名言DB

9419 人 / 110788 名言

坂口安吾の名言

twitter Facebook はてブ

坂口安吾のプロフィール

坂口安吾、さかぐち・あんご。日本の小説家。新潟県出身。旧制中学校卒業後、尋常高等小学校の代用教員を経て東洋大学印度哲学倫理学科第二科(のちのインド哲学科)を卒業。アテネ・フランセ高等科でフランス文学を学ぶ。その後作家になり、数々のヒット作品を生んだ。

坂口安吾の名言 一覧

人生の疲労は年齢には関係ない。


人生はつくるものだ、必然の姿などというものはない。


坂口安吾の経歴・略歴

坂口安吾、さかぐち・あんご。日本の小説家。新潟県出身。旧制中学校卒業後、尋常高等小学校の代用教員を経て東洋大学印度哲学倫理学科第二科(のちのインド哲学科)を卒業。アテネ・フランセ高等科でフランス文学を学ぶ。その後作家になり、数々のヒット作品を生んだ。

他の記事も読んでみる

樋口廣太郎

大きい声を出して、いつも元気にニコニコしていれば、たいていのことはうまくいく。


有馬利男

社会課題を解決しながら、ビジネスとしても成立させていくことができる。つまり、品質もしっかりしている、コストもしっかりしている、納期も守る。そういったことを可能にするのがAIやIoTだと思いますので、この辺の企業活動における目的意識や価値観を経営者がどう考えていくかが大事だと思います。


松井忠三

主流にいなかったからこそ上司の顔色をうかがわずに行動できた。
【覚え書き|西友時代を振り返っての発言】


古田英明

学生なら、「日本以外で働きます」と言わないと、これからはもう職はない。30代であれば、海外赴任を積極的に申し出るべき。若いうちに準備をしておかないと、45歳になって会社が中国人に買収され、日本には職がありません、ではつらい。日本企業に駐在員を出せる力がまだ残っているうちに、海外へ出ておくほうがいい。


近藤宣之

重要なのは、具体的な取り組みの根底にある経営者としての考え方です。


ジョン・ハンケ

AR(拡張現実)というと「カメラで撮影した現実世界の画像に、(人気キャラクターの)ピカチュウのようなデジタル画像を合成すること」と捉えられがちです。しかしARは画面上の視覚的な体験にとどまりません。デジタル技術によって現実世界をより便利な場所にしていく、あるいは両者の垣根をできるだけ取り払っていく取り組み、そのすべてを指し示す言葉なのです。


兼元謙任

人間はお互い、問いと答えを投げ交わすことで、分かり合えるし、知恵も出せます。でも私は他人に対して問いを投げかけていなかったんです。そこで、「どんなことでも誰かに気軽に質問でき、それに詳しい人が丁寧に答えてくれたらいいな」という考えが芽生えました。そうした頭の中のイメージが、インターネットと結びついて現在の「Q&Aサイト」の構想につながりました。


木下和彦

シェフになることを志した理由は、単純に「食べること」と「人に喜んでもらうこと」が好きだったからです。仕事をしている時間は、人生の中で一番長い。どうせ長い時間を費やすなら、好きなことをやりたい。好きなことだと、言い訳できないし、堂々と生きていけると思っています。


ジェフリー・イメルト(ジェフ・イメルト)

ローカル化には、その国に対してひたむきでなければならない。私は日本にいる時、2つのことを考えている。GEジャパンはどれだけ日本で成功できるのか。同様に、我々のチームは日本でよき市民になることができているのか、日本経済にどれだけの価値を与えることができているのか、ということを。


澤田道隆

我々はモノづくりの会社です。洗剤や掃除用品などモノをつくっているのですが、言ってみれば「きれいづくり」をしているわけです。きれいにすることは、きれいにしてくれた人や日ごろ使っているモノや家などへの感謝の気持ちにつながる。つまりモノづくりはコトづくりにつながり、最後は心に届く活動になっていくんです。