名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

坂口陽史の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

坂口陽史のプロフィール

坂口陽史、さかぐち・きよふみ。日本の経営者。「プルデンシャル生命保険」社長。ノースウエスタン大学大学院保健学科修了後、アメリカの生命保険会社、経営コンサルタント、ソニー・プルデンシャル生命副社長などを経てプルデンシャル生命社長に就任。

坂口陽史の名言 一覧

自社の商品を売ってくれとは言わない。お客様に正しい保険の考え方を広めてほしい。そうすれば、おのずと百年後には日本一の会社になっているはずだ。


テレビCMを流せば、その費用はお客様にご負担いただくことになる。10年や15年でこの会社を日本一にしたいなら、お金をかけてテレビCMを打てばよいだろう。しかし私が作りたいのは、百年後に日本一になる会社だ。そのために必要なのはただ一つ、お客様に支持され続けることだ。


坂口陽史の経歴・略歴

坂口陽史、さかぐち・きよふみ。日本の経営者。「プルデンシャル生命保険」社長。ノースウエスタン大学大学院保健学科修了後、アメリカの生命保険会社、経営コンサルタント、ソニー・プルデンシャル生命副社長などを経てプルデンシャル生命社長に就任。

他の記事も読んでみる

横川竟

平成に入ってからの外食のデフレの原因を、デフレ経済の影響だとする言い方を何度も耳にしましたが、それは違うと思います。デフレ経済の下で、外食産業は商売の基本をおろそかにしたから「外食デフレ」になったのでしょう。経済のデフレとは違うところで起こったデフレです。経済のデフレに便乗して、消費者の期待に応える努力を怠ったことが原因です。新しい価値を創ることができないから、価格でしか勝負できなかったのです。


松井忠三

カエルを熱湯にいれると熱さですぐ逃げ出してしまいますが、冷水に入れて少しずつ熱していくと変化に気付かず絶命することから、環境の変化に対応出来ないマイナスの事例に使われます。が、私は会社の風土を変えていく手法としてポジティブに捉えています。いつの間にか、無意識の内に会社が変わっていたというのが、会社を変革する上で最も良い方法と思っています。


杉山博孝

議論を経た先に、最後はリーダーの判断があるわけですが、私は、いまの時代に一人で何でも決めるというリーダーシップが有効なのか疑問があるのです。


ジェイ・エイブラハム

能力があっても、その価値を認識しなければ貢献できない。金鉱から掘り出した金がそのままでは使えないように、あなたの能力も磨き上げていく必要がある。


鬼丸トシヒロ

企業が、お客様になにを伝えたいかを整理するのが僕の仕事。まずはメッセージを固める。すると、デザインは後でついてくるんです。


佐野章二

私たちは、ビジネスの手法で活動を続けると決めていました。ホームレスを支援するボランティアは多数存在しますが、その多くが夜回りや炊き出しなどの緊急支援です。一方、『ビッグイシュー』は、自ら稼ぎ、明日へのチャンスを自らつくる自立支援。言ってみれば、ホームレスという被害的当事者自身が、我々のビジネスパートナーとなることで、問題解決の担い手にもなるのです。


森健志郎

私は、人類の最大の課題は「自分に一番向いている仕事は何か、わからないまま死んでいく」ことだと思っています。自分に向いている仕事がわかれば、生産性が上がるし、意欲も高まります。また、向いていないけれどもやりたい仕事があるという人には、「何をどのくらい学べばその仕事に就けるか」を示すことで頑張れるでしょう。


押味至一

現場が主人公。うちの強みは「現場第一主義」。


野口美佳

私が面接するのは幹部候補だけです。採用は基本的に各部署のリーダーに任せています。ただ、「好きな人」「気の合う人」を入れて、とだけは言っています。極端にいえば、「声が好き」「顔が好き」でもいいんです。履歴書を見て、学歴やこれまでの実績が優れていても、人柄がいまひとつだったり、相性がよくなかったら、一緒に働いたとき、上手くいかないでしょ。人を見る目に自信がない人にかぎって、履歴書やキャリアに頼ってしまう。それよりも、「この人いいな」と思った人を採用したほうが、職場は上手くいきます。


橘玲

日本では、夫が「会社」コミュニティー、妻は「ママ友」コミュニティーに属し、異なる世一界を生きている。そのため男性は退職、女性は子供が思春期を過ぎると、人間関係が途切れてしまう。これではいずれ「無縁生活」になってしまうので、人脈の幅を広げる努力をすべきだろう。


ヒクソン・グレイシー

私は数々の困難に打ち勝ってきました。その経験を言葉にして、みなさんの日常的な問題解決のヒントにしてもらえればと思い、本を書いたんです。私の経験は決して特別なものではありません。みなさんも形は違っても、恐怖やプレッシャーと日々戦っているはず。格闘技という非常に高いストレスで通用した解決策は、日常的なストレスにも効果を発揮するでしょう。


四方田豊

これまでの回転寿司チェーンがやらなかった取り組みで、お客様に選ばれる店舗にしたい。