坂本龍馬の名言

坂本龍馬のプロフィール

坂本龍馬、坂本竜馬、さかもと・りょうま。幕末の志士、土佐藩郷士。土佐郷士の子として生まれる。脱藩したのち、志士として活躍。貿易会社兼政治組織の亀山社中(のちに海援隊)を結成。薩長同盟の仲介、大政奉還の成立に尽力するなど幕末・明治に大きな影響を与えた。大政奉還成立1か月後に近江屋で暗殺された。

坂本龍馬の名言 一覧

だいたい話と実際は違うものですが、戦闘では特にそういう傾向があります。


人というものは短気を起こし、滅多やたらに死ぬものではない。


世の中のことは、月と雲のようにどうなるかわからず、おかしいものである。


世の中の人は何とも言わば言え。我が成すことは我のみぞ知る。


人間の一生で合点のいかないことが多いのは当然であり、運が悪ければ風呂から出ようとして転び、金玉を潰して死ぬという不運に見舞われる者もいる。そんな者に比べれば、私などは運が強く、どれだけ死にそうな場面に遭遇しても死ぬことはなく、たとえ自分から死のうと思っても生きなければならない状況になってしまう。


天下において、何事かを成そうとする者は、膿(うみ)も良く腫れないうちには針で患部を突くことができないのと同じで、時期を判断することが大切です。


土佐の芋掘りなどと言われ、次男という居候の身に生まれ、一人で天下を動かすことができたとしても、これもまた天の決めたことです。このようなことを言ったとしても、つけあがることもなく、ますます泥の中に住むシジミのように、常に土に鼻先をつけ、砂を頭にかぶっているような生き方を続けたいと思います。


戦場といっても、平和な時代に想像するよりも、意外に慌ただしく混乱するものではありません。たとえ敵が身近に接近しても、実戦の心得があれば冷静に銃に弾を込めることもできるものです。


悲しむべきは池内蔵太のことです。9度も戦場に出て、常に配下の者たちを率いて戦い、一度も弾丸に当たらなかった幸運な者が、一度だけ私たちが購入したユニオン(ワイルウェフ号)という西洋式の船に乗ったところ遭難してしまいました。五島列島の塩谷崎において船が大破してしまい、5月2日早朝、死にました。人間の一生は、実になお夢のようだと思います。


土佐で生まれた者が他藩に仕え、そしてまた土佐藩に仕えたとしても、天下のためを考えればおかしなことではありません。女性が二君に仕えることを否定されるのと同じように、志士まで二君に仕えることを非難されたら、自分の考え方を貫くことができません。そのため、浪人するにせよ、土佐藩を助けるにせよ、二君に仕えるか否かという論理を捨てなければ自分の考えを実行することはできません。


天下のために働こうとして、土佐藩から一銭一文の資金も援助されることなく、志のある若者たちを50人も養おうとすれば、一人につきどうしても60両は必要となることから、利潤を求めなければなりません。


養子となる者へも伝えてほしいのですが、土佐で流行している長い剣は、すでに伝えているように一対一の喧嘩や、昔話の宮本武蔵の試合などには非常に向いているのですが、現代の戦場では無用です。銃を主要兵器とする場合、刀がなくともよいと考えるべきです。


私が長生きすると思われても無駄なことだと思います。とはいえ、普通の人のように簡単には死にません。私が死ぬような日には、天下が大混乱となり、たとえ生きていても役には立たず、存在したとしても用がないような状態にでもならない限り、なかなかこすい嫌な奴で死にはしません。


この数年は東奔西走の日々を過ごし、たまたま知人と出会っても、相手に迷惑がかかるので他人のふりをした。父母の国を思わない者はいない。だが、望郷の思いを消し去ろうとしているのは、情に流されることにより長年秘めていた志が無になることを恐れたからだ。


坂本龍馬の経歴・略歴

坂本龍馬、坂本竜馬、さかもと・りょうま。幕末の志士、土佐藩郷士。土佐郷士の子として生まれる。脱藩したのち、志士として活躍。貿易会社兼政治組織の亀山社中(のちに海援隊)を結成。薩長同盟の仲介、大政奉還の成立に尽力するなど幕末・明治に大きな影響を与えた。大政奉還成立1か月後に近江屋で暗殺された。

他の記事も読んでみる

白井一幸

北海道日本ハムファイターズでは、選手の自主性を重んじる一方で、「意識すればできることをやらない選手」には厳しく指導します。すべての選手に求められるのが、「どんな時でも最後まで諦めずに全力で戦う」ことであり、それがチームにおける不変のビジョンでもあります。


ブルワー=リットン

およそ事業をなすのに必要なのは、能力ではなく、それをやり遂げるという決心である。


工藤公康

気持ちや気力ばかりが先行してもいけません。「心技体」という言葉がありますが、この3つのバランスを保ってはじめて納得のいくパフォーマンスにつながるんです。


分林保弘

先日、能の仲間と一緒に佐渡に行き、世阿弥を語る会を開きました。大学で世阿弥を研究している方に講演してもらったんですが、そこで「家、家にあらず。継ぐをもって家とす」という言葉を紹介されました。家というものを継いでいるだけでは、家を継いだとはいえない。その家の芸をきちんと継承していくことが家を継ぐといえるのだ。世阿弥はたとえ自分の子であっても、その子に才能がなければ芸の秘伝を教えてはならないと言っています。今激しい競争社会のなかで、継ぐに値する者が継ぐべきなのでしょう。これは伝統芸能でも企業でも同じですし、私たちはそのお手伝いをしています。


藤川太(ファイナンシャルプランナー)

お金の管理が上手な人は、仕事などの自己管理も上手なことが多いものです。心のコントロールの方法は、どちらも同じだからでしょう。お金の管理ができるように努力していれば、仕事やプライベートも好転するかもしれません。


大西紀男

どん底にあって社員がついてきてくれたことが一番嬉しかった。


加賀見俊夫

東京ディズニーランドの歴史の中では、廃止・縮小したアトラクションも少なくありません。それぞれのアトラクションを個別の事業に見立てれば、危ないと思った時に撤退する勇気も必要です。


大山健太郎

19歳の時からオーナーとして当社を経営してきて、モノ作り、営業、管理……と、私は常に会社全体を見てきました。だから、「全体最適化」がまず先にあり、その前提で「部分最適化」を考える癖がついています。


アルベルト・ザッケローニ

ピッチの中でのことは当然大切ですが、同じようにピッチの外でのコミュニケーションもすごく大切にしています。ピッチの外でメンタル的にどんなことを思っているのか。その情報を集めるのは大切だと思っています。ただ代表チームが一緒に集まる時間が限られていますから、自分が思っている成功のイメージを選手たちに植え付けていかないといけないでしょう。逆に選手からも声をかけてもらいたいと思っています。トレーニングの後に選手から質問をされることがありますが、そういった現象がもっと起きてくれればいいな、と思っています。


藤田晋

自分に自信がないとデータに頼りたくなりますが、そんなデータで取り繕った根拠は、ビジネスでは通じません。「自分が最終責任者だったら、どんな判断をするだろうか」。そのぐらいの責任感を持って、データと向き合ってください。


スティーブン・コヴィー

人生で唯一最大の結果を生み出す投資は、自分自身に投資することだ。つまるところ、人生に立ち向かうため、そして貢献するために仕える道具は、自分自身しかないのであり、自らの業績はすべて、その道具を活用してつくり出すものである。


エマニュエル・プラット

マーケットごとの特色を把握して、それに合った店づくりをすることが大切です。


なかにし礼

がん治療は様々あり、選択するのは、あくまでも患者自身の意志だ。


若尾裕之

恋愛上手とは、話し上手ではなく、聴き上手。話す時間は自分が2割、相手が8割ぐらいの気持ちで臨みましょう。自分から話すのではなく、相手と自分との共通点がないか、相手にどんな良いところがあるのかを質問し、相手を理解していくことが重要です。気持ちよく話を聴いてもらえる人だと思われたら、恋愛はきっとうまくいくはずです。


豊田章一郎

ものの事実は手でつかむことだ。読むだけ、見るだけではわからない。


ページの先頭へ