坂本圭介の名言

坂本圭介のプロフィール

坂本圭介、さかもと・けいすけ。日本の経営者、プロサッカーチームオーナー。大阪出身。大阪市立大学工学部卒業後、日系商社、外資系コンピュータ周辺機器メーカーを経て、カナダの通信機器メーカーのノーザンテレコムに入社。33歳で外資系企業の日本進出をサポートするコンサルタントとして独立。顧客のひとつであったスタレントネットワークスに招かれ日本法人社長に就任し、同社をナスダックジャパンに上場させた。その後、同社がシスコに買収されたのを機に社長から退く。サッカービジネスに進出し、スクール事業などを運営したのち、スペイン2部リーグのCEサバデルを買収。オーナーに就任。

坂本圭介の名言 一覧

バリューを生み出せなければ、会社にいてはいけない。クレイジーなことをやってでも、バリューを生み出さなきゃいけないんです。だからいまは経営者として、ミーティングではつねに「1+1を5にしようぜ」と言っています。当たり前のことしか言わないやつには、わざと変なオーダーを出しています。


シスコの製品は電気や水道と同じで、黙っていてもみんなが使うもの。あとは軌道に乗ったものを管理するだけなんです。それは自分の仕事ではないと思いました。
【覚書き|スタレントネットワークスがシスコに買収されたのを機に、スタレントネットワークス日本法人社長を退いたことについて語った言葉】


社員時代は現場で全力投球でバンバン投げていればよかったんですが、会社のトップになって一番意識したのは「出ていくタイミング」です。部下なら交渉で行き詰まっても「社長に聞いてきます」と時間を稼げますが、トップはそうはいかない。トップは最後に一刀両断する伝家の宝刀のようなもの。そういう戦術・戦略を学ぶ時期になりました。


僕は通信システムの世界では、ある程度の成功を収めました。次はサッカーの本場ヨーロッパで挑戦したい。レアル・マドリードやバルセロナといったサッカー界の巨人たちなら、相手に取って不足なしです。


坂本圭介の経歴・略歴

坂本圭介、さかもと・けいすけ。日本の経営者、プロサッカーチームオーナー。大阪出身。大阪市立大学工学部卒業後、日系商社、外資系コンピュータ周辺機器メーカーを経て、カナダの通信機器メーカーのノーザンテレコムに入社。33歳で外資系企業の日本進出をサポートするコンサルタントとして独立。顧客のひとつであったスタレントネットワークスに招かれ日本法人社長に就任し、同社をナスダックジャパンに上場させた。その後、同社がシスコに買収されたのを機に社長から退く。サッカービジネスに進出し、スクール事業などを運営したのち、スペイン2部リーグのCEサバデルを買収。オーナーに就任。

他の記事も読んでみる

後藤忠治

「人生は運・鈍・根ではなく鈍・根・運と思え」と学生時代に教わった。この言葉で逆境を乗り越えてきた。


大橋徹二

人から信頼されるのは、絶対に相手を裏切ることがあってはいけない。どれだけ真剣に話をして相手に理解してもらえるか、ということしかない。


朝田照男

私はものごとを考えるうえで、若いときから3つの軸を大切にしています。(1)ブレない判断力(2)勇気ある決断(3)スピード感を持った行動力の3つです。


樫尾和雄

人間は面白いもので、「やれない」と言ったらどうしようもないんだけど、「やれる」と思えばやれるんです。


ヘンリー・フォード

お金しか生み出さないビジネスとは、粗悪なビジネスである。


名越康文

20代30代のうちはどんな仕事にも積極的に取り組むことをお勧めします。しんどいと思う仕事も、しんどい部分は8割程度で2割は自分のアピールに利用できたり、人との信頼関係を築くのに役立つ部分があります。そうした仕事の副産物を積み上げていくと、次第に周りから「あの人はこの分野が得意だ」と評価されるようになって、40代になると、自分に向いている仕事ややりたい仕事を振られる機会が増えていきます。


安渕聖司

30分かかっていた仕事なら「25分でできないか?」と日々やっていく。自分の限界にチャレンジしていると、仕事のスピードは間違いなく速くなります。


松本紹圭

本当のリーダーは「私」などにとらわれてはいません。その虚構性に気付き、あるがままに見ること。「私」が消えるとどうなるか。その人はもはや「私」のために働くことはなく、同時に、「私」でないもののために働くこともないでしょう。まず社員を幸せにしてから後で自分も幸せになるといった、後先の問題でもありません。そこにあるのはいわば「無私のリーダーシップ」。自利と利他が同時に円満する世界です。


藤原和博

20代の後半になったら、本線とは別にキャリアの線を1本持ち、30代で3本、40代で4本、50代で5本に増やしていった方がいい。人生の後半になって、いきなり線を増やそうとしても間に合いません。人生の後半に登るべき山をつくっていくためには、早いうちにキャリアを複線化し、裾野を広げておいたほうがいいんです。


内田雅章

成功者と呼ばれる人は、おしなべて人間関係の構築が上手。ゴルフを通じて気遣いを見せ、人脈作りをうまくやってきたから、成功者になれたとも言えるでしょう。


河野義勝

景気が悪いときこそ、会社を強くする良い機会。


水戸岡鋭治

JR九州の「ななつ星」では、床や内装に木材をふんだんに取り入れ、洗面台には有田焼を使っています。どちらもメンテナンスが難しいし、壊れる恐れもあります。とくに社内の建具に利用した組子細工は、「列車が揺れた時にお客様がぶつかれば壊れてしまうのではないか」と職人さんが心配したほどです。その時に私は、「壊れたら作り直せばいいじゃないか。責任は持つから」と叱咤激励したのを覚えています。組子細工などの木材も、有田焼の洗面台も、皆さんがものすごく丁寧に、傷を付けないようにと扱ってくださっているおかげで、今では経年変化によってどんどん味わいが深まっています。風格すら感じられるほどです。


田尻邦夫

せっかく海外に出たのに、期待されていないからといって、何もしないのはもったいないですよね。たとえ商売にならなくても、何か大きな取り組みをしたかったのです。
【覚書き|伊藤忠商事社員時代、30歳で繊維部門の担当者としてロンドンに駐在したときを振り返っての発言。当時この役職は閑職だった。そこで田尻氏は日本の生地を英国の会社に売り込んでいった】


押井守

世間をなめてかかってはいけない。僕は世の中を甘く見ていた。世間というものは怖いもので、なめてかかると必ず痛い目に遭う。当時の僕が、まさにそれだった。
【覚書き:自分が作りたいようように作った作品がヒットし、他人に評価されなくても自分の好き勝手に映画を作ればいいんだと錯覚し、その次の作品で大失敗した時のことを振り返っての発言】


中松義郎(ドクター中松)

これまで3500以上の発明をしてきたが、まだまだ発明するよ。今も500件の発明を進めています。私には死んでいる暇なんてないんだ。


ページの先頭へ