名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

坂本史郎の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

坂本史郎のプロフィール

坂本史郎、さかもと・しろう。日本の経営者。「e-Jan(いいじゃん)ネット」社長。早稲田大学理工学部卒業、バージニア大学でMBAを取得。東レ、東レ・デュポンなどを経て「いいじゃんネット」を設立。

坂本史郎の名言 一覧

市場のニーズは常に更新されますから、基礎的な要素技術であっても、時代の少し先を見据えた組み合わせ次第で優位なポジショニングが可能です。当社は使い方の独自性を見いだす提案を心掛けています。


私自身、起業初期は上手くいかない時期がありましたが、続けられたのは妄想力のおかげ。妄想を膨らますことで、進むべき道筋が見えてくる。


自分達が何を作りたいかではなく、お客様が何なら使ってくれるのかの一点に集中しました。お客様は徐々に増え、3年目にして収益が出始めました。今では年率4割の成長を遂げる中核事業に育っています。


どうせ生きるなら、密度濃く生き、大きく成長したいもの。密度濃く生きるための一つの方法として、受け身ではなく、能動的に働くというやり方がある。


当社では全社員のうち、2割程度が外国人で構成されていますが、今後、日本のビジネスマンに求められるのは高い語学力、特に英語と中国語だと考えています。希望者には就業時間中に社内でマンツーマンレッスンが受けられます。


組織内でのコミュニケーションというものが非常に重要。私は毎朝早朝に出社し、必ず社員全員の報告書に目を通し、コメントを返しています。また月に一度、どんなに忙しくても欠かすことなく、一人30分から60分の個人面談を行っています。


企業選びの一つの考え方として、「大企業」か「ベンチャー」か、というものがあるかと思います。両方経験している者からすると、大企業は「待ち」の姿勢にならざるを得ないことが多いです。若いうちからその「待ち」の姿勢に慣れてしまうと、年齢を重ねるほど能動的に動く習慣が身につきにくくなります。


MBA留学から帰国後の配属先はなんと愛知県の工場現場でした。技術系社員は工場勤務経験がないと幹部に昇進することが難しいので、私にも経験させるべきとの人事部の配慮があったと思います。当時、その工場の稼働率は50%程度で、人が余っていました。草むしりや掃除を命じられたのです。熱中して仕事ができる環境がいかに幸せかということを強く感じました。


私はまだ世には出てきていない新しい分野を探しました。未開拓分野で第一人者になる方が、すでにでき上がった分野で競争するよりも、よほど刺激的だと考えたからです。


インドはこれからさらに盛り上がってきますし、現時点でも手ごたえを強く感じています。海外からもヒントを得ながら、国内市場の動向もしっかりと見極めていきます。開発の段階からトレンドに敏感になることが重要です。常にマーケティングの意識を持って既存のレッドオーシャン市場に固着しない健全なビジネスを心掛けていきます。


国内で限られたパイを奪い合うよりも、海外に出て商品を売り出していくことが大切だと考えています。特にインドは長期的な市場の成長が期待されており、IT分野におけるレベルは非常に高い。彼らは既にブランドが確立された欧米の製品ばかりを採用することもなく、確固とした審美眼を持っています。良い製品であれば、固定観念にとらわれず柔軟に採用してくれるのです。インドというハイレベルな場所で商品が採用されることは、何よりも世界的に売れるだけのクオリティを備えていることの証明になります。


当社の「CACHATTO(カチャット)」は、スマートフォンに向けたリモートアクセスサービスを開始したところから大きく発展し、おかげさまでトップシェアを頂いています。社員の手元のスマートデバイスから社内システムにアクセスし、快適なテレワークを実現します。使用時の快適性が特長ではありますが、盤石なセキュリティが決め手となり、導入していただくことが多いですね。


坂本史郎の経歴・略歴

坂本史郎、さかもと・しろう。日本の経営者。「e-Jan(いいじゃん)ネット」社長。早稲田大学理工学部卒業、バージニア大学でMBAを取得。東レ、東レ・デュポンなどを経て「いいじゃんネット」を設立。

他の記事も読んでみる

貞末良雄

重要なのは組織ではなく、組織的に動くこと。


新井良亮

小売業をやっていると、安定的な鉄道事業と違って、「明日はない」くらいの恐怖感があります。小売は、同じことをやっていては、お客に見放され淘汰されてしまうからです。現場に立ち続け、見て、考えて、行動に移すことが大切です。


矢部輝夫

安全管理の世界に「二流三流の戦略でいいから、一流の実行力を持とう」という言葉があります。ノウハウも大事だけれど、それをやり遂げることのほうがもっと大事なのです。


山崎まどか

今は毎日たくさんの新刊本が出て、発売後の2~3か月で何も語られなければすぐに入れ替わってしまう。だからこそ新刊やベストセラーとは、ちょっと違う視点でいい本を紹介したいという気持ちがいつもあります。


山口仁司

「和製メジャーになる」というのが我々のスローガンです。和製メジャー、つまり日本でトップになること。日本一にならずして、世界で活躍することはできません。


松本洋(コンサルタント)

イノベーションは「技術革新」と訳されることが多いので、今までとは全く違う技術を使わなければいけないと考えがちである。しかし、既存の古い技術や知識でも、新しい組み合わせ方により、イノベーションは起こる。ゼロから何かを生み出すことは、「インベンション」であり、会社や社会を大きく変えることが「イノベーション」である。その際に、特別な才能、能力のある人達が集まる必要は無い。様々な考え方の人間が自由に素直に意見交換出来れば、凡人や素人でもイノベーションは起こせる。


陰山英男

大人の学びはとてもシンプルです。自分にとって必要だと思うことを学べばいい。


裵英洙(医療機関再生コンサルタント)

世間で言われている「睡眠神話」は基本的に万人には当てになりません。睡眠のありかたには個人差があり、良い睡眠を得る方法にも「万人向けの正解」はないのです。良い眠りのコツは、「正解」ではなく、自分用の「最適解」を探り出すことです。自分に合った方法を見つけ、カスタマイズしていくことが大切です。


ジェームズ・ダイソン

消費者は思いもつかなかった商品を手に入れたがる。


清水信次

アメリカにトランプ大統領が誕生し、昨年はイギリスがEU離脱を決めたことで、世界がどう動くか、固唾を飲んで見守っているが、こういう時こそ右往左往してはいけい。情報過多に振り回されるばりでは、判断を誤る可能性がある。


青野慶久

社員の側にも、自分はこうしたい、こうしてほしいということがあるならば、包み隠さずに意思表明してもらわないと、それを実現するための施策を議論することさえできません。私は日頃からサイボウズのメンバーに、「会社のことを飲み会で愚痴るのは卑怯者だ」と釘を刺しています。モヤモヤすることや問題と感じることがあるなら、まず直属の上司に問いかけてほしい。直属の上司が動かなければ、その上の上司に。それでも変わらなければ、最終的には私に言ってほしい。陰で不平不満をこぼすのは、卑怯な振る舞いだと思うのです。


江口寿史

僕はギャグを描きたくて漫画家になったので、絵は下手でもいいと思っていました。ただの記号だと捉えていたんです。日本の大衆漫画に連綿と続く漫画特有のお約束的表現、そういったものを迷いもなく真似していました。ところが、大友(克洋)さんの絵は、実際のモノを観察して、構造を理解して描いている。そんな描き方は初めて知りました。線の描き方や画面の切り取り方のセンスも素晴らしい。「僕も力のある絵を描かないとダメだ」と危機感を持ちました。