名言DB

9429 人 / 110879 名言

坂本史郎の名言

twitter Facebook はてブ

坂本史郎のプロフィール

坂本史郎、さかもと・しろう。日本の経営者。「e-Jan(いいじゃん)ネット」社長。早稲田大学理工学部卒業、バージニア大学でMBAを取得。東レ、東レ・デュポンなどを経て「いいじゃんネット」を設立。

坂本史郎の名言 一覧

市場のニーズは常に更新されますから、基礎的な要素技術であっても、時代の少し先を見据えた組み合わせ次第で優位なポジショニングが可能です。当社は使い方の独自性を見いだす提案を心掛けています。


私自身、起業初期は上手くいかない時期がありましたが、続けられたのは妄想力のおかげ。妄想を膨らますことで、進むべき道筋が見えてくる。


自分達が何を作りたいかではなく、お客様が何なら使ってくれるのかの一点に集中しました。お客様は徐々に増え、3年目にして収益が出始めました。今では年率4割の成長を遂げる中核事業に育っています。


どうせ生きるなら、密度濃く生き、大きく成長したいもの。密度濃く生きるための一つの方法として、受け身ではなく、能動的に働くというやり方がある。


当社では全社員のうち、2割程度が外国人で構成されていますが、今後、日本のビジネスマンに求められるのは高い語学力、特に英語と中国語だと考えています。希望者には就業時間中に社内でマンツーマンレッスンが受けられます。


組織内でのコミュニケーションというものが非常に重要。私は毎朝早朝に出社し、必ず社員全員の報告書に目を通し、コメントを返しています。また月に一度、どんなに忙しくても欠かすことなく、一人30分から60分の個人面談を行っています。


企業選びの一つの考え方として、「大企業」か「ベンチャー」か、というものがあるかと思います。両方経験している者からすると、大企業は「待ち」の姿勢にならざるを得ないことが多いです。若いうちからその「待ち」の姿勢に慣れてしまうと、年齢を重ねるほど能動的に動く習慣が身につきにくくなります。


MBA留学から帰国後の配属先はなんと愛知県の工場現場でした。技術系社員は工場勤務経験がないと幹部に昇進することが難しいので、私にも経験させるべきとの人事部の配慮があったと思います。当時、その工場の稼働率は50%程度で、人が余っていました。草むしりや掃除を命じられたのです。熱中して仕事ができる環境がいかに幸せかということを強く感じました。


私はまだ世には出てきていない新しい分野を探しました。未開拓分野で第一人者になる方が、すでにでき上がった分野で競争するよりも、よほど刺激的だと考えたからです。


インドはこれからさらに盛り上がってきますし、現時点でも手ごたえを強く感じています。海外からもヒントを得ながら、国内市場の動向もしっかりと見極めていきます。開発の段階からトレンドに敏感になることが重要です。常にマーケティングの意識を持って既存のレッドオーシャン市場に固着しない健全なビジネスを心掛けていきます。


国内で限られたパイを奪い合うよりも、海外に出て商品を売り出していくことが大切だと考えています。特にインドは長期的な市場の成長が期待されており、IT分野におけるレベルは非常に高い。彼らは既にブランドが確立された欧米の製品ばかりを採用することもなく、確固とした審美眼を持っています。良い製品であれば、固定観念にとらわれず柔軟に採用してくれるのです。インドというハイレベルな場所で商品が採用されることは、何よりも世界的に売れるだけのクオリティを備えていることの証明になります。


当社の「CACHATTO(カチャット)」は、スマートフォンに向けたリモートアクセスサービスを開始したところから大きく発展し、おかげさまでトップシェアを頂いています。社員の手元のスマートデバイスから社内システムにアクセスし、快適なテレワークを実現します。使用時の快適性が特長ではありますが、盤石なセキュリティが決め手となり、導入していただくことが多いですね。


坂本史郎の経歴・略歴

坂本史郎、さかもと・しろう。日本の経営者。「e-Jan(いいじゃん)ネット」社長。早稲田大学理工学部卒業、バージニア大学でMBAを取得。東レ、東レ・デュポンなどを経て「いいじゃんネット」を設立。

他の記事も読んでみる

橘玲

日本人も外国人も、何に幸せを感じて、どのような社会に住みたいのかという根本的なところは同じ。日本の社会も遅かれ早かれグローバルスタンダードに近づいていくので、翻訳書を読んで先取りすれば、有利に立ち回れます。


井上英明

仕事は砥石です。自分を磨くためのものです。ならばマニュアルで縛るより、一人一人が自由に動ける方がいい。しかし、スポーツにルールがあるように、仕事にもルールは必要でしょう。そこで、給与や昇進の制度を整えているのです。従業員には会社をスタジアムだと思って、ルールにのっとた試合に専念してほしいのです。


土岐大介

トーク中にその場でいい返答ができなくても、次回までに調べて相手が興味を持つことができる話題を伝える。そうすれば、相手は「自分のことを気にかけてくれている」と感じ、信頼閻係も一段高くなるかもしれません。トークの内容が取引に関わるストライクゾーンではないからこちらに関係ない、と判断するのではなく、ボール1~2個分外れたような、言ってみれば相手の趣味や好き嫌い、時事ニュースなどの話題でも、ファウルでもいいからなんとか打ち返せるように普段から準備しておくといいでしょう。


光本勇介

時間の使い方も事業もライフスタイルも自由でありたいと常に考えています。


後田良輔

相手の成長ために褒める・叱るというのは、古くから受け継がれてきた日本人の美点だと思います。「昭和の頑固親父」と言えば、相手の将来を思って、ときに熱く、ときに厳しく育てる姿が思い浮かぶでしょう。それは、正社員ばかりで、終身雇用が保証されていた、高度成長期の話だろう。雇用が流動化している今は、そんな接し方は流行らない。そう思われる人もいるかもしれません。しかし、それは違います。数年後には同僚でなくなっているかもしれない。だからこそ、次の職場で立派に仕事ができるように成長してもらいたい。そう思って部下を育てる。自分の損得を越えた、相手への好意が必要なのです。


柴田励司

私の場合は、映画と舞台を月に一回は観るようにしています。時間が空いたらいこう、と思っていると絶対に時間は空きません。きちんと計画して、スケジュールに入れる。そうやって意識して気持ちのオンオフを入れ替えています。


齋藤孝(教育学者)

多くの仕事は、人に何かを依頼することから始まる。どれほど立派な企画も、協力者がいなければ実現は難しいだろう。だとすれば、重要なのは「頼み方」だ。いかに相手に「喜んで引き受けよう」と思ってもらえるか。これは、仕事量が増えるばかりの社会人にとって必須のコミュニケーション能力だ。


谷所健一郎

「人は会社の財産」と口では言っても、本当に理解する人は少ないものです。人で会社がつぶれることもある、という危機意識が必要です。そうでなければ、なまじ応募者が集まってしまうと、かえって危険な方向へ作用してしまいます。


小路明善

直観の「観」には観察の「観」と感性の「感」の2つが含まれます。観察とは、例えばデータや得意先の動きから消費動向などを自分なりに読む力。一方、感性とはデータに表れない部分を判断する力です。予測できないことが起きても、スピーディーで最適な経営判断を可能にするのは直感力だと思っています。


矢野博丈

朝令暮改は悪い意味で使われることが多いですが、私はむしろ褒め言葉だと思います。環境に合わせて、どれだけ自分を変化させるられるか。それが厳しい時代を生き抜いている人とそうでない人の違いだと私は考えます。