名言DB

9419 人 / 110788 名言

坂本龍一の名言

twitter Facebook はてブ

坂本龍一のプロフィール

坂本龍一、さかもと・りゅういち。日本の作曲家、音楽プロデューサー。東京都出身。幼少期から作曲を学び、東京芸術大学在学中からスタジオミュージシャンとして活動を開始する。イエロー・マジック・オーケストラ(Y.M.O.)に参加し、テクノブームを牽引し人気ミュージシャンとなった。その後、ニューヨークに移住し、プロデューサーやアレンジャー、映画音楽の作曲などを手掛ける。映画「ラストエンペラー」で日本人初のアカデミー賞作曲賞を受賞。主な代表曲に「メリー・クリスマス・ミスター・ローレンス」「ジ・アザー・サイド・オブ・ラブ」「エナジー・フロー」など。

坂本龍一の名言 一覧

人間は自分で自分に無理難題を出すことはない。けれど、他人はやるんです。


100年後にも人々に聴かれている音楽をつくること。自分を漱石と比較する気はないけれど、漱石が死んだ年をとっくに過ぎてしまったことに忸怩たる思いがある。


売上を伸ばしてやろうとか、一位になってやろうなんてまったく考えずに作った曲がたまたまヒットしただけ。その前にそんな努力をした時期もあったんですけど、それはぜんぜん実らなかったのにね(笑)。あれで逆に、結局僕の場合、そういう努力は無駄なんだなあということを突き付けられました。
【覚書き|「エナジーフロー」が初のオリコン一位を獲得したときを振り返っての発言】


あのころは、1日16時間くらい仕事しても全然平気でした。僕をマネジメントしてる人たちが体調崩してバタバタ倒れていく中で、僕だけが馬並みの体力で、事務所の人が「あいつにトリカブトを飲ませて、カラダを弱らせろ」って言ってたくらい。自分のことしかなかった。でも30代はそれでもいいんじゃない。いずれできなくなる日が来るから。
【覚書き|ラストエンペラーでアカデミー作曲賞を受賞したころの状況について語った言葉】


スタジオにいると、クイーンのギタリストがひとりでギター抱えてやってきたり、エレベーターで隣になったおじさんがボブ・デュランだったり(笑)。もしあのまま日本にいたら、偉い人になっちゃって、自分が一番嫌いなタイプの人間になっちゃってたかもしれません。


向こうに行って本当によかったなと思ったのは、すべてをひとりでやらなければならなくなったこと。英語もろくにしゃべれなかったから、郵便局で手紙を出すのにもオドオドしていて、「もっとデカい声で言えよ!」って郵便局員に怒鳴られて、ますます焦ったり。そんなことを繰り返すことが、自分を取り戻す作業になっていた。
【覚書き|ニューヨークに移住した当時を振り返っての発言】


坂本龍一の経歴・略歴

坂本龍一、さかもと・りゅういち。日本の作曲家、音楽プロデューサー。東京都出身。幼少期から作曲を学び、東京芸術大学在学中からスタジオミュージシャンとして活動を開始する。イエロー・マジック・オーケストラ(Y.M.O.)に参加し、テクノブームを牽引し人気ミュージシャンとなった。その後、ニューヨークに移住し、プロデューサーやアレンジャー、映画音楽の作曲などを手掛ける。映画「ラストエンペラー」で日本人初のアカデミー賞作曲賞を受賞。主な代表曲に「メリー・クリスマス・ミスター・ローレンス」「ジ・アザー・サイド・オブ・ラブ」「エナジー・フロー」など。

他の記事も読んでみる

畑村洋太郎

メモは書きとめたことを仕事に活かすのが本来の目的です。メモを取ることに一生懸命になるよりは、相手の話をちゃんと聞いたり、じっくり観察したほうがいいですね。


酒巻久

朝起きたら風呂掃除をして、洗濯機を回し、時間があるときは干すのも私がやります。帰ってから洗濯物を畳むのも私の役目。女房に頼まれたことを断わってケンカになってもストレスが溜まるだけでしょう(笑)。家庭も職場と同じで、相手をよく観察して、お互いの意見を尊重しなくてはいけませんよ。


堀之内九一郎

うちの会社の新人採用で私が面接する場合、その面接時間は5分以内です。向き合って座って「いままでどういう仕事をしてきたんですか?」「どうして、この会社に入りたいんですか?」と、これくらいの話をすれば、どんな人材か、勘ですぐにわかります。どうしてわかるのか、それを言葉で説明するのは難しいんですが、あえていうなら、その人が持っているオーラのようなものを感じ取るとしかいいようがない。オーラはいい意味で使うことが多いですが、負のオーラもあります。良くも悪くも、それぞれの人が醸し出す雰囲気や人間性のようなものには、どうやっても覆い隠せないものがあるんです。


魚谷雅彦

マーケティングは企業経営そのもの。


窪山哲雄

社長である私が部長のように働いたことが大きかったでしょう。通常はほかの役員や部長クラスが出向くところを、社長である私が動いたということです。仮に課長であるなら、顧客や取引先に相対するときには、係長や主任の働きをする。そうすることで、相手との距離は一気に縮まり、信頼関係も深まります。
【覚書き|フランスの有名レストラン「ミシェル・ブラス」に出店してもらうことに成功した時を振り返っての発言】


辻庸介

ベンチャー企業が、大企業では得にくい成長の場を提供できなくなったら危ない。活力を失ってしまう。だから、自分たちのような生まれて間もない企業でも、新規事業への取り組みが大切なんです。


飯田敏(ファイナンシャルプランナー)

これから資産運用を始めるということであれば、まずは家計の状況や毎月の収支がどの程度黒字なのか、赤字なのかを把握してください。その上で、お金に色を付けていく。使う目的ごとに区別するということです。いくつかの資産に分散して投資をする場合も、この色付けが済んでいるとスムーズです。子供の教育資金など必ず近いうちに必要になるお金と、数十年後のための備えでは、リスクの許容度も変わってきます。


松田丈志

アテネ五輪が、僕の成長スピードを上げた最初のターニングポイントになりました。400m自由形で日本人として40年ぶりに決勝進出を果たしましたが、帰国した成田空港で報道陣のフラッシュや歓声を浴びているメダリストたちの姿を見て、五輪とは、メダルを獲得しなければ居心地が悪いものなのだと感じました。メダルを獲れない悔しさを初めて味わったんです。


石塚しのぶ

企業が独自の「価値観」を明確化して働く人がこの価値観を共有し、それを物差しとして判断や意思決定をしていくことが必要になる。この「価値観」というのが企業文化の基石になります。


小林道寛

組織を一枚岩にできたら、すごい力を発揮する。一人の天才を育てるより、優れた指導者を増やすことで会社の力を上げる。