名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

坂口安吾の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

坂口安吾のプロフィール

坂口安吾、さかぐち・あんご。日本の小説家。新潟県出身。旧制中学校卒業後、尋常高等小学校の代用教員を経て東洋大学印度哲学倫理学科第二科(のちのインド哲学科)を卒業。アテネ・フランセ高等科でフランス文学を学ぶ。その後作家になり、数々のヒット作品を生んだ。

坂口安吾の名言 一覧

人生の疲労は年齢には関係ない。


人生はつくるものだ、必然の姿などというものはない。


坂口安吾の経歴・略歴

坂口安吾、さかぐち・あんご。日本の小説家。新潟県出身。旧制中学校卒業後、尋常高等小学校の代用教員を経て東洋大学印度哲学倫理学科第二科(のちのインド哲学科)を卒業。アテネ・フランセ高等科でフランス文学を学ぶ。その後作家になり、数々のヒット作品を生んだ。

他の記事も読んでみる

甲本ヒロト

みんなも、このアルバムを聴いて、自分なりの楽しさをもぎ取ったり、吸い取ったりしゃぶり尽くしてほしい。みんながそれぞれの楽しみ方をしてくれたらそれが一番だよ。


鎌上信也

企業が存続して行くには、既存の事業にこだわっていてはダメ。新しいものを常に生み出していくことが必要。


山田昌弘

どうすれば新たな自分の幸福の物語を生み出せるのか。そのためには、会社以外で自分を評価してくれ、大切にしてくれる誰かからの承認を得ることが不可欠になってきます。そのためには「他人とのつながりを作り出す努力」をしているかどうかが鍵になるのです。本当の意味での対等な人間関係をつくることにお金を使うべき時代なのです。


藤木俊明

企画書をつくるときは、5つのつぶやきからスタート。「企画をひと言で」「なぜそう思うか」「相手にどんなメリットがあるか」「予算はだいたいいくらかかるか」そして「いつ実施できるか」。どれも当たり前の内容ですよね。ポイントは「つぶやく」こと。すべて、ひと言で端的に言い切る。具体的には、1つの項目を70文字以内で書き出すんですよ。「70文字」と最初からワクをあてはめて企画をまとめ上げるわけです。わずか70字ですから、言いたいことは絞られるし、文章も簡潔になる。結果として、読み手にスピーディに企画意図が伝わる。誰でもできるシンプルな作りでしょう?


渡邉美樹

独立の準備をして、「つぼ八」の店長をはじめたころは、働くことが楽しかったですね。午後の3時ごろから開店の準備に入り、終わるのは朝方の9時とかです。毎日、18時間ぐらい働いていたにもかかわらずね。肉体の疲労とは裏腹に、ホント、楽しかったです。やっぱり、その仕事自体を楽しまないと駄目でしょうね、何をやるにしても。


芦田昭充

私は単純に負けたくない、ナンバーワンになりたい、一等賞がいいという気持ちは強いです。


大山健太郎

最初は何でもやりました。便利な下請けから始まり、クチコミで得意先が増え、受注がキャパを超えて初めて儲からない仕事をお断りして、やりたい仕事を優先できるようになりました。祖父の教えをベースに、人のために頑張ったことが、最終的に自分のためになっていったのです。また、それが「ユーザーイン」の発想になり、事業が拡大していきました。


宮坂学

社長になったからといって、自分を高く見せる必要はありません。社内をうろうろと歩き回り、多くのスタッフと直接話をする。自己流のスタイルを貫くだけです。


渡部肇史

人が成長すれば会社も同時に成長する。自分と会社の成長を実感し、喜びを感じてほしい。


佐伯チズ

私がエステティシャンを指導したり、自ら手がけたりして思うのが、挨拶の大切さ。基本的なことで拍子抜けする方もいるかもしれませんが、挨拶を徹底しましょう。


ロバート・キヨサキ

賢い人間というのは、自分より賢い人間と仕事をするか、またはそういう人を雇う。


A・S・ニール(ニイル)

子どもを学校に合わすのではなく、学校を子どもに合わせる。