名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

坂本圭介の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

坂本圭介のプロフィール

坂本圭介、さかもと・けいすけ。日本の経営者、プロサッカーチームオーナー。大阪出身。大阪市立大学工学部卒業後、日系商社、外資系コンピュータ周辺機器メーカーを経て、カナダの通信機器メーカーのノーザンテレコムに入社。33歳で外資系企業の日本進出をサポートするコンサルタントとして独立。顧客のひとつであったスタレントネットワークスに招かれ日本法人社長に就任し、同社をナスダックジャパンに上場させた。その後、同社がシスコに買収されたのを機に社長から退く。サッカービジネスに進出し、スクール事業などを運営したのち、スペイン2部リーグのCEサバデルを買収。オーナーに就任。

坂本圭介の名言 一覧

バリューを生み出せなければ、会社にいてはいけない。クレイジーなことをやってでも、バリューを生み出さなきゃいけないんです。だからいまは経営者として、ミーティングではつねに「1+1を5にしようぜ」と言っています。当たり前のことしか言わないやつには、わざと変なオーダーを出しています。


シスコの製品は電気や水道と同じで、黙っていてもみんなが使うもの。あとは軌道に乗ったものを管理するだけなんです。それは自分の仕事ではないと思いました。
【覚書き|スタレントネットワークスがシスコに買収されたのを機に、スタレントネットワークス日本法人社長を退いたことについて語った言葉】


社員時代は現場で全力投球でバンバン投げていればよかったんですが、会社のトップになって一番意識したのは「出ていくタイミング」です。部下なら交渉で行き詰まっても「社長に聞いてきます」と時間を稼げますが、トップはそうはいかない。トップは最後に一刀両断する伝家の宝刀のようなもの。そういう戦術・戦略を学ぶ時期になりました。


僕は通信システムの世界では、ある程度の成功を収めました。次はサッカーの本場ヨーロッパで挑戦したい。レアル・マドリードやバルセロナといったサッカー界の巨人たちなら、相手に取って不足なしです。


坂本圭介の経歴・略歴

坂本圭介、さかもと・けいすけ。日本の経営者、プロサッカーチームオーナー。大阪出身。大阪市立大学工学部卒業後、日系商社、外資系コンピュータ周辺機器メーカーを経て、カナダの通信機器メーカーのノーザンテレコムに入社。33歳で外資系企業の日本進出をサポートするコンサルタントとして独立。顧客のひとつであったスタレントネットワークスに招かれ日本法人社長に就任し、同社をナスダックジャパンに上場させた。その後、同社がシスコに買収されたのを機に社長から退く。サッカービジネスに進出し、スクール事業などを運営したのち、スペイン2部リーグのCEサバデルを買収。オーナーに就任。

他の記事も読んでみる

ウィル・ダノフ

柔軟な姿勢を保つことを自分に言い聞かせている。状況は常に変化するからだ。それに応じて自分の考えも変えていかなければならない。


ジム・バグノーラ

マーケティング、販売、ファイナンス、技術といった各分野の担当者がリーダーシップの精神を持つことで組織は成長する。


山名昌衛

これからはグローバルで新しい事業モデルに進化させないと、競争を勝ち抜けません。そのためには、すでにいる人材を変革しながら新しい人材を補強する必要がある。これは米国や欧州でM&A(合併・買収)という形で行ってきました。


斎藤広達

収穫逓減の法則が示す通り、投入する資本と生産量は比例しません。時間も同じです。会議のとき2倍時間をとったとしても、2倍の成果があがるでしょうか?


鈴木みゆき(経営者)

年齢に関係なく好奇心旺盛な人が伸び続けるのだと思います。新しいチャレンジに立ち向かって、それを生きがいに感じることができれば、常に若さを保つことができると思います。


野坂英吾

他社との小さな違いを1000個つくることが大きな差別化になり、強さになる。


森川宏平

我々は素材からアルミ缶、ハードディスク(HD)まで幅広い事業を手掛けています。個々の事業は、ビールが売れればアルミ缶も売れ、データセンター市場が拡大すればHDも売れるというように、お客様の動向と直接的な関係があります。他方、ビールの売れ行きとデータセンター市場の動向に相関性はありません。このように、化学メーカーは市場領域が異なる事業を多数有しています。


北条重時

自分にとって気持ちの良い人によく振る舞い、悪い気持ちを抱かせる人に辛くあたるのは、とてもよくない態度だ。畜生の犬などは、可愛がられる人には尾を振ってなつき、反対にいじめられる人には逃げて吠えまわるが、人と生まれた以上は犬などとは違い、自分に対して良い人にはもちろんのこと、悪い人に対してもよく接するようにすれば、そのうちに、悪い人もだんだんと心を改めて行くようになる。もし、改心せず、そのままの気持ちであっても、神仏は御憐み下されるし、また、それを見たり聞いたりする人は、同情の心を寄せるであろう。


保坂隆(精神科医)

メールは便利なものではあるけれど、大事なものではない。コミュニケーションの基本は会って話すこと。それなのにメールの返事がすぐ来ない程度で文句を言うような人とは、付き合う必要はない。


伊藤美恵

私が思うに、日本人がとても不得手なことが2つあって、ひとつは自分のことを上手にアピールすること。グローバル化がますます進む世界で、自己アピールする術を身につけることは、とても大切です。もうひとつは、本人の前でその人を評価して褒めること。日本人は照れてしまって、どうしてもぎこちなくなってしまう。でも、外国のビジネス―パーソンはごく自然に褒め称え、その人の気持ちを心地よくしてくれます。


西本智実

知れば知るほど、クラシック音楽ってすごいんだなあと、ショックの連続でした。また、音楽がより身近な存在になりました。理論を知ることで、作曲家と私が聞いている演奏との間にあった溝が一気に埋まった。そんな感じでしょうか。
【覚え書き|大阪音楽大学作曲学科時代を振り返って】


石原俊(経営者)

企業経営は政治の世界と違ってクーデターみたいな激しいことをしたら後にしこりが残る。熟柿が落ちるごとくに持っていかないと。