名言DB

9419 人 / 110788 名言

坂本敦子の名言

twitter Facebook はてブ

坂本敦子のプロフィール

坂本敦子、さかもと・あつこ。日本の人材育成コンサルタント、産業カウンセラー。「プライムタイム」社長。日本航空国際線客室乗務員、BASFジャパンを経て独立。

坂本敦子の名言 一覧

非常事態でも冷静に判断できるように、普段から思考の訓練をしておくことが大事。


仮に自分の意見が採用されなかったとしても、自分の立場を表明することで、たとえ意に沿わない仕事をする結果になっても、もう少し前向きに取り組めるかもしれない。


役職が上に行くほど、売上や損失には敏感に反応しますから数値が効果的。数値が大きければ、重要性と緊急性が高いと判断し、すぐに指示をくれるはずです。


営業電話をかけてもいつも相手は不在。上司に相談したい時に限っていない……。その結果、仕事はいつも後手後手に回り、努力しているわりには成果が出ない。そんな人は能力がないのではありません。タイミングのつかみ方が下手なんです。


「間」がいい人は、相手の機嫌よりも仕事の流れとして「いまだ!」という機を見定めて話しかけている。常に、この仕事は「いつやるのが最も効果的か」という意識で行動しています。しかも、「自分にとって」も「相手にとって」も効果的で、その杜事の「リスクを最小に抑えられる」タイミングを狙って動きます。「いまこれをやらなかったらどんなリスクが発生するか?」と、リスクの大きさを考えて優先順位を決めているのです。


TODOリストを作って、優先順位をつけて……その通りに片づける。でも、それが落とし穴。自分の仕事しか見ていないから、「自分中心の世界」で仕事の順番を組み立てる。上司や部下、取引先との関わりが頭の中からすっぽり抜け落ちているんです。仕事は周りとの連携なくしては、うまくいきません。TODOリストの優先順位のつけ方が周りとの関わりを意識したものでないことも、タイミングが合わない原因の1つです。


タイミングや間がうまくつかめない原因はズバリ、自分の仕事しか見ていないか、周りに目が向いていないんです。ビジネスの現場では、常に状況は変化しています。同じことをしても、その時によって間が悪かったりよかったりは変わってきます。にもかかわらず、状況を見ていないから周りの動きとズレが生じる。自分が一段落した後で上司に相談しようと思ってたのに、いざ声をかけようとしたら上司は外出してしまった、ということが起こるわけです。


坂本敦子の経歴・略歴

坂本敦子、さかもと・あつこ。日本の人材育成コンサルタント、産業カウンセラー。「プライムタイム」社長。日本航空国際線客室乗務員、BASFジャパンを経て独立。

他の記事も読んでみる

田中マルクス闘莉王

父親の方針で、自分は13歳頃から地元の税理士事務所で仕事を始めました。日中は取引先の会社を訪ねて回り、領収書を集めたり、書類の整理をしたり、銀行や税務署に支払いの振り込みに行ったり、事務所の掃除をしたり。そして、夕方から学校です。だから1日中自転車で街全体を走り回っていました。16歳で日本に行くまでの3年間仕事を続け、お金の価値、稼ぐことの難しさ、仕事の大切さを学びました。その経験はプロサッカー選手になってからも自分の考え方の土台になっています。


永持孝之進

人生は会うべき人に、必ずしかるべき時に会える。
運は必ずしかるべき時にやってくる。


泉谷直木

最近では進出している国が増えてきたので、M&Aをした現地企業に一年間出向してもらい、肌で現場を体験してもらっています。出向先ではお客さん扱いをされて、仕事を与えてもらえないことがよくあります。そこで、「自分はこういうことができます!」とアピールし、自分で仕事を生み出していかなくてはなりません。こうした厳しい環境に身を置くことで、変化の激しい時代に国際的に通用する人材を育成できると考えています。


鶴野充茂

情報をゴチャゴチャの状態で渡されてしまうと、それを受け取った相手が整理をしなくてはなりません。当然それでは負担になりますから、相手に聞く耳を持ってもらえなくなる可能性が高い。受け取りやすく整理をしてから話す必要があります。


御手洗瑞子

この地域で続く産業を育て、震災で壊れてしまった暮らしのサイクルを取り戻したい。それは、震災で多くのものが流されてしまった土地に、新たに種をまき、水をやり、木を育て、森をつくるような仕事です。それは長い年月のかかることですし、一社だけでは成し得ないことでしょう。まずは、編み物のような投資の少ない「身軽」な事業が先陣を切りました。このあと、たくさんの事業がこの地に芽生え、地域全体が豊かになっていくことを願っています。


トマス・エジソン

私は耳がよく聞こえない。でもそのために不利になったことはない。むしろ雑音が聞こえなくなって、集中力が増してよかった。
【覚書き|小さいころから難聴であることについて語った言葉】


湯澤忠則

焼き鳥屋という屋号をつけるからといって、ひとつの視点だけで決め付けてしまうのは良くない。40代の男性が思う焼き鳥屋と20代の女性が思う焼き鳥屋は違うわけですし、ファミリー層が思う焼き鳥屋も違う。


立花貴

少子高齢化、過疎化、産業衰退など日本の根本的な課題に取り組むときに、かつての私のように頭でしか考えられない人が増えているように感じます。五感を使わずに都会のオフィスで働いていると、生きるリアリティを失いがちですが、人間には内側からエネルギーが湧き上がる場所があるのです。


吉田松陰

学というものは進まざれば必ず退く。故に日に進み、月に漸(すす)み、ついに死すとも悔(く)ゆることなくして、始めて学というべし。


稲盛和夫

残念ながら、最近の経営者は何かというと「為替の変動で苦しい」とか「マーケットが冷え込んでいて」などという言い訳が先。うまくいかない条件を並べることは簡単ですが、そう思うことが、自分自身を、そして会社を低迷させている元なのです。信念があれば、悪条件を乗り越えてやっていこうという気持ちになれるのです。