名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

坂尾晃司の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

坂尾晃司のプロフィール

坂尾晃司、さかお・こうじ。日本のコンサルタント。「ベリタス・コンサルティング」社長。東京出身。東京大学法学部卒業後、リクルートなどを経てベリタス・コンサルティングを設立。著書に『これからの「できる課長」の条件』。

坂尾晃司の名言 一覧

上司の状況を考慮せずに話す提案やアイデアは、それがどんなに優れていても通りづらいもの。


中間管理職は、自部署内だけでなく組織全体の利益につながる働き方が求められる。


中間管理職は現場に経営者の考え方を代弁する立場でもある。「全体最適」の視点から情報を整理したうえで、もっと経営者にモノ申すべき。


全方位と密に接する「課長」は、コミュニケーションスキルを磨けば磨くほど「キーマン」になれる。


交渉の秘訣は、「こちらにとって価値が低く、相手にとって高いもの」は何かを意識することです。つまり、「相手には役立つが、こちらの懐は痛まないものを提供する」「こちらには役立つが、相手の懐は痛まないものをもらう」。これが最も理想的な価値交換です。


部下が良い働きをしたときは、本人の前で上司にそのことを伝えたいところ。会議の席で「このアイデアは彼の発案です」といったひと言を添えるのも効果的です。部下のやる気も出ますし、上司にも部下をケアする姿勢が評価されるでしょう。


大事なのは、「指導」と「育成」を分けて考えること。指導とは各業務の手順を説明したり間違いを修正したりすることで、育成とは本人の長所短所の分析や助言といった、長いスパンの対応です。部下の熟達度とチームの状況とを考えつつ、両者を使い分ける必要があります。


相手の人間関係にも目を配りましょう。会社には、明確化されている「公式な組織」のほかに、「非公式な組織」があります。それは、A部長とB部長は仲がいい、上司Cは部下Dをかわいがっている、といった関係の濃淡のこと。そこを踏まえれば、「この件は自分から報告するより、部下Dから伝えてもらおう」といった工夫もできます。


相手の好むコミュニケーションスタイルを意識することが大切。用件だけをシンプルに伝えるべきか、世間話のひとつも挟んだほうがいいかといったことも相手次第です。


中間管理職にとって一番必要となるスキルは、「相手の状況を見る力」です。相手は今何を考えているか、余裕はあるか、こちらが伝えたい事柄についての意識はどの程度か、など。上司と接するときはとりわけこのスキルが必要です。


経営者の「数字を上げろ」という指示に、黙って従っていては現場が疲弊してしまいます。そうならないためには、現場の状況を説明したうえで、新規事業のアイデアや人員増のお願いをするなどして、上を積極的に巻き込んでいくことです。経営者から一社員まで「全体最適」を目指さなければ、今の時代は到底生き残れません。


自組織・自分に対する周囲の期待を明確にし、応えていく働き方が「全体最適」へとつながる。そこから生まれた好循環により、自部門もメリットが得られるはず。


組織内における役割が明確になっていないと、求められる役割が曖昧なので、どのような働き方が会社全体の利益に貢献するのかがわからない。しかし、経営陣は「数字」だけは求めてくる。すると、自部署の短期的な売上げばかりに注力するといった「部分最適」のみ意識した働き方が定着してしまう。


坂尾晃司の経歴・略歴

坂尾晃司、さかお・こうじ。日本のコンサルタント。「ベリタス・コンサルティング」社長。東京出身。東京大学法学部卒業後、リクルートなどを経てベリタス・コンサルティングを設立。著書に『これからの「できる課長」の条件』。

他の記事も読んでみる

澤上篤人

長期投資家にとって大事なことは、3年とか5年あるいはもっと長い期間でも、平気で持ち続けられる銘柄を選ぶこと。3年でも7年でも持てるぞと思うからこそ、低迷相場や暴落相場でも平然とした顔をして買える。


寺田親弘

私たちは紙の名刺をなくしたい。本当は紙の名刺でなくてもいい。たとえばその場でスマートフォンにタッチして情報を交換し、紙の名刺には書かれない経歴まで瞬時にわかるようになれば、ひとつひとつの出会いがずっとリッチになるかもしれないじゃないですか。いずれはそうした世界を実現させたいし、それができるのは名刺を電子化するノウハウを持っている私たちではないかと思っています。


吉永泰之

規模が小さい企業が生き残るために何をなすべきか――。この問いかけこそが当社の出発点です。


森川亮

商品開発には2つの方向があります。ひとつはグーグルさんのように、人が欲しがるのかわからないけど、エンジニアがおもしろがってつくったものをとにかく世に出して、その中で当たったものをビジネス化していくやり方。もうひとつはアップルさんのように、人が求めるものを突き詰めて考えて、一個に絞って出すやり方です。


渡部賢一

証券会社の社員は、ときには電話一本で何十億円の契約をします。一人一人が会社を代表して仕事し、責任を負う。必要なことを、必要なときに、自分で決める。証券業は大人の商売です。だから仕事では即断即決が求められます。


アントニオ猪木

よく、これがもう俺の限界だと弱音を吐くやつがいる。限界だ、限界だと口癖ではなかろうかと思うくらい、限界の二文字を口に出す。私に言わせれば限界なんて言葉はこの世の中にはない。限界と言うから、限界ができるのだ。


大竹一樹

本番当日は、100点満点だと思いながらステージに立っていました。ただ、いつものことなんですけど、終わった瞬間に反省点が出てくるし、「もっとこうすればよかった」って思うので、点数がどんどん下がっちゃうんです。でも、不思議なもので、何年か経って見返してみると、なんだよ面白いじゃんって(笑)。


古森重隆

経営者は学者や評論家ではない。実行したうえで、必ず成功させなければならない。


佐藤卓(グラフィックデザイナー)

新商品に携わる時と、リニューアルに携わる時は向き合い方が全く違います。リニューアルは、それまでの商品の財産をどう考えるかが重要で、特にほぼ日手帳のような魅力ある商品を思いっきり変えるなんてとんでもないこと。目の前に素晴らしいものがあることを前提に、もっと良くするための微調整を、ひたすら自分を追い込んで突き詰めていきます。そのためには、デザイナーの自分が主体ではなく、ほぼ日手帳が主体だと考える姿勢が大切。そして見ていくわけです、手帳を隅から隅まで。


安河内哲也

語学のコツは、とにかく「楽しみながら繰り返す」こと。言語の習得には反復が不可欠。


黒田如水(黒田官兵衛)

文武は車の両輪のごとく、そのひとつが欠けても駄目である、と昔の人もいっている。治世に文を用い、乱世に武を用いるのは、当然のことであるが、治世に武を忘れず、乱世に文を捨てないのが、最も肝要である。


池内ひろ美

いろいろな考え方があっていい。大事なことは、男女は違うということを認識したうえで、男は男らしく、女は女らしく、その良さを互いに尊重し、生かしながら協力し合うこと。これは家事でも仕事でも同じ。