名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

坂口陽史の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

坂口陽史のプロフィール

坂口陽史、さかぐち・きよふみ。日本の経営者。「プルデンシャル生命保険」社長。ノースウエスタン大学大学院保健学科修了後、アメリカの生命保険会社、経営コンサルタント、ソニー・プルデンシャル生命副社長などを経てプルデンシャル生命社長に就任。

坂口陽史の名言 一覧

自社の商品を売ってくれとは言わない。お客様に正しい保険の考え方を広めてほしい。そうすれば、おのずと百年後には日本一の会社になっているはずだ。


テレビCMを流せば、その費用はお客様にご負担いただくことになる。10年や15年でこの会社を日本一にしたいなら、お金をかけてテレビCMを打てばよいだろう。しかし私が作りたいのは、百年後に日本一になる会社だ。そのために必要なのはただ一つ、お客様に支持され続けることだ。


坂口陽史の経歴・略歴

坂口陽史、さかぐち・きよふみ。日本の経営者。「プルデンシャル生命保険」社長。ノースウエスタン大学大学院保健学科修了後、アメリカの生命保険会社、経営コンサルタント、ソニー・プルデンシャル生命副社長などを経てプルデンシャル生命社長に就任。

他の記事も読んでみる

杉江松恋

PTA会長をやっていたときの裏テーマは、「頑張らないを頑張ろう」。僕自身頑張るのが苦手なタイプなので(笑)。どうすればみんなが疲弊しないで続けられるか、頑張らないで済む方法を工夫しました。


外尾悦郎

どんな時代にも職人たちの現場には、技術やその伝統を守らなければ自分たちの価値がなくなってしまうのではないかという不安が存在します。しかし、なぜガウディはサクラダ・ファミリア教会の仔細な設計図を残さなかったのかを考えると、伝統を守ることや技術の伝承が大切なのではなく、時代ごとに人々への深い愛情を表現していくことが、この壮大な建築物をつくり続ける目的なのだということが理解できます。


田原総一朗

志を遂げるためには、まず目の前の人を喜ばせることが肝心。


國貞文隆

朝の勉強会で社外とのつながりをつくっておくことは、社長にとって非常に重要な意味を持ちます。社長と同じ目線を持つ話し相手は同じ会社の中には存在しません。例えば経営者サイドということで専務に相談したとしても、専務には専務としての立場と目線があります。つまり、他社の社長でなければ同じ立場で話すことができないのです。朝の勉強会に出席すれば、相談できる仲間が必ずいるというわけだ。


吉野佳秀

秘訣があるとしたら「根性」ですかね(笑)。私は途中で投げ出すのが嫌いです。自分で決めたことは必ず成し遂げます。


葉山有樹

技術というのは、うまくなれば自然に「もっともっと」と渇望するようになるものですよね。それで僕は、23歳の頃に独立し、自分の窯を持つことにしました。


土屋裕雅

商品全部で約10万点を扱っていて、オリジナル商品の全体が約1万2千~3千点です。その中の9千点ほどを毎年新しく入れ替えます。


真田茂人

相手を変えることはできませんが、自分は変えることができます。相手を理解する努力をし、相手に合わせてうまくつき合うスキルは、仕事をするうえで必須なので、しっかり身につけましょう。


大橋悦夫

考える環境の整え方で一番大事なのは、予定を細切れにすることです。よくない予定表の典型例は、「9時から12時に企画書作成」などとアバウトに書いてしまうことです。するとつい「まだ3時間ある」と考えて、ネットを見たりして気が散る原因になります。「9時から9時半:構成を考える。9時半から10時:用意すべきものを考える」というふうに細切れにすれば、「あと30分しかない!」と力が出せます。やるべきことがハッキリしているため、大変そうだなぁと漠然と作業を嫌う気持ちが軽減され、心理的にとりかかりやすくなります。


和田裕美

センスが悪いお店も新規ビジネスの種。私は町を歩いていて、センスがよくないお店に出合っても、「なぜ、このお店が存在するのか」を考えます。お客さんが入っていたら、どうしてこのお店に惹かれたのか、客層などから分析を始めるんですね。女性からはセンスが悪く見えても、男性から見るとそういうほうが落ち着くとか、自分とは違う感覚を持った人をマーケティングするいいチャンスですよ。


藤川太(ファイナンシャルプランナー)

集中力はあると思いますが、試験勉強の計画はあまり立てたことがありません。それより大事なのは、いかに要領よく勉強するかでしょう。簡単にいえば、試験に出るところをしっかり勉強すればいいのです。仮に60点で合格なら、40点も落としていいわけですから完璧に勉強する必要はありません。ギリギリだろうが何だろうが、試験は合格すればいいのです。本当の勝負は合格したあとです。


和崎信哉

一人一人と話したわけではありませんが、チームマネジメントの中で、軋轢が起こったチームのスタッフとは、膝をつき合わせて話し合いました。会社の改革でも番組作りでも、意識の共有、想いを同じにすることが大事。