名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

坂本春之の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

坂本春之のプロフィール

坂本春之、さかもと・はるゆき。日本のボディコーディネーター。「プレゼンシング・インスティテュート・ジャパン(PIJ)」社長。中央大学文学部心理学専攻卒業。

坂本春之の名言 一覧

よく、緊張を解くために「肩の力を抜け」と言いますよね。緊張しているから身体がこわばるのではなく、身体がこわばるから緊張するということ。


やる気が出ないときは、瞬時にやる気のスイッチを入れられるよう体を動かすことがおすすめです。体を動かすことで心の状態をコントロールすることが出来るようになります。


坂本春之の経歴・略歴

坂本春之、さかもと・はるゆき。日本のボディコーディネーター。「プレゼンシング・インスティテュート・ジャパン(PIJ)」社長。中央大学文学部心理学専攻卒業。

他の記事も読んでみる

杉山武史

携帯電話事業からの撤退が決まった後、数人のチームにして「彼ら(携帯電話事業に携わった人たち)はこんな技術を持っている」と他の部署に売り込み、必要とされる部署に移ってもらった。事業は切っても人は切らないのが三菱電機だ。


南部靖之

いま喉元過ぎればなんとかでリスク分散について話をする人が減っていますが、これはコストがかかってもしなければいけないことだと思います。


森田勉(経営者)

テンションをあげるためには遊びも大事。遊びを充実させれば、仕事に向かうエネルギーが出てくるし、お客様との雑談にも使えるからね。ただ、遊びが下手だと仕事に悪影響が出かねない。たとえばゴルフで散々な結果だったら、翌日テンションが上がるわけがないからね。そのために、俺は遊びの達人になるよう努めたよ。ゴルフは指にタコができるくらいやったし、仕事が終わってからパチンコ屋に通う日々を3か月続けたこともある。そのほかにも競輪、競馬、麻雀、キャバクラ遊び……。なんでもとことんやったね。


堀田力

一見まわり道のように思えることでも、前向きにやっているときっと糧になっていく。


矢萩春恵

いまの日本人にとって、サムライから連想されるのは切腹する不合理な人間像であって、自らを厳しく律し、精神的にも肉体的にも鍛錬を怠らない武士道の世界はほとんど忘れられているのではないでしょうか。書の世界も同じなのですが、単純で厳しい鍛錬を積みながら自己を鍛えていくことは極めて大切です。


鈴木博毅

会社の風向きはいつ変わるかわからない。数年後には違う勢力地図に変わるというのもよくあること。いま強い方についていってもその先は袋小路かもしれない。現状の勢力関係に囚われずに「あいつは常に会社全体に貢献する考え方をする人間だ」と認められたほうが、誰が上に就いても使ってもらいやすい立場になれる。どの派閥に属しているかよりも、会社全体の利益を考える人間だと思われるような判断を優先すべき。


小澤二郎(経営者)

(小澤家からの社長は3代続いたが)私の後継者は子供にこだわりません。優秀な人が引き継ぐべきです。(大株主の)三菱商事と三井物産からも人を出していただいています。上場会社ですし、株主の期待を考えると、優秀な人がマネジメントをするのが一番いい。


坂本史郎

どうせ生きるなら、密度濃く生き、大きく成長したいもの。密度濃く生きるための一つの方法として、受け身ではなく、能動的に働くというやり方がある。


男鹿和雄

共同で美術監督を担当した「もののけ姫」では、事前に東北の白神山地や岩手の葛根田(かっこんだ)川の上流に取材に行きました。僕は取材を一人でやりたいほうなんですよね。誰かと一緒に行くと喋っている間に大事なものを見落としてしまうかもしれないし。取材では、どこを見るともなくボーッと目の端で捉えた物事が割と役にたつんです。まっすぐに見るよりも目の端で見ているほうが「何となく」の印象が残っていたりしますから。すると、それは風景の周辺を省略する時の手がかりになるんです。


倉本圭造

最先端なものを知っておくことは大事ですが、自分がいる場所、自分が受け継いでいるものから何の関係もなく、流行の後追いをしているだけでは結局、いいカモにされるだけです。一方で、世の中の流れに乗ることを全くあきらめてしまって、毎日縮こまって惰性だけで生きてしまう人もたくさんいる。そのどちらも良くないですよね。


寺門ジモン

今52歳の私が育ってきた日本は、世界に類を見ない平和な国でした。でもこの先それでは済まないことは、様々な識者の予測が、そして私の野性の勘が告げています。ならば一瞬一瞬を大切に、今できることを全力でやっていく。そういう人生の楽しみ方をするしかないじゃないですか。私はそれこそが最も有効なサバイバル法だと思いますね。


西水美恵子

いまの金融を駄目にしているのは、お金の動きだけを見て、お金が何をつくっているのか、何を育てているかまで吟味しないことです。ファイナンスと実経済のリアル、この裏と表をしっかり見ておかないと、いい仕事はできません。