名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

坂川山輝夫の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

坂川山輝夫のプロフィール

坂川山輝夫、さかがわ・さきお。日本のコミュニケーション専門家、ビジネスコーチ。国立電気通信大学、中央大学をそれぞれ卒業。エンジニア、営業マン、業界紙記者、国家公務員などを経て現代コミュニケーションセンターを設立。多くの企業・官公庁を対象に研修を行った。著書に『新入社員研修に成功する100のツボ』『報告する技術 そのやり方が上役の判断を誤らせる』『聞き上手が成功する』『1年で一流になれる誰も教えてくれない仕事術』ほか。

坂川山輝夫の名言 一覧

良い人間関係を作りたいなら、挨拶を惜しんではいけない。挨拶は積極性を示すためのパスポート。難しく考える前に口に出してみよう。


坂川山輝夫の経歴・略歴

坂川山輝夫、さかがわ・さきお。日本のコミュニケーション専門家、ビジネスコーチ。国立電気通信大学、中央大学をそれぞれ卒業。エンジニア、営業マン、業界紙記者、国家公務員などを経て現代コミュニケーションセンターを設立。多くの企業・官公庁を対象に研修を行った。著書に『新入社員研修に成功する100のツボ』『報告する技術 そのやり方が上役の判断を誤らせる』『聞き上手が成功する』『1年で一流になれる誰も教えてくれない仕事術』ほか。

他の記事も読んでみる

柴田昌治(コンサルタント)

一つの目標に向かって社貝全員が協力するには、皆が意見を出し合い、議論して、解決策を導き出すプロセスが不可欠。率直な意見をぶつけ合えば、相手への信頼も生まれます。「調整」というのは、そうした率直な意見を封印するということ。その場は丸く収まっても、問題は残されたまま。ますます相手への不信感が募るだけです。


秋元義彦

昔の職人さんのように現場でパンづくりを体得することも必要ですが、今日では理論を学ぶことも大切。


島村琢哉

結局、自分たちの「原点」、「強み」は何なのかを考えることが全てだ。それを認識していれば、どんな環境変化にも対応できる。


ギャレス・エヴァンス

僕はシリーズ物の「2」が「1」と同じことの繰り返しになるのが、自分で映画を見ていても耐えられなくてね。だから必ず新しい要素を入れる。前作の位置付けはサバイバルホラーで、楽しんで見て貰うためにその中に武術の要素を入れた。今作は「ギャング映画の中に武術を入れよう」と考え、ギャング映画となればストーリーは大事だな、と。


渋井真帆

決算書とは、仕事の世界での決まり事や考え方を表現したものです。ですから、一度決算書を勉強すると、自分が仕事でやっていることの意味が理解できるので、仕事にもやりがいが感じられるようになると思います。


中本晃

企業ですから利益を出していかなくてはいけません。業績をしっかり支えてくれるものと、全く新しいもの、その組み合わせが重要。


細田収

メルマガやフェイスブックで宣伝ばかりするのは感心しません。読者から反発を食らい、かえって逆効果になるからです。自社商品の宣伝などはせいぜい3割にとどめ、残りは雑談やお役立ち情報を発信しましょう。また、ツイッターは柔らかめ、企業サイトは堅めなど、場に合わせて文章のトーンを変えることも大事です。


和田浩子

プレゼンで話すのが苦手なビジネスパーソンは、「戦略的思考」が身についていないことが多い。戦略的思考とは、「様々な数字データの中から、顕著な傾向を見つけて分析する→取り上げるべき課題を見つける→どうやってアプローチすべきかについての仮説を導き出す」というステップを踏んで考えること、伝える内容がこの流れで整理できていないから、アウトプットという形で相手に伝える時にうまくいかない。


千本倖生

私たちのようなハイテクを扱っている会社の経営者として反省すべきは、商品の機能に重きを置きがちで、使い方から広がる潜在需要をあまり掘り起こしてこなかったということです。


阿部祐二

「どうすれば、効率よく英語を学べるんですか?」とよく聞かれるのですが、英語を効率よく学べる方法なんてありません。英語に関しては、様々な方法で勉強してきましたが、最も役立っていることは何かといえば、中学高校時代に英単語や英熟語をひたすら暗記したこと。


カーリー・フィオリーナ

やがて私は、怖がっているのは自分だけではないと気付くようになった。初めてのことに挑戦するときに怖じ気づかない人の方がむしろ珍しい。研修を受けている間に、私は強くなったと思う。恐怖感を乗り越えるというのは、ひとつのモチベーションとして大切かもしれない。それでも私は、部下が恐怖を克服する手伝いをするのがリーダーの役目だと思っている。
【覚書き|ベルシステムでセールスの研修を受けたときを振り返っての発言】


高橋俊介

戦略とは「中長期的に維持可能な競争上の優位性を築くための経営資源の傾斜分配」を意味する。この原点に立ち、経営トップ主導で事業構造を見直すと同時に、人件費を一律何%カットするとか、売上比率何%カットするといった硬直的な人員管理ではなく、本当に必要なところに人員を傾斜配分する戦略的マネジメントを追求すべきなのだ。