名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

坂口安吾の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

坂口安吾のプロフィール

坂口安吾、さかぐち・あんご。日本の小説家。新潟県出身。旧制中学校卒業後、尋常高等小学校の代用教員を経て東洋大学印度哲学倫理学科第二科(のちのインド哲学科)を卒業。アテネ・フランセ高等科でフランス文学を学ぶ。その後作家になり、数々のヒット作品を生んだ。

坂口安吾の名言 一覧

人生の疲労は年齢には関係ない。


人生はつくるものだ、必然の姿などというものはない。


坂口安吾の経歴・略歴

坂口安吾、さかぐち・あんご。日本の小説家。新潟県出身。旧制中学校卒業後、尋常高等小学校の代用教員を経て東洋大学印度哲学倫理学科第二科(のちのインド哲学科)を卒業。アテネ・フランセ高等科でフランス文学を学ぶ。その後作家になり、数々のヒット作品を生んだ。

他の記事も読んでみる

永田豊志

最初からまとまった図を書こうとする必要はない。とりあえず頭の中身をすべて書き出してみて、紙面上で取捨選択したほうがいい。情報の書き漏れを防げるし、一度紙に落とすことで、情報を客観視でき、冷静な判断がくだせる。


サマセット・モーム

老年の最大の報酬は精神の自由である。元気盛りの人々が重要だと考えることに、ある程度無頓着になれることである。もう一つの報酬は、羨望、憎しみ、憎悪から開放されることである。私は誰も羨ましいと想わない。私は与えられた才能を、出来る限り発揮した。


後藤卓也(花王)

次から次に問題が発生するので、とにかく目の前の峠をひとつひとつ登るつもりで、ガムシャラに働いていました。
【覚書き|入社2年目で合弁会社に出向した当時を振り返っての発言】


梅田望夫

アメリカ人って、基本的に「もの知り」じゃないんです。学者でもだれでも、日本人の方がずっとものを知っている。だから新しいものを見たときに失敗する可能性を予測するのは、日本人の方がうんとうまいですよ。僕だって、「面白いな、面白いな」と言っているアメリカ人を見ると、口から出かかるんです、「いや、これはきっと失敗するよ」って。「失敗する」って言った方が当たるから。


瀧川克弘

弊社は基本的に残業禁止です。早く帰って思い思いの社外活動をすることによって、社員が多様化します。社員が個性的なほうが組織の力も上がる。


橋本孝之

私は「変化を楽しもう」と社員に言っています。ビジネスはどんどん変化していく。それに合わせて自分も変化していく。もちろん、変化することは苦しいことです。ですが、これが苦行になってはいけません。


阿部俊則

当社は、いち早く「遅くまで仕事をする現場に未来はない」と、残業削減にも力を入れてきた。


秦信行

独創的で差別化された製品やサービスを生み出す上では、官僚的になりがちで個人の力が発揮しにくい大規模企業よりも、個人の能力が発揮できる小さい企業の方が有利だ。現状世界でベンチャーが注目されているのもそうした背景があるからだと考えられる。企業改革を必要とする大企業がベンチャーに関心を持ち接近し始めている。従来大きかった両者の溝はかなり埋まり始めているといってよい。


関家憲一

次世代の幹部から「いまは時代が変わったのではないか」などと言われ、議論がかみ合わない。これではいけない、企業ビジョンを作ろうと思い、企業のあるべき姿をメモにして役員会に出してみたところ、極めて反応が悪い。そこで経営トップと若手幹部が一緒になって10人程度のチームを作り、企業のあらゆる価値観について原点に立ち返って議論を始めました。その結果を「ディスコ・バリューズ」という企業としての行動規範にまとめ上げました。


藤井隆太

オーケストラは総勢100名にもなりますが、実はその根幹となる組織があります。バイオリン2本とビオラ、チェロによるカルテット。いわゆる弦楽四重奏です。世界的な指揮者・小澤征爾さんなどはよく、オーケストラの原点ということで演奏会の冒頭にこの4名だけで演奏させます。彼らは徹底的に鍛えられていますから、4人だけでも素晴らしい演奏になる。聴衆も大いに喜ぶ。すると、ほかのオーケストラメンバーたちは焦ります。「4人だけでこんないい演奏ができるなら、俺たちは必要ないのか?」と。それでいいはずがないと、ほかのメンバーも努力する。こうして全体の意識が高まり、より優れた音楽を奏でることができる。これはビジネスにも応用できます。


森下裕道

部下とコミュニケーションを上手く行うための3つのコツ

  1. 相手の話をちゃんと聞くこと。
  2. ハッピーワード(褒め言葉、ねぎらい、感謝の言葉など)を使うことを心がけること。
  3. 相手のことを認めて、その人の可能性に賭けてあげること。

内藤忍

情報はランダムに集めたところで、何かの形になるわけではないのです。情報収集そのものは重要ですが、仕事の中でアウトプットを意識しながら集めていく方が、はるかに効率がいいでしょう。