坂本雅明の名言

坂本雅明のプロフィール

坂本雅明、さかもと・まさあき。「富士ゼロックス総合教育研究所」研究室長。上智大学卒業、一橋大学大学院でMBAを取得、東京工業大学大学院博士後期課程修了。NEC、コンサルティングファームなどを経て「富士ゼロックス総合教育研究所」研究室長。著書に『戦略の実行とミドルのマネジメント』。

坂本雅明の名言 一覧

上司を動かすには、「こまめに上司の意見を聞く」ことが大事。忙しい上司にあまり意見を求めてはいけない」という勘違いをしている人は多い。上司は逆に、こまめに意見を求めてほしいと考えている。企画書であれば、ドラフト段階から上司の意見を求めていれば、それだけでグッと通りやすくなる。


大前提として私たちは1人では成果を出せません。20代は部分的な仕事を与えられて、それをしっかりこなせば成果と見なされますが、30代以降はそうもいかない。主任、係長、課長と出世していけばいくほど、会社からの期待も変わってくる。周りを巻き込んで、より大きな仕事をすることが求められてくる。


坂本雅明の経歴・略歴

坂本雅明、さかもと・まさあき。「富士ゼロックス総合教育研究所」研究室長。上智大学卒業、一橋大学大学院でMBAを取得、東京工業大学大学院博士後期課程修了。NEC、コンサルティングファームなどを経て「富士ゼロックス総合教育研究所」研究室長。著書に『戦略の実行とミドルのマネジメント』。

他の記事も読んでみる

米山公啓

10代や20代の若い頃は脳が進化し続けるけれども、年齢を重ねると脳は進化しなくなる、と一般的には思われているようですが、医学的には正しくありません。脳は年齢に関係なく進化し続けるというのが、今の脳科学の考え方です。もちろん、子供の脳のほうが大きく変化するのは間違いありません。歳を取ると脳細胞が減り、変化しづらくなるというのも事実です。しかし、死ぬまで脳は変わり続けます。


柿木隆介

悩みは先延ばしするのではなく、逃げるのでもなく、進んで解決のために動く。これが悩みを「いいストレス」として成長の糧に変える唯一の方法。


藤本秀朗

当社ではフェアな人事評価を行うために、経営陣に親族を一切入れないということを、設立当初から社の規則として決めていた。だから、当社の創業以来のメンバーは皆、自社株を持っていて、株式上場でそれこそ億万長者になった。


吉永賢一

ビジネスマンであれば、読書の大きな目的は「自分を成長させてステージをあげる」ということになるでしょう。仕事を通じてもステージをあげられますが、日々の業務では接することのない多様な情報や考え方に触れることで、自分を今より上のレベルへと引き上げやすくなります。


安渕聖司

大きな危機的状況を経験するほど、想定の幅が広がります。


村形聡

中小企業の中には、社員の就労時間や働き方を自由にする会社などがありますが、これは自由である反面、ルーズだとも言えます。そういった会社では、時間を守ってコツコツ真面目に働く社員は逆に愛想を尽かしてしまうということです。このときは本当に大企業のようなルールが必要なのだと痛感しました。一見面倒な大企業のルールは、大勢のスタッフがスムーズに仕事をするために、必要不可欠な仕組みだったことに気がつきました。


諸富祥彦

理由や気持ちに目を向けるということ自体、もう逃げてしまっているんですね。僕も掃除が苦手強のですが、「今日はちょっと違うなあ」なんて言っている間にどんどん時間がたってしまう。行動心理学では、気持ちに目を向けるのが間違いだとしています。内面に目を向けず、行動面だけに目を向けるのがコツです。


南場智子

社内に高学歴の人が多くなってきましたが、リスクもあります。解答欄があって正解を言い当てて褒められることに慣れている人を間違って採用すると、ベンチャーは解答欄がない世界なので通用しません。


永守重信

最初は10の困難がやってくる。それを乗り切れば次は20の困難を乗り切れる。次は30はいけます。何にも経験していないと分からない。だからやっぱり強くなるには挫折が必要です。


グスタフ・二世・アドルフ

私は自分でやってみなければ良くできたと信じない性格だ。何ごとも自分の目で確かめなくてはすまない。


岡村勝正

私どもは第一に発毛という結果を求めて、日々発毛システムのご提供はもちろん、さらなる研究も行っているところです。髪が生えるという結果がすべてなのです。


土合朋宏

マーケティング的な視点では、まず「客(相手)の立場」からニーズや新しさを見つけるといい。こんな時にこそ、自分にない考えを持つ人の意見が力になる。


熊平美香

リフレクションという言葉をご存じでしょうか。日本語でいうと内省力。自らを振り返ることです。日本人の多くはその大切さを意識していませんが、リフレクションができる人材こそが今後活躍できると思っています。


松本晃(経営者)

世の中にはいろいろな楽しみがありますが「一番面白い」と思ったのは仕事です。仕事は頭も使うし、リスクや失敗もある。エキサイティングです。私にとって仕事は、ほかの趣味よりずっと面白いもの。


柴田トヨ

年を重ねると人の優しさに敏感になり、わかってくる。もらった思いやりは身に染みこませ、大事にしまっておく。すると、自分がいかに生かされてきたかが感じられる。


ページの先頭へ