名言DB

9412 人 / 110637 名言

坂尾晃司の名言

twitter Facebook はてブ

坂尾晃司のプロフィール

坂尾晃司、さかお・こうじ。日本のコンサルタント。「ベリタス・コンサルティング」社長。東京出身。東京大学法学部卒業後、リクルートなどを経てベリタス・コンサルティングを設立。著書に『これからの「できる課長」の条件』。

坂尾晃司の名言 一覧

上司の状況を考慮せずに話す提案やアイデアは、それがどんなに優れていても通りづらいもの。


中間管理職は、自部署内だけでなく組織全体の利益につながる働き方が求められる。


中間管理職は現場に経営者の考え方を代弁する立場でもある。「全体最適」の視点から情報を整理したうえで、もっと経営者にモノ申すべき。


全方位と密に接する「課長」は、コミュニケーションスキルを磨けば磨くほど「キーマン」になれる。


交渉の秘訣は、「こちらにとって価値が低く、相手にとって高いもの」は何かを意識することです。つまり、「相手には役立つが、こちらの懐は痛まないものを提供する」「こちらには役立つが、相手の懐は痛まないものをもらう」。これが最も理想的な価値交換です。


部下が良い働きをしたときは、本人の前で上司にそのことを伝えたいところ。会議の席で「このアイデアは彼の発案です」といったひと言を添えるのも効果的です。部下のやる気も出ますし、上司にも部下をケアする姿勢が評価されるでしょう。


大事なのは、「指導」と「育成」を分けて考えること。指導とは各業務の手順を説明したり間違いを修正したりすることで、育成とは本人の長所短所の分析や助言といった、長いスパンの対応です。部下の熟達度とチームの状況とを考えつつ、両者を使い分ける必要があります。


相手の人間関係にも目を配りましょう。会社には、明確化されている「公式な組織」のほかに、「非公式な組織」があります。それは、A部長とB部長は仲がいい、上司Cは部下Dをかわいがっている、といった関係の濃淡のこと。そこを踏まえれば、「この件は自分から報告するより、部下Dから伝えてもらおう」といった工夫もできます。


相手の好むコミュニケーションスタイルを意識することが大切。用件だけをシンプルに伝えるべきか、世間話のひとつも挟んだほうがいいかといったことも相手次第です。


中間管理職にとって一番必要となるスキルは、「相手の状況を見る力」です。相手は今何を考えているか、余裕はあるか、こちらが伝えたい事柄についての意識はどの程度か、など。上司と接するときはとりわけこのスキルが必要です。


経営者の「数字を上げろ」という指示に、黙って従っていては現場が疲弊してしまいます。そうならないためには、現場の状況を説明したうえで、新規事業のアイデアや人員増のお願いをするなどして、上を積極的に巻き込んでいくことです。経営者から一社員まで「全体最適」を目指さなければ、今の時代は到底生き残れません。


自組織・自分に対する周囲の期待を明確にし、応えていく働き方が「全体最適」へとつながる。そこから生まれた好循環により、自部門もメリットが得られるはず。


組織内における役割が明確になっていないと、求められる役割が曖昧なので、どのような働き方が会社全体の利益に貢献するのかがわからない。しかし、経営陣は「数字」だけは求めてくる。すると、自部署の短期的な売上げばかりに注力するといった「部分最適」のみ意識した働き方が定着してしまう。


坂尾晃司の経歴・略歴

坂尾晃司、さかお・こうじ。日本のコンサルタント。「ベリタス・コンサルティング」社長。東京出身。東京大学法学部卒業後、リクルートなどを経てベリタス・コンサルティングを設立。著書に『これからの「できる課長」の条件』。

他の記事も読んでみる

山本五十六

人は神ではない。誤りをするというところに、人間味がある。


タナカノリユキ

社会は、自分達だけが儲かればいい、じゃないですよね。利他主義や共存共生というか、まずは人のために、というスタンスが企業のカタチとして新しいと思います。そんな企業じゃないとみんな応援しないし、極端に言うと株も上がらない。社員の方々のモチベーションも、そこにあるのでしょうね。


カレン・アーノルド

優等生たちは、会計、医学、法律、工学、教育といった伝統的な専門分野の職業に就く傾向にある。彼らが世の中を変えることはないだろうが、職場ではそれなりにうまくやるようだ。学校で良い成績を取ったからといって、それがその後の人生の成功に直接結びつくとはかぎらない。彼らには、自分の情熱のすべてを注ぎ込むほどの対象はないようだ。例えば会計士になったところで、彼に世の中を変える機会などまずめぐってこない。だから彼らは規則に従い、ひたすら勤勉に働く。学ぶのは好きだが、彼らが型破りな創造者になることは決してない。優等生たちは、システムの歯車となって働くときにその能力を最大限に発揮し、ことに変化を嫌うようだ。


竹田和平

僕も半世紀近く経営者をしてきたから言えることですが、本当に確実なのは、いま現在、会社がどのような状況にあるかという点だけです。将来のことなど誰にも分かりません。だから僕は直近の会社の状況を見て投資しているのです。


神田有宏

予約を受電したお客さまをいかにデータ化していくかが課題です。これまでの集客対策はDMが中心でした。DMの効果は否定しませんが、質より量に依存する傾向が強くなり費用対効果が測定しにくいというデメリットがあります。そこで、今年からコールセンターで受電したお客さまをデータ化し、ピンポイントでアプローチできるようにマーケティング施策を転換します。


菜々緒

私は「やる」と決めたら100%の力でやり抜くことを自分のルールにしています。子供の頃から、ずっとそうです。


殿村政明

笑いのネタを探すときは、8割の人に共感してもらえるかを、常に意識することが大事。


岩野達志

株式やFXなどの金融商品では昔はプロと個人で情報格差が大きかったものが、ITの発達で同じ土俵で勝負できるようになりました。クラウドファンディングを活用することで、不動産でも他の投資商品のように、プロと個人が同じ土俵で勝負できるようになるのではないかと思います。それは業界の基盤を支えることにもつながるのではないでしょうか。


村上龍

順を追って説明すると、「まったく新しいことへの挑戦」ということではないということがわかっていただけるのではないかと思います。すべて、それまでに行ってきた作業の蓄積が元になっていて、また経験や人脈がなければ実現できなかったことばかりです。だから、私自身は、「新しいことに挑戦している」という意識がなく、これまでやってきたことをベースにして、それらを組み合わせているだけだと思っているのです。


北尾吉孝

人を動かすには率先垂範が必要。そして褒めることも大事です。私は部下が仕事で失敗したときも、なるべく勇気を与えるような叱り方を心がけています。たとえば「お前ほどのやつが(なぜこんな失敗を)」という言い方をします。上司も言葉を選ばなければなりません。


石原壮一郎

向こうが謝るまで謝らないと意地を張ってもくたびれるだけ。それよりも自ら頭を下げることで「先に謝った自分は偉い」といい気持ちになるし、その後の関係性でも優位に立てる。


川原秀仁

新規事業の創出をはじめ事業戦略を一緒に考えてほしいという要望が増えています。新規事業ですから建物も従来の発想では駄目で、金融ならフィンテック、メディアならネット配信などに対応する施設の在り方や事業戦略も提案しています。


築山節

読む本の内容をしっかり記憶するためには「意味づけ」も有効です。人間は子供のうちは単純な情報でも記憶できますが、年齢を重ねると意味のない情報は記憶することが難しくなります。そこで本も漫然と読むのではなく、自分がいま持っている目標を意識し、それと関連付けながら読むのです。


エラン・カッツ

人は、自分が興味を持ったものだけ覚えています。数学に興味がある人は、数字や数学に関する知識をよく覚えているし、雑学に詳しい人は様々な事柄への好奇心が強い。人の名前をよく覚えているのは、他人への関心が高い人といえます。


深沢真太郎

「数字で考える」ことは、ビジネスマンにとって重要なスキル。そのメリットは、考える行為の結論を具体的に伝えられること。