名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

坂本龍馬の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

坂本龍馬のプロフィール

坂本龍馬、坂本竜馬、さかもと・りょうま。幕末の志士、土佐藩郷士。土佐郷士の子として生まれる。脱藩したのち、志士として活躍。貿易会社兼政治組織の亀山社中(のちに海援隊)を結成。薩長同盟の仲介、大政奉還の成立に尽力するなど幕末・明治に大きな影響を与えた。大政奉還成立1か月後に近江屋で暗殺された。

坂本龍馬の名言 一覧

だいたい話と実際は違うものですが、戦闘では特にそういう傾向があります。


人というものは短気を起こし、滅多やたらに死ぬものではない。


世の中のことは、月と雲のようにどうなるかわからず、おかしいものである。


世の中の人は何とも言わば言え。我が成すことは我のみぞ知る。


人間の一生で合点のいかないことが多いのは当然であり、運が悪ければ風呂から出ようとして転び、金玉を潰して死ぬという不運に見舞われる者もいる。そんな者に比べれば、私などは運が強く、どれだけ死にそうな場面に遭遇しても死ぬことはなく、たとえ自分から死のうと思っても生きなければならない状況になってしまう。


天下において、何事かを成そうとする者は、膿(うみ)も良く腫れないうちには針で患部を突くことができないのと同じで、時期を判断することが大切です。


土佐の芋掘りなどと言われ、次男という居候の身に生まれ、一人で天下を動かすことができたとしても、これもまた天の決めたことです。このようなことを言ったとしても、つけあがることもなく、ますます泥の中に住むシジミのように、常に土に鼻先をつけ、砂を頭にかぶっているような生き方を続けたいと思います。


戦場といっても、平和な時代に想像するよりも、意外に慌ただしく混乱するものではありません。たとえ敵が身近に接近しても、実戦の心得があれば冷静に銃に弾を込めることもできるものです。


悲しむべきは池内蔵太のことです。9度も戦場に出て、常に配下の者たちを率いて戦い、一度も弾丸に当たらなかった幸運な者が、一度だけ私たちが購入したユニオン(ワイルウェフ号)という西洋式の船に乗ったところ遭難してしまいました。五島列島の塩谷崎において船が大破してしまい、5月2日早朝、死にました。人間の一生は、実になお夢のようだと思います。


土佐で生まれた者が他藩に仕え、そしてまた土佐藩に仕えたとしても、天下のためを考えればおかしなことではありません。女性が二君に仕えることを否定されるのと同じように、志士まで二君に仕えることを非難されたら、自分の考え方を貫くことができません。そのため、浪人するにせよ、土佐藩を助けるにせよ、二君に仕えるか否かという論理を捨てなければ自分の考えを実行することはできません。


天下のために働こうとして、土佐藩から一銭一文の資金も援助されることなく、志のある若者たちを50人も養おうとすれば、一人につきどうしても60両は必要となることから、利潤を求めなければなりません。


養子となる者へも伝えてほしいのですが、土佐で流行している長い剣は、すでに伝えているように一対一の喧嘩や、昔話の宮本武蔵の試合などには非常に向いているのですが、現代の戦場では無用です。銃を主要兵器とする場合、刀がなくともよいと考えるべきです。


私が長生きすると思われても無駄なことだと思います。とはいえ、普通の人のように簡単には死にません。私が死ぬような日には、天下が大混乱となり、たとえ生きていても役には立たず、存在したとしても用がないような状態にでもならない限り、なかなかこすい嫌な奴で死にはしません。


この数年は東奔西走の日々を過ごし、たまたま知人と出会っても、相手に迷惑がかかるので他人のふりをした。父母の国を思わない者はいない。だが、望郷の思いを消し去ろうとしているのは、情に流されることにより長年秘めていた志が無になることを恐れたからだ。


坂本龍馬の経歴・略歴

坂本龍馬、坂本竜馬、さかもと・りょうま。幕末の志士、土佐藩郷士。土佐郷士の子として生まれる。脱藩したのち、志士として活躍。貿易会社兼政治組織の亀山社中(のちに海援隊)を結成。薩長同盟の仲介、大政奉還の成立に尽力するなど幕末・明治に大きな影響を与えた。大政奉還成立1か月後に近江屋で暗殺された。

他の記事も読んでみる

成毛眞

論理力を鍛えるという点では、ビジネス書はあまりお勧めできません。なぜなら、たいていのビジネス書は、結論が先に書かれているからです。たとえば、三色ボールペンの活用を勧める本があったとします。三色ボールペンの効果について「仮説→検証」のプロセスを書かず、いきなり「三色ボールペンをこのように使うと効果的です」といった結論から書かれている。これでは論理力を養う訓練にはなりません。


藤井一郎

自分もチャンスがあれば起業ができる、という意識が、シリコンバレーでのインターン経験の中で芽生えた。


田川博己

私が30代のころ、東京丸の内本社の営業で「サマーセールスキャンペーン」というのをやったんです。テーマは「夏は自然に帰ろう」でした。これを全国標語でつくった。そうしたら、北海道支店の連中が「いい加減にしてくれ、北海道の人はしょっちゅう自然に浸っているんだから、夏は都会で遊ぼうというキャンペーンをやってくれないか」と言ってきたんです。当たり前といえば当たり前ですが、そのときの経緯を覚えていて、50代で本社の役員になって、新しい企業体質をつくる際、地域は地域にそれぞれ合った形の旅行スタイルを貫くべきだとして、地元に権限やヒト、モノ、カネを与えたんです。


木村新司

スタートアップバブルといわれるが、社会課題に真摯に向き合い、その解決を目指す地に足のついた若い人たちがたくさん現れている。本当に革新を起こす企業が出てくるためには、今の環境は悪くない。


仲山進也

楽しそうに仕事をしている人は、自然とお客さんとの距離が近くなります。お客さんからの「ありがとう」メールを私たちは「魂のごちそう」、略して「たまごち」と呼んでいます。たまごちをゲットすると仕事が楽しくなり、どんどんのめり込むようになります。たまごちを早くゲットできるような仕事環境を積極的に作り出すことが一番いいと思っています。


なかにし礼

正直に言って、死ぬこと自体は今も怖くない。しかし、愚かな死に方はしたくない。


黒鉄ヒロシ

人は物を知れば知るほどある意味不幸になる。お金でできる贅沢も、知れば知るほど窮屈になる。


家守伸正

リスクというものは、いつか必ず発現します。回避する努力は必要ですが、発生確率は決してゼロにはできない。予想だにしなかったリスクが発現したとき、経営者は率先して向き合うことが求められます。


重久吉弘

人間というのは不思議な生き物で、例えば、お隣の家の住人は嫌だけれども、ずっと離れた場所に住んでいる人はいいといった感情を持つ場合があるんですね。国についても同じです。


田辺道夫

いろんな部署から質問を受け、知らないこともありましたから、何が何でも答えなきゃならないと思い勉強しました。ますます知識を豊富にし、自分を磨こうと努力するようになりました。「コンピューターのことは田辺に聞け」ということになっていきました。


佐藤孝幸

日々、勉強時間を確保するためには、まず、出勤前の朝の時間を活用することが大切。朝は頭がスッキリしているうえ、仕事の連絡や遊びの誘いなどのジャマも入らないので、集中して勉強できます。私が司法試験の勉強をしていたときは、朝6時にカフェに行き、始業時間の9時までの約3時間を勉強に充てていました。


尾原蓉子

初の大卒女子として旭化成に入社して数年後、キャリアパスの先が見えなくなりました。自分で自分を教育して専門性を身に付けるしかないと思い、米ニューヨーク州立ファッションエ科大学に留学しました。日本の企業では素人が何でもこなしているのに、ここでは細分化された数多くの分野にすべてプロフェッショナルがいることに驚きました。