坂本春之の名言

坂本春之のプロフィール

坂本春之、さかもと・はるゆき。日本のボディコーディネーター。「プレゼンシング・インスティテュート・ジャパン(PIJ)」社長。中央大学文学部心理学専攻卒業。

坂本春之の名言 一覧

よく、緊張を解くために「肩の力を抜け」と言いますよね。緊張しているから身体がこわばるのではなく、身体がこわばるから緊張するということ。


やる気が出ないときは、瞬時にやる気のスイッチを入れられるよう体を動かすことがおすすめです。体を動かすことで心の状態をコントロールすることが出来るようになります。


坂本春之の経歴・略歴

坂本春之、さかもと・はるゆき。日本のボディコーディネーター。「プレゼンシング・インスティテュート・ジャパン(PIJ)」社長。中央大学文学部心理学専攻卒業。

他の記事も読んでみる

松下幸之助

戦国時代の武将や、明治の志士たちは皆、10代で見事な働きをしているではないか。君はもう20歳を越えている。大丈夫。きっとできるよ。【覚書き:松下電器金沢出張所の開設を入社2年の20代前半の社員に任せた時の言葉。】


澤田秀雄

お客様に何度も来ていただくためには、つねに新しいイベントをやっていく必要があります。しかも新しいだけでなく、ディズニーランドやUSJがやっていなくて、何度も見たくなるものでないといけない。


小林道寛

弱い部分を補うのではなく、強い部分を強くして特徴ある会社になれば、評価も高まるだろうと考えました。そうしてインフラ基盤の仕事に大きく舵を切り、人材もその前提で集め始めました。その結果、実際にインフラ基盤に強い会社になることができた。


土川健之

私の経験で言えば、仕事をやらされるよりも、自分がやりたいと思うことを仕事にしてしまったほうが楽です。なぜなら、自分に嘘をつかずに仕事をしている時、人間は非常に大きな力を発揮できるからです。


森永卓郎

「将来の不安が消えない」という人には「会社員をしながら副業をすること」を勧めます。今でこそテレビで様々な解説をしている私も、出発点はある「副業」だったんです。私自身は大学を卒業後、日本専売公社、シンクタンク、大学教授と、一貫して「会社員」なんです。と同時に、副業経験も豊富で、結果、いまのような「マルチ評論家」に辿りついていきます。きっかけは、バブル前に買ったマイホーム。ローンを払うと月6万円しか手元に残らず、突然の冠婚葬祭などがあると、とてもじゃないが家計が回らない。そこで技術者向け雑誌でライターの副業を始めたんです。生活がかかっているから締切も必死に守りましたよ。それを続けるうちに信頼が重なり、コネができる。気づけば連載の本数が20本、30本と増えていったんです。


橘玲

アスリートが厳しい競争に向かう時、大きなストレスにさらされますが、ストレスがあるからこそ高いパフォーマンスを発揮できるのも事実です。ロシアの心理学者ユーリ・アナンの「不安と運動能力の関係に関する研究」によると、人にはそれぞれパフォーマンスに効果的な不安レベルがあるそうです。たとえばある選手は不安レベル60の時に最も力を発揮し、ある選手はレベル30くらいの時に最高の成果を上げるのです。これはIZOF(個人の最適機能ゾーン)理論と呼ばれ、アスリートだけでなく、舞台俳優から軍事行動に参加する兵士まで、多くの分野にも応用されています。仕事も同じです。


森山眞弓

私は東大在学中に結婚し、入省後は3人の子育てと仕事の両立に追われました。「男は仕事、女は家庭」が当然視された時代です。男でなければ分からなかったであろう仕事の生きがいと、女でなければ味わえなかった母親の喜び当時では欲張りに思われたことをやり通すには、他人の倍の努力をしなければいけませんでした。


杉田敏

英会話教室を選ぶときは、その人が英会話教室に通うことで、何を得たいかが重要なポイントだと思います。私が講師を担当しているNHKの「実践ビジネス英語」を例にあげると、ここで狙いとしているのは、雑談ができるレベルの英語力を養うことです。


玉塚元一

北海道と沖縄で全然違うのだから、そこにいる人(スタッフ)が「もっとこういう商品が欲しい」などと主体的に戦えなければなりません。


小山龍介

ティッシュ箱は置き場所が定まらない物のひとつです。私がお勧めするのは、ティッシュ箱をガムテープで机に留めてしまうことです。ティッシュ箱のようにかさばる物は、机の下や引き出しの横に貼りつけておけば邪魔にならないし、紛失する心配もありません。ペン立ても同様で、ガムテームで机の上に固定しておけば、いつも同じ場所にあって安心です。


小川仁志

「考えるクセ」も身につけるといいですね。筋トレと同様に、「哲トレ」に励むのです。「1日5分」「1か月1テーマ」で考える2つの哲トレがおすすめです。思考を広げたり、深めたりするには、自分とは異なる価値観を取り入れることも重要です。「他人との対話」の機会も積極的に増やしましょう。


テリー伊藤

その人を叱るよりも先に、その人の良さを引き出すためにはどうすればいいかをもっと考えてあげればいいんじゃないの?


鈴木みゆき(経営者)

私は海外勤務が長く、言語や文化が違う中で、組織をまとめる経験を積んできました。スタッフの個性を活かし、強みを伸ばす組織づくりは、多様性のある環境では非常に有益でした。


殿村美樹

不思議なことに、(プロの描いたものや画像素材よりも)私の下手なイラストの方が好評で、みなさん笑ってくれました。「一生懸命絵を描いてくれたこの人なら、熱心にやってくれるだろう」と、企画も断然通りやすくなりました。だから今はすべて、自分で描くようにしています。手紙でも、便せんに手書きされたものと電子メールとでは、心の伝わり方が違うのと同じなのではないでしょうか。


下村朱美

以前、サロンの向かいで飲食業を営む店主の方から「サロンから出てこられたお客様が皆、笑顔なのはなぜですか」と聞かれたので、「ここへ来ると、皆さん幸せになれるのですよ」とお答えしたことがあります。私たちの仕事は、人に触れるお仕事です。直接触れるからこそ、優しさや丁寧さ、思いやりや励ましなどを、手を通してお客様に伝えられる仕事なのです。社員に話すのですが「私たちの仕事はお客様を笑顔にして送り出すこと。そうすると、お客様は会社や家庭に笑顔で帰り、その笑顔が社員や家族にも広がっていく」ものです。


ページの先頭へ