名言DB

9412 人 / 110637 名言

坂本龍一の名言

twitter Facebook はてブ

坂本龍一のプロフィール

坂本龍一、さかもと・りゅういち。日本の作曲家、音楽プロデューサー。東京都出身。幼少期から作曲を学び、東京芸術大学在学中からスタジオミュージシャンとして活動を開始する。イエロー・マジック・オーケストラ(Y.M.O.)に参加し、テクノブームを牽引し人気ミュージシャンとなった。その後、ニューヨークに移住し、プロデューサーやアレンジャー、映画音楽の作曲などを手掛ける。映画「ラストエンペラー」で日本人初のアカデミー賞作曲賞を受賞。主な代表曲に「メリー・クリスマス・ミスター・ローレンス」「ジ・アザー・サイド・オブ・ラブ」「エナジー・フロー」など。

坂本龍一の名言 一覧

人間は自分で自分に無理難題を出すことはない。けれど、他人はやるんです。


100年後にも人々に聴かれている音楽をつくること。自分を漱石と比較する気はないけれど、漱石が死んだ年をとっくに過ぎてしまったことに忸怩たる思いがある。


売上を伸ばしてやろうとか、一位になってやろうなんてまったく考えずに作った曲がたまたまヒットしただけ。その前にそんな努力をした時期もあったんですけど、それはぜんぜん実らなかったのにね(笑)。あれで逆に、結局僕の場合、そういう努力は無駄なんだなあということを突き付けられました。
【覚書き|「エナジーフロー」が初のオリコン一位を獲得したときを振り返っての発言】


あのころは、1日16時間くらい仕事しても全然平気でした。僕をマネジメントしてる人たちが体調崩してバタバタ倒れていく中で、僕だけが馬並みの体力で、事務所の人が「あいつにトリカブトを飲ませて、カラダを弱らせろ」って言ってたくらい。自分のことしかなかった。でも30代はそれでもいいんじゃない。いずれできなくなる日が来るから。
【覚書き|ラストエンペラーでアカデミー作曲賞を受賞したころの状況について語った言葉】


スタジオにいると、クイーンのギタリストがひとりでギター抱えてやってきたり、エレベーターで隣になったおじさんがボブ・デュランだったり(笑)。もしあのまま日本にいたら、偉い人になっちゃって、自分が一番嫌いなタイプの人間になっちゃってたかもしれません。


向こうに行って本当によかったなと思ったのは、すべてをひとりでやらなければならなくなったこと。英語もろくにしゃべれなかったから、郵便局で手紙を出すのにもオドオドしていて、「もっとデカい声で言えよ!」って郵便局員に怒鳴られて、ますます焦ったり。そんなことを繰り返すことが、自分を取り戻す作業になっていた。
【覚書き|ニューヨークに移住した当時を振り返っての発言】


坂本龍一の経歴・略歴

坂本龍一、さかもと・りゅういち。日本の作曲家、音楽プロデューサー。東京都出身。幼少期から作曲を学び、東京芸術大学在学中からスタジオミュージシャンとして活動を開始する。イエロー・マジック・オーケストラ(Y.M.O.)に参加し、テクノブームを牽引し人気ミュージシャンとなった。その後、ニューヨークに移住し、プロデューサーやアレンジャー、映画音楽の作曲などを手掛ける。映画「ラストエンペラー」で日本人初のアカデミー賞作曲賞を受賞。主な代表曲に「メリー・クリスマス・ミスター・ローレンス」「ジ・アザー・サイド・オブ・ラブ」「エナジー・フロー」など。

他の記事も読んでみる

宮内義彦

M&Aは経済全体が低成長の中でも縮小均衡せずに収益の拡大を可能とする手法のひとつです。M&Aだけに依存するのは問題ですが、経営の中にM&Aを取り込むことで戦略の幅が広がるのは間違いありません。M&Aを有利に進めるためには、経営内容に優れ、結果として高い株価が実現していなければならないのです。


吉川稲美(吉川稻)

今の会社を起業するきっかけは、海外からの帰国子女や語学留学経験者の就職相談を受けていたことからです。当時、語学を学ぶため海外留学がブームでした。しかし、今と違い日本へ戻ると再就職が難しい時代だったのですですから、語学を勉強してきた方を活かしてあげられたらと思い34歳の時に吉香を設立しました。


エバ・チェン(経営者)

顧客の欲求を100%満足させることは不可能ですが、我々は終わりのない努力を続けていく。


小飼弾

はじめから自分の個性に気づいている人はほとんどいません。人はどうやって個性を知るのか。出発点はパクリです。


豊臣秀吉

露と落ち、露と消えにし、わが身かな。難波のことも、夢のまた夢。【覚書き|秀吉の辞世の句。絢爛豪華な大阪城を築き天下を統一した自分も、朝露のように生まれ、そして朝露のように儚く死んでいくという無常を詠んだ一句】


西村貴好

自分の話を熱心に聞いたうえ、「いまのメモとらせてもらっていいですか?」なんて言われたら嬉しいですよね。「聴く」ことが相手の行動を肯定することにつながり、「褒める」に直結するわけです。


石川康晴

仕事の失敗は避けられません。失敗を失敗で終わらせないように組織で問題点を共有できる方が、よほど有益な財産になる。


飯田久恵

不要なモノを捨てるときのポイントは3つ。「15分だけやる」「間引きする」「場所を限定する」です。


寺尾玄

私の人生の方針は「燃え尽きること」です。「たき火」はすごくないですか? 最初は勢いよく炎を出して燃え、それが途中で炭になって最後は灰になる。エネルギーになるものを「すべて出し切って」灰になる。その姿に私は「美」を感じます。だから私は、できるできないにかかわらず、燃え尽きると決めています。そのために生きている。だから仕事のジャンルは問わない。燃え尽きることができれば。


久野康成

人生は非効率なところにも意義がある。


大岩俊之

良い本は何度も読むことで自分の血肉となる。そんな本に出合うためにも、まずは読書習慣を身につけましょう。


古森重隆

経営者は優れた独裁者であるべきだ。民主主義で多数決なんてしていたら、いつまでも決まらない。経営者の在任が長い会社に、業績を上げているところが多いのは、リーダーが優秀で判断が正しいから長続きするのではないか。


佐藤可士和

仕事は依頼を受けて、クライアントの経営者や現場の責任者の方とじっくりと打ち合わせをすることがほとんどです。独立する前の博報堂時代は競合コンペをやることもありましたが、いまはほとんどやっていません。もともと競合コンペはあまり好きではありませんし、僕のような仕事のスタイルの人間には向かない形式だと思います。


辻村深月

メフィスト賞出身ということもあり、初期の私はミステリー作家として認知してほしい気持ちが強かったんですよね。物語として多少不自然になっても、ミステリーとしてのフェアさや美しさを重視していましたし。でもデビューから13年経ち、自分はミステリーというおうちに対しては分家の立場なのかもしれない、と気が付いた。跡継ぎの重圧がない分、自由で気楽な立場だけど、本家に一大事があれば駆けつけたい(笑)。正当な本格ミステリーを書かねばという重圧から解放された今、物語としての完成度を優先させつつ、ミステリー要素を取り入れられるようになりました。


松井忠三

お客様の声から新しい商品を開発するだけではなく、一度売り場から消えた商品を復活させることもあります。360度全部開くダブルリングノートはあまり売れずに何回か廃盤になっているのですが、一定のファンから強い要望が多かったので今は残っています。