名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

坂本幸雄の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

坂本幸雄のプロフィール

坂本幸雄、さかもと・ゆきお。日本の経営者。エルピーダメモリ社長。群馬県出身。日本体育大学体育学部卒業後、半導体メーカーの日本テキサス・インスツルメンツへ入社。米国本社勤務を経て同社で20年勤務し、日本法人副社長まで勤め上げる。その後、神戸製鋼半導体事業副本部長、神戸製鋼社長補佐、半導体委託製造の日本ファウンドリー(のちのUMCジャパン)社長を経て、エルピーダメモリ社長。

坂本幸雄の名言 一覧

僕は臆病だから、逆にいろんな判断ができるのでしょう。


競争が厳しい世界にあっても、僕の理想は社員が幸せになれる会社です。そんな会社をつくるため、一緒に世界一になりましょう。
【覚書き|台湾メーカーとの合弁会社をつくったときの発言】


不況時は好況時の5倍くらい動き、考えるので、市場が悪いときほどいろんなアイデアが出てきます。精一杯考え、仕事に集中するから逆に今が不況だという閉塞感がなくなります。不況時に本当に動きながら考えた会社が、好況時に強くなれます。イージーに過ごした会社は好況の果実をもらえません。


僕は社員たちと現場の情報を共有したうえで、常に一緒に動きながら考えます。社長室も専用車もなければ、海外出張も一人です。自分としては経営者というより、運動部のキャプテンのような感じです。


右に行くと決断し、間違ったら戻ればいい。そう決めておけば決断することは怖くありません。


学生時代に同じく体育系だった経営者と互いに納得したことがあります。スポーツにはシナリオがなく、思った通りにならないのでじっと座ってではなく、動きながら考えなければならない。ビジネスも同じだと。即断即決で動かないとその間、社員が遊んでしまう。


そのまま残れば、次の社長になる可能性もありました。ただ、自分としては尊敬できる人のもとで仕事をしたかった。年齢的には当時50歳。もう一度、力を試してみようと退社を決断しました。
【覚書き|テキサス・インスツルメンツ日本法人の副社長を務めたのち、同社を退社したときを振返っての発言】


部下の弱い部分については、褒めた後に、ここはちょっとこう変えた方がいいんじゃないかと言うと、弱点の部分は徹底して勉強しようという気になります。僕は日本にいたころは、部下に対してキツイ言葉を吐いたり、手を上げたりしました。でも人間褒めないと伸びません。


その上司は、僕の2年間の在米中、一度も声を荒げたことがなく、常に褒めてくれました。僕が何か判断すると、これはいいねえ、君じゃなければできないね、と。そう言われると人間って、すごく頑張るんです。
【覚書き|テキサス・インスツルメンツの米国本社勤務をしていたときのアメリカ人上司について語った言葉】


不思議なのは病気を機に、結果に対し割きりができるようになってから、昇進のスピードがさらに上がっていったということです。ヒラから部長までと、部長から役員までとは後者の方がハードルは高いのですが、以降は2年にワンランクのペースで上がっていきました。


結果は求められなければなりませんが、プロセスが悪かったら意味がありません。ベストを尽くせば結果はついてくると割り切れるようになりました。


それ(仕事のし過ぎで十二指腸潰瘍になり血を吐いて入院する)までは毎月の予算を達成するために、週に二日は徹夜をするほど仕事に追われました。結果に対してセンシティブになり、最後の最後までやらないと気が済まない。体力があった分、逆に限界を超えてしまったのです。それからは最大限の努力をして、そのうえで結果が悪かったら仕方がないと思えるようになりました。


数字が全部頭に入るまで、資料は読み込みます。


坂本幸雄の経歴・略歴

坂本幸雄、さかもと・ゆきお。日本の経営者。エルピーダメモリ社長。群馬県出身。日本体育大学体育学部卒業後、半導体メーカーの日本テキサス・インスツルメンツへ入社。米国本社勤務を経て同社で20年勤務し、日本法人副社長まで勤め上げる。その後、神戸製鋼半導体事業副本部長、神戸製鋼社長補佐、半導体委託製造の日本ファウンドリー(のちのUMCジャパン)社長を経て、エルピーダメモリ社長。

他の記事も読んでみる

満尾正

夏場は、汗とともに失われていくビタミンやミネラルを、いかに補給するかが大きなポイントです。この点を意識していなければ、いくらスタミナ料理を食べても、夏バテを乗り切るためのエネルギーは生まれません。


真田茂人

散々言い尽くされているとは思いますが、リーダーにとって最も大事なのは「傾聴」でしょう。傾聴の知識や技術を知っている人はたくさんいますが、実際にできている人は少ない。技術の問題ではなく、そこには、人間性や人間観が関わってくるからです。


ケラリーノ・サンドロヴィッチ

亡くなられた方たちは、その死の悲痛さばかりとりあげられて果たして報われるだろうか。死は人生における瞬間の一つにしか過ぎず、その人たちの幸せも不幸も生きてきた痕跡すべてひっくるめて見るべきなんじゃないだろうか。


鬼頭政人

勉強計画に遅れが発生することがあります。それに対応するため、あらかじめバッファを設けておくことも、忘れてはいけません。仕事でも、必ずバッファを設けて納期を設定するでしょう。それと同じように、「夕方以降は勉強しない」「試験日前の最後の一週間は見直しだけ」などと決めておくのです。そして、遅れが発生したら、その時間を勉強に充てるわけです。


田口弘

金は儲けるより、使う方が難しい。よく、自分で儲けた金をどう使おうと勝手だという人がいる。でも実はそうではない。富を得た人や会社は、その利益を使ってさらに付加価値の高い商品を生み出し、社会に還元する義務がある。


佐伯信行

事業を行う上で大切なのは「人」と「仕組み」。仕組みを変えることは簡単ですが、人は変えられません。だから、我々は辞める理由のない会社を作ろうとしています。


林野宏

私が幼い頃から夢中になったものと言えば、賭け事や落語です。メンコやビー玉などを賭けて勝負をすれば、勝つためにはどうすればいいのだろうと考えます。ほかの人と同じことをしていては勝てませんから、知恵を絞って考える。そうして夢中になって遊ぶ中で、運とツキを引き寄せる法則を学びました。これは今、変革が求められている経営環境に立ち向かい、生き残っていくための知恵にも通じています。


寺内大吉(成田有恒)

私自身、僧侶と作家という二つの世界を持っています。もともと寺に生まれたので、いつか寺を継がなければなりませんでした。しかし、これからの坊さんはどこか一芸に秀でていないといけないという考えが強くあったんです。そこで、自分が一番好きだった小説の世界に入りました。小説では直木賞も受賞しましたが、それ以外に競輪の解説なんてのもやりました。すると、ギャンブルに狂って苦しんでいる人の気持ちもわかります。宗教というのはそういう人の心もわからないといけないんです。


孫潔(ジェーン・スン)

我が社はあらゆる商品を持っています。航空券やホテルの予約はもちろん、ウエディングやダイビング、ヘルスケアや写真愛好家向けの写真撮影に特化したツアーもあります。サービス面では、1時間後に離陸する飛行機のチケットも予約できるし、旅行先で災害が起こった際にどのお客様がどこにいるかをすぐに割り出し、助けることもできます。さらに私たちはオープンプラットフォームとして、世界の企業と組んで、特別な商品からお手ごろな商品までそろえています。


松岡浩(経営者)

大切なことは、社員に仕事をやらせることではなく、仕事をやりたいと思わせること。だから、トップは部下の誰よりも損をして、努力する。そういう気持ちで経営に取り組むことが大事。社員の成長が会社の成長につながる。


小泉信三

昨今見わたすところ、父母も教師も子弟の機嫌をとることに急で、教えるべきを教えず、ただ気ままにさせることが即ち民主主義だと思っているかのように見受けられる。うろたえてはならぬ。男子も女子も節操あれ、また恥を知れ、と訓(おし)えること、それが即ち本当の慈愛であることは、あらためていうまでもなく明らかなはずである。


赤塚保正

先代からは感謝を伝える事の大切さを学びました。相手の方に感謝する時は、3回ありがとうを言うべきだと教わりました。例えば私がお茶をご馳走になった場合、その日は当然「ありがとうございました」とお礼を申し上げます。そして2回目、3回目に会った時に再度お礼を申し上げると、相手の方は「お茶一杯くらいでそこまで仰って頂かなくていいのに」と思うかもしれませんが、その方の心の中に感謝が刻まれます。心に刻まれて初めて、その方に私たちの感謝の気持ちが伝わると思います。