名言DB

9412 人 / 110637 名言

坂川山輝夫の名言

twitter Facebook はてブ

坂川山輝夫のプロフィール

坂川山輝夫、さかがわ・さきお。日本のコミュニケーション専門家、ビジネスコーチ。国立電気通信大学、中央大学をそれぞれ卒業。エンジニア、営業マン、業界紙記者、国家公務員などを経て現代コミュニケーションセンターを設立。多くの企業・官公庁を対象に研修を行った。著書に『新入社員研修に成功する100のツボ』『報告する技術 そのやり方が上役の判断を誤らせる』『聞き上手が成功する』『1年で一流になれる誰も教えてくれない仕事術』ほか。

坂川山輝夫の名言 一覧

良い人間関係を作りたいなら、挨拶を惜しんではいけない。挨拶は積極性を示すためのパスポート。難しく考える前に口に出してみよう。


坂川山輝夫の経歴・略歴

坂川山輝夫、さかがわ・さきお。日本のコミュニケーション専門家、ビジネスコーチ。国立電気通信大学、中央大学をそれぞれ卒業。エンジニア、営業マン、業界紙記者、国家公務員などを経て現代コミュニケーションセンターを設立。多くの企業・官公庁を対象に研修を行った。著書に『新入社員研修に成功する100のツボ』『報告する技術 そのやり方が上役の判断を誤らせる』『聞き上手が成功する』『1年で一流になれる誰も教えてくれない仕事術』ほか。

他の記事も読んでみる

兼元謙任

ホームレスを体験して感じたことは、「助け合いの場を提供したい」と世界中の人たちが思わなければ、この世の中はよくならないということでした。世界を変えるには、助け合いの気持ちをお互いのコミュニケーションの中で育てていくしかありません。


中川悠介

「これがいいだろう!」という押しつけではなく、「これがいいのでは?」という「問いかけ」をすべきではないかと思っています。かつてはメディアを用いた大々的なプロモーションで「いいだろう!」と宣伝することで、消費者に「いいね!」と言わせていた。でもそうした押しつけは通用しなくなっています。


奥義光

運行の現場では、昔からやっている仕事のやり方がベストではない。常に見直そうと言い聞かせてきた。


菅原洋平

睡眠中、脳は休んで何もしていないように見えますが、実はとても忙しく働いています。頭の中で散らかった記憶を整理したり、起きている間に経験したことをリピート再生したりして、記憶を脳に定着させます。睡眠による記憶の定着作用を上手に使えば、努力せずに、多くのことを効率的に覚えられるようになります。


堀田力

人は自分を30%のインフレで見て、他人を30%のデフレで見る。


有山典子

ひと口でマネーといっても、記事として扱う範囲は家計の節約からマクロ経済まで幅広いのです。すべてに精通するのが理想だけれど、乏しい頭脳ではそうもいかないので、情報収集は「広く浅く、少しだけ敏感に」が基本です。詳しい分析は専門家の英知を借りて、読者にできるだけわかりやすく伝えるのが私たちの仕事だと考えています。


アルフレッド・アドラー

どのように感じるかはあなた次第だ。


米倉弘昌

私がよく経団連で申し上げているのは、経済を動かすのは我々企業であって、企業自らが成長を実現していくんだという気概を持って経営していく、そういうことで本当に成長が実現できるだろうと思います。


午堂登紀雄

目標を立てて達成することも大切ですが、目標にこだわりすぎると、いまを犠牲にする恐れもあります。まずは目の前のことに全力投球すること。そうすれば、思いもよらない素晴らしい偶然が待っていると私は信じています。


伊藤忠兵衛(二代目)

別に聖人風をふかす要はないが、私にはまったく別の世界であった。父を失ったことと、番頭兼主人なので若いながら責任を感じたのか、英語の勉強と商品の研究に、出張地帯では夜はまったく僧院生活の様式を続け、自然、変り者の扱いをされた。青春というものに時間を見いだせず自発的に遠ざかり、呉服屋らしからぬ生活を続けた。
【覚書き|若いころに夜の付き合いに出なかった理由を聞かれての発言】


寺尾玄

みんなが「無理だ」と言うことであっても、「本当か?」と疑うこと。このことが、モノ作りにおいても、生き方においても大切。


古川武士

悪い習慣をやめたいなら、まずは悪循環の全体像を把握することです。そして、連鎖している悪い習慣のうち、まずはひとつに絞って、それをやめる取り組みをしてください。一度にあれもこれもやめようとしないことが大切。


ニクラス・ゼンストローム

いま、世界中のイノベーションは若い企業から起きています。若い起業家たちの中には最初からグローバル市場を舞台に戦う野心を持つ人たちが多くいます。そして、彼らはオープンな思考を持ち、企業同士のエコシステム(生態系)に対する理解度も高い。


和田裕美

いわゆる飲みニュケーション、私は大切だと思っています。もし、行きたくないのなら、断る前に嫌な理由を挙げてみてください。と同時に、自分が人づき合いのなかで得たいものを並べてみる。飲む以外の目的が明確であれば、自分にとって飲み会に行く意味が見いだせるので、面倒じゃなくなります。気づいたら、嫌だったはずの飲み会も楽しいものに変わっているかもしれません。


デーモン閣下(デーモン小暮)

(ソロ活動開始後)違和感を覚えるようになった。自分が社会に投げたボールが、ちゃんと返ってこないような感覚に見舞われるようになったんだ。その違和感の正体が当時の我輩にはわからなかった。わからないまま、そもそもデーモンとして世の中に何かを投げかける必要があるのだろうか……、と考えるところまで煮詰まった。そこで、我輩は表舞台での活動を引退しようと真剣に思った。ソロになって3年が経とうとしていた頃のことだ。実際、当時のレギュラー番組をすべて降板。コンサートツアーの千秋楽に「今日を最後のステージにするつもりであった……」のようなことも口にした。そして、我輩は本当に日本の芸能界から姿を消して、ロサンゼルスへ渡った。ADをやったり、旅行をしたり、とにかく、従来とは違う空気を思い切り吸ってみたのだ。すると、エンターテイナーとしての新たなアプローチを思いついた。金を稼がないと食っていけないし、と割り切れるようにもなった。こんなことを悪魔がいうのもなんだけどな(笑)。結果的にLAにいたのは5か月間。充電して元の場所に戻る形になった。けれども、あの5か月がなければ、いま、我輩は芸能界の表舞台にはいなかった。