名言DB

9,528 人 / 112,482 名言

坂尾晃司の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

坂尾晃司のプロフィール

坂尾晃司、さかお・こうじ。日本のコンサルタント。「ベリタス・コンサルティング」社長。東京出身。東京大学法学部卒業後、リクルートなどを経てベリタス・コンサルティングを設立。著書に『これからの「できる課長」の条件』。

坂尾晃司の名言 一覧

上司の状況を考慮せずに話す提案やアイデアは、それがどんなに優れていても通りづらいもの。


中間管理職は、自部署内だけでなく組織全体の利益につながる働き方が求められる。


中間管理職は現場に経営者の考え方を代弁する立場でもある。「全体最適」の視点から情報を整理したうえで、もっと経営者にモノ申すべき。


全方位と密に接する「課長」は、コミュニケーションスキルを磨けば磨くほど「キーマン」になれる。


交渉の秘訣は、「こちらにとって価値が低く、相手にとって高いもの」は何かを意識することです。つまり、「相手には役立つが、こちらの懐は痛まないものを提供する」「こちらには役立つが、相手の懐は痛まないものをもらう」。これが最も理想的な価値交換です。


部下が良い働きをしたときは、本人の前で上司にそのことを伝えたいところ。会議の席で「このアイデアは彼の発案です」といったひと言を添えるのも効果的です。部下のやる気も出ますし、上司にも部下をケアする姿勢が評価されるでしょう。


大事なのは、「指導」と「育成」を分けて考えること。指導とは各業務の手順を説明したり間違いを修正したりすることで、育成とは本人の長所短所の分析や助言といった、長いスパンの対応です。部下の熟達度とチームの状況とを考えつつ、両者を使い分ける必要があります。


相手の人間関係にも目を配りましょう。会社には、明確化されている「公式な組織」のほかに、「非公式な組織」があります。それは、A部長とB部長は仲がいい、上司Cは部下Dをかわいがっている、といった関係の濃淡のこと。そこを踏まえれば、「この件は自分から報告するより、部下Dから伝えてもらおう」といった工夫もできます。


相手の好むコミュニケーションスタイルを意識することが大切。用件だけをシンプルに伝えるべきか、世間話のひとつも挟んだほうがいいかといったことも相手次第です。


中間管理職にとって一番必要となるスキルは、「相手の状況を見る力」です。相手は今何を考えているか、余裕はあるか、こちらが伝えたい事柄についての意識はどの程度か、など。上司と接するときはとりわけこのスキルが必要です。


経営者の「数字を上げろ」という指示に、黙って従っていては現場が疲弊してしまいます。そうならないためには、現場の状況を説明したうえで、新規事業のアイデアや人員増のお願いをするなどして、上を積極的に巻き込んでいくことです。経営者から一社員まで「全体最適」を目指さなければ、今の時代は到底生き残れません。


自組織・自分に対する周囲の期待を明確にし、応えていく働き方が「全体最適」へとつながる。そこから生まれた好循環により、自部門もメリットが得られるはず。


組織内における役割が明確になっていないと、求められる役割が曖昧なので、どのような働き方が会社全体の利益に貢献するのかがわからない。しかし、経営陣は「数字」だけは求めてくる。すると、自部署の短期的な売上げばかりに注力するといった「部分最適」のみ意識した働き方が定着してしまう。


坂尾晃司の経歴・略歴

坂尾晃司、さかお・こうじ。日本のコンサルタント。「ベリタス・コンサルティング」社長。東京出身。東京大学法学部卒業後、リクルートなどを経てベリタス・コンサルティングを設立。著書に『これからの「できる課長」の条件』。

他の記事も読んでみる

岩切章太郎

絵の上手な人は絵描きになるがよく、声のいい人は音楽家にと、それぞれ自分の一番適した方面に向かうのがいいというのが私の考え方の根本にあった。したがって、中央で働くのに適した人は中央で、地方で働く方がいい人は地方に帰るのがいいのではないか。


ピーター・ドラッカー

決断の場面においては、トップは常に孤独である。


松本利明(コンサルタント)

日本には伝統的な人間関係の中で、年上や目上の人に敬意を払う文化があり、それは重要なことであるが、目上であるがゆえに、人格者であり、有能でなくてはならないとリーダーに対して過剰に期待感を抱いていることが多く、そのことがプロジェクトの進行を妨げるケースとなる。ゆえにリーダーにある「べき」姿を要請するのではなく、ありのままのリーダーを受け入れることが、実はお互いの信頼関係強化につながる。


酒井誠(経営者)

ポータルを構成するコンテンツの一つひとつでは、競合する会社がいます。ただ、全体としてみればいない。なぜ、全体だと競合がいないのか。それは初期投資の費用がかさむからです。


陰山英男

教師にとって面白いものは、子供にとっても面白いんですよ。自分自身が知的好奇心の塊となり、知的欲求にしたがって読書をしてみると、それは教育書よりも教師の仕事に役立ちました。


清水勝彦

組織には「茶坊主」と呼ばれる人々も存在しています。しかし、多くの「大物」もまた組織の政争をしのいでその地位を得、実力を発揮してきました。ゴマすりを毛嫌いすることは個人の価値観ですが、組織とは合理性で動くロボットではなく、「褒められるといい気持ちになる」人間が動かしていることを考えれば、ゴマすりを含めたインフォーマルな影響力は大きいのです。


鈴木久仁

あのテロの経験以来、数字を見る際には日々最悪の状況を想定し、それがどう変わる可能性があるのか、その場合どんな対応ができるかを考えるクセがつきました。
【覚え書き|米国の9・11事件の対応に当たった当時を振り返っての発言】


藤本篤志

今は正統派の営業スキルで勝負する時代。正統派の営業スキルとは、細かく言えば多岐にわたりますが、まずは何よりも、相手の「ニーズ」と「ネック」をつかむこと。ニーズとは、お客さんはどのようなものを欲しがっているのかということ。ネックとは、たとえば、価格が高い、機能面に不安がある、などの「買わない理由」のことです。


青木真也

格闘技界の人と食事に行けば、馴れ合いが生じて、自分の考えや行動がブレてしまうかもしれない。「格闘家として強くなり、稼ぐ」という目的から外れてしまう。でも、食事に行くことで仕事が取れて、稼ぐことにつながるのであればむしろ行くべき。


松本正義

敵がどれだけあってもブレイクスルーする馬力を持った「気骨ある異端児」であれ。そのためには、簡単に揺るがない「心のインフラ(心の基礎部分)」を整え、様々な角度から問題解決法を出さなければなりません。


浮世満理子

嫌いな上司から何か注意されて、逆ギレして言い返すのは正しい怒りではありません。「仕事で見返してやる」と誓うのが正しい怒り方です。


パトリック・ハーラン(パックン)

基本的に、ジョークを言おうと意気込むと、なかなか人を笑わせるのは難しくなり、話もうまく展開できなくなります。それより実体験のエピソード、しかも失敗談や自虐ネタ、周囲の人のおとぼけ話などをネタに、聞き手にとって身近な情報や言葉、つまりコモンプレイスをうまく活用して盛り込むことです。それさえ押さえておけばバッチリです。