名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

坂本春之の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

坂本春之のプロフィール

坂本春之、さかもと・はるゆき。日本のボディコーディネーター。「プレゼンシング・インスティテュート・ジャパン(PIJ)」社長。中央大学文学部心理学専攻卒業。

坂本春之の名言 一覧

よく、緊張を解くために「肩の力を抜け」と言いますよね。緊張しているから身体がこわばるのではなく、身体がこわばるから緊張するということ。


やる気が出ないときは、瞬時にやる気のスイッチを入れられるよう体を動かすことがおすすめです。体を動かすことで心の状態をコントロールすることが出来るようになります。


坂本春之の経歴・略歴

坂本春之、さかもと・はるゆき。日本のボディコーディネーター。「プレゼンシング・インスティテュート・ジャパン(PIJ)」社長。中央大学文学部心理学専攻卒業。

他の記事も読んでみる

青島広志

感受性を全開にして曲を聴き、良かったか悪かったかをはっきり言えることが大切。演奏から何かを感じ取る力は、人間として最低限必要な力。


鑄方貞了(鋳方貞了)

人を育てるというのは、立派な社会人を育てるのと同時に、経営のわかる人、どんな小さな仕事でも経営的な感覚を持ってできる職業人を育てることです。そのためには、まずしっかりとした経営理念を持つことが先決ではないでしょうか。


藤森義明

リーダーの育成はリーダーが担うべき重要な役割の一つ。


大串亜由美

プレゼンの目的は、聴き手に聞いてもらうことではなく、聴き手を動かすことです。そのためには、プレゼンのオープニングで聴き手に参加してもらうことがポイントになります。「若輩者で恐縮ですが」「話が下手で申し訳ないのですが」といったマイナスのエクスキューズから入ってしまうのは禁物。最初に「話を聞かなくていい理由」を与えてはいけません。そうではなく、「来週の役員会でお役立ていただけるよう、ぜひとも聞いていただきたいお話をおもちしました」というように、「話を聞く理由」を渡しましょう。


森川亮

メンバーと一緒に、「ユーザーが本当に求めているもの」を提案し合い、率直に意見を交わして、時には議論が白熱することもあります。しかし、ケンカはしない。なぜなら、ケンカは「ゼロサム」だからです。つまり、誰か1人が勝ってもチーム全体で見れば無益な争いになる。


玉田俊平太

顧客が求める性能には利用可能な上限があり、その上限はユーザーの能力やインフラの整備状況、法制度などによって制約されているため、時間がたっても変化しないか、変化してもゆっくりとしか上昇しません。


中村久三

新しい技術にどんどん挑戦し、事業の軸足を半導体から液晶パネル、太陽電池向けの製造装置などにシフトしてきました。革新的な技術が、成長の原動力になっています。


ドナルド・トランプ

時として、慎重になりすぎることが最大のリスクになる。


やすひさてっぺい(安久鉄兵)

仕掛けの積み重ねでメディアにも取り上げられ、2010年には会員数が1000人を超えた。これを強みに、大手企業に飛び込み営業をしました。唐揚げに対する熱い思いを熱く語りながら。1000人もの会員がいる怪しげな団体。しかも、テーマは唐揚げ。そのギャップに、多くの企業が興味を持ち、イベントの協賛が取れました。


山本寛斎

日本人は昔から無個性かというと、そんなことはなくて、信長、秀吉の時代は色使いもすごく奔放でした。それが徳川時代になって士農工商の身分制度が定着するにつれて、没個性になっていった。しかし、婆娑羅という言葉もあるように、日本人はもっと自由奔放に近かったと思います。私はそのDNAを色濃く受け継いでいるのです。


石川和男(税理士)

勉強はロールプレイングゲームのように、あの手この手で目的を攻略する営みです。ゲーム感覚で行なえば、決して「苦行」にはならないでしょう。


川田尚吾

お金を出すのがエンジェルの一番の仕事なのですが、私は投資先と一緒に事業を育てることに、会社投資の醍醐味を感じています。そこで価値の高いサービスなりプロダクトを作り、それを世に送り出す手助けができることが何よりも嬉しいのです。