名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

坂木司の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

坂木司のプロフィール

坂木司、さかき・つかさ。日本の作家。東京都出身。『青空の卵』で小説家デビュー。『和菓子のアン』で静岡書店大賞「映像化したい文庫部門」大賞を受賞。

坂木司の名言 一覧

学生のときとか、よく将来の夢とか書かされるじゃないですか。あと、進路表とか。もちろん夢があるのは素晴らしいし、あって全然いい。でも、ない人にとっては、じゃあ、ないと素晴らしくないのかという矢がはね返ってくる。だから、別にどっちだっていいじゃん、と。ない人もいっぱいいるし、持ってもいいし、持たなくてもいい。


デビュー作が『青空の卵』だし、たぶん、羽ばたこうとしている人が好きなんですね。飛べるか飛べないかはともかく、羽ばたこうとあがいている感じがいい。飛ぼうと思って飛べましたという話は正しいし、飛ぼうとしたけれど飛べなかったという話も正しいし、たくさんある。でも、たいがいひねくれ者なので(笑)、それよりは、飛ぼうと思い続けて――という人の話のほうが、勇気が出る感じで好きなんです。


坂木司の経歴・略歴

坂木司、さかき・つかさ。日本の作家。東京都出身。『青空の卵』で小説家デビュー。『和菓子のアン』で静岡書店大賞「映像化したい文庫部門」大賞を受賞。

他の記事も読んでみる

星野佳路

「やらないことを決めること」。これは事業を展開するうえでも、大切な考え方。「やらないこと」を決めるのは、「強みを大切にする」ことにつながる。


ウィリアム・オッカム

陛下、私を剣で守ってください。私は陛下をペンで守ります。


野部剛

商談中の雑談にはとことん付き合うこと。雑談だと思っていても、実は何か意図をもって話されているかもしれないし、お客様の考えや価値観を知ることが今後の商談に役立つこともあります。


ティム・ペック

日本のビジネスマンは保守的で慎重な人も多く、発言にブレーキがかかりがちですが、自身の情熱をストレートに伝えることが重要なのではないでしょうか。


モンテーニュ

心にもない言葉よりも沈黙の方が、むしろずっと社交性を損なわない。


盛田昭夫

お祝いやお悔やみを伝えるときくらい、定型文を使わずに文章を自分で考えなさい。


宮内義彦

現在では人事評価を少しでも間違うと、優秀な人材が会社からいなくなる可能性が高くなっています。人事評価は「真剣勝負の時代」になりつつあります。正しい評価に基づいた報酬制度にしないと、他社でもっと良い処遇を受けられる自信のある社員や実際にそういう実力を持った社員は、次々と会社を辞めていくかもしれません。


川田修(ライフプランナー)

アポ取りの基本は、明るくゆっくりと、堂々と話すこと、お客様から笑いを取ること、相手を気遣うということ。


石渡美奈

話す相手が20代と60代じゃ、当然使う言葉も違ってきます。声をかけるといっても、だれかれ構わず言葉を投げ売りするのでは駄目です。相手に伝わって初めてコミュニケーションになるのです。


小島貴子

自分をスペシャリストだと認識していても、うまくいっていたのは会社のブランドや組織力が要因だった事例が少なくない。飛び抜けた専門家になれないのなら、つぶしの利く人材を目指すべき。営業や社内ネゴの経験を積んで対人力を磨くなど、職場でスキルを磨いておく必要がある。


上西京一郎

一部だけに注目して考えると間違えてしまう。お客様が期待する世界観やディズニーのブランド、料金体系など、全体を見渡しつつ、考え抜かないといけない。


宿澤広朗

私が入行した当時、何でもこなせる人材が有能とされたが、経営を取り巻く環境が変わった。いまは専門性を持つ人材が重要になった。社員も『これをやりたい』と主張するより『これで専門性を高めたい』という意識改革が必要だ。けれども、スペシャリストも基本的な知識は不可欠。銀行業務に関する基礎知識があって初めて、ディーラーの専門性が生かせる。