名言DB

9429 人 / 110879 名言

坂本幸雄の名言

twitter Facebook はてブ

坂本幸雄のプロフィール

坂本幸雄、さかもと・ゆきお。日本の経営者。エルピーダメモリ社長。群馬県出身。日本体育大学体育学部卒業後、半導体メーカーの日本テキサス・インスツルメンツへ入社。米国本社勤務を経て同社で20年勤務し、日本法人副社長まで勤め上げる。その後、神戸製鋼半導体事業副本部長、神戸製鋼社長補佐、半導体委託製造の日本ファウンドリー(のちのUMCジャパン)社長を経て、エルピーダメモリ社長。

坂本幸雄の名言 一覧

僕は臆病だから、逆にいろんな判断ができるのでしょう。


競争が厳しい世界にあっても、僕の理想は社員が幸せになれる会社です。そんな会社をつくるため、一緒に世界一になりましょう。
【覚書き|台湾メーカーとの合弁会社をつくったときの発言】


不況時は好況時の5倍くらい動き、考えるので、市場が悪いときほどいろんなアイデアが出てきます。精一杯考え、仕事に集中するから逆に今が不況だという閉塞感がなくなります。不況時に本当に動きながら考えた会社が、好況時に強くなれます。イージーに過ごした会社は好況の果実をもらえません。


僕は社員たちと現場の情報を共有したうえで、常に一緒に動きながら考えます。社長室も専用車もなければ、海外出張も一人です。自分としては経営者というより、運動部のキャプテンのような感じです。


右に行くと決断し、間違ったら戻ればいい。そう決めておけば決断することは怖くありません。


学生時代に同じく体育系だった経営者と互いに納得したことがあります。スポーツにはシナリオがなく、思った通りにならないのでじっと座ってではなく、動きながら考えなければならない。ビジネスも同じだと。即断即決で動かないとその間、社員が遊んでしまう。


そのまま残れば、次の社長になる可能性もありました。ただ、自分としては尊敬できる人のもとで仕事をしたかった。年齢的には当時50歳。もう一度、力を試してみようと退社を決断しました。
【覚書き|テキサス・インスツルメンツ日本法人の副社長を務めたのち、同社を退社したときを振返っての発言】


部下の弱い部分については、褒めた後に、ここはちょっとこう変えた方がいいんじゃないかと言うと、弱点の部分は徹底して勉強しようという気になります。僕は日本にいたころは、部下に対してキツイ言葉を吐いたり、手を上げたりしました。でも人間褒めないと伸びません。


その上司は、僕の2年間の在米中、一度も声を荒げたことがなく、常に褒めてくれました。僕が何か判断すると、これはいいねえ、君じゃなければできないね、と。そう言われると人間って、すごく頑張るんです。
【覚書き|テキサス・インスツルメンツの米国本社勤務をしていたときのアメリカ人上司について語った言葉】


不思議なのは病気を機に、結果に対し割きりができるようになってから、昇進のスピードがさらに上がっていったということです。ヒラから部長までと、部長から役員までとは後者の方がハードルは高いのですが、以降は2年にワンランクのペースで上がっていきました。


結果は求められなければなりませんが、プロセスが悪かったら意味がありません。ベストを尽くせば結果はついてくると割り切れるようになりました。


それ(仕事のし過ぎで十二指腸潰瘍になり血を吐いて入院する)までは毎月の予算を達成するために、週に二日は徹夜をするほど仕事に追われました。結果に対してセンシティブになり、最後の最後までやらないと気が済まない。体力があった分、逆に限界を超えてしまったのです。それからは最大限の努力をして、そのうえで結果が悪かったら仕方がないと思えるようになりました。


数字が全部頭に入るまで、資料は読み込みます。


坂本幸雄の経歴・略歴

坂本幸雄、さかもと・ゆきお。日本の経営者。エルピーダメモリ社長。群馬県出身。日本体育大学体育学部卒業後、半導体メーカーの日本テキサス・インスツルメンツへ入社。米国本社勤務を経て同社で20年勤務し、日本法人副社長まで勤め上げる。その後、神戸製鋼半導体事業副本部長、神戸製鋼社長補佐、半導体委託製造の日本ファウンドリー(のちのUMCジャパン)社長を経て、エルピーダメモリ社長。

他の記事も読んでみる

原口證

転機は54歳のお正月。54歳で円周率4万桁を暗唱した友寄英哲さんの記事を思い出し、ギネス記録を目的にしたのです。私の円周率暗唱法は「いい国(1192)作ろう鎌倉幕府」のように数字を言葉に変換し、1000桁単位で物語を作るのですが、その作業が面白い。私はそもそも円周率の暗唱が目的ではなく、円周率の数字から物語を紡ぎだし、諳んじることだったのです。


井原西鶴

その身に染まりては、いかなる悪事も見えぬものなり。


小笹芳央

夢の役割は、「今」に意味を持たせること。将来が続いていくという前提の下でしか、今、この瞬間は意味を持たないのですから。倒産が決まった会社の社員が、つぶれると知った途端にモチベーションが下がるのと同じです。「3か月後に退職します」と宣言した社員が、1か月以内に周りから「用なし」とされてしまうのも、似たようなものですね。


紀平正幸

年収の15%を運用で稼ぐよりも、家計を見直し、15%のダウンサイジングをした方がずっと簡単かつ確実。運用や投資の前にまず家計のダウンサイジングを図る。それによってある程度の資金ができて初めて、投資など運用を行うべき。


スティーブン・コヴィー

成功者たちの共通点は、成功していない人たちの嫌がることを実行に移す習慣を身につけているということ。


野木森雅郁

外箱のパッケージデザインも世界で統一すると決めて欧米各国の事務所などに提示しましたが、多くの国から返答が来ません。理由を聞いて、初めてわかりました。例えば北欧で販売するためには複数の言語での表示が必要でした。日本では想像できない様々なルールがあったのです。各国の担当者からすればとても受け入れられない案だったわけです。それぞれの国の規制や実情を細かく尋ねました。


桜田厚(櫻田厚)

自動車業界ではTOYOTA、家電業界ではパナソニックというように、日本発の世界的なブランドはいくつもありますが、実は飲食ではないんです。アメリカだけとか、アジアだけとか、一部の地域に出ているブランドはいくつもありますが、世界中どこに行ってもあるというお店はありません。だから僕は「モスバーガー」でそれを実現して、日本発の世界的な飲食ブランドにしたいんです。海外は今、約350店で売上も200億円を超えました。すでに400店までは見えているので、今後はこれを国内とのバランスを取りながらどこまで増やしていくかが重要になります。


山名昌衛

製品を使うことによってお客様が具体的に何がどう良くなったのか。そして、お客様の生産性向上にどう役立って、そこに働いている人たちの仕事がどう改善されたのかが求められるような時代になった。


石田淳(コンサルタント)

部下への指示の勘所をつかみたいなら、まずは部下との会話を増やすことです。私は管理職の方たちに、部下と話した回数を手帳に記録するよう勧めています。できれば、「毎週水曜日の10時から30分間は部下と話をする」などと、日時や回数も決めて、部下との会話を習慣化するのがベストです。


小林喜光

親に今必要なのは競争社会という現実に立ち向かい、必死に働くことではないでしょうか。その姿や雰囲気から子供は多くを学ぶと思います。親が懸命に働いていないのに、その子供は必死に学ぶのでしょうか。働き方改革によって無駄な仕事を削り、生活を充実させる意味はあると思います。ただ、働く意欲や体力がある人にまで無理にブレーキをかけることは、一種の教育的な効果を奪うことになりかねません。