名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

坂岡洋子の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

坂岡洋子のプロフィール

坂岡洋子、さかおか・ようこ。日本のインテリアコーディネーター、老前整理コンサルタント。大阪出身。企業で住まいと生活家電のデザイン・企画を担当。その後、インテリアコーディネーターとして独立。バリアフリーの必要性を感じケアマネージャー資格を取得。「老前整理」を提唱し、中高年の暮らしを軽くするサポートを行った。著書に『老前整理』『老いた親とは離れなさい』『こころをよむ 心と暮らしを軽くする』『捨てれば心も暮らしも軽くなる』他。

坂岡洋子の名言 一覧

現代の日本社会にはモノがあふれかえっている。意識的に減らしていかないと、家の中のモノは増える一方になる。


人は誰しも、頭から否定されるのは嫌なもの。まして親子間のコミュニケーションはつい言葉がきつくなりがちです。「なんでこんなモノ取っておくの?」「全部捨てなよ!」と強い物言いをすると、相手も「私には全部必要なの!」と抵抗し、平行線に陥りがちです。


坂岡洋子の経歴・略歴

坂岡洋子、さかおか・ようこ。日本のインテリアコーディネーター、老前整理コンサルタント。大阪出身。企業で住まいと生活家電のデザイン・企画を担当。その後、インテリアコーディネーターとして独立。バリアフリーの必要性を感じケアマネージャー資格を取得。「老前整理」を提唱し、中高年の暮らしを軽くするサポートを行った。著書に『老前整理』『老いた親とは離れなさい』『こころをよむ 心と暮らしを軽くする』『捨てれば心も暮らしも軽くなる』他。

他の記事も読んでみる

沢村一樹

「いつやるかな」と考え始めたら、必ず「あとで」って言葉が浮かんできちゃう。今日から始めましょう。


西村貴好

自分の話を熱心に聞いたうえ、「いまのメモとらせてもらっていいですか?」なんて言われたら嬉しいですよね。「聴く」ことが相手の行動を肯定することにつながり、「褒める」に直結するわけです。


服部幸應

ぜひ何かしらの使命感を持つようにしてください。僕が長年休みなく働いてこられたのも、「食育を広めたい」という使命感があったからこそですから。


魚谷雅彦

物が売れない時代に、企業が生き残るためには、お客様との関係を深め、心を動かすマーケティングが必要です。


オカダ・カズチカ

プロレスって、みんながみんな、ハッピーエンドでは帰れないと思うんですよ。例えば、オカダ対内藤(哲也)の試合で僕が勝つと、内藤ファンは「次、見とけよ」と思う。それが延々に終わらないんです。新日本プロレスは今年45周年ですけど、45年間、終わらないドラマをやっている。何かしらずっと続いていて、一度観たら止められないんじゃないかと思いますね。


石見浩一

戦略を立てるときには、部門を越えて情報共有・事業連携をうまくとらなければなりません。


高野勇樹

年に3、4回は情報溢れる都会から離れて、ネット回線も遮断するようにしています。入ってくるものが一旦止まるので、自分が頭の中で考えていたことがクリアになるのです。リラックスした状態で、頭の中からアイデアを掘り出すという感覚です。そうした時の方が、いい事業の種になることが多いのです。


高野登

挨拶上手になるために、はじめに鍛えるべきは「関心力」です。関心がないと人に声はかけられません。毎日乗っているバスや電車は関心力を鍛えるチャンス。荷物や服装、指先などを見てどんな職業なのか推察するゲームをしてみましょう。


梨田昌孝

私の若い頃のように、選手が監督に呼ばれるのは怒られるときだけ、ということはなく、選手たちは監督の考えや思いを常に知りたがっている。「黙って俺についてこい」の時代は終わり、緻密な相互コミュニケーションが強い組織の土台になるとも言われている。そうした時代にあって、監督の参謀役は必ずしも一人に限る必要はないと思う。投手と野手、攻撃と守備、育成と熟成。監督にとって各部門に参謀、あるいは信頼できる相談相手を持つことも理想的なチームづくりのポイントになる。


村井満

経営改善のためには、現状を正しく理解することが前提。現状認識して、事業計画をしっかり立て、実行して修正する。


本田直之

変化の激しいいまの時代、大きい組織になればなるほど、1年の計画を立てても必ず軌道修正が求められます。計画を具体化し、実行力を高めるために長期目標をブレークダウンするわけですが、1か月では事業構造をつくるところまではできません。3か月という単位でマネジメントするのは時代に合っています。


坂本孝

飲食業界に革命を起こしたいので、力を貸してくれませんか。私はこれから、この業界で非常識なことをやりたいのだから、素人のほうがいいんです。
【覚書き|右腕である安田道男常務をヘッドハントしたときを振り返っての発言。安田氏は当時飲食業界未経験だった】