名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

坂本朝夫の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

坂本朝夫のプロフィール

坂本朝夫、さかもと・あさお。日本の経営者。漆メーカー「坂本乙造商店」社長。上智大学理工学部卒業。坂本乙造商店3代目社長を務めた。

坂本朝夫の名言 一覧

全部が私の趣味、それが仕事になる。依頼主からは、詳しいね、じゃ任せるとなる。そう言わせるまで、のめり込むことが大事。


伝統を残したいから、新しいことをするんだ。


世の中には、自分と同じ価値観、趣味の人は必ずいるんだから。もし売れないなら、まだまだ自分が未熟だということ。世界が認める最高級品を日本はつくれるんだよ。中小でも零細企業でもね。


専門職人が分業してつくり上げる漆器の工程を身につけるのは一生かかってもムリ。それなら、私のやり方で、全部自分でつくれるようにしようと。ほかではやらない、自分が欲しいモノだけをつくろうと決めた。


伝統文化ってすごく良いものだと思います。ただ、「良いもの」と「自分が所有して使いたいもの」には少しズレがあると思います。漆製品も、やっぱり使ってもらってなんぼですよね。だから、今後も使えるところにどんどん登場させていきたい。


日本の伝統産業って、わき目もふらずにその道一筋、が基本的なあり方なんですね。それはそれで素晴らしいと思うのですが、ヨーロッパ諸国は、自分の伝統を守るためには、自分の稼ぐ道を見つける、というのが基本スタンスなんですね。例えば、ワイングラスで有名なリーデルは、レーダー用のブラウン管を開発していました。衛生陶器で有名なビレロイ&ボッホの社長は、衛生陶器は本業じゃないんだって言うんです。本業は陶器の人形や食器だと言うんですね。自分が残したいアイデンティティとしての伝統と、それを残すため、稼ぐための仕事を、うまくバランスをとることがとても大切だということに気づきました。


坂本朝夫の経歴・略歴

坂本朝夫、さかもと・あさお。日本の経営者。漆メーカー「坂本乙造商店」社長。上智大学理工学部卒業。坂本乙造商店3代目社長を務めた。

他の記事も読んでみる

鎌田浩毅

文書に数字や図表といったデータを入れ込む場合は、数字や図表がなくても意味がわかる文章を書くことが先決です。ときどき数字や図表が唐突に登場した印象を与える文章を見かけることがあります。それは文章ありきで構成を固めていないからです。個条書きでもいいので、一度、文章で表現してから数字や図表で代替すると、読み手にもデータの位置づけが明確に伝わるはずです。


加藤俊徳

脳は使うことによって成長します。経験、刺激が加わることによって、脳の中身・質が変わるのです。ですから、脳をどんなふうに使ってきたか、脳に対してどんな経験、刺激を与えてきたかによって、人それぞれ臓器としての脳の中身・質は大きく異なっています。脳は、いわば個性のある臓器なのです。


杉本勇次

コンサルはどんな企業に対してもコンサルするが、結果にはコミットしないし、それでいいかもしれない。だが我々は結果を出さないと、投資リターンが得られない。だからどんな企業でも投資対象になる、というわけではない。ポテンシャルのある企業を選ぶ。製品力、サービス力を分析し、その産業が成長しているのかどうか、その会社の何が支持されているのか、などで判断する。エッジが立っている企業の方が魅力的で、他社との差別化がしにくいケースは厳しい。


川越達也

商品プロデュースの案件では、依頼してくださった企業さんに利益を生み出すのが僕の仕事です。単に商品を企画し、開発すればいいのではなく、できた商品を店頭でお客様に手に取っていただくまでが仕事であるといってもいいでしょう。


大葉ナナコ

自分でできることは何もないと思い込むと、他人任せになりがちです。私はもっと自分自身で安心感を醸成するセルフケアの方法や、妊娠出産を通して自分がどう成長できるのかを知りたかった。「お任せ」ではもったいないと思いました。
【覚書き|出産前に情報を集めたときを振り返っての発言】


古川裕倫

謙虚に学びつつ、同時に粘り強く提案を続けていくことで、私の話に徐々に耳を傾けてくれる人が増えていきました。
【覚書き|ホリプロ時代を振り返っての発言】


鳥居祐一

稼げる人と、稼げない人の違いは、ひと言で言えば「性格」ですね。たとえばせっかく優れたテクニックを学んでも、すぐ感情的になる性格では、投資しても我慢できませんし、協力者も寄ってきてくれません。結局、テクニックの前に、自分の性格を直さないとダメなんです。


坂口英治(経営者)

コミュニケーションを改善して、個の力を組織の力に変えていけば、ビジネスがさらに拡大していく。


心屋仁之助

会社員時代、当時の年収約1200万円を捨てるのは恐怖でした。だから、自分のやりたいことに気づかぬようにし、諦めていたのです。ただ、定年まで死んだような毎日を過ごすのも嫌でした。そこに気づいてから恐怖と諦めを徹底的に排除したんです。すると、天秤が反対側に乗っていたやりたいことの側に自然と傾きました。


星野佳路

誰しもが「無理だ」と思っていることを、悔しいから何とか成し遂げる。このことを繰り返すうちに、周囲の評価が少しずつ変わってきました。一目置かれるようになったのです。


大野直竹

我々が売る建物は、100円200円で買えるものじゃない。デパートで灰皿を買ってくるとか、そういう類のものではないんだから、結局お客様が選ぶときは、一生懸命をお選びになる。そうすると、この人は信用できるな、この人は熱意があるな、この人は若いけど違うなという人を選んできます。だから、あまり近視眼的に考えないこと。人間を磨きなさいと。若い人にはそう話しかけています。


吉江勝

思い込み次第なんですよ。「俺はトップ営業マンだ」と常に演じて仕事をすると、実際にうまくいった。「デキる」「売れる」と考えていると、自然に顔つきも言葉もそうなるんです。