名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

坂本善博の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

坂本善博のプロフィール

坂本善博、さかもと・よしひろ。日本のコンサルタント。「資産工学研究所」社長。鳥取県出身。東京大学経済学部卒業後、富士通・システム本部商品企画部長、昭文社専務などを経て資産工学研究所を設立。

坂本善博の名言 一覧

一般解の中で当社が対応できるものを、解決策に対応して具体的に説明する。対応できない場合、できないということを明言することが信用・信頼を得る上で重要。


多くの企業での営業スタイルは、「この製品をどう売るか」「このサービスはどうアピールするか」といった「提供者視点アプローチ」が強く、顧客から見て魅力的なアプローチとなっていない。


自社の各種製品やサービスを紹介・販売する場合に「この製品の特長はこうで、こういう機能があります」といった提供者視点での説明をするのではなく、「あなたのこのような問題や課題をこのように解決します」という顧客視点での説明をすることにより、顧客の理解度が向上すると同時に当社への信頼感も増す。


坂本善博の経歴・略歴

坂本善博、さかもと・よしひろ。日本のコンサルタント。「資産工学研究所」社長。鳥取県出身。東京大学経済学部卒業後、富士通・システム本部商品企画部長、昭文社専務などを経て資産工学研究所を設立。

他の記事も読んでみる

ファビオ・カペッロ

ひらめきや創造性とは、言葉を変えれば単なる「意外性」に過ぎない。


魚谷雅彦

ピンチのときこそ、仕事の本質が見える。


石原加受子

マウンティングしてくる人に対し、言葉でやり返す必要はありません。波風を立てずに応じるためにまず実践してほしいのは、「相手の目を見ること」です。攻撃をしかけられたときには、何も言わずじっと相手の目を見つめてみましょう。あなたを攻撃する人の目は、実はあなたの頭頂部辺りを見ています。あなたが相手を苦手に感じるように、心の中では相手もあなたが苦手なのです。その状態であなたから目を合わされたら、相手は驚き、不気味に感じて話しかけづらくなります。果てのない争いに付き合う必要はありません。


三木雄信

ソフトバンクでは、ある事業の売り上げを「継続的な売り上げ」と「一時的な売り上げ」の2種類に分けて示していた。企業が安定的に成長するためには、前者が重要になる。


久住昌之

求められるままに仕事をしてきたらこうなった、という感じです。それは30代になっても変わらず、36歳のときにスタートした『孤独のグルメ』も、編集者からの依頼です。いまも考え方は変わりません。求められたことをひとつひとつこなしていくだけです。


ハワード・シュルツ

会社を組織してみれば、自分一人では何もできないことがすぐわかる。心から信頼できる協力者、自分とは違う能力を持ち、価値観が同じ人間を発見できれば、さらに強力な企業を築くことができる。会社の草創期にどのようなシグナルを送り、いかなる価値観を植え付けるかという問題を決して軽んじてはならない。パートナーと組むときも社員を採用するときも、あなたと同じ情熱、意欲、目標を持つ人物を選ぶことが必要だ。


遠藤直紀

28歳のとき、価値は「毎日の積み重ね」からしかつくり出せないと実感しました。ずっと感じていたことを地道に積み重ねてきたから、仕事が回り出しました。ビービットという社名の由来も、ビットという最小単位の積み重ねを大切にするという意味なんです。これからもそんなひとつひとつのサービスにこだわって、ユーザビリティのコンサルティングで世界と戦える会社を目指します。


松田雅也

鮮魚流通のビジネスに参入すると言ったとき、周囲からは「無理だ」とよく言われました。何十年もの経験を持つ人たちがやっている職人芸の世界だから、素人が太刀打ちできるはずがない、と言うのです。けれども、実際には、私は経験ゼロから始めてやってこられました。


佐藤龍馬

以前、国際機関で働いていたときに私が感じたのは、日本人には過信があるのではないかということです。簡単に言えば、中国や米国と比べて何かに取り組む姿勢に熱意が劣ると感じました。


加賀見俊夫

人気のアトラクションでもゲスト(お客様)の全員が高い顧客満足度をつけるわけではありません。ゲストによって、心が満たされるアトラクションは異なるんです。


川村謙(経営者)

まだ付けたい機能が沢山あって、どんどんアップデートしています。特に急務なのは使い勝手をよくすること。サイトでもユーザーの皆様から欲しい機能を募集したりしています。


野村克也

ウソといえばそれまでだが、頭を使った駆け引き、詐欺師ともいえる声がけは、自軍には励ましや、勇気づける道具になる。裏を返せば、ウソが下手な正直人間は、部下や周囲をもり立てるのが下手、ということなのかもしれない。