということを言われた。先生の「なあに」精神はいまでもはっきり頭に残っている。
【覚書き|東京高等師範学校(のちの東京教育大学、筑波大学)時代を振り返っての発言。嘉納治五郎は柔道の創始者で同校の校長も勤めていた】


深野康彦

老後の貯蓄として足りないならば、定年後も働けばいいだけのこと。それはそれで大変な決断でしょうが、今から不安を抱えて悶々とするのは、決して賢い態度とはいえません。ただし、健康には留意してください。


ジョゼ・モウリーニョ

私は革命家ではなく、何かを革命したいとも思わない。私はとても明確な考えを持っている一人の人間にすぎない。


佐久間昇二(佐久間曻二)

ケチで元気。汗と知恵を出せ。


秋元康

テレビの影響力は確かに大きいのですが、常に新しい情報を発信しているため、情報が古くなると注目されなくなります。だから長続きしない。ところがAKB48のように、ひとつの劇場からスタートすると、ファンはそこに通うのが習慣になります。コアなファンは裏切らないから人気も長続きするんです。


小山昇

当社は、いわゆる「優秀な人材」は採用しません。飛び抜けて優秀な人がいると、他の社員が落ち込んで、やる気を失ってしまうからです。当人も周囲とペースが合わず、ストレスを溜めて、退社することになるでしょう。


矢部輝夫

やってしまいがちなのが「何か問題はない?」と聞いて回ること。そう聞かれて本音で話す人なんていませんよ。「とくに問題ありません」で終わり。むしろ現場でぼんやり座っていると、おばちゃんたちが「ねえ矢部さん」と話しかけてくる。もっとも、あんまり暇そうにしていると「暇なら帰って仕事したら」なんて言われますが(笑)。


石川康晴

ストライプが創業したのは1994年。バブルが崩壊した後です。すでに業界は絶頂期を過ぎていました。そういう時期に、アパレル事業を始めたことで、旧来の常識に染まらずにやってこられたのかもしれません。


平林岳

僕にとって審判という職業は、お金を稼ぐためだけの仕事ではないんです。好きなことであり、趣味、生きがいなんです。お金が目的なら米国のマイナーリーグに戻る理由など何もありませんでしたが、我慢してやりたくないことをやっているよりは、やりたい審判をしたかった。


マハトマ・ガンジー

努力することは人間の務めである。最善を尽くしてもがいているときに、たとえ災いに押し流されそうになっても、決してくじけてはいけない。


遠藤保仁

監督には監督のやりたいサッカーがありますから、こちらの意見を受け入れてくれるとはかぎりません。でも、だからこそ、自分の考えを言うことが大事なのです。意見を言い合う中から、「なるほど、この人はこんなことを考えているのか」ということを理解できるからです。言い合うことが大事なのは、選手同士だけではなく、選手と監督の間でも同じです。


小室淑恵

いま日本では長時間労働が当たり前ですが、朝から晩まで会社にいる人だけが集まって、企画会議で新製品を考えようとしても、みんな引出しが空っぽだからアウトプットのしようがありません。でもそれが慣例化しています。労働生産性で日本が先進国中の最下位に甘んじているのは、その辺に原因があるのではないでしょうか。


ページの先頭へ