名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

坂本史郎の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

坂本史郎のプロフィール

坂本史郎、さかもと・しろう。日本の経営者。「e-Jan(いいじゃん)ネット」社長。早稲田大学理工学部卒業、バージニア大学でMBAを取得。東レ、東レ・デュポンなどを経て「いいじゃんネット」を設立。

坂本史郎の名言 一覧

市場のニーズは常に更新されますから、基礎的な要素技術であっても、時代の少し先を見据えた組み合わせ次第で優位なポジショニングが可能です。当社は使い方の独自性を見いだす提案を心掛けています。


私自身、起業初期は上手くいかない時期がありましたが、続けられたのは妄想力のおかげ。妄想を膨らますことで、進むべき道筋が見えてくる。


自分達が何を作りたいかではなく、お客様が何なら使ってくれるのかの一点に集中しました。お客様は徐々に増え、3年目にして収益が出始めました。今では年率4割の成長を遂げる中核事業に育っています。


どうせ生きるなら、密度濃く生き、大きく成長したいもの。密度濃く生きるための一つの方法として、受け身ではなく、能動的に働くというやり方がある。


当社では全社員のうち、2割程度が外国人で構成されていますが、今後、日本のビジネスマンに求められるのは高い語学力、特に英語と中国語だと考えています。希望者には就業時間中に社内でマンツーマンレッスンが受けられます。


組織内でのコミュニケーションというものが非常に重要。私は毎朝早朝に出社し、必ず社員全員の報告書に目を通し、コメントを返しています。また月に一度、どんなに忙しくても欠かすことなく、一人30分から60分の個人面談を行っています。


企業選びの一つの考え方として、「大企業」か「ベンチャー」か、というものがあるかと思います。両方経験している者からすると、大企業は「待ち」の姿勢にならざるを得ないことが多いです。若いうちからその「待ち」の姿勢に慣れてしまうと、年齢を重ねるほど能動的に動く習慣が身につきにくくなります。


MBA留学から帰国後の配属先はなんと愛知県の工場現場でした。技術系社員は工場勤務経験がないと幹部に昇進することが難しいので、私にも経験させるべきとの人事部の配慮があったと思います。当時、その工場の稼働率は50%程度で、人が余っていました。草むしりや掃除を命じられたのです。熱中して仕事ができる環境がいかに幸せかということを強く感じました。


私はまだ世には出てきていない新しい分野を探しました。未開拓分野で第一人者になる方が、すでにでき上がった分野で競争するよりも、よほど刺激的だと考えたからです。


インドはこれからさらに盛り上がってきますし、現時点でも手ごたえを強く感じています。海外からもヒントを得ながら、国内市場の動向もしっかりと見極めていきます。開発の段階からトレンドに敏感になることが重要です。常にマーケティングの意識を持って既存のレッドオーシャン市場に固着しない健全なビジネスを心掛けていきます。


国内で限られたパイを奪い合うよりも、海外に出て商品を売り出していくことが大切だと考えています。特にインドは長期的な市場の成長が期待されており、IT分野におけるレベルは非常に高い。彼らは既にブランドが確立された欧米の製品ばかりを採用することもなく、確固とした審美眼を持っています。良い製品であれば、固定観念にとらわれず柔軟に採用してくれるのです。インドというハイレベルな場所で商品が採用されることは、何よりも世界的に売れるだけのクオリティを備えていることの証明になります。


当社の「CACHATTO(カチャット)」は、スマートフォンに向けたリモートアクセスサービスを開始したところから大きく発展し、おかげさまでトップシェアを頂いています。社員の手元のスマートデバイスから社内システムにアクセスし、快適なテレワークを実現します。使用時の快適性が特長ではありますが、盤石なセキュリティが決め手となり、導入していただくことが多いですね。


坂本史郎の経歴・略歴

坂本史郎、さかもと・しろう。日本の経営者。「e-Jan(いいじゃん)ネット」社長。早稲田大学理工学部卒業、バージニア大学でMBAを取得。東レ、東レ・デュポンなどを経て「いいじゃんネット」を設立。

他の記事も読んでみる

古井祐司

健康を維持するには、極端な方法ではなく、複数の習慣で身体が受け入れやすい程度の変化をしてみることが大事。バランスの良い食事、睡眠時間の確保、座りっぱなしや立ちっぱなしを避けてときどき身体を動かすことなどを着実に続けることが効果を発揮します。


長谷川和廣

私が現役時代、部下たちに「ミニ社長になれ」と言ったのも、自分の仕事がどういう利益に結びつき、どう会社に貢献できるかを常に考え、仕事のやることの意味を深く知ることにつながると思ったからです。


田代五男

医師の先を行くぐらいに、社員はみんな勉強しなければらない。「社員は、色々な専門分野に分かれて、自ら毎日勉強しています。また、その勉強が仕事のひとつだとも言っております。


山本利行

経営環境は不透明さを増すばかりですが、ものづくりの会社という原点に立ち返って、世の中にない新製品の開発で市場を切り拓いていきたい。


石川康晴

モチベーションの源は、やっぱりアントレプレナー精神でしょうね。道を切り開く。歴史に自分が載る。そして日本を背負う。アパレル業界を変える。そういうことが楽しい。お金や名誉より、それが突き動かす原動力になっています。


為末大

一般的に言われる努力は、目標に向かって力を尽くして積み重ねる行為をイメージします。1時間の練習を2時間やったら、2倍努力したと言う。でも、行動前に、「自分が何をやるべきなのか」「何のために実行するのか」と考える努力は、日本人はあまりせず、人任せにする場合が多い。僕は、こうした自問する作業は、「努力」という行為の半分以上の領域を占めると思っています。


小池百合子

なすべきことは山ほどあります。あらためて身近なところから、見つめ直す。磨き直す。「宝物」は身近にあります。


マイケル・ポーター

一昔前は、「公害は利益」と考えられていました。ゴミを処分するコストを社会に外部化するから、企業は儲かるのだと。しかし、今は公害を出さないことが利益につながると、誰もが理解しているはずです。省エネを進めれば、利益率は良くなりますよね。つまり、社会的なコストを企業が内部化するビジネスモデルこそが、持続的な成長に欠かせなくなったわけです。


プブリウス・シルス

否定しようとすることを、物静かに拒否することが親切だ。


佐々木則夫(サッカー)

以前、試合中に川澄(奈穂美)から右サイドハーフのポジションを丸山(桂里奈)と代わったほうがいいんじゃないかと提案があって、そのとおりにしたことがあります。そうやって選手たちが僕に伝えてくれることが重要だと思うんです。


ジェフリー・フェファー

誰もが暗黙のうちに了解していることとして、権力者は怒り、他人の話をさえぎることが許され、規則を破ることや一般常識から外れることも許されるというものがある。ということは逆もまた真で、あなたが怒りを示し、他人の話をさえぎり、前提条件に疑問をつきつけて自分に都合のよい基準をつくり、社会的規範を破れば周囲はあなたを権力者と見なし、従うようになる。


守屋淳

いま「二極化」や、「勝ち組」「負け組」といった言葉がマスコミで盛んに使われている。こうした思考のベースにあるのが、「勝ち以外は負け」「勝者になれなければ惨めな敗者」という二分法に他ならない。しかし、それは本当なのかという根本的な疑問を、いまから2500年も前に投げかけたのが孫子だった。孫子は中国古代、春秋時代の末期に活躍した孫武という武将が書いたといわれる兵法書だ。孫武は当時の戦争のありさまを考察することにより、勝ち負け以外にもうひとつ、不敗の状態があるのではないかと考えた。