名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

坂本龍一の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

坂本龍一のプロフィール

坂本龍一、さかもと・りゅういち。日本の作曲家、音楽プロデューサー。東京都出身。幼少期から作曲を学び、東京芸術大学在学中からスタジオミュージシャンとして活動を開始する。イエロー・マジック・オーケストラ(Y.M.O.)に参加し、テクノブームを牽引し人気ミュージシャンとなった。その後、ニューヨークに移住し、プロデューサーやアレンジャー、映画音楽の作曲などを手掛ける。映画「ラストエンペラー」で日本人初のアカデミー賞作曲賞を受賞。主な代表曲に「メリー・クリスマス・ミスター・ローレンス」「ジ・アザー・サイド・オブ・ラブ」「エナジー・フロー」など。

坂本龍一の名言 一覧

人間は自分で自分に無理難題を出すことはない。けれど、他人はやるんです。


100年後にも人々に聴かれている音楽をつくること。自分を漱石と比較する気はないけれど、漱石が死んだ年をとっくに過ぎてしまったことに忸怩たる思いがある。


売上を伸ばしてやろうとか、一位になってやろうなんてまったく考えずに作った曲がたまたまヒットしただけ。その前にそんな努力をした時期もあったんですけど、それはぜんぜん実らなかったのにね(笑)。あれで逆に、結局僕の場合、そういう努力は無駄なんだなあということを突き付けられました。
【覚書き|「エナジーフロー」が初のオリコン一位を獲得したときを振り返っての発言】


あのころは、1日16時間くらい仕事しても全然平気でした。僕をマネジメントしてる人たちが体調崩してバタバタ倒れていく中で、僕だけが馬並みの体力で、事務所の人が「あいつにトリカブトを飲ませて、カラダを弱らせろ」って言ってたくらい。自分のことしかなかった。でも30代はそれでもいいんじゃない。いずれできなくなる日が来るから。
【覚書き|ラストエンペラーでアカデミー作曲賞を受賞したころの状況について語った言葉】


スタジオにいると、クイーンのギタリストがひとりでギター抱えてやってきたり、エレベーターで隣になったおじさんがボブ・デュランだったり(笑)。もしあのまま日本にいたら、偉い人になっちゃって、自分が一番嫌いなタイプの人間になっちゃってたかもしれません。


向こうに行って本当によかったなと思ったのは、すべてをひとりでやらなければならなくなったこと。英語もろくにしゃべれなかったから、郵便局で手紙を出すのにもオドオドしていて、「もっとデカい声で言えよ!」って郵便局員に怒鳴られて、ますます焦ったり。そんなことを繰り返すことが、自分を取り戻す作業になっていた。
【覚書き|ニューヨークに移住した当時を振り返っての発言】


坂本龍一の経歴・略歴

坂本龍一、さかもと・りゅういち。日本の作曲家、音楽プロデューサー。東京都出身。幼少期から作曲を学び、東京芸術大学在学中からスタジオミュージシャンとして活動を開始する。イエロー・マジック・オーケストラ(Y.M.O.)に参加し、テクノブームを牽引し人気ミュージシャンとなった。その後、ニューヨークに移住し、プロデューサーやアレンジャー、映画音楽の作曲などを手掛ける。映画「ラストエンペラー」で日本人初のアカデミー賞作曲賞を受賞。主な代表曲に「メリー・クリスマス・ミスター・ローレンス」「ジ・アザー・サイド・オブ・ラブ」「エナジー・フロー」など。

他の記事も読んでみる

宮内義彦

市場経済のもとでは、すべての力を顧客に向けていかなくてはなりません。顧客に向かうことを阻害するような組織や権限規定は、その時々に変える必要があります。しかし、本当に変えなくてはいけないのは社員の考え方です。社員の頭がいっこうに企業の内側を向いたまま変わらないとすれば、企業全体の成果とはなり得ません。


松本誠也

社長はみんなの意見を最善の方向へまとめる最高のコーディネーターであるべきです。その際重要になるのは企業の向かっている方向を明確に、かつ、理論的に説明できるか否かです。経験だけではなく、理論武装は欠かせません。


秋元義彦

パンづくりの修行後、栃木に戻り父と始めたパンの移動販売は、とても好評でした。しかしパン業界はその後、苦戦を強いられます。かつてパン屋の競合はパン屋でしたが、それが変わり始めたのです。まず、パンよりもスナック菓子でお腹を満たす人が増えた。また、若い人の食事が一日三回から二回に減少。さらに、ファストフード店が台頭しました。そして、今のパン屋の最大の競合はコンビニです。店舗の近くにコンビニができると、経営はきわめて厳しくなる。そのため、まちのパン屋さんには、「プラスアルファの発想」が必要です。


寺尾玄

音楽の世界では当たり前のことが家電の世界では当たり前になっていないこともある。たとえば、音楽の世界では「この曲はポップか?」とよく考えます。「ポップ」とは、みんなが「これはいい!」と思う感覚のこと。ポップでない曲は多くの人から支持されず、絶対に売れません。これは家電も同じで、ポップではない家電は売れない。それなのに、家電の世界で「この商品はポップか?」と考える人はほとんどいないのです。


糸井重里

大事なのは、アウトプット(実践)の回数を重ねること。そうする中で失敗も経験するでしょうが、そこから学んで次につなげられることはたくさんある。


村上春樹

身体を鍛えていることもそうですけど、僕にとっての翻訳って、いまよりほんのちょっとでもよい小説を書くために続けてきたものなんです。


伊藤明(伊東屋)

思いついたら、さっと書けるのは紙ならでは。我が社の商品企画室は厳しくて、社長の提案も簡単には通らない(苦笑)。ふと浮かんだ良いアイデアを逃さないように、ノートはいつも手元に置いています。


名越康文

有益な交流はどんどんすべきです。人に会って触発されるのは本を何冊も読むのに匹敵する学びがあります。ただし、本当にお互いが高め合える相手、勇気づけられる相手、触発される相手と時間を過ごしているかをしっかりと見極めることです。あえていいますが、そこは「利用価値」にこだわっていいと思う。尊敬できるところがある、見習いたいなと思っている、一緒にいるとスカッと気分が晴れる。そういう人だけを選んで、有益な人づき合いに時間を使うことです。


滝久雄

人生を充実させる仕事に邁進するためにはポイントがあると思います。まず、自分が本気になれるライフワークとなる仕事を設定すること。しかも、きちんとした社会性を持った仕事でなければ絶対に長続きしません。単なる金儲けの手段や、一時的なブームに便乗するようなビジネスでは、仕事を本気で楽しめないでしょう。


小田禎彦

相手の喜びを自分の喜びのように感じるホスピタリティーの精神は、お客様の笑顔を見た時に「お役に立ててうれしい」と自然に思う心そのものです。


池田欣生

美と健康は切っても切れない関係なんです。身体のメカニズムを知ることは本当に大切なことだと思いますよ。最近はダイエットで糖質制限をする人が増えていますが、最近の研究では、糖質制限をやりすぎると心筋梗塞になる確率が高くなることも分かってきました。だから、もっと医学的な研究を進めていく必要があると思いますし、ウォーキングにしても歩き方を習ったことのある人なんてほとんどいないでしょうし、洗顔だって顔の洗い方を習ったことのある人はほとんどいないと思います。


村田昭治

一丸となって組織の機動力を発揮するには、トップが深い勉強をしていなければ社員はついてこない。上の人間は下から実によく見られているものだ。