名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

坂本幸雄の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

坂本幸雄のプロフィール

坂本幸雄、さかもと・ゆきお。日本の経営者。エルピーダメモリ社長。群馬県出身。日本体育大学体育学部卒業後、半導体メーカーの日本テキサス・インスツルメンツへ入社。米国本社勤務を経て同社で20年勤務し、日本法人副社長まで勤め上げる。その後、神戸製鋼半導体事業副本部長、神戸製鋼社長補佐、半導体委託製造の日本ファウンドリー(のちのUMCジャパン)社長を経て、エルピーダメモリ社長。

坂本幸雄の名言 一覧

僕は臆病だから、逆にいろんな判断ができるのでしょう。


競争が厳しい世界にあっても、僕の理想は社員が幸せになれる会社です。そんな会社をつくるため、一緒に世界一になりましょう。
【覚書き|台湾メーカーとの合弁会社をつくったときの発言】


不況時は好況時の5倍くらい動き、考えるので、市場が悪いときほどいろんなアイデアが出てきます。精一杯考え、仕事に集中するから逆に今が不況だという閉塞感がなくなります。不況時に本当に動きながら考えた会社が、好況時に強くなれます。イージーに過ごした会社は好況の果実をもらえません。


僕は社員たちと現場の情報を共有したうえで、常に一緒に動きながら考えます。社長室も専用車もなければ、海外出張も一人です。自分としては経営者というより、運動部のキャプテンのような感じです。


右に行くと決断し、間違ったら戻ればいい。そう決めておけば決断することは怖くありません。


学生時代に同じく体育系だった経営者と互いに納得したことがあります。スポーツにはシナリオがなく、思った通りにならないのでじっと座ってではなく、動きながら考えなければならない。ビジネスも同じだと。即断即決で動かないとその間、社員が遊んでしまう。


そのまま残れば、次の社長になる可能性もありました。ただ、自分としては尊敬できる人のもとで仕事をしたかった。年齢的には当時50歳。もう一度、力を試してみようと退社を決断しました。
【覚書き|テキサス・インスツルメンツ日本法人の副社長を務めたのち、同社を退社したときを振返っての発言】


部下の弱い部分については、褒めた後に、ここはちょっとこう変えた方がいいんじゃないかと言うと、弱点の部分は徹底して勉強しようという気になります。僕は日本にいたころは、部下に対してキツイ言葉を吐いたり、手を上げたりしました。でも人間褒めないと伸びません。


その上司は、僕の2年間の在米中、一度も声を荒げたことがなく、常に褒めてくれました。僕が何か判断すると、これはいいねえ、君じゃなければできないね、と。そう言われると人間って、すごく頑張るんです。
【覚書き|テキサス・インスツルメンツの米国本社勤務をしていたときのアメリカ人上司について語った言葉】


不思議なのは病気を機に、結果に対し割きりができるようになってから、昇進のスピードがさらに上がっていったということです。ヒラから部長までと、部長から役員までとは後者の方がハードルは高いのですが、以降は2年にワンランクのペースで上がっていきました。


結果は求められなければなりませんが、プロセスが悪かったら意味がありません。ベストを尽くせば結果はついてくると割り切れるようになりました。


それ(仕事のし過ぎで十二指腸潰瘍になり血を吐いて入院する)までは毎月の予算を達成するために、週に二日は徹夜をするほど仕事に追われました。結果に対してセンシティブになり、最後の最後までやらないと気が済まない。体力があった分、逆に限界を超えてしまったのです。それからは最大限の努力をして、そのうえで結果が悪かったら仕方がないと思えるようになりました。


数字が全部頭に入るまで、資料は読み込みます。


坂本幸雄の経歴・略歴

坂本幸雄、さかもと・ゆきお。日本の経営者。エルピーダメモリ社長。群馬県出身。日本体育大学体育学部卒業後、半導体メーカーの日本テキサス・インスツルメンツへ入社。米国本社勤務を経て同社で20年勤務し、日本法人副社長まで勤め上げる。その後、神戸製鋼半導体事業副本部長、神戸製鋼社長補佐、半導体委託製造の日本ファウンドリー(のちのUMCジャパン)社長を経て、エルピーダメモリ社長。

他の記事も読んでみる

永野重雄

私の悪口はすぐに報告しなさい。しかし、言った人の名は言わないでください。


竹田陽一

世の中は常に変化していて、新しい商品が出たり、新しい経営のやり方が考え出されたりしています。もし今までと同じ経営のやり方を続けていれば、経営効率が毎年数%ずつ低下していきます。利益もジリ貧になってしまうでしょう。毎年多くの会社が廃業していますが、その原因は改革が行われなかったことに一因があります。


新井田傳

他社が完全なコミッサリー(自動化された食品加工工場)をなかなか作れないのには理由があります。店舗のメニューと連動してくるからです。メニューがたくさんあればあるほど、コミッサリーでは多様な食品を作らなければなりません。ハンバーグのパテを作って、次は同じ設備でメンチカツを作る。これではライン化することはできません。我々の強みは店のメニューと連動している点にあります。これは他社に真似はできない。メニューまでさかのぼらなければならないためです。ほとんどの外食産業は多品種少量生産ですよね。セントラルキッチンで作ることはできても、コミッサリーができない理由はそこにあります。


永井浩二(経営者)

時代は変わった。お客様のニーズは多様化し、証券会社の役割は大きく広がっています。お客様お一人お一人のニーズを把握し、解決策を提案できる人材を増やさなければ、当社は生き残れない。


保坂隆(精神科医)

親は、子供に自分の夢を押しつけてしまうことがあります。それによって、子供が友達と遊ぶ時間がないほど習い事をさせたりするのです。少しでも子供の将来を盤石なものにしたい気持ちはわかりますが、将来は今の時間の長線上にあることを忘れてはいけません。


小島貴子

求人雑誌やハローワークで職探しするのも手だが、人から紹介してもらったほうが、よりよい再就職先を見つけられる可能性が高まる。そのためには、自分のことについてよく知っている人脈を持つこと。こればかりは再就職活動を始めてから努力してもどうにもならないので、普段からの積み重ねが物を言う。人からの紹介で再就職先を探す場合は、自分が何をやりたいのか、何ができるのかを、紹介してくれる人にしっかりと伝えておくのがポイントとなる。


得丸英司

昔に比べて今の60代、70代の方は運動能力も高い。脳の機能にしても頭の回転の速さこそ若い人にはかないませんが、知識や経験を生かす知能は中高年になっても成長を続けると言われています。新しいことに取り組むのに、けっして遅すぎることはありません。ところが新しいことはできないという先入観があると、自分自身でネガティブになってしまっていまいます。


河島喜好

商売としてみればレースは決して安くない。勝ってもそんなに車が売れるわけではないし、負ければ確実に売れ行きは落ちる。しかし、技術革新や技術者の育成のためにはなる。


犬伏泰夫

「説得と納得は違うよ」。私はよくこう言ってきました。説得された側はその場のやり取りで負けたからついてくるのであって、納得しているわけではありません。これは交渉の成功を持続的に保証するものではないのです。


岩井俊憲

未来志向の問いを発する方が、焦点が定まり、解決の筋道が見えてくるもの。過去の複雑な原因を探ることに労力をかけるよりも、未来の目的・目標に目を向けた方が、問題をシンプルに捉えることができ、より生産的になれる。


重光武雄(辛格浩)

社会勉強が必要だったんです。外で苦労をさせなくちゃ。
【覚書き|長男次男を大学卒業後すぐに自分の会社に入れなかった理由について語った言葉。】 5


谷口祥子

「人見知りで、初対面が苦手」と悩む人がいますが、それは意識が自分の内面にばかり向いているせい。その状態を抜け出すには、「観察」が有効です。カフェでの隣席の会話、電車で向かいに座る人の様子などから、人となりや背景を想像するトレーニングをしてみましょう。すると仕事の際も、相手の状況や心情が想像できるようになります。ひいては、初対面の緊張感も軽減します。