名言DB

9412 人 / 110637 名言

坂口安吾の名言

twitter Facebook はてブ

坂口安吾のプロフィール

坂口安吾、さかぐち・あんご。日本の小説家。新潟県出身。旧制中学校卒業後、尋常高等小学校の代用教員を経て東洋大学印度哲学倫理学科第二科(のちのインド哲学科)を卒業。アテネ・フランセ高等科でフランス文学を学ぶ。その後作家になり、数々のヒット作品を生んだ。

坂口安吾の名言 一覧

人生の疲労は年齢には関係ない。


人生はつくるものだ、必然の姿などというものはない。


坂口安吾の経歴・略歴

坂口安吾、さかぐち・あんご。日本の小説家。新潟県出身。旧制中学校卒業後、尋常高等小学校の代用教員を経て東洋大学印度哲学倫理学科第二科(のちのインド哲学科)を卒業。アテネ・フランセ高等科でフランス文学を学ぶ。その後作家になり、数々のヒット作品を生んだ。

他の記事も読んでみる

牧野正幸

役員や経営者は50歳を超えたら、後輩のためにいかに自分の人生が面白いか語るべきなのかもしれません。それは頑張った末の果実なんですから。その楽しさを若い人に語るのも「天命」ではないでしょうか。


村田諒太

自分の限界を決めるのは自分だ。「体が大きい外国人には勝てない」「そんなやり方で結果を出した人はいない」「それは無理だろう」といった「先入観」や「固定観念」「否定」から入ると、限界値を自分で決めてしまい、本当の実力以上の結果が出せなくなるかもしれない。越えられない壁を作り突破口を塞いでいるのは、対戦相手ではなく自分なんですよね。


城岡陽志

バブル景気に沸いたころ、どの会社も仕事がいっぱいで、取引先の注文を「もうできません」と断っていました。でも、私は営業社員に、「その仕事を全部取ってこい」とハッパをかけました。当社の下請けの中には、注文でいっぱいになっているところもありましたが、なんとかして取引先のニーズに応えたんです。その効果が表れたのはバブルが弾けたあと。好景気のとき仕事を受けてくれたと取引先から感謝され、不況になってからも仕事を回してくれました。


鳩山玲人

クローズドモデルとオープンイノベーションのどちらかが優れているというものではなく、どちらも存在するから、利用者のユーザビリティが担保される。


齋藤正勝

作ろうとしているシステムには、絶対の自信があった。その仕事を続けていこうと思ったら、独立という道へ自然に絞られてきました。


吉野佳秀

運で勝てたとしても、運で得たものはまた失う。運、不運はあざなえる縄のごとく、順に出てくるものだから。したがって、たとえコインの裏が出ても勝ち抜いていけるだけのものを自分で作らなければならない。


松下幸之助

きみ、どう思う?
【覚え書き|松下幸之助氏の口癖。ことあるごとに周囲の意見を集めた】


扇谷正造

人間は様々だ。頭のいいもの悪いもの。性質のいいもの悪いもの。気の強いもの弱いもの。体が丈夫なもの弱いもの。みんなまじりあって、そのなかで揉まれ、あい励まし、お互いに傷つき、そして成長していく。葛藤と摩擦の中から人間は育っていく。とすれば、コインロッカーのようなきちんとした機能的エリート社員だけを集めると、企業のバイタリティは失われていく。


藤本篤志

ほとんどの営業マンは自分で思っているほどには営業にとって有効な活動に時間を割いていません。取引先に出かけるといってパチンコ屋に行ったりする営業マンは論外ですが、そういう意識的怠慢時間ではなくとも、本人や周囲がサボっていると認識していない、けれども無駄になっている結果的怠慢時間がとても多いのです。


山口真由

ものを記憶する場合、身体の器官を多く使うほうが覚えやすいので、「読む」「聞く」「話す」「書く」、の4つすべて活用するのが理想。


久世由美子

今の日本には国内にとどまっているコーチが少なくありません。国内で強いから外に出る必要はないという考えを取り除き、思い切って海外へ飛び出すことも潜在能力を引き出す手段であることをぜひ知ってほしいですね。


大澤道雄

変化を起こすための社内改革の一例がセクショナリズムを排し、ブランド間の交流を促すことです。昨年には全ブランドの課長以上が参加する営業会議を開催しました。また、支店の営業や企画の担当者を生産工場や素材メーカーに見学に連れて行くようにしています。ここでも全国から様々なブランドの担当者が集まり交流ができます。23ブランド横断で、デニムのキャンペーンも実施しています。


山田進太郎

私の事業計画書の特徴は、とにかく文字が大きいということかもしれません(笑)。私の場合、一枚当たりの文字量を減らして、余計なことは一切書かない。できる限りシンプルに見せることを心掛けています。なぜそうするのか。それは私自身があまり長大な資料を好まないからです。そのため、社内文書でもパワーポイントなどは使わずに、3行のテキストでまとめてほしいと言っています。


坪田信貴

「自分に合った方法」は年齢とともに変わる。とりわけ大きく変わるのは記憶力です。10代がピークで、その後は下降していきます。受験生の頃と同じ要領で暗記しても、昔のような吸収力は望めない。一方、40代ともなると、人生経験が豊かになるぶん、10代の頃にピンとこなかったことも、すぐに理解できることが増えてきます。だからこそ丸暗記ではなく、衰えた記憶力を理解力でカバーする勉強法にシフトしていくべき。


和田裕美

大事なのは、感情で判断しないこと。たとえばあなたが、カレーのお店を作るとしましょう。しかし、「自分は辛いカレーが好き」という理由だけで味を決めたりはしないはずです。世の中のニーズにも応え、甘いカレーが求められていればそれを出すのがプロ。