名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

坂岡洋子の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

坂岡洋子のプロフィール

坂岡洋子、さかおか・ようこ。日本のインテリアコーディネーター、老前整理コンサルタント。大阪出身。企業で住まいと生活家電のデザイン・企画を担当。その後、インテリアコーディネーターとして独立。バリアフリーの必要性を感じケアマネージャー資格を取得。「老前整理」を提唱し、中高年の暮らしを軽くするサポートを行った。著書に『老前整理』『老いた親とは離れなさい』『こころをよむ 心と暮らしを軽くする』『捨てれば心も暮らしも軽くなる』他。

坂岡洋子の名言 一覧

現代の日本社会にはモノがあふれかえっている。意識的に減らしていかないと、家の中のモノは増える一方になる。


人は誰しも、頭から否定されるのは嫌なもの。まして親子間のコミュニケーションはつい言葉がきつくなりがちです。「なんでこんなモノ取っておくの?」「全部捨てなよ!」と強い物言いをすると、相手も「私には全部必要なの!」と抵抗し、平行線に陥りがちです。


坂岡洋子の経歴・略歴

坂岡洋子、さかおか・ようこ。日本のインテリアコーディネーター、老前整理コンサルタント。大阪出身。企業で住まいと生活家電のデザイン・企画を担当。その後、インテリアコーディネーターとして独立。バリアフリーの必要性を感じケアマネージャー資格を取得。「老前整理」を提唱し、中高年の暮らしを軽くするサポートを行った。著書に『老前整理』『老いた親とは離れなさい』『こころをよむ 心と暮らしを軽くする』『捨てれば心も暮らしも軽くなる』他。

他の記事も読んでみる

大串亜由美

ほとんどの人間は、自分の話を聞いてもらいたいのです。最悪なのは自分が話すネタを山ほど用意して、相手の反応にお構いなく、延々とそれを披露する人です。


田中仁(経営者)

ビジネスは厳しい。いつでも転落する可能性を秘めている。信金時代、資金繰りに窮して夜逃げしたり自殺したりする経営者も見ました。


津谷正明

今の時代、単品だとすぐに追いつかれてしまう。真似をする方がはるかに楽ですし、安くできますから。製品とサービスをパッケージで展開しないと、日本のメーカーの競争力はなくなると思っています。


北尾吉孝

中庸とは、平たく言えばバランスのことで、『論語』の中でも非常に重要なキーワードであり、東洋哲学において最も大事な考えだとさえ私は思っています。この中庸を失った、バランスを欠いた組織は、あっというまに崩壊します。


酒井貞彦

私が社長の座を創業メンバーの一人に譲ったのは、経営陣の若返りが主目的です。背景には私なりの信念がありました。それは「格好いいうちに引き継ぐ」です。仕事をこなせる体力がまだ十分にあり、ものごとを的確に判断する能力もあるうちに、自分のほうから一歩下がる。経営者は自分がみじめになっては戦うことができません。それは、政治家やスポーツ選手でも同じことだと思います。


佐々木常夫

私は「運命は積極的に引き受けよう!」という人生観を持っています。会社人生にしても、決して一本道ではありません。努力が実らないことだってあります。業績不振の子会社へ出向させられるような、左遷的仕打ちを受けることだってあるでしょう。しかし、それも運命です。


田中ウルヴェ京

実は自分のことは、自分では分からないものです。もしかしたら、あなたの成長を歯止めしているのはあなた自身かもしれません。


マハトマ・ガンジー

愛国心は人類愛と同一である。私は人間であり、人間的なるがゆえに愛国者である。


ピーター・リンチ

【株式投資20の黄金律-その7】投資したいという株が見つからない時は、見つかるまで資金は銀行に預けておくのがよい。


松尾均

はとバスという名前は、日本全国に知られている。それは社員にとって喜びでもあり、誇りでもある。でもそれで満足していいのか?「はとバス」という名前にあぐらをかいているのではないか?いまのままでは商売が成り立たない。
【覚書き|社長就任時の社員に対するスピーチでの発言】


松田憲幸

日本IBM時代、とにかく分からないことは、すべてなくそうとしていました。SE(システムエンジニア)という仕事には、サーバーや通信、ハードウェアなど膨大な知識が必要ですが、すべてを覚えるのはとても大変なことなんです。それで多くのSEは、大型汎用機のことは詳しくても、パソコンのことは分からないといった人が多い。それでも私は分からないことがあれば、都度、自分で調べ吸収していました。


中畑清

いざ駒澤大学のセレクションの会場に足を踏み入れたら、全国から名門校の選手が集まっている。みんな自信たっぷりにウォーミングアップしている。「あっ、こりゃだめだ。しょせん、俺は田舎のプレスリーってとこか……」となかば諦めかけ、憂鬱な気分で4か月後の筆記試験に臨んだら、なんと合格しまして。嬉しいというより、「エッ、な、なんかの間違いじゃないか!」というのが本心でしたよ(笑)。あとは、せっかくもらったチャンスを活かそうと、下手は下手なりに誰よりも目立って、元気にプレーしようと。競争してレギュラーを勝ち取るなんていう思いよりも先に、まずは元気だ! って思いましたね。