名言DB

9412 人 / 110637 名言

坂本春之の名言

twitter Facebook はてブ

坂本春之のプロフィール

坂本春之、さかもと・はるゆき。日本のボディコーディネーター。「プレゼンシング・インスティテュート・ジャパン(PIJ)」社長。中央大学文学部心理学専攻卒業。

坂本春之の名言 一覧

よく、緊張を解くために「肩の力を抜け」と言いますよね。緊張しているから身体がこわばるのではなく、身体がこわばるから緊張するということ。


やる気が出ないときは、瞬時にやる気のスイッチを入れられるよう体を動かすことがおすすめです。体を動かすことで心の状態をコントロールすることが出来るようになります。


坂本春之の経歴・略歴

坂本春之、さかもと・はるゆき。日本のボディコーディネーター。「プレゼンシング・インスティテュート・ジャパン(PIJ)」社長。中央大学文学部心理学専攻卒業。

他の記事も読んでみる

嶋浩一郎

ネットの検索は、物事を深く知ることができますが、新発想にダイレクトにつながらない。


菊川剛

英語を学ぶことは素晴らしいことですが、薄っぺらな人間ではいけません。いわゆる外国かぶれになってしまうのは最悪です。異文化と上手に付き合っていくうえでも、社員にはとくに若いうちにリベラルアーツ(一般教養)を勉強してほしいと思っています。語学力を高めるだけでなく、教養も同時に身につけて欲しいものです。


荒井正昭

今のビジネスモデルは成長がほぼ全ての問題を解決している。今まで通りに経営をしていても成長すると思うが、それでは面白くない。プラスアルファを加えて1兆円企業を目指す。


中山哲也

私が考えたのは、この会社は何のためにあるのかということです。工具を売るということは、エンドユーザーであるモノづくり現場のお役に立つということが大事だろう。そのために「頑張れ!! 日本のモノづくり」というキャッチフレーズをつくりまして、これが当社の存在意義であると定義づけました。そこから全国各地に営業拠点を置くとか、物流施設を構えるとか、今後やらなければいけないことを書き出しまして、それをひとつひとつ実現してきたということです。お金儲けや効率のことだけを考えて経営していたら、ここまで会社が成長することはなかったと思います。


ハンス-ポール・バークナー

海外勤務をする人には、日本人が集まる場所に住むのではなく、現地の人たちと積極的に交じり合って欲しい。その土地の社会に参加してもらいたい。「言うは易く、行うは難し」ではありますが、もう逃げることはできないと思った方がいい。


落合陽一

(技術の進化によって)労働者が切られるという話ですが、そこで必要となるのは単純な肉体労働ではなく、もう少し付加価値の高い労働になります。高度なケアが必要な仕事を、今の介護業界の人材では充足できないはずなんです。つまり、今の人たちの職がなくなるからと言って、雇用全体が減るという話とはまた違う、介護が最低限の肉体労働ができる人が働ける職場という概念ではなくなるということです。


蛭子能収

プロの漫画家になるとき、会社を辞めて大丈夫かどうか、綿密に計算しましたよ。当面の貯蓄、退職金、失業保険、今後の収入の見込み。見込みは、連載など、確実性の高いものだけを計算しました。それらと1カ月の生活費を比べて、「これなら生活していける」と判断してから辞めたんです。だから、不安はありませんでした。


松本晃(経営者)

いい人と会って、いい話を聞くことで学ぶことも多くあります。そのために積極的にアプローチすることもありますし、講演会に行くこともあります。


東山紀之

安定を求めようとするとハングリー精神が失われてしまいますから、いつもハングリーな若い後輩に日ごろから接する環境にいられる僕は本当に恵まれています。


安藤宏基

たとえ同じ内容を話しても、体験に裏打ちされていない言葉は浮くのです。反対に、体験している人の言葉は重い。


藤田聰

ダイバーシティー(多様性)という言葉が一般的になりましたが、多様性のある働き方に対応するには、何より「人間の理解」が必要です。パーソナリティーは国籍や性差、世代や職種を問いません。まずは自分のパーソナリティーを理解し、そのうえで他者を理解し、リスペクトする。それができる人が社内で高い評価を得ていくのだと思います。


石田淳(コンサルタント)

なぜ、評価することが重要なのかというと、人は「行動→良い結果を得られる」ということがわかると、その行動を続けることができるからです。逆に言えば、良い結果(ここでは評価)を得られなければ、それ以上続かないのです。評価には、昇給や賞与といった「金銭的報酬」と、可視化できない貢献や取り組みを賞する「非金銭的報酬」の2種類があります。このうち、実は後者をうまく使っている会社が、高い生産性を維持しています。


山中伸弥

最初に研究者の柔軟な考え方に触れたのは、日本でのことです。臨床医になるのを諦めて、基礎医学の研究を志し、大阪市立大学大学院医学研究科の博士課程に入り直したのですが、そこで受けた三浦克之先生のご指導がそうでした。研究というのは、仮説を立て、それが正しいかどうかを実験で検証する繰り返しです。ある時、三浦先生が立てた仮説を検証する実験を行なってみると、仮説とは正反対の結果が出ました。普通、自分の仮説が外れたら、がっかりしますよね。ところが、三浦先生は逆にすごく興奮されていたんです。これには驚きました。結局、3年ほどその研究をやらせていただき、それで学位を取得しました。予想外の実験結果に興味を持ち、それによって新たな研究テーマを追究するという私のスタイルは、ここから始まっているといえます。


陰山英男

我が子に読書習慣をつけさせたいと思ったら、親が働き掛けることは重要です。とくにいまは本以外の娯楽がたくさんありますから、親の働きかけがないとなかなか難しいのではないでしょうか。


児玉光雄

価値観や嗜好など、これまでの自分の人生から湧き出たもの、直感で決断したほうが自分の幸せに近づける。