名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

坂川山輝夫の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

坂川山輝夫のプロフィール

坂川山輝夫、さかがわ・さきお。日本のコミュニケーション専門家、ビジネスコーチ。国立電気通信大学、中央大学をそれぞれ卒業。エンジニア、営業マン、業界紙記者、国家公務員などを経て現代コミュニケーションセンターを設立。多くの企業・官公庁を対象に研修を行った。著書に『新入社員研修に成功する100のツボ』『報告する技術 そのやり方が上役の判断を誤らせる』『聞き上手が成功する』『1年で一流になれる誰も教えてくれない仕事術』ほか。

坂川山輝夫の名言 一覧

良い人間関係を作りたいなら、挨拶を惜しんではいけない。挨拶は積極性を示すためのパスポート。難しく考える前に口に出してみよう。


坂川山輝夫の経歴・略歴

坂川山輝夫、さかがわ・さきお。日本のコミュニケーション専門家、ビジネスコーチ。国立電気通信大学、中央大学をそれぞれ卒業。エンジニア、営業マン、業界紙記者、国家公務員などを経て現代コミュニケーションセンターを設立。多くの企業・官公庁を対象に研修を行った。著書に『新入社員研修に成功する100のツボ』『報告する技術 そのやり方が上役の判断を誤らせる』『聞き上手が成功する』『1年で一流になれる誰も教えてくれない仕事術』ほか。

他の記事も読んでみる

仙田満

「こどもの国」は菊竹清訓建築設計事務所入所2年目に担当を任された大型の自然型児童遊園地造成プロジェクトで、私が「こどものあそび環境」づくりを生涯の仕事の柱にすることを決めた案件でもあります。この時、児童遊園をデザインした彫刻家のイサム・ノグチさんや、造園家の伴典次郎さんに出会ったことは貴重でした。建築以外の魅力的な世界の広がりを教えてもらったことで、いろんな領域と一緒に環境全体を考えていくべきだと認識することができました。


大薗誠司

膨大な品揃えを実現できるのは、商品と売り場スタッフ、お客様の関係がアナログなのに対し、商品管理に関しては徹底的にデジタル化を進めているからです。


佐藤義雄

叱り方に自信がなく、あえて部下と距離をとる上司もいますが、これは感情任せで叱るより悪いことです。最近は指導とパワハラの境目がわかりにくく、リスクをとるより放置しようと考える心理もわかります。しかし、部下と向き合わず、陰で愚痴をこぼすような上司がはびこる組織はもはや存続の危機です。部下のタイプに合わせて叱り方を変えることなどは必要ですが、とにかく対処することです。


藤波克之

人々が喜ぶ商品を生み出し続ける組織を作りたい。誰でも新しいことに挑戦しているとワクワクするでしょう?


高柳健次郎

私のような若造が研究してもうまくいくだろうかと思ったが、これこそ自分の長い間探し求めていたテーマであると確信を持ち、テレビジョンの研究を決意した。
【覚書き|20代中盤にテレビの開発に本気で取り組む決意をした時を振り返っての発言。その後、世界初のテレビ受像実験に成功。ブラウン管に「イ」の字を写しだす。イはいろはのい】


羽生善治

変化が激しい時代だから経験はムダなのかというと、そうではないと思います。新しい局面に対処しなくてはならないとき、「過去にこういうやり方で遠回りしてしまった」「こういう方法でブレイクスルーできたことがある」といった経験にもとづく方法論が役に立つからです。あるいは、何をやったらいいのかわからないときに、過去の成功や失敗の経験が進むべき方向の指針になることもあるでしょう。


川田篤(経営者)

当社の社名「オロ」というのはスペイン語やイタリア語で金を意味しています。どうせ会社を興すなら金メダルを獲ろうという意味が込められています。


岩城宏之

僕も、自分のいままでのことは全部否定しています。同じベートーベンの曲でも、何カ月も前に演奏したもは否定しているのです。自分で自分のことにものすごく不満なのです。駄目だからまたやるのです。指揮者は通常、演奏する前にスコア(総譜)に書き込みをします。僕は一回演奏すると、そこでスコアを捨ててしまいます。毎回新しく買ってまっさらから勉強します。前のものを頼りにしたくないからです。


池田全徳

私は社長として「物事は損得ではなく、善悪で判断し、行動するべき」を座右の銘にしてきました。儲かることであっても、善悪の判断に照らして、悪になるならすべきではない。


安部譲二

よくサラリーマンを辞めて喫茶店やそば屋を経営する人がいるけど、大抵は失敗するな。自分もできるように感じるかもしれないが、客として見ているのはうわべだけだ。気楽そうだからという理由で第2の人生を選ぶのではなく、自分に合っているものを時間がかかっても探さなきゃダメだよ。


友野紀夫

少子高齢化でも、今後大きく成長する保険はあるのです。これはすべてお客さまのニーズに沿ったものです。お客さまが自分で保険を選ぶ時代になりつつありますから、そこに対して当社は商品力で勝負したい。


村瀬治男

デジタルカメラ時代になると、以前は別々だったカメラと事務機が簡単につながります。それぞれの事業部も互いに相手の仕事に関心を持ち、意見を言い合えるくらいのクロスオーバーが必要です。「仕事ののりしろを持て」。私はそう言って、いい意味で互いに干渉しあうよう推奨しました。誰もが、テリトリーを縦横に少し広げて関心を持つ。その「のりしろ」を貼り合わせれば、両方の面をカバーする仕事ができる。「自分はのりしろを持っているか」と常に意識すれば、仕事の仕方も変わってくるはずです。